« 前へ | Main | 次へ »
FashioNXT2015レポート:最終日:プロジェクト・ランウェイスター、3名の競演!
さてさて、最終日。トップは、「プロジェクト・ランウェイ」2010で、2位、2012年の「プロジェクト・ランウェイ・オールスターズ」で優勝した、メキシカン・アメリカンデザイナーのMondo Guerra



これまでカラフルなプリントで知られていたモンドですが、今回、「一度、イメージをリセットしたい」と、真っ白な服ばかりが登場する「ペイパー・プレイン」と題したコレクションを発表しました。



パステルのマルチカラーの靴と青いリップスティック以外の色は一切なかったのですが、単調にならない、リゾートなんかが似合う、フレッシュなコレクションでした。





その後、オレゴン州ローズバーグ出身のモデルAlicia Barnettとともに、アンクプア短大銃乱射事件への追悼の辞が述べられました。





続いては、「プロジェクト・ランウェイ」のファイナリストで、ニューヨークをベースにするViktor Luna
ゴールドのプリーツが多用されました。



そして、大トリは、初めてプロジェクト・ランウェイの2冠(Season 7 & Allstar season 3)を達成したというSeth Aaron
Black Labelと題された2016春コレクションとEyewear の発表でした。

個人的にドレスは、微妙でしたが・・・ジャケットとメガネは好きでした。




やっぱり、本日が一番盛り上がったように思います。全編を通して、私が好きだったのは、最終日のモンド、前日のウォルター・メンデスとミシェル・レズニアック・・・でしょうか。終わってすぐ、プロデューサーに「どれが一番好きだった?」と聞かれて、「セス・アーロン」と答えていたのですが・・・。後は、German MadigralとDevonationもまた見てみたいです。
 2015/10/21 01:48  この記事のURL  / 


« 前へ | Main | 次へ »

プロフィール

東リカ(ヒガシ・リカ)

8年近く暮らしたサンパウロを離れ、2014年末より、オレゴン州ポートランド在住。 現地のアート、ファッション、フード&ドリンク、観光、広告などについて、日本のメディアに執筆しています。 個人ブログ「ポートランド日誌(http://rhportland.blogspot.com/)」では、ポートランドの生活情報や取材こぼれ話を綴っています。ブラジルネタは引き続きサンパウロ日誌(http://rhigashi.blogspot.com/)の方に、たまにアップしています。


2015年10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ