« 前へ | Main | 次へ »
2015-16年秋冬NYコレクション・リポートとトレンド感想


2015-16年秋冬・NYファッションウイーク取材が終了しました。














今回のNYコレクションを振り返ると、「パワードレッシング」と着心地重視の「コンフォート」、リラクシングやこなれ感重視の「ネオエフォートレス」、自由な風情の「ボヘミアン」などがミックスされた、大人女性の遊び着のイメージが強まりました。このところ、ガーリーやフェミニンで若々しい雰囲気でしたが、もう少しアッパーで、大人の夜遊びを感じさせるムード。とはいえ、気張って出掛けるのではなく、余裕や落ち着きのある着こなしです。華やぎや高級感はあるけれど、肌に優しくて着心地がよく、力んでいない感じがキートーンになります。

内なるマニッシュを引き出す、自然体のジェンダーミックスも柱になりそうです。今までは、メンズ風アイテムを頑張って身につけていた感じがあったのですが、そうではなく、もっと普通にマニッシュアイテムをまとう感覚です。そもそも女性の中にある男性部分を無理なく表出する、「男だけど、何か?」とでも言いたげなさりげないムード。これまでよりもっとナチュラルなジェンダーミックスです。

着ている人がエフォートレスを求めるならば、創り手も「エフォートレス」です。今までは、頑張って自分を追い込み、極限のクリエーションを絞り出そうとして、気負っていたところがあったわけですが、今回感じられたのは、もっとリラックスして、ある意味、ビジネスライクに取り組む態度。タイミングと濃度を見計らって、消費者や市場が期待する「半歩先」のクリエーションを用意するといった感じです。芸術家・職人肌の情念クリエーションとは、冷静さやビジネス志向の面で違いがあります。

トレンド変化のめまぐるしさがやや鈍り、ロングトレンドが継続している今の時代、微妙なアレンジを加えながらクリエーションを小出しにしていくほうが消費とかみ合いやすいという判断が透けて見えます。NYブランドの作品を見てそう思いました。それは、まるで、新技術・新製品の「小出し」が常識である、米国のパソコン・デジタル業界のよう。長くビジネスを続けるために、全てのクリエーションを一気に出し切らないで、消費者の動向を先読みしながら、少し先の延長線上にある「次」を提案するといった感じです。

それは、「モードじゃなくてビジネスがしたい」というNYのデザイナーたちの気持ちの表れでもあるように感じました。実際にビジネス面で成功している諸ブランドをお手本に、マーケットと真剣に向き合う姿勢を示したとも見えます。「アーティスト<プロフェッショナル」という立ち位置の定め方は、ビジネス大国アメリカならでは。創り手側は新しい枠組みと態度でファッションと向き合い始めているような気がしました。

今回は決してものすごく目新しいモードの提案が相次いだわけではないけれど、ファッションを安定的な成長が見込めるビジネスとして新たなステージに押し上げる意欲がうかがえます。これまでのモード至上主義は創り手に過剰なプレッシャーを強いて、早い段階で燃え尽きさせてしまう危険性もはらんでいました。シーズンごとに様変わりするモードは消費者にも「次はまた全然違うトレンドが来るのか」「そんなにたくさん買っていられない」といった不安感を与え、購買意欲を鈍らせる結果にもつながっていました。

でも、数年先まで新製品の発売時期を予告するロードマップを示すことが当たり前になっているデジタル業界や、金融動向を前もって知らせるフォワードガイダンスのように、モードのゆるやかな「未来予想図」を提示しつつ、穏やかな変化をワードローブにもたらす姿勢は、創り手にも消費者にも受け入れやすいものでしょう。「ファッションの民主化」が進んで、着る側が自分好みのスタイリングを確立していく中、創り手側にも消費者の着こなしを尊重する意識が広がっています。強引に「全取っ替え」「爆買い」を求めるのではなく、着る側の気分や懐事情と折り合いをつけながら、マーケットと二人三脚で前に進もうとする態度は、モードの後退ではなく、むしろファッションビジネスの進化と映ります。その意味において、世界のビジネス首都、NYから発信された今回のコレクションは大きな成果を残したと言えそうです。

2015-16秋冬ファッショントレンドのキーワードを並べてみましょう。

◆テイスト
パワードレッシング、70年代、レトログラム、大人の夜遊び、ソフトボヘミアン、ボーホーシック、ロックロマンティック、ヘビメタ・リュクス、アンドロジナス、リッチ、ミリタリーグラマー、フォークロア、グラマラス、レディーライク、グリッター、コンフォート、アスレジャー、コンテンポラリーモッズ、アメリカンスポーツウエア、モダン・ワークウエア、ユーティリティー、マスキュリン×フェミニン

◆スタイリング
ロング&リーン(長く細い)、構築的、スリーブレス、オーバーサイズ(ビッグシルエット)、アシンメトリー、ベアショルダー

◆アイテム
変形アウター、ロングコート、スリーブレスコート、ローブ風アウター、コクーンアウター、ケープ、ポンチョ、マント、ガウン、ボマージャケット、ファーアウター、ロングベスト、タートルネックセーター、プルオーバーニット、パンツ、クロップトパンツ、キュロット、ベルボトムパンツ、ジャンプスーツ、ストレートドレス、ロングドレス、ロングスカート、ロンググローブ、クロスボディーバッグ、ニーハイ・サイハイブーツ、ファーストール、ファー小物、スカーフ、バンダナ風、フリンジバッグ

◆素材
レザー、スエード、カシミア、モヘア、フェザー、ラメ、ネオプレン、フェルト、フランネル、ジャカード、ツイード、ジャージー、ベルベット、ケミカル生地

◆色
黒、ゴールド、メタリック、キャメル、グレー、ブラウン、ボルドー、レッド、バーガンディー、オレンジ、オリーブ、グリーン、ネイビー、アイボリー、イエロー

◆モチーフ・ディテール
格子柄、ピンストライプ、フリンジ、ビーズ、バンデージ、パッチワーク、テイラード、シャーリング、ファー襟、ニードルパンチ、不ぞろい裾、プリーツパンチング穴、ファーカフス、ジップ、ビッグドレープ、エンブロイダリー(刺繍)、きらめきパーツ、帯風ベルト、ボウタイ、スタッズ、鳩目

2015-16年秋冬NYコレクション・リポートも公開しましたので、ご覧くださいませ。

マイナス気温が続く極寒の中、15-16秋冬・NYコレが開幕
http://apparelweb-collection.tumblr.com/post/110947822984/ny-1-15-16-ny


モードのギアチェンジ誘う新鮮な提案相次ぐ
http://apparelweb-collection.tumblr.com/post/111271469014/ny-2

深まるミックススタイリング、高まるグラマラス
http://apparelweb-collection.tumblr.com/post/111552393994/ny-3

−10度の極寒ファッションウィーク、でも演出はほっこり
http://www.fashionsnap.com/the-posts/2015-02-18/ny15aw-miyata01/

リッチでグラマラスな"パワードレッシング"に向かうNYモード
http://www.fashionsnap.com/the-posts/2015-02-24/ny15aw-miyata02/

2015-16年秋冬NYコレクションリポート(前編)〜強くあでやかな「パワードレッシング」
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/beauty/fcolumn/CO005410/20150305-OYT8T50129.html

2015-16年秋冬NYコレクションリポート(後編)〜着心地と大人らしさの両立
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/beauty/fcolumn/CO005410/20150313-OYT8T50048.html



〜関連記事〜

2014年ファッションの裏トレンドは「トレンドの消失」
http://www.fashionsnap.com/inside/column1412-miyata/




*************

★個人ブログ「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪
 2015/02/27 03:48  この記事のURL  / 

オーストラリアから、おしゃれなマスクが登場、「TECMASK(テックマスク)」





「デザインで楽しむマスク」をコンセプトにしたブランド「TECMASK(テックマスク)」の公式ショッピングサイトがオープンしました。オーストラリア在住のデイビッドと娘のマディが立ち上げたブランドです。

世界的に見て日本人ほどマスクを着ける人が多い国は珍しいそうです。日本らしい衛生観念やエチケット意識によるものでしょうが、その普及率の一方で、見栄えにはどうもおしゃれ感が乏しいとされてきました。私も海外ではマスクを着けたいと思っても着けません。もし、着けてしまったら、奇異の目で見られてしまうでしょう。

顔のかなり目立つポジションを占めるだけに、ファッション的に納得できるデザインを求める声がかなりありました。とりわけ、花粉症のシーズンには一段と着用率が上がるので、着こなしを損なわないマスクのニーズが大きくなります。そういったニーズを受けて、近頃は柄マスクや色マスク、香りマスクなどが登場しています。

「TECMASK」はバリエーションの多さが大きな魅力。ファッションアクセサリーとしても使いやすいデザインです。同柄の5枚がワンセットになっています。1枚ずつ個包装されています。価格は1000円(税別)。Mサイズ(140×90mm)とLサイズ(175×90mm)の2種類が選べます。

公式ショッピングサイトで買った品は、日本国内へは5〜7日で配送されるそうです。送料は無料です。サイト内ではデザインの紹介に加え、機能性や着け心地、ブランドストーリーなどが説明されています。

日頃、当たり前のように眺めている物事にも新たなビジネスやファッション表現のシーズ(種)が眠っているのだということを、あらためて感じさせられたのが、デイビッドがアジアを旅行した際、「どうして白いマスクしかないのだろう」と考えたことが、ブランド立ち上げのきっかけになったというエピソード。アジアではない国から提案された点も興味深いところです。こういったデザイン性の高いマスクをきっかけに海外でもマスク着用が広がれば、周囲の視線を気にしないでマスクをもっと着けやすくなるかもしれません。

私もTECMASKを着けてみましたが、白マスクに比べて、帽子やヘアバンドなどに近い小物感覚で楽しめました。この春は白マスクから乗り換える人が徐々に増えてくる気配があり、「おしゃれマスク」の今後の広がりが注目されます。



TECMASK公式ショッピングサイト
http://www.tecmask.com/shop





*************

★個人ブログ「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪
 2015/02/10 02:50  この記事のURL  / 

カタルーニャ州のファッション展示会が1日限りで開催







バルセロナ市を州都とする、スペインのカタルーニャ州からファッション関連企業20社が来日し、「Moda Catalunya 2015 / カタルーニャ・ファッション展示会」2月24日(火)、ホテル・ニューオータニ東京で開催されます。カタルーニャ州政府の経済ミッションが来日するのに合わせた、1日限りの展示会です。

展示会にはメンズ、レディース、キッズ、下着、ファッション雑貨、ジュエリー・アクセサリーなど、幅広いカテゴリーの製品が一堂に会します。ホテルの日本庭園を目の前にした趣のある宴会場2室を借り切って、会場に使います。

欧州有数の繊維ファッション産業の地であるカタルーニャならではの高い技術を持ったニッターやアパレルメーカー、ヨーロッパらしい美しい色やデザインを生み出すデザイナー、伝統にとらわれず新しい感覚を取り入れる新鋭のブランドなど、カタルーニャファッションの可能性の広がりを実感できる機会となりそうです。

出展ブランドの詳細は公式サイトに公開されています。入場は無料ですが、一般の方は入場できません。

ガウディの建築で知られ、ピカソやダリ、ミロらを輩出したカタルーニャ州だけに、独創的なクリエーションとの出会いが期待されます。新たなビジネスのきっかけづくりにも役立ちそうなこの展示会に足を運ぶ意味は大きいはずです。

Moda Catalunya 2015 / カタルーニャ・ファッション展示会
日時 2015年2月24日(火)10:00〜19:00
公式サイト http://www.catalonia-fashion.com




*************

★個人ブログ「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪
 2015/02/07 14:23  この記事のURL  / 

『オロビアンコの奇跡』を読んで


バッグで知られるイタリアのブランド「OROBIANCO(オロビアンコ)」。約20年前の1996年という、歴史の浅さが意外に思えるほど、日本マーケットで定着しています。その急成長の軌跡を追った本が『オロビアンコの奇跡』(著者:たかぎ こういち氏)(繊研新聞社刊)です。

オロビアンコは96年にミラノ近郊のガララーテで設立されました。創業CEO(最高経営責任者)でデザイナーでもあるジャコモ・バレンティーニ氏は従業員1人から事業を立ち上げたそうです。本書では創業当初から発揮されたバレンティーニ氏の才覚が丁寧に解説されています。

イタリアの職人技を大事にする姿勢で特別なブランドとなったオロビアンコ。「Made in Italy」とうたっていながら、その名にふさわしくない品質の商品が少なくない中、イタリア生産にこだわり、過剰とすら呼べるほど細部に目配りして、「Made in Italy」の正統な伝承者となりました。

進んで工場へ投資する態度も尊敬に値するでしょう。「クラフトマンシップ」を売り文句にするブランドは珍しくありませんが、職人が誇りを持って働ける環境や待遇に本気で資金を注ぎ込むブランドオーナーはそう多くないようです。利益の半分を毎年、製造部門の投資に充てているオロビアンコの取り組みはそのままクオリティーにつながっています。

日本マーケットで支持を受けた理由の1つに、取引先の顧客層やテイストに合わせてカスタマイズする柔軟な態度があります。一般的に言うと、ラグジュアリーブランドは自らのデザインを販売チャネルごとに作り替えることはしません(別注やコラボレーションは例外的に応じますが)。しかし、オロビアンコは百貨店や有力セレクトショップの求めに応じて、積極的に商品デザインをアレンジしています。

代理店を置かない。広告に頼らない。こういったオロビアンコのマーケティング戦略は業界の常識を打ち破るものでした。さらに、「バイヤーの声を真摯に聞く」「カイゼンをためらわない」といった、市場と真面目に向き合う態度が消費者、取引先の両方から評価され、オロビアンコの「奇跡」は現実のものとなりました。

本書ではこうしたオロビアンコの成長プロセス、ブランド特性、経営者像などが多面的に解き明かされています。職人技や上質素材などは日本の「ものづくり」でも強みとされてきたはずですが、オロビアンコ同様の「奇跡」を実現した例はそう多くありません。

著者はこの「奇跡」の理由を、創業CEO、バレンティーニ氏の資質に見いだしているようです。速断や情報収集、合理的思考、情熱、そしてぶれないポリシーなどは経営者に求められる資質ですが、日本への留学と柔道に打ち込んだ経験を持つバレンティーニ氏はそれらをいかんなく発揮して新興ブランドをわずか15年で、伊勢丹メンズ館で最も売れる輸入バッグに育て上げました。

本書で取り上げられているオロビアンコの成功理由は多くのファッション企業にとって参考になりそうです。とりわけ、生産への投資、市場ニーズへの柔軟な対応、直接取引の重視などは従来のしがらみにとらわれない経営哲学の大切さを示しています。


『オロビアンコの奇跡』





*************

★個人ブログ「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪
 2015/02/02 03:19  この記事のURL  / 

« 前へ | Main | 次へ »
宮田理江(みやたりえ)
ファッションジャーナリスト

複数のファッションブランドの販売員としてキャリアを積み、バイヤー、プレスを経験後、ファッションジャーナリストへ。新聞や雑誌、テレビ、ウェブなど、数々のメディアでコメント提供や記事執筆を手がける。

コレクションのリポート、トレンドの解説、スタイリングの提案、セレブリティ・有名人・ストリートの着こなし分析のほか、企業・商品ブランディング、広告、イベント出演、セミナーなどを幅広くこなす。著書にファッション指南本『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(共に学研)がある。

公式サイト:http://riemiyata.com/
2015年02月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ

http://apalog.com/riemiyata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の
「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。
QRコード


更新順ブログ一覧