« 前へ | Main | 次へ »
カナダ・バンクーバー生まれのバッグブランド「Herschel(ハーシェル)」







カナダ・バンクーバーはスポーツ意識が高い街です。
大自然に囲まれ、市民の多くがアウトドア・レジャーを好んでいます。
ヨガも盛ん。街を歩く人たちの着姿も総じてカジュアルでアクティブ。
そのままジョギングに出掛けたり、サイクリングを楽しんだり
できそうな装いが好まれています。そのバンクーバーに本社を
構えるバッグブランドが「Herschel Supply Co.(ハーシェル サプライ コー)」
日本では「ハーシェル」と呼ばれて、人気を集めています。

実は2009年にスタートしたばかりの、まだ比較的歴史の浅いブランドです。
ジェイミーとリンドンのコーマック兄弟が自分たちの暮らすバンクーバーでスタート。
ブランド名の「Herschel」は、彼らの曾祖父母が1900年代初頭、スコットランドから
カナダに移住し、最初に根を下ろした小さな街の名前から取られています。

バックパックやボストンバッグ、トートバッグなどの各種バッグが
主力のラインアップ。ウエストポーチや財布などの小物類も手掛けています。
幅広い品ぞろえの中でも、やはり人気が高いのは、バックパックやリュック。
アウトドア好きが多いバンクーバーの気風を映して、気取りがないのに、
どこか気の利いたデザインを持ち味としています。

ヴィンテージ風のノスタルジックなたたずまいや、北米らしいタフさ、
旅心を誘う空気感など、バッグに求められる様々な要素を備えていて、
不思議なこなれ感があります。登山用のようなゴツゴツした感じはないので、
街中でのデイリー使いにもなじみます。丸みを帯びた人なつこくてクラシカルな
表情のバッグも多く、着こなしを邪魔しないのも、人気を呼ぶ理由でしょう。

ブランドタグにはすっきりした手書き風書体で「Herschel」と適度に主張。
ニューヨークではブランド誕生の当初からストリートで支持を集め、
「New Balance(ニューバランス)」とのコラボレーションが話題を集めました。

日本でも「BEAMS」や「BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS」「URBAN RESEARCH」
などの有力セレクトショップで取り扱われてきました。別注も相次いで実現。
カムフラージュ柄に代表されるミリタリーテイストも「ハーシェル」が
得意とするところで、近頃のトレンドともマッチ。スポーツテイストや
ワークウエアなどを落とし込む流れが勢いづく中、ファン層をさらに広げています。

Herschel Supply Co.
http://www.herschelsupply.com/


〜関連記事〜

世界マーケットで存在感増す、カナダの靴・雑貨ブランド「ALDO(アルド)」
http://www.apalog.com/riemiyata/archive/133

グローバル、健康志向で先を行く〜カナダの最新ファッション事情
http://www.fashionsnap.com/inside/canada-brand-report14/



*************
★個人ブログ「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪
 2014/05/02 00:42  この記事のURL  / 


« 前へ | Main | 次へ »
宮田理江(みやたりえ)
ファッションジャーナリスト

複数のファッションブランドの販売員としてキャリアを積み、バイヤー、プレスを経験後、ファッションジャーナリストへ。新聞や雑誌、テレビ、ウェブなど、数々のメディアでコメント提供や記事執筆を手がける。

コレクションのリポート、トレンドの解説、スタイリングの提案、セレブリティ・有名人・ストリートの着こなし分析のほか、企業・商品ブランディング、広告、イベント出演、セミナーなどを幅広くこなす。著書にファッション指南本『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(共に学研)がある。

公式サイト:http://riemiyata.com/
2014年05月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ

http://apalog.com/riemiyata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の
「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。
QRコード


更新順ブログ一覧