« 前へ | Main | 次へ »
ユニクロ「LifeWear」2017春夏コレクション「UNIQLO LifeWear Day」 あらゆるシーンに上質なベーシックを






「ユニクロ(UNIQLO)」2017年春夏シーズン向けの「LifeWear」商品が発表されました。今回は「UNIQLO LifeWear Day」と題して、「Day」という言葉通り、1日の様々なシーンをリアルに表現した演出で新コレクションを披露しました。

世界のファッションショーが様変わりしつつあります。ランウェイの上をモデルが足早に行き交うという、従来のスタイルは徐々に減っていて、もっと着るシチュエーションをイメージしやすい舞台構成を選ぶ傾向が強くなっています。今回の「Day」も仕事場から寝室まで幅広く場面を設定して、実際のライフシーンでの着こなしを分かりやすく示していました。

いわゆる「ファッションショー」の発表形式には大きく分けてプレゼンテーション(展示会)とランウェイショーの2種類がありますが、近頃はそれぞれの長所をミックスした、「いいとこ取り」のハイブリッド形式が広がりつつあります。今回の会場で開催されたプレゼンテーションでは「ユニクロ」の新作をまとったモデルがカップルで公園を歩いたり、家族が居間で語らったりして、さらに説得力を増していました。それぞれの場面にハートウォーミングなストーリーが感じられ、それ自体が「人はなぜ服を着るのか?」という問いかけの答えになっているようでした。






会場に入ると、まず目に入ったのは、デニムのコーナー。デニムの研究と開発に取り組む「デニムイノベーションセンター」を米国ロサンゼルスに新設して、デニムの新商品に力を入れていくこともあって、春夏でも強力に打ち出していくようです。展示スペースにはたくさんの種類のデニムが集められていて、風合いや色落ち具合も様々。製品だけではなく、生地もディスプレイして、クオリティーの高さを印象づけていました。新しいラボからはこの先も新タイプのデニムが次々と誕生しそうです。




「UNIQLO SPORT」で提案されているのは、本格的なスポーツシーンで頼もしい機能性を備えていながら、普段使いにも向くユーティリティーなウエア。広い意味でのスポーツが生活の一部となりつつある今、つきあいやすいアイテムと映ります。鮮やかなピンクやレッド、イエローなどのアイテムが目をひき、差し色としても使えそうです。










もはや生活必需品となってきた感のある「AIRism」はさらに進化。ウィメンズとキッズに消臭機能が加わるそうです。ウォルト・ディズニー・カンパニーと協力している「MAGIC FOR ALL」では、ミッキーマウスの懐かしげな姿がプリントされました。アメリカ西海岸の気分を漂わせるデザインは来季の世界的なトレンドにもなっています。NIGO氏がクリエイティブディレクターを務めるTシャツラインの「UT」はポップカルチャーの世界をさらに掘り起こしています。そして、10周年を迎える17年春夏は美しい花柄ストールで知られる「EPICE DESIGN」も加わりました。ニューヨーク近代美術館(MoMA)とのコラボレーションである「SPRZ NY」はTシャツに加え、バッグや傘などの雑貨類に広がっていきます。身に着けるアートの選択肢が一段と広がります。








パリを代表するファッションアイコン、イネス・ド・ラ・フレサンジュ氏とのコラボ「INES DE LA FRESSANGE」はフランスの港町マルセイユに着想を得ました。彼女の愛する藍色を生かしたコレクションを提案します。クリストフ・ルメール氏が率いるデザインチームが紡ぎ出す「Uniqlo U」は上質なベーシックという、「ユニクロ」らしいテイストを醸し出していました。こちらはパリからの発信となります。






イスラム文化を取り入れたコレクションの「HANA TAJIMA FOR UNIQLO」。縦落ち感のきれいなウエアが多く、勢いの続く「ロング&リーン」の着こなしになじませやすそうに見えました。エスニックなたたずまいは気張らないエフォートレスの気分も呼び込んでくれます。


















各商品ブースの並ぶスペースの隣に用意された会場でプレゼンテーションが開催されました。壁一面を使ってショートムービーのような動画が映し出されていました。来場者がシートに座って、まるでミニシアターで短編映画を見るような感じで、メッセージや風景を眺めているうちにモデルが登場し、ショーが始まりました。興味深かったのは、モデルのダイバーシティー(多様性)。日本人以外も数多く選ばれていて、グローバルな顔ぶれ。年齢層もおばあちゃんから子どもまでまんべんなくカバーされています。彼らが身を置くシーンを通して、日常のおしゃれを楽しむ感覚が自然と伝わってきました。






一般的なショーや展示会では、背景がシンプルなせいで、なかなか実際の着用イメージが浮かびにくいところがあります。ユニクロの今回の演出は屋外でのジョギングや通勤、家族との休日、友人とのホームパーティーやカップルでのおしゃべりなど、たくさんの身近で具体的な場面が設定されていたおかげで、着こなしがスッと頭に入ってくる雰囲気がありました。「ユニクロ」はベーシックさを大切にしているブランドですが、いくつものスタイリングにはベーシックなアイテムの組み合わせから生まれる「個性」が備わっていて、コーディネート提案としてもこなれて見えました。普段から丁寧に暮らすようなライフスタイル。どんなシーンでも自分らしさを大切にするような意識が染みわたっていたのも、心地よく感じられました。





瀬戸内オリーブ基金
http://www.uniqlo.com/jp/csr/environment/olive/

UNIQLO
http://www.uniqlo.com/jp/

〜関連記事〜

ユニクロ「LifeWear」2016秋冬コレクション 穏やかでコンフォートな進化系デイリー
http://www.apalog.com/riemiyata/archive/220




*************

◆公式サイト「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪
 2016/11/19 16:22  この記事のURL  / 

2017年春夏東京コレクション(Amazon Fashion Week TOKYO)まとめ














2017年春夏東京コレクションは「Amazon Fashion Week TOKYO」と、冠スポンサーを改めて10月17〜22日に開催されました。グローバルトレンドに歩調を合わせるように若々しさを押し出す傾向が強まった一方で、東京らしいストリート感、日本の伝統的服飾文化を重んじる提案も目立った。ノージェンダーやシーズンレスの流れが続き、東京モードはポジティブな意味での「カオス(混沌)」を一段と深めました。

「宮田理江のランウェイ解読」 2017年春夏東京コレクション

http://www.apparel-web.com/column/miyata/2017ss_tokyo_01.html


〜関連記事〜

2017年春夏東京コレクション(Amazon Fashion Week TOKYO)・リポート
http://www.apalog.com/riemiyata/archive/233




*************

◆公式サイト「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪
 2016/11/06 19:06  この記事のURL  / 

「日本」を感じさせた受賞者たち 第34回(2016年度)毎日ファッション大賞の授賞式リポート








2016年度(第34回)の毎日ファッション大賞の授賞式が11月2日に開催され、今回も推薦委員を務めた私も参加しました。日本で最も重みと歴史のあるファッションアワードだけに、会場は華やいだ雰囲気に包まれました。

新人賞・資生堂奨励賞に選ばれた「PLASTICTOKYO(プラスチックトーキョー)」今崎契助デザイナーは会場でランウェイショーを披露。本来はメンズ主体のブランドですが、この日は数ルックのウィメンズも登場。オーバーサイズの装いを見せました。もともとジェンダーレス的な雰囲気があるだけに、女性の目から見ても参考になる提案でした。デビューから東京コレクションで見続けてきたので、今回の受賞を喜ばしく感じました。




受賞後の囲みインタビューでは、若くしての受賞に恐縮気味でしたが、東京らしさの代表的なブランドになれるよう、さらに励む気持ちをコメント。この日のショーは2017年春夏・東京コレクションとほぼ同じ構成で、テーマは「入国審査」。見た目が前後で大きく異なるルックのような、ウィットに富んだストリートスタイルを示していました。




鯨岡阿美子賞を受賞したカイハラ株式会社の貝原良治・代表取締役会長は受賞理由にふさわしく、全身をデニムでまとめ上げていました。ジャケットとパンツはもちろん、小物やアクセサリーに至るまですべて日本のデニムでそろえ、ジャパニーズデニムを早くから世界に向けて発信してきたことへの思いを表現。「私の血の色は青色」というコメントにもデニムへの自負がにじんでいました。前回はニューヨークでパターンづくりに高い評価を得ている「大丸製作所2」がこの賞を受けていて、日本の丁寧なものづくりがあらためて認められたことに誇らしい気持ちを覚えました。




話題賞将棋の棋士で、第74期名人の佐藤天彦氏が選ばれました。「貴族」という愛称を持つ佐藤氏は独自のファッション美学でも有名。とりわけ「アン ドゥムルメステール」のコレクターとして知られています。ブラックでまとめたこの日の装いもシャツ以外はすべて「アン ドゥムルメステール」で統一。編み上げのロングブーツまで同ブランドの品だそう。おしゃれぶりが認められての晴れ舞台だけに、「今日は『足し算』のおしゃれで来ました」と、着こなしでも喜びを示していました。

近頃は別のブランドもそろえるようになってきたとはいえ、やはりワードローブで最も多いのは「アン ドゥムルメステール」だとか。どうしてそこまで好きなのかと尋ねると、「10年ぐらい前に見たとき、ロマンティックさや繊細さに引き込まれました」と説明。中近世の西洋服飾史に興味があるそうで、同ブランドはそういった要素を現代風に解釈している点が好きなのだとか。「将棋もファッションも個性を出すところが大事な点で共通している」と分析。以前から対局の際も紫の着物が目立っていたおしゃれ棋士らしい独自の見方も披露してくれました。

好きなブランドやデザイナーをこういう風にはっきり語れる人は近頃では少なくなってきた感じがあります。しばらく前は自分なりの「目利き」にポリシーを持ち、ごひいきのブランドを買いそろえるおしゃれ好きも珍しくなかったものですが、近年は割と若い年齢層ではそういう傾向が薄れていると聞くだけに、佐藤氏の語る「ブランド哲学」は何だか頼もしく感じられました。




日本のよさを発信している、ビームスの商業施設「ビームス ジャパン」(東京・新宿)は特別賞を受けました。設楽洋社長によれば、日本にフォーカスしたショップの準備はずいぶん前から始めていたそうです。設楽氏が英国の紳士服街「サヴィル・ロウ」で有名テーラーを訪ねた際、気に入った生地をほめると、「それは日本の着物の生地だよ」と返され、日本のよさをアピールする意義を感じだといいます。ファッション以外に飲食施設も充実している「ビームス ジャパン」には足湯まで設けて、全館で日本の魅力を強調しています。

ビームスはもともとアメリカンなライフスタイルを日本向けに伝える役割を担ってきました。でも、現在では日本発のアプローチを強めていて、「ビームス ジャパン」はそのシンボル的な存在。設楽氏は「匠(たくみ)から『おたく』まで扱っているのはうちだけだと思う」と語り、これからも和と洋両方のにおいがするカルチャーを発信していくスタンスで臨む意欲を示していました。




大賞に選ばれた、「FACETASM(ファセッタズム)」落合宏理デザイナーにとって、この大賞は「学生時代からあこがれていた賞」。それだけに「いつかは必ず取らなければいけない」という意識があったそうです。2013年に新人賞を受賞してから3年でのスピード受賞とあって、本人も「こんな短期間で受賞できて光栄。これも時代のスピード感」と喜びを見せていました。

若手を支援する国際賞「LVMHプライズ」で日本人としては初のファイナリストに選ばれ、欧米のトップデザイナーと接する機会を得たことは「刺激になった」。リオデジャネイロ五輪閉会式の衣装を担当したことも大きな経験となったよう。発表の場を海外に求め、今や世界的な注目を集める存在に。でも、今回の受賞は大勢のサポートのたまものとして、スタッフに「おめでとう」と述べるのを忘れなかったのも、この日の印象的なシーンでした。

落合氏が自ら語ったように、この年齢での大賞受賞は彼に続く若い世代のクリエイターにとって目標や励ましになる気がします。この賞が新鋭の発掘や支援に役立つなら、かかわっている一人として私もうれしく思います。受賞者の皆様、本当におめでとうございました。




第34回「毎日ファッション大賞」
http://macs.mainichi.co.jp/fashion/



*************

◆公式サイト「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪

 2016/11/03 13:38  この記事のURL  / 

« 前へ | Main | 次へ »
宮田理江(みやたりえ)
ファッションジャーナリスト

複数のファッションブランドの販売員としてキャリアを積み、バイヤー、プレスを経験後、ファッションジャーナリストへ。新聞や雑誌、テレビ、ウェブなど、数々のメディアでコメント提供や記事執筆を手がける。

コレクションのリポート、トレンドの解説、スタイリングの提案、セレブリティ・有名人・ストリートの着こなし分析のほか、企業・商品ブランディング、広告、イベント出演、セミナーなどを幅広くこなす。著書にファッション指南本『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(共に学研)がある。

公式サイト:http://riemiyata.com/
2016年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ

http://apalog.com/riemiyata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の
「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。
QRコード


更新順ブログ一覧