« 前へ | Main | 次へ »
ユニクロ「LifeWear」2014秋冬コレクション プレイフルなレイヤードルック






先日、ユニクロ「LifeWear」2014秋冬コレクションの発表会に行ってきました。
2013年にスタートした「LifeWear」コレクションは2年目を迎えました。

これまではマネキンをずらりと並べた形で披露されていましたが、
今回は50人以上のモデルが新作を実際に着用した
ぐっとリアル感の高いプレゼンテーション形式に変わりました。
生身のモデルならではの動きが加わり、華やかさや迫力も倍増。
着こなしのイメージもわきやすい見せ方でした。

スポーツウエアでもカジュアルウエアでもない、全く新しい
衣服のカテゴリーとして「LifeWear」は提案されています。
着る人が身体で感じる心地よさや、ライフスタイルに合った快適さ、
生活必需品として求められる機能などがしっかり落とし込まれていて、
着る人の生活をより豊かに快適に楽しくするアイテムに仕上がりました。

もはや日本の冬には欠かせない存在となったお家芸の
「ヒートテック」はよりソフト&ストレッチ性が向上し、
ウィメンズでは椿オイルの配合量が増量。
エクストラ ウォームシリーズは保湿力が1.5倍になりました。
「フリース」は衣服内温度が約1.5倍に上がり、ぬくもり感もアップ。
「ウルトラライトダウン」は裏アルミプリントが施され、保湿性が高まりました。
キルトストレッチタイプのダウンも登場しました(重ね着で便利)。

2シーズン目を迎えた「イネス・ド・ラ・フレサンジュ」とのコラボは、
フレンチシックなブラックを基調にしたものや、ディテールに
凝ったアイテムが大人女性の心をくすぐりそう。











「TOPICS!」では伝統的なチェック柄をウルトラダウンやシャツ、
スカート、パンツなどのアイテムに配して、タータンチェック、
ブロックチェック、千鳥格子など様々なチェックがお目見え。

全体を通じて、今回もレイヤードスタイルのアイデアが満載でした。
シャツを何枚も巻いてスカート風にしたほか、ニットを重ねて
カラーリングで魅せたり、ニットを巻いたり結んだりと、
楽しい提案がいっぱい。 モデルさんに近寄って、
何枚重ねているのか尋ねたり、着心地を聞いてみたりしてみました。
1枚1枚は薄手なので、たくさん重ねてもモコモコかさばって見えません。

レイヤードの進化スタイルはこの秋冬トレンドとして有望で、
今回の「LifeWear」が示した、プレイフルで重層的なレイヤードの
提案は新たな着こなしのお手本になってくれそうです☆






UNIQLO

http://www.uniqlo.com/jp/


〜関連記事〜

ユニクロ LifeWear2014春夏コレクション 「イネスとNIGO」が登場
http://www.apalog.com/riemiyata/archive/116

進化系「ユニクロ」を映し出す「LifeWear」2013年秋冬コレクション
http://www.apalog.com/riemiyata/archive/88



*************
★個人ブログ「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪
 2014/05/19 01:11  この記事のURL  / 

「ラルフローレン」が乳がん撲滅運動を支援

ウィリアム王子とラルフ・ローレン
(c)Doug Seeburg-Pool/ゲッティ イメージズ



Ralph Lauren(ラルフローレン)は、ヨーロッパ最大のがん治療病院として
著名なロイヤルマースデンとパートナーシップを提携し、
最先端の乳がん治療センターへ出資をしていくことを決めました。

この乳がん撲滅運動をグローバルで推進するラルフ・ローレンと
ロイヤルマースデンがんセンターチャリティとのパートナーシップ契約を祝って、
2014年5月13日に英国のウィンザー城でケンブリッジ公ウィリアム王子主催の
チャリティディナーが開催されました。



ケイト・ブランシェット
(c)Chris Allerton courtesy of Ralph Lauren


エマ・ワトソン
(c)Chris Allerton courtesy of Ralph Lauren


チャン・ツィー
(c)Chris Allerton courtesy of Ralph Lauren


道端ジェシカ
(c)Chris Allerton courtesy of Ralph Lauren


ラルフ・ローレン氏(ラルフローレンコーポレーション代表)をはじめ、
大勢のセレブリティが列席。ラルフローレンコレクションの
イブニングドレスに身を包んだ女優のケイト・ブランシェット、エマ・ワトソン、
チャン・ツィーなどが会場に華を添え、日本からは道端ジェシカが参加しました。

ロイヤルマースデン病院は1851年にがん診断、治療、看護、研究そして
教育のための世界で最初の病院施設として設立されました。
年間5万人以上ものがん患者を治療する、がん研究の最先端医療施設です。
故ダイアナ妃が続けてきた小児がんの子供たちのサポートを、
現在はウィリアム王子とキャサリン妃が受け継いでいます。
ウィリアム王子は2007年に同病院の病院長となり、
あらためてイギリス王室との強い結びつきを示しました。

ラルフ・ローレン氏は乳がんで大切な友人を亡くしたことがきっかけとなって、
がん撲滅活動についてアクションを起こしました。乳がんは女優の
アンジェリーナ・ジョリーが手術を受け、メッセージを発したことでも
関心を集めました。オーストラリア人歌手のカイリー・ミノーグも
乳がんとの闘病を告白したことでも知られています。
乳がん撲滅をめざす各種のキャンペーンにはそのほかにも大勢の
セレブが参加しています。乳がん検診の早期受診を推進する
啓発キャンペーン「ピンクリボン」も世界的な広がりを見せています。
ラルフローレンの取り組みは世界最先端の治療・研究拠点の
活動を後押しする点で大変、意義深いものです。


Ralph Lauren
http://www.ralphlauren.co.jp/




*************
★個人ブログ「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪
 2014/05/18 13:34  この記事のURL  / 

「Pan Am(パンナム)」のポップアップ・ショップが登場




パン・アメリカン(Pan American)航空はかつて「パンナム」という略称で知られた、
アメリカの航空会社です。英語の「pan」は」「all」とか「universal」といった意味で、
アメリカを広くカバーした同エアラインにふさわしい名前です。全盛期には
アメリカの枠を越えて、グローバルに翼を広げ、日本にも就航していました。

1927〜91年に運航していた、20世紀を代表するエアラインですが、
91年にその歴史に幕を閉じました。映画『2001年宇宙の旅』の冒頭で
宇宙を飛ぶ旅客機がパンナムのロゴを付けていたエピソードでも有名です。
エアラインとしては消滅しても、黄金期には世界の空を飛び回る
旅客機の代名詞的存在であったパンナムのロゴは、
今も航空史のレジェンドであり続けています。

その輝かしい歴史を背負った「Pan Am(パンナム)」の懐かしいロゴをあしらった
バッグやステーショナリーを集めたポップアップ・ショップ(期間限定店舗)が
伊勢丹新宿店本館2階のDECADE にオープン
します。

期間は2014年5月 12日(月)から6月3日(火)まで









「Pan Am」にふさわしく、テーマは「旅」。「旅」からインスピレーションを
受けたバッグ、ステーショナリーを販売します。オリオンバッグは
60年代にファーストクラスの乗客向けにプレゼントされていたバッグです。
PAAメッセンジャーバッグはキャンバス素材のバッグ。裏地には
ヴィンテージのラゲージタグをモチーフにしたグラフィックを配しています。

ステーショナリーはトラベラーズファクトリーとコラボレーション。
伊勢丹で先行発売となります。スパイラルリングノートは旅の記念の品を
ノートに収納できるノートブック。ヴィンテージのポスターを
デザインソースとしたポストカードセットも用意されています。

アメリカでは2011〜12年にテレビドラマ『PAN AM』が放送されました。
1963年のパンナムを舞台に、客室乗務員やパイロットたちの仕事ぶりを
描いた内容で、パンナムのブランド力が今なお衰えていないことを裏付けました。
飛行機に乗ること自体がまだ珍しかった時代に多くの人達を初めて
よその国に送り出したパンナムの名前は、飛行機旅行が当たり前になった
現代とは別格のノスタルジーやラグジュアリー感をまとっています。
空を飛ぶことが特別な体験だった頃の栄光とリッチ感を帯びた
ロゴ入り商品は、タイムレスな風情をもたらしてもくれそうです☆

Pan Am POP UP
伊勢丹新宿店本館2 階= ウエストパーク/DECADE
期間:2014 年5 月12 日(月)〜6 月3 日(火)
http://isetan.mistore.jp/store/shinjuku/index.html





*************
★個人ブログ「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪

 2014/05/13 09:19  この記事のURL  / 

孤高のカナディアン靴ブランド「John Fluevog(ジョン・フルーボグ)」








カナダに本拠地を置くブランドのうち、北米では既に高い評価を得ているのに、
日本には未上陸のブランドの1つに靴の「John Fluevog(ジョン・フルーボグ)」
があります。猫足のようなハイヒール、ソールを半月形にくり抜いたサボなど、
やや異端とも言える独創的なデザインで知られ、ニューヨーク近代美術館
(MoMA)にも靴が収蔵されています。創業者の故郷であるバンクーバーの
フラッグシップショップはこの孤高のブランドのキャラクターを印象づけるものです。

バンクーバー市内のギャスタウン地区にある旗艦店はデザインスタジオ、
工房を併設した造り。職人の靴製造工程が目に入り、クラフトマンシップを
感じさせます。高い天井を持つ建物は、古いレンガ造りのビルとビルの間に
ガラス屋根を渡したような形。まるで巨大な温室のようです。
むき出しの外壁がショップの内壁になっている、だまし絵のような構造も、
ブランドの背骨になっているウィットを感じさせます。吹き抜け構造のショップ内には
光がたっぷり注ぎ込まれ、開放的な雰囲気の中、商品を選ぶことができます。





商品レイアウトで面白かったのは、「写真撮影歓迎」を意味するパネルが
陳列商品に添えられていたところ。大抵の場合、「撮影お断り」の警告が
掲示されるのに、こちらは何ともオープンマインドな態度。
「形は真似できても、本質や履き心地は似せられない」という自信もうかがえました。
写真はソーシャルメディアで発信する際の重要なコンテンツであり、
写真を通してブランド価値の拡散を誘う狙いもあるようです。

「John Fluevog」は、バンクーバー育ちのJohn Fluevog氏が創業したブランドです。
1970年代に前身のブランドを創業して以来、既に40年を超える歴史を持っています。
Fluevog氏は北米に「Dr.Martens(ドクターマーチン)」の靴を最初に紹介した人
だとも言われています。母国カナダはもちろん、同じ北米の米国ではニューヨークや
ロサンゼルス、シカゴ、ボストンなどの主要都市に出店済みで、計18店舗の
ショップを構えています。欧州の靴店やセレクトショップでも取り扱いがあります。

歌手マドンナのドキュメンタリー映画『イン・ベッド・ウィズ・マドンナ
(原題Truth Or Dare、1991年)』の中で、マドンナが「John Fluevog」の
靴箱を開けて履くシーンがあり、一躍、知名度が上がりました。
1990年代のグランジシーンにも影響を与えたとされます。
女優ウーピー・ゴールドバーグやスカーレット・ヨハンソンは
「John Fluevog」のファンとして有名。日本人俳優のマシ・オカ(Masi Oka)は
米国ドラマ『Heroes』で履きました。米国のミュージカル風テレビドラマ
『Glee!』にも「John Fluevog」の靴が登場しています。
同ブランドの愛好者は「Fluevogers」と呼ばれるそうです。

自前デザイナーによる新モデル開発に加え、新たなデザインの発想を
外部に求めるオープンソースのアプローチも採用しています。
同ブランドのサイトから申し込んで、誰でもデザインを提案できる仕組みです。
コンピュータープログラムの開発手法として広がったオープンソースを、
靴に持ち込んだ大胆な取り組みです。

2014年1月にはデザイナーの思想を表現するオリジナルの言語
「THE FLUEVOG LANGUAGE」を考案。この不思議な文字で全体を
埋め尽くした靴を発売しました。高名な言語学者に相談して、
哲学的なメッセージを、象形文字風の記号に落とし込んでいます。

ひねりの利いたデザインをはじめ、コンセプトを託した言葉、
ブランドイメージの打ち出し方などの端々に、ややアクの強い、
反骨的なスタンスが感じられるのも、ブランドの持ち味と言えそうです。
創業デザイナーの信条やこだわりがクリエーションの根っこにあります。
ブランドが増えすぎたと言われる現在、コアなファンを引き寄せるために
必要な居場所の定め方を教わったような気がしました。

John Fluevog
http://www.fluevog.com/



〜関連記事〜

カナダ・バンクーバー生まれのバッグブランド「Herschel(ハーシェル)」
http://www.apalog.com/riemiyata/archive/134

世界マーケットで存在感増す、カナダの靴・雑貨ブランド「ALDO(アルド)」
http://www.apalog.com/riemiyata/archive/133

グローバル、健康志向で先を行く〜カナダの最新ファッション事情
http://www.fashionsnap.com/inside/canada-brand-report14/



*************
★個人ブログ「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪



 2014/05/06 19:03  この記事のURL  / 

「2014-15年秋冬バンクーバー・ファッションウイーク」まとめ










バンクーバー冬季五輪が開催されたことでも知られるカナダの
バンクーバー市で2014年3月18〜24日に開催された
「Vancouver Fashion Week(バンクーバー・ファッションウイーク)」

アジアや中東、中南米からの移民が多く、コスモポリタンな土地柄を映して、
VFWは参加デザイナーの顔ぶれが人種、国籍ともに多彩です。
参加デザイナーは地元カナダ以外に、欧州のパリ、デンマーク、
オーストリア、ポルトガル、南米のブラジル、ペルー、
アジアのインド、中国、韓国など、合計で10カ国以上から集まり、
ミックスカルチャーの色を濃くしました。

現地で見たショーから12ブランドをピックアップして、ランウェイリポートを書きました。

宮田理江のランウェイ解読 Vol.17
2014-15年秋冬バンクーバー・ファッションウイーク


http://www.apparel-web.com/column/miyata/2014aw_vancouver.html


〜関連記事〜

バンクーバー・ファッションウィーク 国際色豊かに(前編)
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/beauty/fcolumn/CO005410/20140423-OYT8T50197.html

バンクーバー・ファッションウィーク 次世代の才能発掘(後編)
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/beauty/fcolumn/CO005410/20140427-OYT8T50213.html



*************
★個人ブログ「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪
 2014/05/03 14:21  この記事のURL  / 

« 前へ | Main | 次へ »
宮田理江(みやたりえ)
ファッションジャーナリスト

複数のファッションブランドの販売員としてキャリアを積み、バイヤー、プレスを経験後、ファッションジャーナリストへ。新聞や雑誌、テレビ、ウェブなど、数々のメディアでコメント提供や記事執筆を手がける。

コレクションのリポート、トレンドの解説、スタイリングの提案、セレブリティ・有名人・ストリートの着こなし分析のほか、企業・商品ブランディング、広告、イベント出演、セミナーなどを幅広くこなす。著書にファッション指南本『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(共に学研)がある。

公式サイト:http://riemiyata.com/
2014年05月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ

http://apalog.com/riemiyata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の
「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。
QRコード


更新順ブログ一覧