« 前へ | Main | 次へ »
ファッション好きなら見逃せない、アン・ハサウェイ主演の映画『マイ・インターン』


女優アン・ハサウェイ主演の映画『マイ・インターン』が日本で10月10日から公開されました。ハサウェイがファッション通販サイトの社長役に扮していることもあって、彼女の装いも注目を集めています。

ハサウェイがファッション関連の映画に出演した前例としては、2006年公開の映画『プラダを着た悪魔』があります。ファッション誌のカリスマ編集長ミランダ(メリル・ストリープ)の新米アシスタント、アンドレアを演じました。最初はモードにあまり興味がないという設定のアンドレアでしたが、徐々にファッションの魅力に惹かれていきます。

今回はあれから9年を経て、自分らしい着こなしを表現できる大人の女性を演じています。だから、ハサウェイが演じたジュールズ社長の装いは「等身大のラグジュアリー」。新興ベンチャー企業であるネット通販会社という企業の個性にふさわしく、企業トップでありながら、気負いすぎていません。でも、実はしっかり優品を選んでいるというあたりにも、ジュールズのキャラクターがうかがえます。

名優ロバート・デ・ニーロと並んだポスタービジュアルでは、真っ赤なミニ丈ワンピースをまとって、強さとたおやかさを並び立たせています。こちらは「Victoria Beckham(ヴィクトリア・ベッカム)」ブランドのドレス。ヴィクトリア自身もファッションビジネスで成功を収めているだけに、ジュールズのキャラクターイメージとクロスオーバーして映ります。この映画ではほかにもたくさんの有力トップブランドが協力しているそうです。







『マイ・インターン』ではNYに暮らす、知的エグゼキティブママのリアル感を漂わせながら、ハサウェイが扮したジュールズの人柄も随所ににじませています。トレンドに敏感であるべき、ファッション通販サイトの経営者という役柄を意識して、近年の流行にも目配りを利かせていて、役柄にリアリティーを加えています。

ジュールズはまだ幼い一人娘を子育て中で、本社はNYのおしゃれエリア、ブルックリンにあるという設定。オフィス内では自転車で移動しているという現実主義の性格。そのキャラクターに似つかわしく、彼女の着こなしはグッドセンスでありつつ、力みやくどさがありません。その一方で、彼女が経営するネット通販企業の社員たちはブルックリンらしいイージーな格好。スーツ姿は見当たらず、ネクタイはほとんど誰も締めていません。







◆時空を超えたマイスタイルが共感へ

デ・ニーロが演じたベンは毎日、きちんとネクタイにスーツ。長年の会社勤めで磨き上げたベンのクラシックなスーツルックは、カジュアルルックしか知らない周囲の同僚に変化をもたらします。人柄、モチベーション、自意識などに服が与えるプラスの効果を、ベンは物静かな態度で周囲に伝えていきます。

ジュールズの装いも仕事ぶりや内面を映し出しています。自転車でフロアを移動しながらあちこちに指示を出す、オフィスでの忙しい日にはミニスカートやパンツでアクティブな着姿に。企業の代表として年配のエグゼクティブ層と会うような、かしこまった場面では、相手に威圧されないような「強め」のコーディネートを選択。夜中までデスクに向かう日は、薄手生地で疲れにくく、仕事に集中しやすそうなパンツ・セットアップと、その日の目的やシチュエーションに応じて巧みに使い分けています。

一方、少しもブレないベンの着姿は誠実さや大人感を印象づけます。ずらりとネクタイを吊るしたラックからその日の1本を入念に選ぶシーンもあります。シャツは裾をウエストアウトして着るものだと思い込んでいたような若い同僚たちがベンにインスパイアされて思い思いにファッションとの向き合い方を変えていくところも隠れた見所となっています。

IT企業らしいTシャツ&ジーンズの装いをしていた、若い男性社員たちはベンの装いに触発され、襟の付いたシャツや、トラッドなネクタイ、クラシックなバッグなどに興味を示していくところも、ファッションの秘める力を感じさせます。いつの時代になっても錆びないいわゆるヴィンテージスタイルは世代を超えて共感できるということでしょう。

衣装デザインを手がけたジャクリーン・デメテリオ氏は、ファッション誌の出版社を舞台にした米国のテレビドラマ『アグリー・ベティ』シリーズでも衣装を手がけました。映画版の『セックス・アンド・ザ・シティ2』にも参加しています。『アグリー・ベティ』ではファッションに明るくない主人公ベティのやや突飛な衣装を、『セックス・アンド・ザ・シティ2』ではファッション好きの主人公キャリー(サラ・ジェシカ・パーカー)たちのグラマラスな装いを整えてみせたわけで、スタイリングの幅の広さがあらためて感じられます。







今回、光栄なことに、配給会社の松竹から依頼を受けて、映画館で販売する公式パンフレットにこの映画とファッション、ブルックリンにまつわるエッセイを2ページ見開きで寄稿させていただきました(20〜21ページ)。『ブルックリンブームがやってきた!USトレンドの鍵はこの街にアリ』というタイトルです。さらに、ブルックリンが舞台の映画特集としておすすめ映画5作品をピックアップして解説しました。上映している劇場のパンフ売り場にありますので、映画を見た際には手に取っていただければうれしく思います。

ファッションはいろいろな映画で「せりふのない主役」を演じてきましたが、『マイ・インターン』でも、ストーリーを構成する大切な要素になっています。ファッション好きにとっては見逃せない作品と言えそうです。

『マイ・インターン』
2015年10月10日(土)、新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーほか全国ロードショー
(c)2015 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED




*************

★個人ブログ「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪
 2015/10/11 15:25  この記事のURL  / 

2016年春夏NYコレクションまとめ












グラマラスで陽気、そして健やか。
2016年春夏NYコレクションでは、原色や朗らかモチーフが躍り、ロマンティックや楽観、若々しさといったムードで装いを活気づけました。ジェンダーレスのうねりが続く中、そこからの揺り戻しとも見える格好でフェミニンやセクシーが息を吹き返したのも、今回の変化。大胆スリットやオフショルダー、ラッフル、ベルスリーブ、シフォン系生地の多用はその表れ。気負わない「エフォートレス」のマインドを受け継いで、やわらかいトーンで「女らしさ」を感じさせた作品が印象的でした。

宮田理江のランウェイ解読 Vol.27 2016年春夏NYコレクション

http://www.apparel-web.com/column/miyata/2016ss_ny.html


〜関連記事〜

2016年春夏NYコレクション・リポート
http://www.apalog.com/riemiyata/archive/189

2016年春夏NYコレクションリポート(後編)〜遊び心のある柄・色とグラマラス
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/beauty/fcolumn/CO005410/20151008-OYT8T50046.html

2016年春夏NYコレクションリポート(前編)〜若々しくセクシーに
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/beauty/fcolumn/CO005410/20151001-OYT8T50100.html




*************

★個人ブログ「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪
 2015/10/10 16:11  この記事のURL  / 

マイケル・コースが「ウォッチ・ハンガー・ストップ」キャンペーンを展開


「MICHAEL KORS(マイケル・コース)」は10月の1ヶ月間、国連が制定した10月16日の「世界食糧デー」を祝し、世界中の飢餓撲滅を目標に取り組んでいる「ウォッチ・ハンガー・ストップ」キャンペーンを通じて、多くの取り組みを展開します。

10月1日には2015年で3年目となる2015年版の限定チャリティ・ウォッチ「ブラッドショー100」の発売を開始します。

公式ホームページにはマイクロサイトを立ち上げ、飢餓撲滅に向けたオリジナルメッセージを書き込んだデジタルTシャツをデザインすることができるようになっています。

ギャラリー(http://tshirt.watchhungerstop.com/gallery
Tシャツを作成(http://tshirt.watchhungerstop.com/#watch-hunger-stop-carousel
(好きな文言を打ち込み、デジタルTシャツを作成)

10月1日〜16日まで設置されるマイケル・コース表参道店のフォト・ブースでは撮影が無料に。また、世界食糧デーの10月16日は表参道店にてメッセージTシャツの無料配布を行います(無くなり次第終了)。

この活動をより多くの人に知ってもらうために、スーパーモデルのリリー・オルドリッジ、キャンディス・スワンポール、そしてリウ・ウェンがパーソナライズメッセージを書き込んだTシャツを着用したビデオも撮影されました。

動画
https://www.youtube.com/embed/gU-EMID7Yz8 (YouTube)
https://michaelkors.box.com/s/97pfmegar9x83x0ajliuegnm091b5pbj (RAW)






さらに、新たに「国連世界食糧計画アンバサダー」に任命されたマイケル・コースは、2015年の「ウォッチ・ハンガー・ストップ」キャンペーンに女優のケイト・ハドソンが参加することを発表しました。

世界中のマイケル・コース ストアでは10月の1ヶ月間を通じて、国連WFPへの寄付を受け付けます。

限定版時計も発売されます。2015年版<スペシャル・チャリティ・ウォッチ=ブラッドショー100>、2015年版の特別限定版時計「ブラッドショー100」が発売となります。文字盤に世界地図が描かれ、裏面にはデザイナー マイケル・コース氏のサインと「WATCH HUNGER STOP」というキャンペーン名、そして「1 WATCH = 100 MEALS」というメッセージが刻まれています。

新たに発売されるこのユニセックス時計は、1本の売り上げごとに国連WFPの学校給食プログラムを通じて、飢餓に苦しむ子ども達に100人分の食事が届けられる仕組み。すでに1000万食が提供されています。

「ウォッチ・ハンガー・ストップ」は、世界飢餓撲滅のための認知向上と基金募集を目的として2013年に立ち上げられました。マイケル・コースはこのキャンペーンにおいて国連世界食糧計画(国連WFP)とパートナーシップを組んでおり、集められた基金は国連WFPの学校給食プログラムに提供されます。キャンペーンの中核となるのが「ウォッチ・ハンガー・ストップ」ウォッチの販売です。第1弾は2013年4月に発売されました。「ウォッチ・ハンガー・ストップ」では時計が1本売れるごとに、飢餓に苦しむ地域の子ども100人に栄養豊富な食事が届けられます。

マイケル・コースは「ウォッチ・ハンガー・ストップ」キャンペーンにより、支援を必要とする子どもたちに国連WFPを通じて1000万食以上もの食事を届けることができて非常に誇らしく思います」と述べています。

ファッションに広い意味での社会貢献を期待する「エシカル(倫理的)」の発想は、世界的な広がりを見せています。一過性のイベント的なチャリティーにも意味はありますが、「ウォッチ・ハンガー・ストップ」キャンペーンのように継続的な取り組みはさらに成果が大きくなり、意義深い物と言えるでしょう。資金が提供されるだけではなく、解決すべき問題の存在を広く知ってもらうという意味からも、エシカルな取り組みは重要です。そして、そういったプロジェクトを続けるファッションブランドやクリエイターにもリスペクトが集まるようになっていて、これからもファッションとエシカルの関係は深まっていきそうです。

MICHAEL KORS
http://www.michaelkors.jp/





*************

★個人ブログ「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪
 2015/10/07 11:32  この記事のURL  / 

デジタル技術で究極パーソナライズ化したアイウエアを「MYKITA(マイキータ)」が発売










ドイツのアイウエアブランド「MYKITA(マイキータ)」がデジタル技術を活用したカスタムメイドのアイウエア「MY VERY OWN (MVO、マイ・ベリー・オウン)」を発表しました。業界の先駆けとなる3Dフェイススキャンを使ったカスタマイズを実現しました。その人の顔の形にしっくりなじむ、究極のパーソナライズ化です。MVOは2016年春に MYKITA SHOPSと、厳選されたメガネ専門店で発売される予定です。

顔の形は一人ひとり異なります。でも、一般にアイウエアのフレーム形は1種類で、購入した際にショップでのフィッティングでそれぞれの顔に合わせて微調整することになります。ところが、MVOはデジタル技術を駆使して、それぞれの顔の形に合ったデザインやフィット感のアイウエアを作り上げます。

注文に当たっては、まず好みのアイウエアの形を選択。次にデジタル技術を用いたフィッティングに移り、顔面をスキャンします。さらに、デジタルシミュレーションを使って、顔の輪郭に合わせてモデルのフレームを調整します。その後、フレームやレンズ、蝶番の色を選び、カスタムメイドのアイウエアをバーチャルな形で仕上げていきます。

メガネは最も身近な医療機器です。自分の顔の形にジャストフィットするアイウエアは、眼球の位置が望ましい形でフレームデザインと融け合うという意味でも理想的なデバイスと言えます。熱烈なファンの多いブランド「MYKITA」のフレームでそれが実現。ファッションとデジタルのクロスオーバーは様々な形で進行していますが、こちらは納得のマリアージュと呼べそうです。



動画はこちら
https://vimeo.com/140213157

MYKITA
https://mykita.com/en




*************

★個人ブログ「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪
 2015/10/05 09:35  この記事のURL  / 

「ATSUSHI NAKASHIMA」の中島篤氏が「DHL Exported」を受賞


日本発のブランド「ATSUSHI NAKASHIMA(アツシ ナカシマ)」のデザイナー、中島篤氏が「DHL Exported」を受賞しました。日本人では初となる快挙です。

プログラム第2期の受賞者4組の1人に選ばれました。受賞者は自らのブランドとビジネスをグローバルに展開する機会を獲得しました。中島氏は2016-17年秋冬と2017年春夏の2シーズンにわたってミラノ・ファッションウイークでコレクションを発表する予定です。

「DHL Exported」は、才能豊かな受賞デザイナーに、ビジネス戦略のコンサルティング、PR活動、ソーシャルメディアに関するサポートを提供するプロジェクトです。物流業界の世界的企業であるDHLがIMG Fashionと共同で運営しています。

中島氏はジャンポールゴルチェのアシスタントデザイナーという経験の持ち主。2013年にはJIL SANDER NAVYバッグラインのディレクターに就任。14年には渋谷ヒカリエ・オフィス受付の制服を手がけました。15年3月にはバンクーバーファッションウイークに参加し、海外・国内での活躍の幅を確実に広げ続けています。

世界的なレベルのファッションコンテストやアウォードで日本人デザイナーが入賞・受賞する例が増えてきて頼もしさを感じさせます。海外で培った経験を生かしている例や、欧米のセオリーにとらわれない日本流の独創的なクリエーションが評価されるケースなどがあり、これからも日本からのチャレンジと高評価が相次ぐと期待できそうです。

ATSUSHI NAKASHIMA
http://www.atsushinakashima.com/



*************

★個人ブログ「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪
 2015/10/03 02:49  この記事のURL  / 

« 前へ | Main | 次へ »
宮田理江(みやたりえ)
ファッションジャーナリスト

複数のファッションブランドの販売員としてキャリアを積み、バイヤー、プレスを経験後、ファッションジャーナリストへ。新聞や雑誌、テレビ、ウェブなど、数々のメディアでコメント提供や記事執筆を手がける。

コレクションのリポート、トレンドの解説、スタイリングの提案、セレブリティ・有名人・ストリートの着こなし分析のほか、企業・商品ブランディング、広告、イベント出演、セミナーなどを幅広くこなす。著書にファッション指南本『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(共に学研)がある。

公式サイト:http://riemiyata.com/
2015年10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ

http://apalog.com/riemiyata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の
「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。
QRコード


更新順ブログ一覧