« 前へ | Main | 次へ »
「REBECCAMINKOFF(レベッカミンコフ)」が起こした“ファッションショー革命”

REBECCAMINKOFF


歴史的な転換期をニューヨーク・コレクションが迎えました。「see-now-buy-now」と呼ばれる、コレクションで発表した商品をすぐにショップで購入できるようにする「オンシーズン化」の流れが一気に勢いづいたのが、2016-17年秋冬NYコレクションの最大の変化です。以前からデジタルマーケティングに積極的だった「REBECCAMINKOFF(レベッカミンコフ)」は16年春夏シーズン向けのアイテムをランウェイに送り出し、主要ブランドでは初めてと言える「オンシーズンショー」に踏み切りました。

ほぼ6カ月先に売り出されるアイテムを、早々とコレクションで発表するのは、バイヤーやメディアなどの事情が大きく、長年の業界慣行となってきました。ただ、ソーシャルメディアがその「時差」を見える形にした結果、ランウェイ画像という「情報」の形で伝わっているのに、消費者は実際に着るまでに半年も待たされるわけです。主要コレクションで発表された提案がしばしば模倣されて、ブランドやデザイナー側の不満を呼び起こしました。こういった事情を考えると、「see-now-buy-now」がブランド側から企画されるのは、自然な展開と言えるでしょう。

「REBECCAMINKOFF」のプレスリリースには「By that time,customers were bored.And frankly, I couldn't blame them.」とはっきり書かれていて、6カ月のタイムラグが消費者にもたらす退屈感と、その不満を正面から受け止める意識が伝わってきます。「#SeeBuyWear」という表現にも「見る、買う、着る」という行為を一連の流れとして提案する感覚が見て取れます。これまでは「見る」と「買う」の間に6カ月あいていたのを、ほぼゼロに縮めようというわけです。





REBECCAMINKOFF



実際に発表された16年春夏向けのコレクションはレザー仕立てのミニスカートにライダースジャケットを肩掛けしたり、深いスリットの入ったワンピースで透けさせたりと、全体に若々しいムード。袖がレザーのスタジアムジャケット、スエード調のスカート、レオパード柄のコートなど、質感や柄が印象的なアイテムも提案されています。ボクシーなバッグも装いにレトロ顔を添えていました。ボヘミアンをモダンにアレンジしたようなテイストは、「#SeeBuyWear」のアプローチにふさわしく、今の消費マインドをつかんでいるように見えました。

ただ、オンシーズン化の取り組みを大規模に行うには、生産リスク管理や物流マネジメントなどで難しい点が多く、簡単ではないはずです。「see-now-buy-now」方式はこのリスクが大きくなる可能性をはらんでいます。在庫リスクを恐れてクリエーションが消費者寄りになるという、デザイン面での影響も起こりえます。

メディアを通したマーケティングが難しくなる点でも販売力が保ちにくくなる懸念があります。百貨店の売り場では複数の季節感が混在することもあり、消費者が戸惑う心配もあります。すでに今回のNYで試験的に導入したいくつかのブランドのケースでも、型数を抑えての部分的なテストとするところがあり、全面的に切り替えるのには危うさを感じているように見えます。次のコレクションではオンシーズン化を部分的に採用するブランドがさらに増える見込みで、この取り組みが浸透していくかどうかを見極める材料も増えていきそうです。

REBECCAMINKOFF
https://www.rebeccaminkoff.com/

〜関連記事〜

2016-17年秋冬NYコレクション〜レビュー前編・中編・後編
http://www.apalog.com/riemiyata/archive/207



********************************

◆公式サイト「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪
 2016/02/25 07:01  この記事のURL  / 

2016-17年秋冬NYコレクション〜レビュー前編・中編・後編


2016-17年秋冬NYコレクションが幕を閉じました。ショーで新作を披露する時期と、実際にショッピングが可能な時期をできる限り近づけようとする見直しが一気に進んだという出来事が、今回最大の関心事となりました。歴史的な変革期を迎えているようです。

NYコレクションで発表されてきたこれまでのポジティブでリラクシングな態度を保ちながらも、リッチでグラマラスな風味を濃くする傾向が見てとれました。手の込んだ素材やディテール使いが増え、未来感覚やロック風の表現も目立ちました。その一方でレトロ感や伝統的イメージを強める動きもあり、NYらしいミックステイストは広がりを見せています。

前編・中編・後編とレビューを寄稿しました。



【2016-17年秋冬NYコレクション】NYFWレビュー前編/ギアチェンジの試み相次ぐ
http://u0u0.net/sekr

・ジェイソン ウー(JASON WU)
・ビーシービージーマックスアズリア(BCBGMAXAZRIA)
・ミリー(MILLY)
・タダシ ショージ(TADASHI SHOJI)
・デシグアル(Desigual)
・ニコラス ケー(Nicholas K)





【2016-17年秋冬NYコレクション】NYFWレビュー中編/ショー形式に「革命」の兆し レトロと未来感が交錯
http://u0u0.net/seks

・アレキサンダー ワン(ALEXANDER WANG)
・ラコステ(LACOSTE)
・ヴィクトリア ベッカム(Victoria Beckham)
・デレク ラム(DEREK LAM)
・オープニングセレモニー(OPENING CEREMONY)
・ダイアン フォン ファステンバーグ(DIANE von FURSTENBERG)




【2016-17年秋冬NYコレクション】NYFWレビュー後編/勢い増すユーティリティーやテイストミックス リッチ感、上質志向深まる
http://u0u0.net/sekt

・ラグ & ボーン(rag & bone)
・3.1 フィリップ リム(3.1 Phillip Lim)
・トミー ヒルフィガー(TOMMY HILFIGER)
・カレン ウォーカー(KAREN WALKER)
・コーチ(COACH)
・トリー バーチ(TORY BURCH)



********************************

◆公式サイト「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪
 2016/02/23 05:41  この記事のURL  / 

« 前へ | Main | 次へ »
宮田理江(みやたりえ)
ファッションジャーナリスト

複数のファッションブランドの販売員としてキャリアを積み、バイヤー、プレスを経験後、ファッションジャーナリストへ。新聞や雑誌、テレビ、ウェブなど、数々のメディアでコメント提供や記事執筆を手がける。

コレクションのリポート、トレンドの解説、スタイリングの提案、セレブリティ・有名人・ストリートの着こなし分析のほか、企業・商品ブランディング、広告、イベント出演、セミナーなどを幅広くこなす。著書にファッション指南本『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(共に学研)がある。

公式サイト:http://riemiyata.com/
2016年02月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ

http://apalog.com/riemiyata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の
「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。
QRコード


更新順ブログ一覧