« 前へ | Main | 次へ »
ブルース・ウェーバー氏が手がけた「ポロ ラルフ ローレン」のショートムービー配信
「Ralph Lauren(ラルフ ローレン)」はウィメンズの「ポロ ラルフ ローレン」のローンチを祝し、映画のように趣深いショートムービーの配信を始めました。30年以上前に初めてのキャンペーンを撮影して以来親交の深い写真家、ブルース・ウェーバー氏が手がけました。

世界で最も高い評価を受けている写真家の一人であるウェーバー氏は、1976年に出会って以来、ファッションの歴史に残る多くの瞬間を、ラルフ・ローレン氏と共有してきました。3本のミニフィルムは米国カリフォルニア州のサンタバーバラで撮影されました。

ウェーバー氏は「いわゆる『スーツ』のようなものを創ろうと思ったんだ」と語ります。「実用的で現代の生活に密着している中にも、クラシカルさを残すようなものをね。ラルフ ローレンの写真を撮るときはいつも何かしらパーソナルなエッセンスを反映させることができるのがすごくいいんだ」。

ブランドの世界観に加え、ウェーバー氏らしいムードや新作の持ち味が感じられ、アイテムに触れてみたい気分に誘われます。写真家ならではの印象的なアングルや構図もムービーの奥行きを深くしています。

“Are We Going Downtown”

“Letters to Lauren”

“Record Store”

Ralph Lauren

http://www.ralphlauren.co.jp/

*************

★個人ブログ「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪

 2014/08/27 12:30  この記事のURL  / 

ユニクロの「イネス・ド・ラ・フレサンジュ コレクション」第2弾、9月4日から発売


ユニクロの特別コラボレーションラインとして発表された「イネス・ド・ラ・フレサンジュ コレクション」第2弾となる、2014-15年秋冬コレクションが9月4日から発売になります。2014年春夏シーズン向けとして2014年3月に発売された第1弾コレクションが好評を博したのを受けて、第2弾が企画されました。

「シャネル」のミューズとして知られたイネス・ド・ラ・フレサンジュ(INES DE LA FRESSANGE PARIS)氏はモード界の伝説的なアイコン。彼女自身のお気に入りブランドとしてユニクロが挙がっていたことがきっかけでこのコラボレーションが実現しました。ユニクロにとっては、かねてからの“顧客”と組んだ初めてのケースともなりました。








今回の秋冬コレクションは、イネス本人の強い思いを受けて、パーティーにもデイリーにも着ていけるタキシードジャケットや、ツイード素材のコート、シルクのワンピースなど、上質感の濃いアイテムが加わりました。パリらしい高級感を感じさせるラインアップで全体が構成され、「服で遊ぶ」「ファッションを楽しむ」という感覚のプレイフルなおしゃれが提案されています。

イネスコレクションのコンセプトであるエスプリやエレガンスが感じられるアイテムがさらに広がりを見せます。3シーズンを通じて着られるトレンチコートや、上質なカシミヤニット、ウールのパンツなどは自分らしく着こなしやすい点でパリのおしゃれ流儀に通じています。

ウエストの高さや、ネックラインの開き、ボディーのフィット感など、細部に至るまでイネスとフィッティングを重ねながら完成させています。ディテールの揺らぎを見逃さないイネスの美意識がコレクションの絶妙なバランスを裏打ちしています。

秋冬コレクションは全店で展開する商品が春夏の約3倍に拡大。シーズンを通して70のアイテムを提案します。ユニクロ銀座店12階では9月4日から、コンセプトフロアを期間限定でオープン。内装や小物は、パリで暮らすイネスの部屋をイメージしていて、まるでイネスのクローゼットの中で、ワードローブを選んでいるかのような空間となっています。

銀座店をはじめ、マルシェ プランタン銀座店、心斎橋店、新宿高島屋店、ユニクロオンラインストアではコレクションをフルラインアップで用意しています。



コレクション第2弾の発売を記念し、イネス・ド・ラ・フレサンジュ商品を含むユニクロ商品を1万円(本体価格)以上購入した人に着順でオリジナルトートバッグをプレゼント(一部店舗限定サービス。店舗によって数が異なる)。対象店舗は銀座、マルシェ プランタン銀座、新宿高島屋、心斎橋、札幌エスタ、仙台アエル、二子玉川ドッグウッドプラザ、世田谷千歳台、MARK IS みなとみらい、名古屋栄、ミーナ京都、神戸ハーバーランドumie、広島八丁堀、ミーナ天神の各店舗です。



イネスは1957年、貴族家庭に生まれ、ファッションモデルの道に進みました。83〜90年には「シャネル」のスターモデルを務め、デザイナーを務めるカール・ラガーフェルド氏のミューズとしてクリエーションを支えました。ファッションデザイナー、ジャーナリスト、コンサルタントとしても才能を発揮していて、2013年には自身のブランド「INES DE LA FRESSANGE PARIS」を再度立ち上げています。

14-15年秋冬コレクションのデザインに当たっては「この春夏に創り出したエスプリをキープしたいと思いました。飾らない、リアルなそして着心地の良いモノは大好評でした。この秋冬のアイテムは同じエレガンスを保ちつつ、素敵なものを創りたいと思いました」「ヨーロッパの伝統的な素材を持ち込みたかった、それがツイード素材。コートやジャケット、素材とカッティングが大切で、遊び心のあるディテール、スタイリングが自由に楽しめることが本当に贅沢と考えています」と語っています。

「今日の女性の立場になって、収納できる量や、予算も含めて提案していきたいのです。限りない数々の服に囲まれて生活はできません。たくさんあれば良いという訳でもなく、“良い服”を持つことが大事です。私が表現したかったのは、詳しいファッションの知識は無くとも、このコレクションで美しい着こなしを見つけられること。充実したワードローブを持つことができるという点です」「この秋冬コレクションは期待していた以上のものが出来たし、エレガントなラインができて大変満足しています」と出来栄えに自信を見せています。



本当のおしゃれを深く知るイネスの提案は、特別な日だけではなく、普段の着こなしにこそ気を配るパリスタイルのエッセンスを感じさせます。特設サイトで公開された写真には、イネス本人のコメントが添えられていて、そのアイテムに込めた思いや、着こなしのポイント、イネスのおしゃれ美学などを知ることができます。パリで撮影されたスタイリングショットからもアレンジのヒントをもらえそうです。

特設サイト
・8/14〜8/21
http://www.uniqlo.com/jp/digitalcatalog_new/book_swf.html?targetpamph=ines

・8/22以降
http://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/ines/women/#/


〜関連記事〜

ユニクロ「LifeWear」2014秋冬コレクション プレイフルなレイヤードルック
http://www.apalog.com/riemiyata/archive/139



*************

★個人ブログ「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪
 2014/08/15 20:32  この記事のURL  / 

「和光」の展示会で新たな発見


先日、東京・銀座の和光本館で「WAKO 2014 Autumn-Winter & Christmas Gifts」が開催されました。コートやマフラー、手袋などのファッションアイテムだけでなく、ジュエリーやクリスマスギフト品、スウィーツなど、和光ならではの本物を知る大人のライフスタイルを感じさせる品々が集められていました。

「OBJETSTANDARD(オブジェスタンダール)」のデザイナーである森健氏が和光とコラボレートしたハンドバッグもお披露目されました。

和光を代表するワンハンドルのハンドバッグを進化させ、気品を宿らせました。主張しすぎないデザインに、クラシックとモード感のバランスが融合された、大人のたたずまい。自動巻き式時計の動力源であるローターをモチーフにしたオリジナルの金具が目を惹きます。裏地は鮮やかなブルー。色はベーシックな色から装いのアクセントになるカラフルな色まで全8色。裏地との色のコントラストも開けるたびに目を楽しませてくれそうです。

時計をモチーフにしたのは、和光がもともと時計をDNAに持っているから。「SEIKO(セイコー)」ブランドで知られる服部時計店(現セイコーホールディングス)の小売部門が1947年に独立する形で和光は誕生しました。



銀座4丁目の交差点に立地し、時計塔が目印の「本館」は銀座のランドマーク。1947年に開業した銀座屈指の老舗です。外国人観光客の記念撮影スポットにもなっています。三越銀座店と通りをはさんで向き合う和光は特別な空気が流れる別格の空間。丁寧な接客スタイルにも定評があります。バーゲンセールをしない伝統は今も変わりません。2010年に日曜・祝日の営業を始めた出来事は話題を集めました。

隣のアネックス(別館)にはスウィーツ売り場やティーサロンがあります。2階のティーサロンは落ち着いて本格的な紅茶が味わえる、銀座では貴重な場所。1階のケーキ&チョコレートショップ、地下のグルメサロンも見逃せません。オリジナルの目利きがほかにはないラインアップを実現。売り場は地上4階から地下1階までとコンパクトにまとまっているので、これまで素通りしていた人も銀座に立ち寄った際は上から下までぐるっと見て回ると、新たな発見がありそうです。



こちらは、銀座老舗「空也」五代目・山口彦之氏の監修による和光特製の「もなか」。
8月28日より、アネックス(別館)地下グルメサロンで発売されます。(9個 税込3,240円)


WAKO
http://www.wako.co.jp/main

OBJETSTANDARD
http://www.objetstandard.com/index2.html




*************

★個人ブログ「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪
 2014/08/14 13:28  この記事のURL  / 

« 前へ | Main | 次へ »
宮田理江(みやたりえ)
ファッションジャーナリスト

複数のファッションブランドの販売員としてキャリアを積み、バイヤー、プレスを経験後、ファッションジャーナリストへ。新聞や雑誌、テレビ、ウェブなど、数々のメディアでコメント提供や記事執筆を手がける。

コレクションのリポート、トレンドの解説、スタイリングの提案、セレブリティ・有名人・ストリートの着こなし分析のほか、企業・商品ブランディング、広告、イベント出演、セミナーなどを幅広くこなす。著書にファッション指南本『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(共に学研)がある。

公式サイト:http://riemiyata.com/
2014年08月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ

http://apalog.com/riemiyata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の
「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。
QRコード


更新順ブログ一覧