« 前へ | Main | 次へ »
『エスプリ ディオール ディオールの世界(ESPRIT DIOR)』展と『ジョルジョ・デ・キリコ 変遷と回帰』展











フランスモードを代表するラグジュアリーブランド「DIOR(ディオール)」の歴史やクリエーションを一望にできる展覧会『エスプリ ディオール ディオールの世界(ESPRIT DIOR)』東京・銀座で2015年1月4日まで開催されています。入場無料というのが申し訳なく思えてしまうほどの充実した展示内容で、ファッションや装飾に興味のある人には見逃せないイベントと言えます。

銀座の中央通りに面した、銀座アップルストア隣の特設会場は、ビルの地下1階から地上3階までを贅沢に使っています。「ディオールと日本」「ディオールと芸術家たち」など、「ディオール」のエスプリを物語る12のテーマに沿って、実物のアーカイブ作品、関連の写真・資料などが見やすく配置されています。映像作品やインタラクティブ展示もあり、圧倒されるほどの質と量ですので、たっぷり1時間は用意して訪れることをお勧めします。

“ニュールック”と名づけられた、ムッシュ・クリスチャン・ディオールの伝説的作品はなかなかお目にかかれない貴重なアーカイブ。今見てもそのデザインの先進性や成熟度が感じられます。同時に、現在のデザイナーを務めるラフ・シモンズ氏が彼の流儀でどのように再解釈しているかを示す近年の作品も展示されていて、時を超えたブランドの継承と再創造の取り組みも理解できるようになっています。

実物の展示以外に、言葉やエピソードという切り口からも「ディオール」のクリエーションやブランドヒストリーに迫っています。日本との関係では皇后・美智子さまの婚礼にまつわる秘話も紹介されています。「ディオール」を愛した著名人に関連する展示も多く、故ダイアナ妃が着たドレスも展示されていました。指で画面上の星に触れると、ゆかりの深い女優の写真を見ることができるタッチパネル展示はいつまでも触っていたくなる面白さです。

動画もブランドの美学を映し出しています。オスカー女優のシャーリーズ・セロンが出演した香水「J'Adore」のショートムービー風CMはゴージャスな映像美にうっとりさせられます。往年の大女優マレーネ・ディートリッヒやグレース・ケリー、マリリン・モンローが“共演”して話題を集めたバージョンも上映されています。









服、バッグ、香水などにわたる多面的な「ディオール」の全体像を伝える試みです。静的な展示に加え、地下1階の「ディオールとアトリエ」セクションでは、パリのクチュール縫製担当者や香水瓶の専門家が実際にプロの技やノウハウを披露してくれます。私が訪れたときも香水の秘密に、大勢の来場者が耳を傾けていました。

全体を通じて印象深く映ったのは、創始者ムッシュ・ディオールから現在のシモンズ氏に至る長い歴史の一貫性です。ムッシュの築き上げた価値観を見詰め直しつつ、その時代にふさわしい才能を迎え入れ、美に磨きを掛けていく取り組みは気の遠くなるような熱意と努力に支えられてきたことが、この展覧会でよく分かります。単なる「ブランド」ではなく、「メゾン」と称される別格的な老舗の奥深さにあらためて感銘を受けました。


エスプリ ディオール ディオールの世界(ESPRIT DIOR)
http://www.dior.com/couture/en_int/the-house-of-dior/exhibitions/esprit-dior






若き日の画家ピカソやダリとも、ムッシュは交遊があったと紹介されています。同じくムッシュと縁があったアーティストの1人に、シュルレアリスムの先駆者、Giorgio de Chirico(ジョルジョ・デ・キリコ)(1888〜1978年)がいます。憂鬱な哲学を宿し、不安と懐かしさに誘う作品を残した彼の70年の画業を回顧した『ジョルジョ・デ・キリコ 変遷と回帰』展東京・汐留のパナソニック汐留ミュージアムで12月26日まで開催されています。ディオールつながりの縁もあって、こちらにも足を運びました。

キリコは謎めいた画風で知られています。建築物の影が異常なほど長く伸びた広場の風景、古代ギリシャを思わせる彫刻などの絵が有名です。彼が提唱した「形而上(けいじじょう)絵画」には、従来の美術技法の常識に逆らう不思議な特質がいくつもあります。「影がやたらと長い」「アーチの多い広場が舞台」「遠近法が正しくない」「マネキンが登場する」「時間がずれている」などがその例です。こういった「ありのまま」ではない、幻想的な空間を暗示めいた描き方でキャンバスに落とし込む技法によって、見る者は感覚を揺さぶられ、虚無や違和感を覚えます。一種の後味の悪さもキリコの持ち味です。静かなメランコリーを秘めているのも、キリコ絵画の特徴と言えるでしょう。

後のシュルレアリストたちにも大きな影響を与えたキリコの創作を、今回の展覧会は約100点で振り返りました。キリコが好んで画題に選んだ回廊や彫像などを描いた作品も展示されています。

キリコの絵『愛の歌』は別のシュルレアリストも誕生させています。この絵の複製を見たルネ・マグリット(1898〜1967年)は、涙を流すほどの感銘を受け、シュルレアリストの道に進むことを決意したとされます。マグリットは山高帽をかぶり、コートに身を包んだ黒ずくめの紳士や、青空に浮かぶ雲のモチーフでおなじみです。後にシュルレアリスムの代表的な画家となったマグリットの大規模な回顧展『マグリット展』2015年3月25日〜6月29日、東京・六本木の国立新美術館で予定されています。シュルレアリスム好きにはたまらない展覧会が続くことになります。


ジョルジョ・デ・キリコ 変遷と回帰
http://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/14/141025/




*************

★個人ブログ「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪
 2014/11/12 01:18  この記事のURL  / 

毎日ファッション大賞で見えた「伝統と革新」







国内ファッション業界のアワード(賞・表彰)で最も重みと格式を持つ賞の1つ「毎日ファッション大賞」(毎日新聞社主催、経済産業省後援)の第32回の受賞者が決まり、表彰式が11月4日、日本橋三井ホール(東京都中央区)で開催されました。今回から推薦委員に加わった私も招待されたので、栄えある表彰式に参加してきました。

数ある部門のうち、最初に表彰されたのは、新人賞・資生堂奨励賞に輝いた「mame(マメ)」ブランドの黒河内真衣子(くろごうち・まいこ)デザイナーです。この賞は年間(2013年6月〜14年5月)を通じて最も優れた創作活動をした新人デザイナーに与えられます。「新人」とは、原則として、会社を設立(商品を発売)して5年以内、または、コレクションを始めて5年以内と定められています。

黒河内デザイナーは「マメ」という一風変わったブランド名が、彼女の親友がつけてくれた自身のニックネームに由来すると秘話を明かしたうえで、「まめまめしい」という言葉のように「忠実(まめ)なものづくりをしていきたい」と語りました。「工場さん、パタンナー、生地屋さん、友人、家族、社員」への感謝のメッセージを忘れなかったところにも、誠実な人柄や謙虚な姿勢がうかがえます。「mame」は既にパリでの展示会も始めていて、グローバルな評価も高まりつつあり、さらなる飛躍が期待されます。

続いてはファッション界にあって、長らくその発展に寄与し、功績のあった人(グループ)に贈られる「鯨岡阿美子(くじらおか・あみこ)賞」。こちらはファッションデザイナーは対象外で、テキスタイルデザイナー、ジャーナリスト、研究者、コーディネーターなど、分野を問わず、功績をたたえる賞です。故・鯨岡阿美子さんは国際的なファッションジャーナリストとして知られ、第1〜5回の毎日ファッション大賞選考委員長を務めました。

今回の受賞者はファッションディレクター、スタイリストの原由美子(はら・ゆみこ)さん。1970年に『an・an』創刊に参加したのをはじめ、『エル・ジャポン』『マリ・クレール日本版』など数多くの雑誌でファッションページに携わってきた、スタイリストの草分け的存在です。2012年に出版された、自身の仕事を振り返った著書『原由美子の仕事1970→』(ブックマン社刊)でもその仕事ぶりは知られています。毎日ファッション大賞では長く選考委員を務めてきました。

話題賞はクリスタルブランドの企業「バカラ パシフィック」三越伊勢丹の「三越新ショッピングバッグ『実り』」が選ばれました。フランスのバカラ村で1764年に誕生したバカラ(Baccarat)はクリスタルの代名詞的ブランド。2014年には創設250周年を迎えました。東京の「恵比寿ガーデンプレイス」でクリスマスシーズンに公開される、東京・渋谷の「恵比寿ガーデンプレイス」に世界最大級のシャンデリアは冬の風物詩ともなっています。2014年はバカラ パシフィックが設立されて30年の節目にも当たっています。

三越の新ショッピングバッグ「実り」は57年ぶりに刷新されて話題を集めました。人間国宝の友禅作家、森口邦彦氏がデザインしました。大胆な幾何学文様は、三越伊勢丹ホールディングスが重んじる日本のモノづくりや伝統技術の継承、デザインの革新などを感じさせます。三越伊勢丹ホールディングスの大西洋社長も受賞のよろこびを語りました。

特別賞に選ばれたのは、共にデザイナーの山縣良和(やまがた・よしかず)さんと坂部三樹郎(さかべ・みきお)さんがプロデュースした展覧会「絶命展〜ファッションの秘境」。13年10月4〜14日に渋谷PARCO内のパルコミュージアムで開催されたこの展覧会には私も足を運びました。次世代のデザイナーたちが多く参加したこの展覧会には、いわゆるファッション展覧会とは別物のややキッチュで挑発的な作品が集められ、ファッションがアートを乗り越えようとするかのようなアプローチと映りました。山縣さんは「writtenafterwards(リトゥンアフターワーズ)」の、坂部さんは「MIKIO SAKABE(ミキオサカベ)」のデザイナーとしても知られています。山縣さんは「ここのがっこう」を通じた後進の育成にも熱心に取り組んでいます。

最後に表彰のステージに登ったのは、今回の大賞を受賞した、「ISSEY MIYAKE(イッセイミヤケ)」のデザイナー、宮前義之(みやまえ・よしゆき)さんです。宮前さんは2011年に滝沢直己、藤原大の両氏に続く4代目デザイナーに就任。素材と真摯(しんし)に向き合う態度で知られた創業デザイナーである三宅一生さんの精神を受け継いだようなクリエーションで、約3年という短い間に評価を確立し、同ブランドの価値を広く再認識させました。






表彰式の後は舞台に受賞者全員が並び、その後ろに選考委員が集まって記念撮影。続いて、これまでは展示会形式でコレクションを発表してきた「mame」にとって初めてのランウェイショーで15年春夏シーズンの新作が披露されました。私は先の展示会で拝見していたのですが、モデルが着て歩くランウェイショーで見ると、あらためて黒河内デザイナーの繊細で実直なクリエーションが目に残りました。

会場ではそのままアフターパーティーが始まりました。ドリンクやフードが振る舞われ、受賞者や関係者があちこちで和やかに歓談。伝統と革新が交錯する街、日本橋を象徴する「コレド室町」内で開催された表彰式の夕べは、伝統を見詰めつつ、革新を応援してきたこの賞にふさわしい華やぎと威厳に包まれて幕を閉じました。





*************

★個人ブログ「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪
 2014/11/05 00:12  この記事のURL  / 

「2015年春夏東京コレクション」まとめ









立て続けですが、東コレ掲載のご報告です。

2015年春夏・東京コレクション
(メルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク 東京)は新体制で丸3年を迎え、成熟を示しました。グローバルトレンドを反映した提案が相次ぎ、マーケットを意識したデザインも多く登場。コレクションの新陳代謝に欠かせないビッグメゾンの代替わりも成功。セレブリティーの来場や海外ブランドの参加も増えて、かつての東コレからの発展的な様変わりを感じさせました。

宮田理江のランウェイ解読 Vol.20 「2015年春夏東京コレクション」

http://www.apparel-web.com/column/miyata/2015ss_tokyo.html

〜関連記事〜

(ハイライト1)2015年春夏MBFWT 華やかに幕開け
http://apparelweb-collection.tumblr.com/post/99935589679/mbfwt2015ss-1-2015-mbfwt

(ハイライト2)2015年春夏MBFWT 大人リアルクローズが増加、世界トレンドにも目配り
http://apparelweb-collection.tumblr.com/post/100397654854/mbfwt2015ss

2015春夏東京コレクション…世界のトレンドを凝縮
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/beauty/fcolumn/CO005410/20141023-OYT8T50162.html

【東コレ日記@】新鋭、主役、大御所それぞれの2日目
http://www.fashionsnap.com/the-posts/2014-10-15/15ss-miyata-t01/


【東コレ日記A】ランウェイと展示会で見つけたトレンド
http://www.fashionsnap.com/the-posts/2014-10-17/15ss-miyata-02/

【東コレ日記B】スポーツとダークカラフル
http://www.fashionsnap.com/the-posts/2014-10-18/15ss-miyata-03/

【東コレ日記C】外国勢がくれた刺激 日本勢は和文化再発見
http://www.fashionsnap.com/the-posts/2014-10-20/15ss-miyata-04/




*************

★個人ブログ「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪
 2014/11/04 11:49  この記事のURL  / 

« 前へ | Main | 次へ »
宮田理江(みやたりえ)
ファッションジャーナリスト

複数のファッションブランドの販売員としてキャリアを積み、バイヤー、プレスを経験後、ファッションジャーナリストへ。新聞や雑誌、テレビ、ウェブなど、数々のメディアでコメント提供や記事執筆を手がける。

コレクションのリポート、トレンドの解説、スタイリングの提案、セレブリティ・有名人・ストリートの着こなし分析のほか、企業・商品ブランディング、広告、イベント出演、セミナーなどを幅広くこなす。著書にファッション指南本『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(共に学研)がある。

公式サイト:http://riemiyata.com/
2014年11月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ

http://apalog.com/riemiyata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の
「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。
QRコード


更新順ブログ一覧