« 前へ | Main | 次へ »
「TADASHI SHOJI(タダシ ショージ)」のドレスを、ミシェル・オバマ米大統領夫人が再び着用

(c)GettyImages



「着るだけで美しく見えるドレス」として知られる、NYコレクション参加ブランドの「TADASHI SHOJI(タダシ ショージ)」のドレスをMichelle Obama(ミシェル・オバマ)米大統領夫人が着用しました。

オバマ大統領夫妻が9月19日に出席したのは、議員団体の会合。アメリカでは2016年に大統領選挙を控えて現職大統領の動きが一段と関心を集めるようになっています。この大事な日の晩餐会で着るドレスにミシェル夫人は「TADASHI SHOJI」のベアトップ・ロングドレスを選びました。色は深いネイビーで、ファーストレディーらしい品格が寄り添っています。その装いは米国メディアで大きく報じられました。

ブルーのフラワーモチーフが丁寧な刺繍で描き込まれていて、エレガントなたたずまい。しっかりストレッチが利いていて、ボディーラインを美しくグラマラスに整えてくれるというこのブランドならではの効果は、大統領と並んで壇上で喝采を浴びたミシェル夫人の着姿からも実感できます。大舞台に立ち慣れたファーストレディーらしい、見事な着こなしにはうっとりしてしまいます。

実はミシェル夫人は2015年4月、安倍晋三首相をホワイトハウスに迎えての晩餐会でも「TADASHI SHOJI」のイブニングドレスを着ていました。日本からの賓客を招くに当たって日本にゆかりの深いブランドを選ぶのは、外交的な気配りとも映りますが、今回9月の会合は日本とほとんど関係のないものでした。それだけに、ミシェル夫人が純粋に自分で「着たい」と思ったドレスを選んだ可能性が高そうです。

つまり、ミシェル夫人が「TADASHI SHOJI」を個人的に気に入ってチョイスしたとも見えます。もしかすると、安倍首相を迎えた晩餐会で着た際に着心地やデザインがお気に召したのかも知れません。

独自のカッティング技術に加え、目の錯覚を利用してボディーラインをすっきり優美に見せるデザインは、ストレッチ素材を巧みに取り入れているから、長い時間着ていても窮屈に感じません。




これまでも米アカデミー賞授賞式のレッドカーペットをはじめ、たくさんの晴れ舞台で女優やセレブティーが「TADASHI SHOJI」のドレスに身を委ねてきました。今回、アメリカ最高のファッションアイコンと呼べるファーストレディーに再び選ばれたことは、そのデザインと着心地を証明する、これ以上ない「お墨付き」となりました。ロサンゼルスを拠点とする「TADASHI SHOJI」は世界45カ国、約1500店舗で取り扱いがあり、日本では東京・青山のショールームのほか、日本橋三越本店、伊勢丹新宿店、銀座三越、松坂屋名古屋店、阪急百貨店うめだ本店、バーニーズ ニューヨークなどで取り扱われています。

モードの新シーズンを告げる2016年春夏NYコレクションでは、初めて本格的に「日本」を題材にした「TADASHI SHOJI」の新作が話題を集めました。日本の文化と伝統に敬意を込め、日本庭園や春景色など、日本の豊かな情緒を写し取った作品を披露。実際にNYのランウェイを見たコレクションリポートを、アパレルウェブのリポートで解説しているので、そちらもご覧ください。新作は春夏向けで、入荷はまだ先になりますが、15-16年秋冬の充実したラインアップは店頭に並びつつあるので、「ファーストレディーが選んだドレス」ブランドを確かめに、足を運んでみてはいかがでしょう。

また、デザイナーの庄司正さん来日の際に、インタビューをさせていただきました。「Tシャツで過ごすような感覚でドレスを着てほしい」「ドレスの似合うシーンは身近にある」といった、ドレスとの上手なつきあい方、創作の気構えなどにわたる素敵な言葉をたくさん聞くことができました。前編&後編インタビューをぜひご一読ください。

セレブご指名の日本人ドレスデザイナー 庄司正氏インタビュー(前編)
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/beauty/fcolumn/CO005410/20150820-OYT8T50045.html

「日本」をテーマにコレクション 庄司正氏インタビュー(後編)
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/beauty/fcolumn/CO005410/20150825-OYT8T50167.html


TADASHI SHOJI
http://tadashishoji.jp/



*************

★個人ブログ「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪



 2015/09/30 13:10  この記事のURL  / 

「アンリアレイジ」が2016年春夏パリコレに「サカナクション」山口一郎氏と参加

(c)Norifumi Fukuda (B.P.B.for SO-EN)






パリに発表の場を移して3回目のコレクションとなる「ANREALAGE(アンリアレイジ)」がパリファッションウイークの初日、9月29日(日本時間30日)、Palais de Tokyo, Galerie Haute(パレ・ド・ トーキョー、ギャラリー・オート)を会場に2016年春夏の新作を披露します。今回はサウンドディレクションに「サカナクション」の山口一郎氏を迎えています。

山口氏は「アンリアレイジ」と共にパリへ赴き、現地でサウンドディレクションを行います。音源の制作は、「サカナクション」の楽曲リミックスを手掛けてきたAOKI takamasa氏が担当。ショー演出は「アンリアレイジ」のこれまでの全ショーを手掛けてきた金子繁孝氏が行います。

「アンリアレイジ」は2014年10月、東京からパリに舞台を移しパリコレクションに参加。今回の会場となるパレ・ド・ トーキョーはパリコレで頻繁に使われる主力会場のひとつです。

「アンリアレイジ」と「サカナクション」の縁は2013年にさかのぼります。「サカナクション」が開催した全国ツアー、SAKANAQUARIUM2013“sakanaction”の幕張メッセ・大阪城ホール公演で初共演しました。「光で色が変わる」という趣向のライブ衣装を制作。ボーカルの山口氏が着用して話題を呼びました。

その後、2015年1月の『NHKスペシャル』の「NEXT WORLD」や、「サカナクション」のオーガナイズするクラブイベント「NF」でも共演しています。

今回のパリコレでは、従来のファッションショーでの音楽の使われ方とは異なるアプローチを試すそうです。「視覚と聴覚を融合した表現」がどんな風に見えて聞こえるのか、期待が高まります。音楽はファッションのインスピレーションソースであったり、ショーの世界観を印象づける要素であったりしてきたわけですが、表現者同士がコレクションの最初から手を組んで挑むことによって、どんな新感覚が生まれるのか、楽しみなところです。

当日は日本へのライブ配信も予定されています。ジャパンタッグがパリでどういう可能性を切り拓いてくれるのかを、リアルタイムで目撃できる貴重な体験となりそうです。

ANREALAGE
http://www.anrealage.com/





*************

★個人ブログ「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪
 2015/09/28 02:48  この記事のURL  / 

2016年春夏NYコレクション・リポート














2016年春夏シーズンのコレクションサーキットの先陣を切って、ニューヨーク・ファッションウイークが開催されました。メイン会場の変更、新スポンサーの決定。そして、新デザイナーによるブランドお披露目や各種ファッションイベント、ストアオープンなど、盛りだくさんの内容でした。

アレキサンダー・ワン、フィリップ・リムの両氏がコレクションデビューを飾って10年の節目となりました。パリからは同じく10周年を迎えたリカルド・ティッシ氏による「Givenchy by Riccardo Tisci」のショーがNYに進出。それぞれのオリジンや持ち味、基本軸を再確認しているところが印象に残りました。

マルチカラーや肌見せなど、「主張強め」の演出も復活。「ガーリー」や「ロマンティック」「ウルトラフェミニン」が揺り戻して来ました。わざと「ダサかわいい」という感じの見た目に整える“奇天烈(きてれつ)”系の着こなしにも注目です。一方、いかにもアメリカらしい、ビーチやサーフなどの楽観的なムードがあり、若々しくナチュラルでヘルシー、そしてノンシャランとした雰囲気も健在です。肩の力を抜いたエフォートレスは着心地重視の「コンフォート」へ進化していく気配を感じさせます。

2015-16年秋冬NYコレクション・リポートを公開しましたので、ご覧くださいませ。

【NYコレ2016年春夏ハイライト1】2016年春夏・ニューヨークコレクションが開幕 メイン会場もスポンサーも新たに
http://apparelweb-collection.tumblr.com/post/128845158434/ny-%E3%82%B3%E3%83%AC2016%E5%B9%B4%E6%98%A5%E5%A4%8F


【NYコレ2016年春夏ハイライト2】ボヘミアンや西海岸ビーチ感強まる ワン10周年やジバンシィ参加も
http://apparelweb-collection.tumblr.com/post/129071104294/ny%E3%82%B3%E3%83%AC2016%E5%B9%B4%E6%98%A5%E5%A4%8F-%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88


【NYコレ2016年春夏ハイライト3】ハッピー、ナチュラル、グラマラスが浮上 若々しさを強調
http://apparelweb-collection.tumblr.com/post/129351225069/ny%E3%82%B3%E3%83%AC2016%E5%B9%B4%E6%98%A5%E5%A4%8F-%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88-3%E3%83%8F%E3%83%83%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%81%8C%E6%B5%AE%E4%B8%8A-%E8%8B%A5%E3%80%85%E3%81%97%E3%81%95%E3%82%92%E5%BC%B7%E8%AA%BF


【NYコレ2016年春夏ハイライト4】女性美の再評価に向かうNY ガーリーやセクシーが復活
http://apparelweb-collection.tumblr.com/post/129618081529/ny%E3%82%B3%E3%83%AC2016%E5%B9%B4%E6%98%A5%E5%A4%8F-%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88-4%E5%A5%B3%E6%80%A7%E7%BE%8E%E3%81%AE%E5%86%8D%E8%A9%95%E4%BE%A1%E3%81%AB%E5%90%91%E3%81%8B%E3%81%86ny-%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%84%E3%82%BB%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%81%8C%E5%BE%A9%E6%B4%BB


【16年春夏NYコレクション日記:前編】カラフルで若々しいムード強まる〜花柄やマルチカラー前面に
http://www.fashionsnap.com/the-posts/2015-09-20/ny15aw-miyata01/


【16年春夏NYコレクション日記:後編】10年の重みとブランドの原点、劇的な演出、トゥモローランドNYへ
http://www.fashionsnap.com/the-posts/2015-09-26/ny16ss-miyata02/


〜関連記事〜

2016春夏NYコレクション! 次トレンドはコレ
http://fashionbible.cocolog-nifty.com/blog/2015/09/2016ny-6d42.html



*************

★個人ブログ「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪
 2015/09/27 15:13  この記事のURL  / 

カウボーイハットで有名なハットブランド「STETSON」が150周年記念のポップアップストアを開催














逸品やレジェンドと呼ばれるブランドは少なくありませんが、アメリカの「STETSON(ステットソン)」はハット(帽子)好きなら誰もが知る、伝説的存在。シグネチャーモデルであるカウボーイハットで知られています。1865年に創業し、今年で150周年を迎える「STETSON」はこの節目に、東京・渋谷区神宮前のFREEMANS SPORTING CLUB - TOKYOとL'ECHOPPEで9月からポップアップストアを開催します。

アメリカ大統領やハリウッドスターに愛用される様々なハットを作り続け、幅広い人々に愛されてきました。今回のポップアップストアは150周年記念モデルをはじめ、ブランドを代表する数々のシグネチャーモデルを手に取ることのできる数少ない機会となります。

1865年にJohn B. Stetson(ジョン・ビー・ステットソン)がフィラデルフィアで創業。丈夫で長持ちするウエスタンハットを西へ送り込み、瞬く間にアイコンとして認知され、西部開拓者にとって欠かせないアイテムとなりました。現在でもウエスタンハットの代名詞的ブランドとしてカウボーイ達から絶大な支持を得ています。

代表的なモデルを集めた150周年記念ポップアップストアはFREEMANS SPORTING CLUB - TOKYOで9月12〜27日、L'ECHOPPEでは9月9〜15日に開催。FREAK'S STORE渋谷店でも10月の開催を予定しています。

カウボーイハットと聞くと、広いブリム(つば)の両脇を巻き上げたスタイルが思い浮かびますが、STETSONのラインアップはかなり幅広く、女性がかぶっても様になるモデルが用意されています。ジェンダーレスの流れが加速する中、あえて男っぽいタイプを選ぶ手もありそう。今回のポップアップストアは、アメリカのフロンティアスピリットまでまとえるSTETSONに出会えるまたとない機会です。



STETSON 150th ANNIVERSARY POP-UP STORE

FREEMANS SPORTING CLUB - TOKYO
9月12日〜9月27日
http://freemanssportingclub.jp/

L'ECHOPPE
9月9日〜9月15日
http://lechoppe.jp/

FREAK'S STORE渋谷店
10月より開催予定
http://www.freaksstore.com/


STETSON JAPAN
TEL:03‐5652‐5890
http://stetson.jp





*************

★個人ブログ「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪
 2015/09/07 21:53  この記事のURL  / 

« 前へ | Main | 次へ »
宮田理江(みやたりえ)
ファッションジャーナリスト

複数のファッションブランドの販売員としてキャリアを積み、バイヤー、プレスを経験後、ファッションジャーナリストへ。新聞や雑誌、テレビ、ウェブなど、数々のメディアでコメント提供や記事執筆を手がける。

コレクションのリポート、トレンドの解説、スタイリングの提案、セレブリティ・有名人・ストリートの着こなし分析のほか、企業・商品ブランディング、広告、イベント出演、セミナーなどを幅広くこなす。著書にファッション指南本『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(共に学研)がある。

公式サイト:http://riemiyata.com/
2015年09月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ

http://apalog.com/riemiyata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の
「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。
QRコード


更新順ブログ一覧