« 前へ | Main | 次へ »
2015年春夏NYコレクション・ハイライト記事







2015年春夏NYコレクションが開催され、取材に行ってきました。
スポーティなムードはさらに広がりを見せ、ポジティブ度がアップ。
ガーリーで若々しい雰囲気や、ヒッピー風の自由なムードも。

ハイライト記事と関連記事を参考にしていただけたらうれしいです。


(ハイライト1)
NYコレクションが開幕 ポジティブな提案相次ぐ予感
http://apparelweb-collection.tumblr.com/post/96701864169/ny-1-ny

(ハイライト2)
中盤を迎え、大物・実力派が続々と新作を披露
http://apparelweb-collection.tumblr.com/post/97053680234/ny-2-ny

(ハイライト3)
「アメリカ」の気分濃く 主張やムードを鮮明に打ち出す傾向強まる
http://apparelweb-collection.tumblr.com/post/97301935299/ny-3


〜関連記事〜

2015年春夏NYコレクション! 次トレンドはコレ
http://fashionbible.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/2015ny-e017.html

2015年春夏NYコレクション(前編)「トレンドのスポーツとは?」
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/beauty/fcolumn/CO005410/20140918-OYT8T50074.html

2015年春夏NYコレクション(後編)「フラワーに漂うハッピー感」
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/beauty/fcolumn/CO005410/20140925-OYT8T50028.html

2015年春夏NYコレクション日記1「デジタル化やスポーツ志向 ヒートアップ」
http://www.fashionsnap.com/the-posts/2014-09-09/ny15ss-miyata01/

2015年春夏NYコレクション日記2「見逃せないプレゼンテーション」
http://www.fashionsnap.com/the-posts/2014-09-13/ny15ss-miyata02/

2015年春夏NYコレクション日記3「実力派ブランドの旗艦店がオープン」
http://www.fashionsnap.com/the-posts/2014-09-26/ny15ss-miyata03/






*************

★個人ブログ「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪
 2014/09/28 21:34  この記事のURL  / 

ハッピームード&サプライズ 「THOM BROWNE(トムブラウン)」2015春夏NYコレクション












スペクタクルな演出で毎回、NYコレクションを沸かせる「THOM BROWNE. NEW YORK(トム ブラウン ニューヨーク)」。これまでは割とダークな設定を好んできましたが、今回はほぼ真逆の明るくハッピーなムードを全開に。ガラリと雰囲気をスイッチしました。

会場の床に敷かれたのは、グリーンが鮮やかな芝生。テニスコートのイメージが写し込まれたのに合わせて、会場中央でオブジェのように硬直した姿勢で立つモデルの顔にはテニスラケット、頭にはテニスボール。いたずら好きなトムらしい茶目っ気です。この芝生ゾーンをぐるっと囲んでランウェイが設けられ、その外側に観客席が配置されました。芝生ゾーンには寝そべっているモデルもいて、全体にのどかな景色。

会場の雰囲気に合わせて、コレクション自体のトーンも楽しげで、見ているほうもウキウキした気分に誘われました。シグネチャー的な存在のグレー系スーツにもフラワーモチーフのアップリケをたくさん盛りつけてキュートにアレンジ。リアルな花を手に持ったりバッグに挿したりする見せ方も取り入れていました。

これまではグレーを軸に白や黒といったベーシックカラーを多用してきましたが、今回はサイケデリックカラーやペールトーン、パウダーカラーなどを使って楽観的なカラーパレットを打ち出しています。レインボーカラーやマルチカラーもブランドにしては目新しい強めの色使いと言えます。







プレイフルな印象をさらに濃くしていたのが、凝ったデザインの帽子。ブランドアイコンであるグレースーツをかたどったり、バッグの形、フレアドレスの裾広がりをつばの形に写し取ったりと、ウィットに満ちた装いの主役になっていました。ベトナムの菅笠を思わせる浅い帽子はカラフルなトランスペアレントで、ターバン風のヘッドアクセサリーもオリエンタルな雰囲気を醸し出しています。

スリーピースのスーツやスカート・セットアップで正統派のテイラーリングを見せつけるのはいつもながらのトムスタイル。ツイードに代表される上質テキスタイルとのマリアージュもさすがの手際。でも、そこにダイナミック柄やフローラルモチーフ、ドリーミーカラーなどを持ち込んで、常になく華やいでファニーに整えていた新たな世界を見せてくれました。

THOM BROWNE. NEW YORK
https://www.thombrowne.com/




*************

★個人ブログ「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪
 2014/09/22 10:01  この記事のURL  / 

« 前へ | Main | 次へ »
宮田理江(みやたりえ)
ファッションジャーナリスト

複数のファッションブランドの販売員としてキャリアを積み、バイヤー、プレスを経験後、ファッションジャーナリストへ。新聞や雑誌、テレビ、ウェブなど、数々のメディアでコメント提供や記事執筆を手がける。

コレクションのリポート、トレンドの解説、スタイリングの提案、セレブリティ・有名人・ストリートの着こなし分析のほか、企業・商品ブランディング、広告、イベント出演、セミナーなどを幅広くこなす。著書にファッション指南本『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(共に学研)がある。

公式サイト:http://riemiyata.com/
2014年09月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ

http://apalog.com/riemiyata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の
「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。
QRコード


更新順ブログ一覧