アパレルウェブ取材|ファッション・アパレルのニュース


 
« 2017年03月 | Main | 2017年05月 »
第2の篠原ともえを探せ 古舘伊知郎オフィスがファッションFAB施設「アンドメイド. キタサンドウ(andMade.kitasando)」を東京・北参道にオープン
  2017/04/29 09:07 | ニュース

(右から)古舘伊知郎氏、篠原ともえさん、荒木浩二MMB事業本部エグゼクティブプロデューサー。篠原ともえさんは、自分でデザイン、仕立てたオリジナルのドレスで登場した


 服づくりに特化した会員制共同ワーキングスペース「アンドメイド. キタサンドウ(andMade.kitasando)」が28日、東京・北参道にオープンした。運営は、アナウンサーの古舘伊知郎氏が1984年に立ち上げた古舘プロジェクト(東京、佐藤孝社長)。

 「アンドメイド. キタサンドウ(andMade.kitasando)」は、「服は「買う」から、「創る」へ。」をコンセプトにしたファッションFAB施設。会員登録を行えば、施設内の機材を利用して、自由に服づくりを行うことができる(一部事前予約制)。2フロア・約80坪の施設内には、JUKIのサポートにより、工業用ミシンやフリーハンドで使用できるキルトミシンなどを設置。オリジナルテキスタイルが印刷できるプリンターや、革小物などの副資材製作ができるUVプリンター、3Dプリンター、幅広い素材に対応するレーザーカッターなど、プロ向けのハイスペックな機器も揃えた。クリエイターによるトークイベントや、初心者向けのワークショップなどもあり、服づくりのレベルに応じて利用できるのが特徴。料金は、1時間600円、1日使い放題3,500円、月額定額9,800円、年間定額98,000円など。

 オープン当日、施設の概要について実況中継形式でプレゼンテーションを行い会場を沸かせた古舘氏。古舘氏は、「ファッションがボーダーレス化しているなか、いまだに年齢や職業によるファッションの枠に閉じ込められている人も多い。私の世代にも、自分だけの洋服が欲しいという欲求は潜在的にあるはず。その風穴をあけるのがアンドメイド」とコメント。デザイナーのマイケル・コースが着こなしていた黒色のピーコートが今一番気になるアイテムだといい、「全体的にかたすぎず、さらりと着こなしていたのが印象的だった。例えば、レディスの仕立てを取り入れたメンズ服があっても面白い。こうした妄想を具現化できる場でもある」と独自の考えを披露した。また、古舘プロジェクトに所属し、ファッションデザインも行うタレントの篠原ともえさんは、「こういう空間ができるのを待っていた。自由にクリエーションし、世界に発信できるようなデザインが生まれてほしい」と語った。


 同社が「アンドメイド」運営とともに力を入れるのが、クリエイターの発掘だ。同施設運営のために立ち上げたMAKE MY BRAND事業本部の荒木浩二エグゼクティブプロデューサーは、「自分でデザインし、作った服を自らテレビで着用する、まさに篠原ともえのような存在。スター性のあるクリエイターをマネジメントし、プロデュースするのが、芸能の仕事を行う私たちの強み」とコメント。今後は、福岡や京都、札幌など地方への進出も視野に入れるが、「会員を増やすことより大切なのは、1人でも多くのスターが生まれること」と強調した。今後は若手クリエー ターの育成支援プロジェクトを始動するほか、同施設で製作された作品を、タレントやアーティストに衣装として提供したり、テレビ番組での連載企画などを通して、露出を増やすことなども計画している。

■「アンドメイド. キタサンドウ」公式サイト
http://andmade.tokyo


施設内に置かれているミシンやプリンターなどについて、実況中継形式でプレゼンテーションする古舘伊知郎氏。



映画「ビル・カニンガム&ニューヨーク」に登場したマイケル・コースが着ていたピーコートについて思いを語る古館氏











東京五輪・パラリンピックのロゴを手がけた野老朝雄氏がロゴデザインを担当

「マックスブレナー」世界初の新業態も ラフォーレ原宿が飲食2店舗をオープン
  2017/04/27 10:35 | ニュース

「マックスブレナー チョコレート ピザバー」



 ラフォーレ原宿は4月、2階のフードエリア「グッドミールマーケット(GOOD MEAL MARKET)」に、テイクアウト専門店2店舗を新規導入する。人気チョコレートバー「マックスブレナー」の新業態と、「マックスブレナー チョコレート ピザバー」生クリームあんぱん専門店「生クリームあんぱん 原宿」で、いずれもワンハンドで手軽に食べられる商品が特徴だ。


 25日にオープンした「生クリームあんぱん 原宿」は、横浜市と川崎市に店舗を構える手づくりパン屋「ボン・ヴィボン」の児玉圭介オーナーが監修する生クリームあんぱん専門店。テレビ番組で紹介されるなど人気のショップで、今回が東京初出店。通常価格は税込248円、原宿店限定フレーバーは税込259円から。


 29日に開設する「マックスブレナー チョコレート ピザバー」は、2013年に日本に上陸したイスラエル発のチョコレートバー「マックスブレナー(MAX BRENNER)」の世界初の新業態。自分好みにカスタマイズしたチョコレートピザをワンハンドで食べられるテイクアウト専門店。「マックスブレナー」の人気商品でトーストしたマシュマロをトッピングした「チョコレートチャンクピザ(ホール/税込2,320円、1/6スライス/税込470円)」や、コーンの縁をカラフルにトッピングした「フェイバリットチョコレートワッフルコーン」(税込580円)も販売する。


 「マックスブレナー チョコレートピザバー」では、オープン当日の朝11時から、先着1,000人にチョコレートチャンクピザのスライスを無料提供(※トッピング、ドリンクは別料金)するイベント「フリーピザデイ」を開催。画像共有SNSインスタグラムで「マックスブレナー」のアカウント(@max_brenner_japan)をフォローするとボンボンチョコレ―トをプレゼントするキャンペーンも実施する。



「生クリームあんぱん 原宿」



■店舗情報
「生クリームあんぱん 原宿」
オープン日:2017年4月25日(火)

「MAX BRENNER CHOCOLATE PIZZA BAR」
オープン日:2017年4月29日(土)

■ラフォーレ原宿 公式サイト
http://www.laforet.ne.jp/
トリンプのプレミアムライン「エッセンス バイ トリンプ」 2017秋冬広告に米女優リヴ・タイラー起用
  2017/04/27 10:30 | ニュース

リヴ・タイラーさん(左)とフォトグラファーのランキン氏


 トリンプ・インターナショナル・ジャパン(東京都中央区、土居健人社長)は、プレミアムライン「エッセンス バイ トリンプ(ESSENCE by Triumph)」2017年秋冬グローバルキャンペーンのイメージキャラクターに、ハリウッド女優リヴ・タイラーさんを起用した。

 「エッセンス バイ トリンプ」は、2011年にヨーロッパで販売を開始し、現在約30カ国で展開するプレミアムライン。“ラブ オブ ディテール(LOVE OF DETAIL)”をコンセプトに、フィット感や付け心地を重視した機能性の高さや、ヨーロピアンテイストを基調とした高級感あるデザインにこだわっているのが特徴だ。


 リヴ・タイラーさんは、母でありながら女優としても活躍する姿が、現代女性の象徴として世界中の女性の共感を得られる存在であること、また、美しさや気品、女性としての自信を兼ね備えている点が、同ラインの目指す女性像と合致していることが、起用の理由となった。


 ビジュアル撮影は、過去にエリザベス英女王やモデルのケイト・モス、歌手マドンナといった世界的著名人を撮影した経験を持つ英国出身ファッションフォトグラファーのランキン氏が担当。迫力あるカメラワークで撮りおろされた新ビジュアルは、7月上旬から店頭に登場する予定。


■ESSENCE by Triumph 公式サイト
https://jp.triumph.com/brands/essence

■展開店舗
全国の主要百貨店、専門店全80店舗


子ども&マタニティー展示会「プレイタイム」が期間限定店 初の消費者向けイベント
  2017/04/25 20:53 | ニュース


 キッズ&マタニティー関連用品の国際合同展示会「プレイタイム(Playtime)」(主催:ピカフロール)のポップアップショップが4月26日から5月2日までの1週間、伊勢丹新宿店本館6階で開かれる。一般消費者向けのイベントは今回が初めて。「プレイタイム」の出展ブランドによるアイテム販売のほか、子ども向けのワークショップやパフォーマンスなど、ファッションとアートを融合させたイベントを併せて開く。

 また、「プレイタイム」の目玉にもなっているアーティストたちによるインスタレーション展示も再現。今夏のテーマ“リ・クリエーション(RE/CREATION)”にもとづき、アーティスト&スケートボーダーの杉澤佑輔氏、イラストレーター兼布立体作家の都都築まゆ美氏、アーティストのバルバラ・キャデ氏がそれぞれ作品を披露。同展が提案するトレンドや着こなしとともに紹介する。




■公式サイト
https://www.iloveplaytime.com/ja/gazette/news/playtime-s-invite-chez-isetan-a-tokyo

■Playtime @ Isetan Shinjuku 開催概要
開催期間:4月26日(水)〜5月2日(火)
開催場所:伊勢丹新宿本館6階 ウエストパーク/ザ・ステージ#6


アッシュ・ペー・フランスと松屋銀座が母の日キャンペーン メインビジュアルにクリスティーナ・トロ起用
  2017/04/25 18:08 | ニュース



 アッシュ・ペー・フランス(東京、村松孝尚社長)は松屋銀座と協業し、4月26日から5月14日まで、女性にとっての“ヒーロー”を指す造語“シーロー(SHERO)”を打ち出した母の日キャンペーン「SHEROS MOTHER'S DAY 5.14」を開催する。


 今回のキャンペーンでは、「私に“わたし”をくれたただひとりのあなたへ」をキャッチコピーに、女性にとって「シーロー」であり続ける“母”の存在に焦点を当てた。松屋銀座の各店舗では、オリジナルメッセージカードやフラワーボックスなど様々なギフトを販売。米出身アーティスト、クリスティーナ・トロの作品をモチーフにしたメインビジュアルや全館装飾、母に宛てた手紙のインスタレーションも注目だ。


 「シーローズ(SHEROS)」の考えは、アメリカ人女性キュレーターであるハンナ・フシハラ・アーロンとジェニファー・アームブラスの2人が、“自分たちの女性ヒーローに手紙を書く”というフェミニズム的思考のもとに手がけた参加型アートプロジェクト「シーローズ」がはじまり。アッシュ・ペー・フランスが運営する「ランプ ハラジュク」でも2014年に同企画を開催し、約40人のアーティストやクリエイターが参加した。



(左から)ヒロコハヤシLUI(ルイ)長財布ミニ 3万6,720円(税込) 3階ヒロコハヤシ/日比谷花壇母の日フラワーボックス(エレガント) 5,400円(税込)/ホリディバッグ各 4,860円(税込) 3階リタズダイアリー/イソップインテントオブザーバー 1万8,576円(税込) 1階イソップ



■「SHEROS MOTHER’S DAY 5.14」開催概要
開催期間:2017年4月26日(水)〜5月14日(日)
開催場所:〒104-8130 東京都中央区銀座3-6-1
       松屋銀座各階
営業時間:午前10時〜午後8時
 | 次へ

最新記事

月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
QRコード
*このブログを携帯電話でもお読みいただけます!
*上のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
*こちらからも自分の携帯へURLを送れます。

http://apalog.com/report/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集
Copyright (C) apparel-web  サイト内の文章、画像などの著作権はapparel-webに属します。文章・写真などの複製、無断転載を禁止します。