« 前へ | Main | 次へ »
2017年春夏パリ、ミラノコレクションまとめ






ガーリーリュクスとクロスカルチャーが2017年春夏シーズン向けのパリ、ミラノ両コレクションを盛り上げました。装いのムードは全体的に若返ります。量感で遊ぶブームが続き、チアフルな色使いも上乗せ。視線を挑発するかのような提案が相次ぎました。一方、自国の風土やブランドのヒストリーを見詰め直し、異文化やリアルモードとの相性をはかる試みも広がりをみせました。伝承されてきた職人技へのリスペクトが一段と深まったのも目立った傾向です。

「宮田理江のランウェイ解読」 2017年春夏パリ、ミラノコレクション

http://www.apparel-web.com/column/miyata/paris_milano_2017ss_01.html



*************

◆公式サイト「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪
 2016/12/14 00:32  この記事のURL  / 

「GUCCI(グッチ)」の新フラッグシップショップでミケーレの世界を実感





Courtesy of Gucci
*************


「GUCCI(グッチ)」2016年12月2日、六本木ヒルズに新しいフラッグシップショップをオープンしました。ウィメンズとメンズ両方のアイテムを取り揃えているので、カップルで互いに見立て合うのも楽しそう。ウェアをはじめ、シューズ、ハンドバッグ、ラゲージ、ジュエリーなどを集めました。ハンドバッグやポーチでは六本木限定アイテムも用意されています。

クリエイティブ・ディレクターを務めるアレッサンドロ・ミケーレ氏の持ち味となっている、エレガントでコンテンポラリーな折衷主義と共鳴するように、ショップは伝統とモダン、インダストリアルとロマンティックという、相反する要素が融合しています。たとえば、ベルベットのアームチェアの柔らかな質感は、硬質なサーフェスやリベットなどのインダストリアルなエレメントと調和しています。

ミケーレ氏らしいアイデアはショップ内装のショップ内のあちこちで見られます。メカニカルなディスプレイユニットと、リッチなファブリックの柔らかさとのコントラスト。ソファーやフィッティングルームで使用されているチェリーレッドやペールピンクベルベット。ショップの随所にはラグジュアリーな椅子が配置され、ビンテージのオリエンタルラグが重なり合うように敷かれています。

2017年クルーズコレクションの取り扱いをスタート。ミケーレ氏によるショップデザインコンセプトを体現した空間では、今のグッチらしさを実感できます。地球儀をまたにかけ、時代を自在に行き来するかのようなミケーレ氏の「スーパーミックス」は大胆でスリリング。世界のモードを引っ張る俊英のセンスに浸る体験が味わえる新ショップの誕生です。


グッチ六本木
東京都港区六本木6-10-3 ウェストウォーク 2階

(問合せ先)
グッチ ジャパン カスタマーサービス 
0120-88-1921

GUCCI
www.gucci.com




*************

◆公式サイト「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪
 2016/12/04 17:12  この記事のURL  / 

« 前へ | Main | 次へ »
宮田理江(みやたりえ)
ファッションジャーナリスト

複数のファッションブランドの販売員としてキャリアを積み、バイヤー、プレスを経験後、ファッションジャーナリストへ。新聞や雑誌、テレビ、ウェブなど、数々のメディアでコメント提供や記事執筆を手がける。

コレクションのリポート、トレンドの解説、スタイリングの提案、セレブリティ・有名人・ストリートの着こなし分析のほか、企業・商品ブランディング、広告、イベント出演、セミナーなどを幅広くこなす。著書にファッション指南本『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(共に学研)がある。

公式サイト:http://riemiyata.com/
2016年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ

http://apalog.com/riemiyata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の
「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。
QRコード


更新順ブログ一覧