2018年春夏ロンドンコレクション・リポート


2018年春夏ロンドン・ファッションウィークが終了しました。今回はミラノからは「エンポリオ アルマーニ(EMPORIO ARMANI)」が、NYからは「トミー ヒルフィガー(TOMMY HILFIGER)」が参加し、これまでにも増して国際色が濃くなっています。ニューヨークで広がった、ショー直後から販売を始める「すぐ買えるファッションショー(いわゆるsee-now-buy-now)」が加わって、春夏と秋冬のシーズンが入り交じる感じとなりました。

ロンドンらしい若手ブランドからはミニ丈のスポーティーな装いが提案されました。NYで始まった「アスレジャー」の流れに、英国らしい手仕事感や気品を交わらせる工夫が相次いでいます。テロやブレグジットといった暗い影を遠ざけるかのように、明るい色や家庭的なムードも多く見られました。

中堅・老舗ブランドのショーでは国や民族、性別、場面などの境界線を打ち消すようなクロスオーバー志向が印象に残りました。タイムレス感が濃くなり、目先のトレンドづくりから離れる意識変化が感じられる作品も。英国流紳士服をバラして組み換えるトランスフォームも出現するなど、テーラーリングに強みを持つロンドンならではのチャレンジングな試みも見られました。


アパレルウェブに寄稿しました。




【2018年春夏LFW 1】「脱・トレンド」の兆し 強まる大人感
http://apparelweb-collection.tumblr.com/post/165467486594/2018%E5%B9%B4%E6%98%A5%E5%A4%8Flfw-%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%882%E8%84%B1%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%89%E3%81%AE%E5%85%86%E3%81%97-%E5%BC%B7%E3%81%BE%E3%82%8B%E5%A4%A7%E4%BA%BA%E6%84%9F





【2018年春夏LFW 2】ミニ丈が復活、スポーティーと英国調をミックス
http://apparelweb-collection.tumblr.com/post/165505641834/2018%E5%B9%B4%E6%98%A5%E5%A4%8Flfw-%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%884%E3%83%9F%E3%83%8B%E4%B8%88%E3%81%8C%E5%BE%A9%E6%B4%BB%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%81%A8%E8%8B%B1%E5%9B%BD%E8%AA%BF%E3%82%92%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9





【2018年春夏LFW 3】活気づいたリミックス旋風 DIY超えた解体と再構成
http://apparelweb-collection.tumblr.com/post/165541806644/2018%E5%B9%B4%E6%98%A5%E5%A4%8Flfw-%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%885%E6%B4%BB%E6%B0%97%E3%81%A5%E3%81%84%E3%81%9F%E3%83%AA%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E6%97%8B%E9%A2%A8-diy%E8%B6%85%E3%81%88%E3%81%9F%E8%A7%A3%E4%BD%93%E3%81%A8%E5%86%8D%E6%A7%8B%E6%88%90



*************

◆公式サイト「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪

 2017/09/24 04:09  この記事のURL  / 


タイブランド「Kloset(クローゼット)」、エキゾチックなノスタルジックチュールの魅力 デザイナーにインタビュー


アジアの国、タイは近年、ファッションの発信地としても評価が高まっています。ノスタルジックな雰囲気とクチュールの上質感を兼ね備えた「Kloset(クローゼット)」はタイ・モードを代表するブランドの一角。日本でも取り扱いショップが広がり、ファンも増えてきました。

レトロでガーリーなオーソドックスながら斬新なデザイン. フェミニン路線が得意で、上質なレースやオーガンジーを使い、女性の美しさを表現。亜熱帯のタイでは年間を通じて半袖で過ごせるような気候です。だから、薄着の人が多く、風通しのよい服が好まれます。ただ、「薄着=イージー、カジュアル」というわけでもありません。「クローゼット」のように、丁寧な刺繍やレースで涼やかラグジュアリーに仕上げるアレンジを得意とするブランドもあります。






「クローゼット」の2017-18年秋冬コレクションはハンドメイドのディテールに特徴があるブランドだけに、刺繍やレースを使った装飾が目を惹きます。ビーズやアップリケなども持ち味のひとつ。カラーリッチでエキゾチックなたたずまいがアジアっぽいフェミニンを印象づけます。多様なテキスタイルの組み合わせは装いのムードを深くしました。アクセサリーにもプレイフルな華やぎが感じられます。

2001年からスタートしたブランドです。デザイナーのMollika Ruangkritya(モリカ・ルアンクリタ)さんは幼少の頃から、お人形やおもちゃ、ヘッドバンドなどを作って遊んでいたそうです。今回はクリエーションの秘密をインタビューで明かしてくれました。





Q:(宮田) 「クローゼット」のデザインは上質なテキスタイルや異素材のミックスが独特の表情を生んでいます。生地や素材を選ぶに当たって、どういう点を意識していますか?

A:(Mollika Ruangkritya) 「クローゼット」は、 見つけようとしても見つけられなかったような、もしくは見たことのないアイテムを私たちのブランドのカスタマーが探しているとわかったときから、素敵な生地を選ぶだけでなく、素材を向上させることにフォーカスを置き始めました。彼女たちカスタマーは、何かユニークなものを欲しています。だから、私たちはただ単に美しい洋服を提供するのではなく、もう少しゴージャスなマテリアルを採用し、特に美しいファブリックをベースにしたものには、スペシャルなテクニックを施しています。「クローゼット」のすべてのコレクションで、シフォン、ジャカード、ウールなどいろいろなタイプのマテリアルを使用しています。だから、カスタマーの彼女たちには、幅広い選択肢があります。

Q: ハンドメイドのフラワーモチーフや、繊細なレース使い、丁寧なビーズなど、手仕事感の高いディテールがファンを喜ばせています。どうしてこういったハンドクラフト的な装飾を好んで取り入れているのですか?

A: それが問題になっているのです。どうしてかと言うと、私がマシンで縫製するのをあまり良しとしないから。ハンドメイドの刺繍はやっぱりマシンで刺繍するよりずっと美しいのです。だから、いくつかのガーメントのエレメントは、私の手で刺繍するのがマストで、とてもスペシャルなアイテムになるのです。「クローゼット」のガーメントに、いつも様々なデイテールが施されているのは、私がディテールに凝るのがすごく好きっていうことが理由になっていると思います 。





Q: タイのブランドらしいエキゾチックな雰囲気を持っていますが、東洋的なイメージばかりではなく、西洋風のムードも感じられます。このような「East Meets West」的なテイストは意識して打ち出しているものなのでしょうか?

A: 東西の融合とまでは言えないけれど、最近のコレクションである2017年春夏と17-18年秋冬に関しては、アジアのムードやトーンと言えるかしら。

Q: エレガントで上品な装いには日本でもファンが多いようですが、同時にプレイフルでユニークな気分を宿したアイテムも見受けられます。「クローゼット」の目指すイメージをいくつかの言葉で表現すると、どうなるのでしょうか?

A: ヴィンテージフェミニンとモダンツイストです。





Q: デザイナーのMollikaさんは幼い頃から、人形やおもちゃを自分で作って遊んでいたそうですが、現在のクリエーションにつながっている、ご自身の経験や記憶、学びなどについて教えていただけますか? また、それらがデザインにどのようなプラスをもたらしているかを教えてください。

A: ソーイングとハンドクラフトのスキルは、8歳くらいの頃からとても興味があって、リボンのヘアクリップや、人形、古い自分のTシャツのリメイクをその頃から始めました。それらがファッションへの興味へとつながったのは、私が10代の頃からで、きれいに着飾ったりしたいと思っていました。そういうのが、ファッションの興味のベースになって、それからというものファッションの虜(とりこ)で、それは今も変わっていません。




インタビュー時にお会いしたときのモリカさんと一緒に。独創的なプリントとカッティングのドレスが印象的。手の込んだクラフトマンシップを感じさせるアイテムは1枚で着て様になります。タイでは、伝統的な針仕事の文化が受け継がれていて、丁寧に仕上げた刺繍やレースがふんだんにあしらったアイテムが風味となっています。「クローゼット」は国内生産にこだわっていて、タイならではの魅力を存分に感じ取れます。


PHOTO: Kloset 2017-18 A/W Collection

Kloset
http://www.klosetdesign.com/main/

 2017/09/11 16:04  この記事のURL  / 


ファッションと科学のクロスオーバー スプツニ子!と「ハニカムモード」がコラボ



ファッションとアートの接近が近年の大きな流れとなっていますが、近頃はそこに科学や理系ムードが加わってきたようです。ファッションプロダクトにも先端技術やサイエンス風味を生かす動きが広がっていて、これまでは文系の色が濃かったおしゃれの世界に変化の兆しが見えています。

サイエンス志向や未来感覚を取り入れた作風で知られる現代アーティスト「スプツニ子!」さんと、そごう・西武のライフスタイルストア「ハニカムモード」がコラボレートコレクションを2017年8月18日、西武渋谷店、ハニカムモード各店で発売しました。西武渋谷店ではスプツニ子!さんの展覧会「bionic by sputniko!」を9月3日(日)まで開催しています(A館7階特設会場)。展覧会の初日にスプツニ子!さんのトークショーも開催されました。

今回のコラボコレクションでは「培養・増殖」をコンセプトに据えて、細胞をデザインモチーフに採用。ケーブル二ットドレスやフェザーモール二ット、ケーブル二ットトップス、細胞柄プリントTシャツ、細胞柄トートバッグなどを用意しました。







これまでいろいろな柄を見てきましたが、細胞モチーフは初めて。理系と言っても、物理や数学ではなく、こちらは生物系。直線がない分、無機質なイメージは遠ざけられています。ケーブルニットにはたっぷりのフェザーがあしらわれ、有機的なムードを醸し出しています。

スプツニ子!さんは「私にとってファッションとは、自らの思想・哲学を主張するためのデモンストレーションだ。世界中の都市空間で、異なるファッション=思想同士が遭遇し、今も無数のセレンディピティが起きている。この商品たちが未来について多様な議論を生み出す契機となることを願っている」と語っています。

展覧会「bionic by sputniko!」ではスプツニ子!さんのアート作品が集められています。「衣服もバイオ技術で作ることのできる時代が訪れたとしたら?」という仮説に基づいて、身体拡張としてのファッションの未来を考えています。衣服がバイオから生成される様子をインスタレーションで表現する試み。スプツニ子!さんは2015年にも、「光るシルク」を使って仕立てたドレスを披露した展覧会「Tranceflora エイミの光るシルク」を開いていて、私はそちらも拝見しています(記事はこちら)。

先端的テクノロジーはファッションを書き換え始めています。インスピレーションソースになったり、機能性素材になったりと、生かし方は様々です。衣服の大量生産では化学や工業の果たす役割が大きかったのですが、バイオテクノロジーや生化学、医学はこの先、ファッションのありようをダイナミックに変容させる可能性を秘めています。そんな「理系ファッション」の可能性について下記の記事で取り上げました。

どう取り入れる?ユニクロからグッチまで「理系ファッション」続々
https://www.fashionsnap.com/inside/sciencefashion/

たとえば、自在に着脱できるタトゥーのような形で染料を直接、素肌に施すことができるようになれば、着心地を気にせずに済む服が誕生します。ダイエット効果の期待できる服や、眠気を抑えてくれる服などにも夢が膨らみます。大学で数学科と情報工学科を修めているスプツニ子!さんはサイエンスとアート、デザインの越境が可能な資質を生かして、ファッションの未来を予感させてくれました。ファッション業界にもこういったボーダーレスな人材や取り組みが求められているようです。





スプツニ子!展 in Shibuya
bionic by sputniko!
2017年8月18日(金)〜9月3日(日)
西武渋谷店 A館7階=特設会場
https://www.sogo-seibu.jp/shibuya/kakutensublist/?article_seq=244895


*************

◆公式サイト「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪

 2017/08/20 11:40  この記事のURL  / 


売り場に靴製造ロボット出現 ミニ工場がもたらすテック風味や特別感




産業界ではAI(人工知能)やロボットの話題が尽きませんが、ファッションの売り場にもロボットが登場。アウトドア・フットウェアブランドの「KEEN(キーン)」はポップアップショップ(期間限定店舗)に専用のロボットを設置。靴のカスタムオーダーを提供し始めました。

これまでもカスタムメイドやオーダー、別注のサービスを店頭で提供する例はありました。でも、それは熟練の職人が注文を受ける形が大半、それに対して、今回のオーダーを引き受け、スニーカーを仕上げるのは、2本のアームを持つロボットの「UNEEKBOT(ユニークボット)」です。

ファッションを取り巻く空気にテクノロジーやサイエンスのムードが濃くなってきています。特殊な機能を備えた服や、光の効果で見た目が変わるアイテムなどが相次いで登場。宇宙や技術をテーマにしたモチーフ、インスピレーションソースも増える傾向にあります。ロボットは未来的イメージのシンボル的な存在と言えるでしょう。

今回の「ミニ工場」はインダストリアルな雰囲気を帯びているところにも新しさが感じられます。これまでは製造工程と売り場は意識的に切り離されてきましたが、消費者のテック志向の強まりを背景に、ロボットを前面に押し出しています。先端的テクノロジーを詰め込んだスマートフォンを手放せなくなった現代人は以前に比べてハイテクを身近に感じるようになっています。





東京の「ビームス 原宿」、大阪の「ビームス ストリート 梅田」の2店舗で開催されるポップアップショップ「UNEEK MADE IN BEAMS」では、「KEEN」のオープンエア・スニーカー「UNEEK(ユニーク)」をカスタムオーダーできます(足数限定)。パーツやソールなど、計8カ所のカスタマイズが可能。約1600通りの組み合わせが可能です。

一般的な消費者が工業用ロボットが実際に製品を作り上げる過程を目にする機会はなかなかありません。その意味では店頭に出現するロボットとの遭遇はちょっとした社会科見学にも似た「特別な体験」をもたらします。多くの商品がオンラインショッピングで手に入る時代に、店頭でのリアルサプライズは貴重な来店機会を呼び込んでくれます。

オリジナルのカスタマイズを施すことができると、特別な愛着がわくもの。自分が指定したカスタマイズ項目を目の前のロボットが忠実に反映したシューズはこの上なくオンリーワンの存在。「特別な体験」の記憶をまとったシューズは、自分らしいコーディネートのキーパーツになるはずです。これからのファッションアイテム販売ではこういったテック感、オンリーワン性、体験記憶などが重要な演出となっていく予感がします。

UNEEK MADE IN BEAMS - THE WORLD’S SMALLEST SHOE FACTORY
ビームス 原宿:8月4日(金)〜 8月13日(日)11:00-20:00(各日先着10名)
ビームス ストリート 梅田:8月18日(金)〜 8月27日(日)11:00-20:00(各日先着10名)

BEAMS
http://www.beams.co.jp/

KEEN
http://global.keenfootwear.com/ja-jp/


*************

◆公式サイト「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪
 2017/08/02 10:00  この記事のURL  / 


『誰がアパレルを殺すのか』という問いかけ


長く連載をさせていただいている日経ウーマンオンラインでは、これまでに何人もの編集部の方にお世話になりました。担当してくださった方のなかでも、丁寧なお仕事ぶりが記憶に残っている1人が、日経BP社の染原睦美さんでした。今回、染原さんが同じBPの杉原淳一さんとの共著で『誰がアパレルを殺すのか』(日経BP社刊)を出版しました。タイトルがややショッキングですが、アパレル業界をただ批判している内容ではなく、苦境にあえぐ現状と、そこに至った原因を、丁寧な取材で解き明かそうと試みています。

アパレル業界の不振が続いていますが、すべての企業、業態が沈んでいるわけではありません。たとえば、日本発ファッションを世界に発信するセレクトショップで急成長する「TOKYO BASE(旧STUDIOUS)」は東京証券取引所第1部への上場も果たしました。ファッションアイテムのレンタル市場も拡大が続き、個人のハンドメイド品を扱うマーケットもファン層を広げています。

本書が指摘するように、アパレル業界で比較的苦戦が続いているのは、変化を怖がって、革新を先送りしてきた企業に目立つようです。著者はこうした企業が抱え込んだ「内輪の論理」が成長を妨げたと分析。生物進化論でいわれる「最も変化に強い種が最も生き延びやすい」のように、消費や生産の環境変化を素早くかぎ取って常にビジネスモデルや商品・サービスを磨き直す必要性を問いかけています。

ただ、闇雲に変化を求めているわけではありません。糸や染料にまでさかのぼる、誠実なクリエーションで知られる「ミナ ペルホネン」のような事例を紹介して、浅薄なマーケティングや目先のコストカットは本当の意味での成功につながらないことも示唆しています。顧客が新作発売を指折り数えて待つような理想的エンゲージメントを実現している「ミナ ペルホネン」は時間をかけて信頼を積み上げてきました。

「TOKYO BASE」が特徴的なのは、店長が自分の受け持つ店の仕入れや販売促進策を決めることができる点にあります。バイヤーやショップ経営者と同じような責任の重さがやりがいにつながるわけです。本書には注目企業の経営者へのインタビュー記事もあり、興味深い内容となっています。ファッションビジネスに携わっている人であれば、川上から川下までどこに位置している人にも「気づき」のある本です。


誰がアパレルを殺すのか
http://www.nikkeibp.co.jp/atclpubmkt/book/17/260970/


*************

◆公式サイト「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪
 2017/06/11 15:03  この記事のURL  / 

前へ | 次へ
宮田理江(みやたりえ)
ファッションジャーナリスト

複数のファッションブランドの販売員としてキャリアを積み、バイヤー、プレスを経験後、ファッションジャーナリストへ。新聞や雑誌、テレビ、ウェブなど、数々のメディアでコメント提供や記事執筆を手がける。

コレクションのリポート、トレンドの解説、スタイリングの提案、セレブリティ・有名人・ストリートの着こなし分析のほか、企業・商品ブランディング、広告、イベント出演、セミナーなどを幅広くこなす。著書にファッション指南本『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(共に学研)がある。

公式サイト:http://riemiyata.com/
2017年09月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ

http://apalog.com/riemiyata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の
「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。
QRコード


更新順ブログ一覧