« 前へ | Main | 次へ »
FashioNXT 2016 (2017 Collection) 初日レポート
今年もポートランドのオフィシャルファッションイベント、「ファッション・ネクスト」が始まりました。今回は、会場を移動し、Fremont Bridge直下、東河岸です。



ファッション・ネクストイベントも5周年を迎えたそうで、会場でオフィシャルグッズも販売していました。ミシンが会場に入っているあたりが、ちょっとポートランドっぽいです。




会場内はこんな感じです。



エクゼクティブ・プロデューサーのチトさんと市長夫妻の挨拶からイベントはスタート。市長夫人のナンシーさんは相変わらずきれいですが・・・市長曰く、「ポートランドもすっかりファッションタウンになって、妻だって、毎日ポートランドデザイナーの服を着れるようになった」とのこと・・・。



トップデザイナーは、「プロジェクトランウェイ第17シーズン」に参加していたSara Donofrio。立ち上げたばかりのブランド、"One Imaginary Girl"のコレクションです。




ポートランドのベルモント通りにショップがあるみたいです。
One Imaginary Girl
3334A SE Belmont Ave, Portland

続いては、LAからLaDonna J. DavisのAnd She Saw Stars。後ろを歩いているのが、デザイナーです。



ドレスの背中には・・・写楽!


そのあとは、2016 UpNXT: Emerging Designers Accelerator Runway Finaleということで、勝ち残った新人デザイナーが登場しました。

まずは、ポートランドの日系デザイナー、Michiya Stine。「花見」がインスピレーションだそうです。



続いてもポートランドのデザイナーで、Fraulein Couture by Vanessa Froehling。「オフィスやディナーでも着れるストリート・ウェア」とのことですが、確かに着やすそうです。





それから、ポートランドのEve Skywalker by Eve Styles。サステナブルでナチュラルなブランドで、押し花入りとか草木染めがポートランドな感じ?でございます。花入りは結構欲しいかも!





今度はシアトルからメキシコ系のLOURDES e EVA by Nora Suarez。プリーツ使いが印象的でした。




トリは、ポートランドのMOORE by Andrea Jenkins。リバーシブルの服をランウェイの端で裏返して着る演出なのですが、ガッチリ鍛えた男性モデルがシャツ脱いだりすると、やたら嬉しそうな拍手が上がって、盛り上がりました。
ショップが、パールにあるようです。
1720 NW Lovejoy Street #115 Portland Oregon 97209
今度、訪ねてみたいと思います。


行き

帰り

着替え・・・


 2016/10/07 06:24  この記事のURL  / 


« 前へ | Main | 次へ »

プロフィール

東リカ(ヒガシ・リカ)

8年近く暮らしたサンパウロを離れ、2014年末より、オレゴン州ポートランド在住。 現地のアート、ファッション、フード&ドリンク、観光、広告などについて、日本のメディアに執筆しています。 個人ブログ「ポートランド日誌(http://rhportland.blogspot.com/)」では、ポートランドの生活情報や取材こぼれ話を綴っています。ブラジルネタは引き続きサンパウロ日誌(http://rhigashi.blogspot.com/)の方に、たまにアップしています。


2016年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ