« 前へ | Main | 次へ »
「matohu」表参道本店がオープン5周年 ゲストアーティスト・シリーズ第8弾〜浮世絵版画の立原位貫展を開催











「matohu(まとふ)」の表参道本店がオープン5周年を迎えました。これを記念して、ゲストアーティストイベント「立原位貫 木版画で日本の美に触れる」展が2016年7月23日〜31日に開催されています。

たった1人しかいない「現代浮世絵版画師」と呼ばれた木版画家の立原位貫(たちはら・いぬき、1951〜2015年)。江戸時代の浮世絵版画を復刻、復元して、当時の手法や絵の具で現代によみがえらせた功績で知られています。惜しまれつつ15年夏に64歳で亡くなったのですが、生前に交流のあった堀畑裕之、関口真希子の両デザイナーが遺志を継ぐ形で「matohu」での展覧会が開催されました。

長く失われていた江戸浮世絵の版画技法を顔料・染料や紙、道具類まで含めてよみがえらせました。江戸浮世絵の復刻で有名ですが、実はそれ以上の存在と言えます。なぜなら、江戸期の浮世絵は、下絵を描く「絵師」のほかに、「彫り師」と「摺り師」が加わって、作品が制作されていました。一般に知られる北斎や広重、歌麿らはいずれも「絵師」でした。総合的な「職人芸術」として浮世絵が生まれていきました。

ところが、位貫は下絵を描くのをはじめ、彫り、摺りまで全工程を1人でこなしたのです。その点において特別な浮世絵画家と呼べます。絵の具や紙を求めて全国を訪ね歩き、独力で道具類を手に入れていきました。もちろん、復元にとどまらず、オリジナル作品の制作も数多く試みています。

創作技法に加え、自身の軌跡も型破り。もともとはジャズサックス奏者でしたが、東京を捨てて郷里に戻ります。25歳でたまたま巡り会った1枚の浮世絵版画に魅せられ、独力での浮世絵制作を始めました。すべての作業を1人でこなしたのは、そもそも江戸浮世絵の分業制を知らなかったからだというエピソードは、彼の試みがいかにピュアで挑戦的だったかを物語っています。








国内外のアーティストを表参道本店で紹介する「ゲストアーティストシリーズ」は今回で第8弾を数えます。今回の展覧会に合わせて、位貫作品のモチーフを生かしたシルクスカーフ、財布などの限定グッズが販売されます。レターセット(4種類)も用意されました。





レセプションパーティーでのケータリングで目をひいたのは、上品な風情の「わらび餅」。こちらは京都市の和菓子店「とま屋」の品。位貫の奥様、やよ飛さんが営む、知る人ぞ知る名店です。哲学の道に近い店舗のデザインは生前の位貫が手がけたそうです。






これまでアトリエとして使われてきた表参道本店2階スペースには、ブランドのシグネチャー的アウター「長着(ながぎ)」のオーダーサロンが新たに設けられていました。30種類近い生地やライナー、ボタン、真田紐などを自分好みにチョイスできます。サイズ、丈を体型に合わせて仕立ててもらえるのは、長く着続けるうえでとてもありがたいところ。メンズ、ウィメンズ両方で受け付けています。








1階のメインフロアでは2016-17年秋冬コレクションのアイテムが一足早い秋を招き入れていました。秋冬のテーマは「おぼろ」。なお、今回の展覧会最終日は位貫の命日に当たります。展覧会タイトルの通り、「日本の美に触れる」うえでまたとない機会となりそうです。


matohu表参道本店 5周年記念 ゲストアーティストシリーズ Vol. 8
「立原位貫 木版画で日本の美に触れる」
期間 7月23日(土)〜7月31日(日)
時間 11:00〜20:00
場所 matohu表参道本店
住所 東京都渋谷区神宮前5-9-25
URL http://www.matohu.com/news/2016/06/matohu_vol_8.html


matohu
http://www.matohu.com/




*************

◆公式サイト「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪
 2016/07/24 16:35  この記事のURL  / 

蜷川実花氏、カラーリッチな「和装ウェディング」を提案











写真家の蜷川実花氏は幅広いアートワークで知られていて、ファッションブランド「M / mika ninagawa」も手掛けています。そのウェディングコレクション第4弾が7月19日、明治記念館で発表されたので、お披露目会にお邪魔しました。今回の目玉は初の和装。着物の花嫁姿はいわゆる「白無垢」のイメージがありますが、いかにも蜷川氏らしくカラーリッチな花嫁衣装が提案されました。














蜷川氏の写真は鮮烈な色使いが持ち味。とりわけエネルギッシュで艶やかな赤が強く押し出されています。監督デビューした映画『さくらん』でも、主演の土屋アンナが扮した花魁(おいらん)の妖艶な衣装が話題を呼びました。今回提案された「和装ウエディング」には、彼女ならではのグラマラスなカラートーンが反映されて、見慣れた和服とは別物のあでやかさが備わっていました。

披露された和装は7点で、1点は白を基調にしていますが、裾に赤が大胆にあしらわれていて、従来の白無垢とは違った「紅白」のおめでたい装いに仕上がっています。もともと純白は「嫁いだ先の色に染まる」という意味があるといわれてきましたが、現代的な結婚観にはなじみにくいところがあり、「主張色」の赤を添えたところにもデザイナーの意識がうかがえます。

残る6モデルはいずれも赤や青が万華鏡ライクに躍る「蜷川ワールド」の和装。白い部分を探すのが難しいほど、カラフルに彩られています。赤系カラーパレットも深みのあるレッドやほんのりピンクなど複数の濃淡、色味が組み合わされて、ムードを深くしています。描かれた柄は花を多用しつつ、蝶や和傘などのジャパニーズモチーフも盛り込んで、変化を出しています。和柄に限らず、ハワイや沖縄での結婚式に着たくなりそうなハイビスカス柄もありました。

グローバルモードでジャポニズムがもてはやされ、日本はかえって出遅れた感じもありましたが、「本流」とも言える着物自体に勢いが出てきているのは近頃の目立った動き。着物の常識を踏み越えるようなチャレンジも続いています。現代人に最も身近な和服と言える浴衣が楽しめるシーズンになってきただけに、着物という大切なカルチャーをあらためて見直したい気持ちになります。



“和装” Wedding 1st Collection
http://www.ninamika.com/all/pickup/jp-1st-collection.html

Wedding Dress 4th Collection
http://www.ninamika.com/all/pickup/wedding-dress-4th-collection.html

M / mika ninagawa × KURAUDIA
http://www.kuraudia.co.jp/mikaninagawa/




*************

◆公式サイト「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪
 2016/07/22 00:38  この記事のURL  / 

注目のタイブランド「Disaya(ディサヤ)」のデザイナーにインタビュー



タイのブランド「Disaya(ディサヤ)」はプレイフルでありつつ、洗練されたテイストで知られています。デザイナーのDisaya Sorakraikitikul(ディサヤ・ソラクライキティクル)氏は世界最高レベルのファッション校「セントラル・セントマーチンズ」(ロンドン)でファッションを学び、「John Galliano」のアトリエでデザイナーとしてのキャリアをスタートさせました。

ヨーロッパで経験を積んでから、母国タイに戻って立ち上げたブランドが自らの名前を冠した「Disaya」。タイ好きな私はかなり昔から「Disaya」に目をつけていて、日本でも機会を見て取り上げてきました。今回はデザイナーが来日するという絶好の機会が訪れたので、インタビューをお願いしました。以下に一問一答をご紹介します。






Q:(宮田) 「Disaya」の服にはヨーロッパとアフリカの両方の雰囲気が感じられます。

A:(Disaya Sorakraikitikul) フラッグショップは特にロゴやフォント、ブランドカラーなどを基調としたブランドのコンセプトをベースにして展開しています。また、テーマによって毎シーズン店内は変わるので、ヨーロッパ風だと思われたのは、きっとそのご覧になったシーズンがマリー・アントワネットとロココのインテリアからインスパイアされたコレクションだったからかもしれません。最新コレクション(2016-17秋冬)はとてもアフリカンで、メインテーマはウィリアム・モリスが愛した自然の雰囲気をベースにしています。






Q: デザイナーはロンドンのCentral Saint Martinsを卒業し、その後もロンドンに住んだ経験を持っています。このロンドン生活はその後のクリエーションに、どのような影響を与えましたか?

A: 若い頃からイギリスで勉強してきた私にとって、イギリスはいつも第2のホームです。そして結果的にとても大きな影響を受けていると思います。ブリティッシュカルチャーのエッセンスやマナー、テイストなど、どれもがデザインに入っていると思います。それは私の人生にも影響を与えています。アートもセントマーチンズの学校で勉強していた人たちもみんな好きで、その結果が私の仕事になっています。

それらの経験は、私自身を独り立ちさせたとも言えます。そこでは、私たちは創作するにあたって、クリエイティビティに何の制限もなく、無限に創作して、何が自分の一番かを見つけることができました。可能な限り、パターンや装飾や、シルエット、または自分をもっとたくさん伸ばすことができるような、新しいことを作品に加えたりして自分のシグネチャーとなるものを発展させていくことを始めました。このような方法で教えられ、評価され、アドバイスをもらい、私を本当に次のステージへ押し上げてくれたと思います。さらに、私は自分の作品を様々な角度から見ることができたと思います。






Q: タイのデザイナーは生き物のモチーフを好む傾向があると思います。しかも、ほかの国ではあまり見かけないような、ちょっと不気味だったり、珍しい生き物をモチーフにします。Disayaでも過去にタツノオトシゴ(Sea Horse)やフラミンゴをモチーフにしました。こういう珍しいモチーフを使う理由は何ですか?

A: 私たちは、毎シーズンではないですが、動物のモチーフをコレクションによく使います。また、フローラルプリントも使います。10年目のアニバーサリーのコレクションでは、バロックとロココアートをモチーフとして使用したこともあり、メインテーマによって様々です。でも、自分としては動物が好きですし、ちょっとしたファンタジーのテイストも同時にコレクションに入れるのが好きなので、アニマルモチーフが目立っているのは、その結果かも知れません。






Q: Disayaの服はセンシュアルでありつつ、クラシックで、ガーリーでありながらラグジュアリーという、深みのあるテイストが興味深く感じられます。こういう複雑なミックステイストの狙いは何ですか?

A: Disayaは、プレイフルで洗練されたレディトゥウェアのブランドで、それは全て、私たちのコアにある価値観から来ていると言えます。ブランドが育つにつれて、DISAYAガールは、DISAYAウーマンになっています。私たちはコレクションを通してそれを見せています。






Q: 服だけでなく、アクセサリーにも人気があります。コスチュームジュエリーライクな凝ったデザインが多く見られますが、デザインのコンセプトを教えてください。

A: そうですね、コスチュームジュエリーも発表しています。でも、メインのアイテムとしてではありません。あくまでもレディトゥウェアのブランドなので。だから、アクセサリーはシーズンのコアなテーマによって様々です。2012年秋冬のコレクションは、「My Cup of Tea」というコレクションタイトルで発表しましたが、ティーカップとソーサーのセットをコレクションの一部として発表しました。ジャングルをテーマにした今回のコレクションでも、レオパードプリントのフェイクファーのスカーフを発表していて、コレクションとマッチしています。アクセサリーはあくまでも靴やバッグのような、レディトゥウェアのコレクションに付け加えられたものですね。






Q: 日本の女性にDisayaの服をどのようなシーンでどのように着こなして欲しいですか?

A: Disayaの服を着て、代官山を歩いてほしいですね。東京っぽいのに、モダンで、とても好きな街です。シックなカフェやT-SITEがあって、DISAYAレディたちにはそこで雑誌や本をパラパラと読んでもらったり。たぶん彼女たちは、その辺りでぶらぶらしたり、デートで来ていて、DDisayaのカクテルドレスにデニムジャケットを羽織ったりして、足元にはアンクルブーツを合わせて、自身を持って歩いていると思います。もちろん片手にエスプレッソを持ってね。












2016年秋冬コレクションは、ラグジュアリースタイルとモダンヨーロッパのテイストにアフリカンエスニックのエッセンスをミックス。イギリスの詩人でありアーティストであるWilliam Morris(ウィリアム・モリス)がリードしていた、中世の手仕事や美術に再帰する19世紀のアーツ・アンド・クラフツ運動をインスピレーションソースとして作品に落とし込みました。

中世のタイルレースやWilliam Morrisのタペストリーを彷彿とさせるテキスタイルを採用したスレンダーなロングスリーブドレスや、Morrisの未完成のスケッチからインスパイアされ、花々のシルエットを縁取ったモノクロの刺繍をミックスしたフローラルプリントのドレス。一方で、3DプリントによるGarden of Delightという野生の生き物や、植物をカムフラージュしたテキスタイルを使った、エキゾチックやトライバルなアフリカンテイストをコレクションに反映。全く異なる2つのカルチャーを表現しました。






インタビュー時にお会いしたときのディサヤさんと一緒に。手の込んだ刺繍が施されたジャケットとショートパンツのセットアップがよくお似合いです。私も新作の中から、ジャケットを羽織らせていただきました。こちらにも丁寧な刺繍が施されていて、甘く見えないピンクが大人っぽさを印象づけてくれました。


タイ発のブランドは近頃、日本でも雑誌で特集が組まれたり、有力セレクトショップで取り扱いが広がったりと、関心が高まってきています。なかでもDisayaはフェミニンやエレガンスのさじ加減が日本人好みのところがあって、様々なシーンへの着こなしになじませやすそう。実力の確かなデザイナーが手がけているうえ、トレンドへの目配りも利いているから、海外セレブも着用していて、おしゃれに敏感な人に支持されています。国内でもショップで見かける機会がこれからさらに増えていきそうで楽しみです。


PHOTO: Disaya 2016-17 A/W Collection

Disaya
http://disaya.com/
www.h3otokyo.com





*************

◆公式サイト「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪
 2016/07/14 02:11  この記事のURL  / 

« 前へ | Main | 次へ »
宮田理江(みやたりえ)
ファッションジャーナリスト

複数のファッションブランドの販売員としてキャリアを積み、バイヤー、プレスを経験後、ファッションジャーナリストへ。新聞や雑誌、テレビ、ウェブなど、数々のメディアでコメント提供や記事執筆を手がける。

コレクションのリポート、トレンドの解説、スタイリングの提案、セレブリティ・有名人・ストリートの着こなし分析のほか、企業・商品ブランディング、広告、イベント出演、セミナーなどを幅広くこなす。著書にファッション指南本『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(共に学研)がある。

公式サイト:http://riemiyata.com/
2016年07月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ

http://apalog.com/riemiyata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の
「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。
QRコード


更新順ブログ一覧