アパレルウェブ取材|ファッション・アパレルのニュース


 
« 2017年01月 | Main | 2017年03月 »
ピーアールワン(PR01.)がアッシュ・ペー・フランスから独立 新会社「ワンオー」設立
  2017/02/28 05:00 | ニュース

(左から)永谷亜矢子社外取締役、「OH!ショールーム」大坪洋介氏、松井智則社長、岡安一剛取締役、三上剛史執行役員、尾崎功樹氏(小売り・流通担当)、長井美樹執行役員。「国内外の拠点を行き来するようなグローバルな人材を増やす。また、永谷さんのように決断力がありパワフルな女性をどんどん増やしていきたい」と松井氏。



 アッシュ・ペー・フランス(東京、村松孝尚社長)で、アタッシュ・ドゥ・プレス事業や、展示会事業「PR01.トレードショー」などを手がけるPR01.事業部が独立し、あす3月1日から新会社「株式会社ワンオー」(東京、松井智則社長)を始動する。


 PR01.事業部は、前身となる「ヒラオプレス(HIRAO PRESS)」の機能を受け継ぐ形で2006年に発足。国内最大規模のアタッシュ・ドゥ・プレスとしてブランドやデザイナーのPR業務を手がけてきたが、2010年以降は、渋谷の街と連動させた「シブヤファッションフェスティバル」、展示会事業「ルームスリンク」(現PR01.トレードショー)の企画・運営をスタート。また、経済産業省から2012年度クールジャパン事業「原宿+」を、2016年には阪急電鉄から梅田の街づくりに関する業務も受託するなど、年々事業領域が拡大。「今後さらに事業を拡大するには、より柔軟かつスピーディーな決裁への必要性を感じた」(松井氏)ことが、新会社設立のきっかけになった。


 新会社は、PR01.事業部が持つ事業を承継(MBO)する形で、2016年12月19日に設立。あす3月1日から業務をスタートする。PR01.事業部長を務めてきた松井智則が社長を務める。従業員数は45人。社外取締役には、アッシュ・ペー・フランスが運営する展示会「rooms」プロデューサーの佐藤美加氏、「東京ガールズコレクション」の初代チーフプロデューサーを務め、現在も数多くの事業・ブランドプロデュースを手がける永谷亜矢子氏を迎えた。


 今回MBOの対象となる事業領域・名称は、PR・コンサルティング業務全般、アタッシュ・ドゥ・プレス(原宿プレスルーム/PR01. TOKYO)、イベント企画・制作業務、ZOZOTOWN運営、店舗運営(CANNABIS)、卸事業(PR01. SHOWROOM)、ブランド開発生産業務、自社主催コンテンツ(SHIBUYA FASHION FESTIVAL、PR01. TRADESHOW、TOKYO FASHION FILM)。

 ブランド発掘から、PR・マーケティング、プロダクト化、流通までの4つの事業をワンストップで提供できる強みを生かしつつ、「より時代感のあるものにアップサイクルしながら事業を拡大していく」(同社)。若手クリエイターに加え、エシカルやアート分野への投資にも力を入れるとともに、台北や上海、パリ、ニューヨークなど海外に広がる事業拠点を生かし、日本・海外ブランド双方のグローバル展開を促す。


 特に、新規卸事業「OH!ショールーム」では、米LAに在住し、40年間に渡りブランド発掘に携わる大坪洋介氏を中心に据え、欧州ブランドの日本・アジアにおける独占販売事業を進める。すでに「バナナタイム(BANANATIME)」(蘭)や「アトリエ&リペアーズ(ATELIER&REPAIRS)」「ヴェルヴェット バイ グラハム&スペンサー(Velvet by Graham & Spencer)」「ラカーサ(LACAUSA)」「インダストリー オブ オール ネイションズ(INDUSTRY OF ALL NATIONS)」(米)を含む6ブランドについて、2017秋冬から日本市場(一部アジアも含む)で販売することが決まっている。


新会社のロゴ



 会社名「ワンオー(OneO)」は、出会いや新しい文化がつながった“丸い地球”をイメージした。「新しいブランドを立ち上げる動きがこの10年間で少なくなったと感じる。グローバルな都市戦略を生かし、まだまだ見つけることのできていないものや人をつなげていきたい」と松井氏。現在の事業部売り上げ約15億円を3年後には50億円まで拡大させる計画。「10年後には1,000億円を目指したい」と意気込みを見せた。


三陽商会「ポール・スチュアート」 女性管理職向けにファッションセミナー
  2017/02/23 15:45 | ニュース

国際イメージコンサルタントの大森ひとみさん(写真右)がエグゼクティブにふさわしいファッションをアドバイス


 「ポール・スチュアート」(三陽商会)は21日、女性管理職を対象にしたファッションセミナー「ドレス フォー サクセス―国際イメージコンサルタントに学ぶプレゼンテーションスタイル」を東京・青山店で開いた。経営者層を中心に50人を招き、ビジネスシーンにふさわしい服装やメイクについてアドバイスを行った。


 商談や会食などビジネスシーンでの活動が多くなる管理職クラスの女性に向け、TPOに合ったファッションコーディネートを指南するもの。セミナーは、プレゼンテーションなどの勝負どきを想定した「攻めのファッション」編と、謝罪などより誠実な姿勢が求められる場面を想定した「守りのファッション」編に分けて進行。それぞれのシーンにふさわしいコーディネートやメイクについて、ジャケットのカラーやインナーのデザイン、アクセサリーの合わせ方、アイメイクの描き方に至るまで、女性モデルを使いながら詳しくレクチャーした。講師を務めた国際イメージコンサルタントの大森ひとみさんは、「ビジネスにおけるファッションは、その人のキャリアやスキルを映し出すもの。エグゼクティブにふさわしい服とは、自身が伝えたいメッセージと外見が合致していること。ファッションを変えることで、これまで通らなかった意見を受け入れてもらえたり、昇進のチャンスが来たという実例もある」と語った。


 セミナーの後は、メイクアップのアドバイスや、「ポール・スチュアート」の新作ジャケット「ファーストジャケット(FITST JACKET)」を中心としたショッピングイベントを開催。大学で講義も行っているという40歳代の女性は、メイクに関するアドバイスを受けた後、「今まで自己流でやっていたメイクが与える印象は、自分がなりたいイメージと逆だということがわかり、とても新鮮に感じた。ファッションについても、シーン別にわかりやすく教えていただけたので、改めておしゃれを楽しみたいという気持ちが強くなった」と話した。


 昨年4月の女性活躍推進法施行に合わせ、「ポール・スチュアート」では、管理職クラスの女性に向けた施策を強化している。女性の社会進出がさらに期待される一方、ロールモデルが少なく、女性エグゼクティブのドレスコードが確立されていないことを受け、今回のセミナーを企画した。「時代に合ったビジネススタイルについて、お客様のニーズを捉えながら提案していきたい」(三陽商会)。今後も同様のイベントを継続する計画で、次回は今秋の開催を予定している。



セミナー後編ではメイクアップアーティスト・佐藤洋樹氏によるアイメイクのレッスンが行われた



セミナー後は参加者が実際にメイクのアドバイスを受けられる時間も設けた



ポール・スチュアートが今月発売した「ファーストジャケット」は、身体のラインを美しく見せるシャープなデザインが特徴。リップスティックやスマートフォンが入るポケット、フラワーホールやポケットチーフを内蔵した胸ポケットなどを備え、幅広いビジネスシーンに対応する。ライトグレーとネイビーの2色展開で、7万9,000円(+税)。





■ポール・スチュアート 公式サイト
http://www.paulstuart.jp


(編集部)



注目ブランドをピックアップ――キッズ&マタニティーの国際合同展「プレイタイム東京」開幕(2/2)
  2017/02/22 21:05 | ニュース


 キッズ・マタニティー関連商材を集めた国際合同展示会「プレイタイム東京」(主催:ピカフロール・ジャパン)が2月21日、東京・ベルサール渋谷ガーデンで開幕した。ファッションを中心に、ギフトやホーム、育児用品など国内外から約200ブランドが最新コレクションを披露している。出展者数を国別で見ると、1位の日本に、アメリカ(グアム含む)とスペイン、フランス、イタリアと欧米からの参加が続くが、中国や韓国、タイ、台湾などアジアからの初参加ブランドも多く、存在感を放っている。「質はもちろん、年々ボリュームもアップしている。東京発ブランドも充実しており、東京展にしか出せない価値、そして世界市場にも通用する価値を打ち出している」(コマーシャル・ディレクターのシャンタル・ダンギョーム氏)。あす23日まで。


■クチュール感あふれるキッズ服


 オーストリア・ウィーンから参加した「ヒルダ ヘンリ(Hilda Henri)」は2013年デビュー。希少なウールなど素材へのこだわりやオリジナルプリント、クチュール感のあるデザインが魅力。2017秋冬は、オペラの曲で描かれるクラシックな世界観が発想源になっている。キッズファッション誌「ミルクジャポン」が選ぶ「編集部お気に入り賞」を受賞した。

・ヒルダ ヘンリ
https://www.hildahenri.com/



■オーガニック&リサイクル素材を使用「オーガニック プロジェクト」


 グアム出身アルマー・ルーリー(Almar Lurie)がデザインする「オーガニック プロジェクト(The Organic Project)」は、オーガニック素材やリサイクル素材を用いたキッズ向けブランドとして2012年にスタートした。スリムな白シャツやサルエルパンツなど、デザイナー自身が着たいと感じるデザインを反映させつつ、「6人いる姪たちが袖を通すことを思い浮かべながらデザインしていくのが楽しい」(ルーリー氏)と話す。欧州やアジア各国への旅もデザインソースになっているという。大の親日家で、プレイタイム東京には3度目の出展。

・オーガニック プロジェクト
http://www.theorganicproject.com/



■タイ発の個性派キッズブランド 「リトル フォックス」


 タイから初参加したキッズ服ブランド「リトル フォックス」(ハウス オブ フォックス社)は、大人のファッショントレンドを反映させながら、ポップなカラーリングや刺繍など遊び心のあるデザインを取り入れているのが持ち味。2017秋冬は、大胆なフリンジ使いやレースアップなど、ウエスタンのディテールを採用した個性的なルックでバイヤーの目をひいていた。

・リトル フォックス
https://littlefoxclub.com/



■ウールニットを気軽に楽しむ


 ニットアイテムを中心に、良質な素材や日本の職人技術を打ち出しているキッズブランド「カンフル(Camphor)」。日本ではなかなか着用される機会が少ないといわれるウールアイテムをもっと楽しんでほしいと、防汚加工を施すなど機能性も高めている。パリ展にも出展経験を持つ。

・Camphor
http://camphor.tokyo/



■ママにも赤ちゃんにも優しい 3D構造の抱っこひも


 スイス発「ミアミリー(MiaMily HIPSTER PLUS)」は、安定感のあるヒップベース(椅子)が特徴の立体型抱っこひも。股関節脱臼の要因を軽減する商品として国際股関節異形成協会の認定も得ている。腰痛になりにくい幅広の腰ベルトや、豊富な収納スペース、取り外し・調整がしやすいデュラフレックス社のバックルなど、抱っこする人の使い勝手も考慮されている。初の出展。すでに引き合いがあった百貨店に加え、大手子ども服チェーンにも販路を広げたいという。輸入・販売代行はウインテック社(大阪、松本健太郎社長)。

・ウインテック
http://www.wintech.jp



■室内でも使える 人気上昇中の乳母車


 籐のバスケットを使用した乳母車「プスプス(pousse-pousse)」。籠部分と台車が分けられるので、ベッドとして室内でも使え、また、車に積める仕様。また、つかまり立ちができる安全枠を付ければ3歳くらいまで使用可能。幅(52p)が狭めなので取り扱いが楽なうえ、双子用にも使えるなど、デザイン性と機能性を兼ね備えた商品として人気が上がっているという。1996年から製造・販売しており、顧客によるオフ会は20年以上継続している。9万〜13万3,920円(税込)。

・東京乳母車
http://www.babycar.co.jp



■イタリア発のベビーチェア「イングリッシーナ」


 イタリア発のキッズ用品ブランド「イングリッシーナ」によるベビーチェア「ファスト」は、テーブルの天板を挟んでアームを回転させるだけの簡単に固定できるのが特徴。股ベルトや腰ベルトで子どもの抜け出しを防ぎながら、気軽に食卓を囲むことができる。ドリンクホルダー付の専用トレーは外して水洗いできる。5カ月頃〜36カ月頃まで対応(15キロまで)。1万円(+税)。

・カーサリッチ
http://casarich.co.jp/



■ママになった記念に


 ベビーカーや赤ちゃんの顔を形どったチャームが特徴のゴールド・アクセサリー「プレジテール」は、初めてママになった記念日に付けるアクセサリーとして提案。18金を使用しており、オーダーを受けた後1つ1つ製作している。チャームには15文字前後の言葉を刻印することができ、ライフステージによってチャームを増やしていくことができる。2015年にスタート。中国で縁起がいい色とされていることもあり、中国人バイヤーの反応がとてもいいという。

・プレジテール
http://plaisiter.com/



■親子で履けるシューズも プラスチックシューズの「メリッサ」


 人気のプラスチックシューズブランド「メリッサ」がキッズ用シューズを披露。ディズニーキャラクターをモチーフにしたフラットシューズや長靴、親子で履けるスニーカーなどを揃えている。

・H3O Fashion Bureau
http://www.h3otokyo.com/



■“足育”普及にも注力 環境や身体にやさしいシューズ


 2015年にスタートした子ども靴「ニーニョ(NINOS)」は、有害物質の使用を制限した皮革「TORNAT(R)」を採用。子供の足の成長を正しい方向へと促す“足育”にも力を入れており、専門家にバランスの取れたオリジナルインソールを依頼しているほか、オリジナルムービーを制作し、足育の大切さを広めている。今回は、サンダルを初めて提案。有力ブランドとのコラボレーションも予定している。

・ニーニョ
https://www.ninos-shoe.com/



■話題のVRで遊ぶ 玩具業界注目のブランド

 2007年にニュージーランドで設立されたDIY玩具ブランド「シードリング(seedling)」は、2014年から米国での事業をスタート。VR技術を用いた玩具で2016年には玩具業界最高峰と言われる「TAGIEアワード」を受賞した。

・ジーシーエム
http://gcm-web.com/



■安心・ハイセンスな離乳食


 ロコオーガニックが提案する「有機米おかゆレトルトパック」は、無添加・無農薬・保存料なしの離乳食。赤ちゃんの対象月齢により、おかゆのかたさも4種類用意している。デザイン性の高いパッケージでギフトとしても対応。2016年8月展にも参加し、セレクトショップへの卸など販路も広げている。

・ロコオーガニック
http://www.locoorganic.com/



■天然成分90%以上のオーガニックペイント「mizucolor」


 「mizucolor」は、水と植物から生まれた自然由来成分90%のオーガニック塗料。下地の木目が綺麗に見えるのが特徴で、木のあたたかみをあえて楽しむDIY製品として提案している。全30色。企画・製造した塗料和信化学工業(静岡県)は、アクセサリーブランド「HAQUA」を販売するなど、塗料事業での経験を生かした新事業に注力している。


●公式サイト:
https://www.iloveplaytime.com/ja/tokyo


ブランド統括担当者に聞く「プレイタイム」のミッション――キッズ&マタニティーの国際合同展「プレイタイム東京」開幕(1/2)
ブランド統括担当者に聞く「プレイタイム」のミッション――キッズ&マタニティーの国際合同展「プレイタイム東京」開幕(1/2)
  2017/02/22 21:00 | ニュース


 キッズ・マタニティー関連商材を集めた国際合同展示会「プレイタイム東京」(主催:ピカフロール・ジャパン)が2月21日、東京・ベルサール渋谷ガーデンで開幕した。ファッションを中心に、ギフトやホーム、育児用品など国内外から約200ブランドが最新コレクションを披露している。出展者数を国別で見ると、1位の日本に、アメリカ(グアム含む)とスペイン、フランス、イタリアと欧米からの参加が続くが、中国や韓国、タイ、台湾などアジアからの初参加ブランドも多く、存在感を放っている。「質はもちろん、年々ボリュームもアップしている。東京発ブランドも充実しており、東京展にしか出せない価値、そして世界市場にも通用する価値を打ち出している」(コマーシャル・ディレクターのシャンタル・ダンギョーム氏)。あす23日まで。


毎回新しい価値を提供するのがプレイタイムのミッション


コマーシャル・ディレクターのシャンタル・ダンギョーム氏(j左)と、アーティスティック・ディレクターのマリー・チャプスカ氏




 パリ展10周年(2016年7月展)を迎え、今年7月には独・ベルリンで同展を初開催。また、公式サイトも一新するなど、発信力を強める「プレイタイム」。昨夏にコマーシャル・ディレクターに就任し、開催4都市のブランド・セレクトに携わるシャンタル・ダンギョーム氏と、創業家の1人としてプレイタイム設立当初からアーティスティック・ディレクターを務めるマリー・チャプスカ氏に、同展の魅力やキッズ・マタニティーのトレンドについて話を聞いた。

シャンタル・ダンギョーム氏: 「出展ブランドのセレクトをする際は、やはりプレイタイムのスピリットに合致しているかということを重視しています。クリエイティブで新しい価値を提供できるかどうか、そしてものづくりへのクラフツマンシップがあるかということです。もちろん市場トレンドに合っていることも非常に大切です。キッズ・ベビーの業界でも最近、ビオ(BIO/環境・動物に優しいもの)やサスティナブルといったライフスタイルへのこだわり、マンガに代表されるポップカルチャーの台頭、あるいはオートクチュールへの回帰といった動きが見られます。そして製品の素材に対する意識は、大人向けの商材以上に意識が高まっていると思います。素材にこだわるということは、生産に関わる全工程に責任を持つということでもあります。ライフスタイルやカルチャー、あるいはモードの変遷に至るまで、大人向けの商材と同様、あらゆる点に神経を使いながらブランドをセレクトする必要があります。
 最近フランスでは、メディテーションクラスやワークショップ、カフェなど、教育機関以外で行う子ども向けサービスが拡大しているんですよ。子どもたちの精神面をケアするようなサービスはこれまでフランスにはなかったと思います。プレイタイムでも衣料品以外の分野も幅広く取り扱うようになりましたし、すでにパリ展では、子どものための誕生日イベントを企画する「My Little Day」といった企業も出展しています。
 プレイタイムのバイヤーは非常に目が肥えています。ですから、つねにこうした市場性を反映し、かつ新鮮さを感じていただけるようなカラーパレットのような存在であることが、プレイタイムのミッションです」


マリー・チャプスカ氏: 「プレイタイムパリが10週年を迎えたのを機に、公式サイトとロゴをリニューアルしたのは、“変革”が必要だと感じたからです。プレイタイムの成長を肌で感じながら、もっと対外的な発信を強め、進化しなければならないと考えていました。
 コンセプトは、“CLEAR(クリアなデザイン)・NEW(新鮮な情報)・INTERNATIONAL(グローバルな存在)”であること。今年7月には開催地にベルリンが加わり、4都市体制となりましたが、サイトでは、それぞれの個性を生かしながら、統一性を持たせるということを重視しました。バルーンのモチーフは以前と変わりませんし、新しいロゴも従来のデザインを踏襲したものになっています。
 発信力を高めるために情報ページを充実させました。プレイタイムからのニュースだけでなく、出展ブランドからのニュースも取り上げています。サロンのように、ブランドやバイヤー同士が新しい繋がりを作り出すことを目指しています。スマートフォン用アプリもスタートしました。アプリを使えば、出展ブランドの詳細やニュースをプリントせずいつでも手に入れることができるので、ぜひダウンロードしてみてください」


●公式サイト:
https://www.iloveplaytime.com/ja/tokyo


注目ブランドをピックアップ――キッズ&マタニティーの国際合同展「プレイタイム東京」開幕(2/2)

靴下のナイガイ・卸売りサイトが好調 新規需要開拓で成果
  2017/02/20 09:30 | ニュース


【PR】レッグウエア企画販売のナイガイ(東京、今泉賢治社長)が昨年9月1日に開始した卸売り専用のオンラインストア「ナイガイセレクトモール(NAIGAI SelectMall)」が堅調に推移している。小売り店に対し、タイムリーでスピーディーな対応ができるような機能・サービスを充実させたことで、新規顧客の開拓につなげている。今後はモノの販売にとどまらず、顧客のニーズや悩みに対応するソリューション型モールへと発展させる。
 
 5つの大きな特徴として、@多様な決済手段・デバイスで取り引きでき、掛売り取引審査結果も当日に判断されるため、申込み当日から取引が可能、A従来型取引で負担となっていた時間や手続きのペーパーレス化により業務負担・機会ロスを削減、B店頭POPのダウンロードなどの販売支援ツールに加え、接客時の参考となる商品の機能性やこだわり、消費者の使用商品レビューなどの付加価値を提供、C取引業務の簡素化・契約ミニマム条件の廃止により、小口注文へ効率良く対応。潜在顧客など取引先を拡大する、また、D取引商品のカテゴリーや卸価格など受注属性情報を取引先別にウェブ上で管理。分析結果を取引先への販促や発注計画などに反映すること――をあげている。

 サービス開始からおよそ5カ月が経過し、予想外の成果が得られている。「登録・与信調査が即日に完了でき、1足からでも卸販売ができるため、従来のレッグ取扱店舗以外に、老人ホームからの冷え対策靴下の要望、企業からの粗品対応などの新規需要が掘り起こせた」(同社)という。

 「従来、靴下はついで買いアイテム。多様な販路・店舗で販売できるため、潜在需要はさらに見込める」と同社。今後も、小売店舗の販売支援や情報提供を継続するとともに、「モノの提供だけでは、他社との差別化にならない。むくみや臭い・冷え、かかと部分のかさつきなど、足についての悩みを改善するソリューション(お悩み解消)商品に力を入れる。こうした商品の機能情報・消費者の声なども発信していきたい」と話す。


ナイガイセレクトモール



 | 次へ

最新記事

月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
QRコード
*このブログを携帯電話でもお読みいただけます!
*上のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
*こちらからも自分の携帯へURLを送れます。

http://apalog.com/report/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集
Copyright (C) apparel-web  サイト内の文章、画像などの著作権はapparel-webに属します。文章・写真などの複製、無断転載を禁止します。