« 前へ | Main | 次へ »
見どころが多かった「テキスタイルネット展」の私的体験リポート


生地や糸、繊維技術を体験できる展示会「テキスタイルネット展2016年春夏」が7月8、9日、ラフォーレ原宿(東京都渋谷区)で開催されました。布に関する素材とテクノロジーの現在を体感できる貴重な機会だけに、会場は大勢の来場者でにぎわいました。

出展企業が構えるブースでは興味深い商品や技術が紹介され、セミナーではモードやビジネスの今が報告され、密度の高い2日間となりました。私は9日に「2016SS メンズコレクション速報とウィメンズ展望」と題したファッション対談セミナーに講師として参加。山中建さんとの対談形式で16年春夏の新トレンドをリポートしました。おかげさまで満席となりました。ご参加頂いた皆さま、本当にありがとうございました。




対談後はブースを拝見しました。30を超える会場内のブースは見どころが多く、どれも勉強になりました。テキネの持ち味のひとつは「体験型」という演出。プロも消費者も楽しく見て回れる構成です。繊維の素材や技術にまとまって触れることのできるチャンスはそう多くないので、新たな発見や驚きがたくさんあった今回のテキネは個人的にも収穫大でした。出展企業のご担当者からもいろいろと教えてもらえました。

世界的に知名度の高い佐藤繊維をはじめ、個性的な取り組みで繊維・アパレル業界をリードする企業・団体が参加していて、回る時間が足りないと思えるほどでした。私が訪れたブースのうち、特に興味を持ったところをご紹介していきましょう。





体験型の面白さを実感できたブースのひとつが「EUROPORT(ユーロポート)」のプリントシステムです。こちらのブースでは、手持ちの画像データをそのままTシャツにプリントしてもらえました。USBに保存したデータをブースに持っていけば、好きな生地を選んでプリントしてもらえます。せっかくの機会でしたので、私もこのセミナーの記念写真をプリントしてもらいました(笑)。iPhoneで撮った写真をパソコンにコピーして、すぐにフルカラーでプリント。きれいに仕上がりました(左から、千金楽社長、私、山中さん、フォトグラファー土屋さん)。ありがとうございました。



貴公子ならぬ「ニット界の奇行子」とも呼ばれているという田沼英治さんが運営する「Knittingbird(ニッティングバード)」はニットに関する技術や商品を紹介していました。来秋冬シーズンのトレンド素材でもあるフェイクファーに関してオリジナル糸を展示。ニットで作るフェイクファーの魅力も教えてもらえました。ニッティングバードの特製リリアンヤーン「Toyful(トイフル)」も素敵でした。



大手メーカー、グンゼのブースでひときわ目を惹いたのは、ピアノ風の鍵盤を布にプリントした、電気を通す導電性ニットの展示。こちらの生地は鍵盤部分を指で押すと、その場所ごとの音が鳴ります。つまり、ピアノを弾く感覚で布を鳴らすことができるわけです。いわゆるウエアラブル技術は世界的に今後の期待が大きい分野。今回の「鳴る布」を発展させれば、シャツの袖をパソコンのキーボード代わりにしたり、外国語をしゃべらせて服を「通訳」にしたりといった応用ができそうです。



山忠紙芸シャフテックツチハシはお得意の糊を使った加工の技術を披露。短い繊維を垂直に差し込んで、ベルベット調の手触りを生むフロッキー加工が目玉展示です。立体感や質感を印象づけやすいフロッキープリントは、アイテムとして見たことは多いのに、その仕組みが専門家以外にはあまり知られておらず、実際の製法が分かる展示はありがたいものでした。



回を重ねるごとに規模が大きくなり、セミナー・展示内容も厚みを増している「テキスタイルネット展」。次回の開催情報はアパレルウェブ内にある「テキスタイルネット」のサイト上で随時公開されるはずですので、ウォッチしておくとよいでしょう。デザインやマーケティングが話題を集めがちですが、ファッションはやはり素材で決まるところが大きいので、見逃せないイベントだと思います。

テキスタイルネット
http://www.textile-net.jp/




*************

★個人ブログ「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪
 2015/07/13 02:31  この記事のURL  / 

「VERSACE HOME(ヴェルサーチ ホーム)」の国内初ショップが銀座にオープン



イタリア発「VERSACE(ヴェルサーチ)」が7月11日、東京・銀座にホームコレクションブランド「VERSACE HOME(ヴェルサーチ ホーム)」の直営店「ヴェルサーチ ホーム 銀座店」をオープンしました。「ヴェルサーチ ホーム」の日本国内ショップはこれが初めてとなります。前日の内覧会に行ってきました。



















銀座5丁目の並木通り沿いに構えたショップは1階と2階の2フロアで構成。リュクスな一軒家を訪ねるような演出が取り入れられていて、1階はダイニングやリビング、2階はベッドルームやバスルーム、書斎という感じで、それぞれのスペースに商品がレイアウトされていて、実際の空間をイメージしやすくなっています。

大理石やクリスタルなどの贅沢な材質で覆われた内装はラグジュアリーなたたずまい。白を基調にしながら、ゴールドを配してゴージャスなムードを漂わせています。ソファやテーブル、椅子など、「Via Gesu (ヴィア ジェズ)」コレクションの家具がトータルにそろいます。

世界最大の家具見本市であるミラノ・サローネで発表してきたモダンファニチャーを、日本で間近に見て触れることのできる貴重な空間となります。ベッドやダイニングテーブルといった大物から、クッションやステーショナリーといった身近なアイテムまで幅広く取りそろえられています。

ブランドのアイコンである模様「グリークキー」や、「V」モチーフ、メデューサ柄などがあしらわれ、ヴェルサーチらしさが感じ取れます。銀座店限定のアイテムも用意されています。日本の茶道からインスパイアされたというティーセット「La Medusa」と「The Baroque Punk」もラインアップ。

クラシックな雰囲気とオリエンタルな要素が自然に融け合っています。ソファーサイドには盆栽がありました。アートの薫りを帯びた店内はどこか現代美術館のよう。リッチで上品な雰囲気に包まれて、お気に入りのホームコレクションを眺めて回ると、アッパーな邸宅に招かれたかのような気分でお買い物が楽しめそうです。

VERSACE HOME 銀座店
東京都中央区銀座 5-6-13

VERSACE HOME
http://www.versacehome.it/





*************

★個人ブログ「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪
 2015/07/12 13:31  この記事のURL  / 

2015-16年秋冬ファッションの6大トレンド









ここ2、3シーズンの2大トレンドだったエフォートレスとスポーツシックがやや落ち着く一方で、70年代気分や未来感覚、ミリタリーなどが盛り上がり、着こなしの選択肢は格段に広がります。コンフォート(着心地)志向やジェンダーレスといった時代の空気が様々に表情を変え、時代も性別も超えた形で表に出てきたという構図です。

この秋冬トレンド全体を解説しました。ご覧頂けたら幸いです。

宮田理江のランウェイ解読 Vol.26 時代も性別も超えて〜2015-16年秋冬ファッションの6大トレンド

http://www.apparel-web.com/column/miyata/2015-16aw_trends.html





*************

★個人ブログ「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪
 2015/07/11 17:51  この記事のURL  / 

テキスタイルネット展で2016春夏ファッショントレンドセミナーを開催します


7月9日(木)13時から、ラフォーレ原宿6F(ラフォーレミュージアム)にて
「2016春夏メンズコレクション速報とウィメンズ展望」というタイトルで、
山中建さんとファッション対談を行います。

アパレルウェブが運営している生地・副資材の商取引サイト
「Textile-net(テキスタイルネット)」の合同展示会に合わせたセミナーです。

昨年は2回ともNYコレ中だったので、私は久しぶりの登壇となります。

今回のタイミングは秋開催のレディスコレクション前ですが、
ちょうど今、メンズコレ取材中の山中さんのホットなメンズコレのお話を中心に、
私は秋に開催される2016春夏ウィメンズコレの展望をお話したいと思います。

参加費無料(先着順で事前の申し込みが必要)ですので、
ご参加いただけたらと思います。申し込みはこちらから☆

http://www.textile-net.jp/exhibition/2016ss-seminar.html




*************

★個人ブログ「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪
 2015/07/02 03:52  この記事のURL  / 

« 前へ | Main | 次へ »
宮田理江(みやたりえ)
ファッションジャーナリスト

複数のファッションブランドの販売員としてキャリアを積み、バイヤー、プレスを経験後、ファッションジャーナリストへ。新聞や雑誌、テレビ、ウェブなど、数々のメディアでコメント提供や記事執筆を手がける。

コレクションのリポート、トレンドの解説、スタイリングの提案、セレブリティ・有名人・ストリートの着こなし分析のほか、企業・商品ブランディング、広告、イベント出演、セミナーなどを幅広くこなす。著書にファッション指南本『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(共に学研)がある。

公式サイト:http://riemiyata.com/
2015年07月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ

http://apalog.com/riemiyata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の
「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。
QRコード


更新順ブログ一覧