-->

アパレルウェブ取材|ファッション・アパレルのニュース


 
« 2016年11月 | Main | 2017年01月 »
会場をベルサール渋谷ファーストへ移して開催 モード・イン・フランス
  2016/12/19 10:42 | ニュース

第42回「MODE IN FRANCE(モード・イン・フランス)」

【PR】 第42回「MODE IN FRANCE(モード・イン・フランス)」(主催・フランス婦人プレタポルテ連盟)が2017年1月11〜13日に開かれる。前回(2016年7月)からオープンスペースの会場へと変更し、恵比寿のウェスティンホテル東京からベルサール渋谷ファーストへと移転する。

 前回からアクセサリー雑貨の「コレクション・フランセーズ」が無くなり、その出展者を取り込んで大幅に拡大した同展だが、今回もその規模を維持する63社70ブランド(前回比1増、初出展7)が一堂に会し、パリに先駆けて17-18年秋冬コレクションを披露する。フランス以外は英国から5ブランド、スペインから1ブランドが参加する。

 アイテム別内訳はレディスウェア31ブランド(うち初出展1)、バッグ、ストール、帽子、傘など服飾雑貨18(同4)、コスチュームジュエリー、ビジューなどのアクセサリーが21(同2)。主催者は「多数の出展申込みがあったものの、スペースに限りがあるため何社か断らざるを得なかったのは残念だったが、日本市場への期待の高さがうかがえる状況だ」と話す。

 初出展の7ブランドを紹介する。


 「Les Racines du Ciel(レ・ラシーヌ・デュ・シエル)」 は、2005年創立のニットブランド。ニットの専門的知識に加え、人と環境への配慮にもこだわっており、衣服に社会的な価値を見出し、より良い世界を作りたいという願いのもと、シンプルなライン、良質な素材と仕上がりが特徴のコレクションを生み出している。


 「Satellite Paris(サテリット・パリ)」は、パリのアトリエでデザインされるオリジナルジュエリー。時代に流されないエスニックなデザインが魅力で、オートクチュールのような高いノウハウを用いて、貴石やパール、シルク、フェザーなど様々な素材を大胆に組み合せた豊富なラインナップを生み出す。すべての加工は熟練の職人が手作業で行い、一つしかない作品を作り上げている。


 「Senzou(センズ)」 のシンボルは、名前の由来となった日本の「扇子」。公証人の資格を持つコルシカ島出身のマリ=ロール・ロカセラが、妊娠中にマルセイユで貴石や天然石のジュエリー作りを始めたのが起源で、どれも彼女自身と似て、明るく輝くハッピーな作品だ。シルバー925と3ミクロンのゴールドプレートを使用し、貴石、ブラックダイヤモンド、ガルーシャ、天然のターコイズなどで彩られたジュエリーは、マルセイユのアトリエでディテールまで丁寧に製作されている。


 「Cecile et Jeanne(セシル・エ・ジャンヌ)」のオランダ産レザーバッグは、環境に配慮した植物由来のなめし剤と天然オイルで仕上げられた高級レザーを使用し、全てハンドメイドされている。イタリアンレザーを用い、元気な色と丁寧な縫製で仕上げたハッピーなバッグコレクションを考案している。


 「Celine Robert Chapeaux(セリーヌ・ロベール・シャポー)」 は、1905年より家族代々、帽子作りの技術と伝統を受け継ぎ、無形文化財企業の認定を受けており、すべてフランスでハンドメイドされている。来秋冬は、様々な素材やスタイルをミックスした新たなカジュアルシックスタイルを提案。3D織りの技術、ハチの巣をイメージした幾何学柄のモチーフなどがビロードやニット素材、エレガントな婦人帽やキャップにあしらわれている。


 「Maison Bonnefoy(メゾン・ボヌフォワ)」 の歴史は、1940年のリヨンでジャン=マリ・ボヌフォワがニット製品のアトリエを創設したことに始まる。その後、息子のマルクがニットのファッション小物を展開し、三代目のクロエが顧客の要望に応えて新ブランドを発表し、「メゾン・ボヌフォワ」が誕生した。そのこだわりは、100%メイド・イン・フランスのフレンチスタイルにあり、来秋冬は、コクーンスタイルを取り入れている。手触りが良く、かわいくてシンプル、そして魅力たっぷりのアイテムに、小さなフランス国旗やトリコロールカラーのディテールを散りばめ、フランスらしさを引き出している。


 「Piganiol(ピガニオル)」は1884年創立。伝統的な傘の製造で知られるフランスのオーリヤックで、父から子へ5世代に渡り熟練の技術を受け継ぐメゾンで、2009年にはEPV(無形文化財企業)に認定された。19世紀より伝わる伝統的なデザインから毎年新たに発表される現代的なライン、そして最新のトレンドを取り入れたコレクションまで、3人のデザイナーがトレンド・オフィスのネリーロディ社とコラボして生み出している。

 また今回のバイヤーズラウンジでは、パリで「国虎屋」を展開する野本将文シェフが来日し、パリ以外では販売していない風味豊かな鰹出汁に白みそと酒粕を混ぜ合わせた新発売の即席うどんが特別にふるまわれる。「国虎屋」は1991年にパリでオープンし、2009年には「国虎屋ロワイヤル」、2015年にはパリ日本文化会館におにぎり専門店「Onigiri Bar」を開店し、パリジャンの心を掴んでいる。

問い合わせは、株式会社プレザンス・モード・イン・フランス事務局(担当:郡司)まで。
hgunjihuet@presence-biz.com



Ananke(アナンケ)



Ateliers de la Maille(アトリエ・ドゥ・ラ・マイユ)



Carole Grey(キャロル・グレー)



Catherine Andre(カトリーヌ・アンドレ)



Chemins Blancs(シュマン・ブラン)



Giorgio & Mario(ジョルジオ・エ・マリオ)



Glen Prince(グレン・プリンス)



Indies(インディーズ)



Lou Andrea(ルー・アンドレア)



Rodika Zanian(ロディカ・ザニアン)



Zyga-Lin'n Laundry(ズィガ・ラン・ランドリー)



Inouitoosh(イヌイトゥーシュ)



Laulhere(ロレール)



Varennes(ヴァレンヌ)
剛力彩芽が初出演 30回目の「神戸コレクション2017S/S」2017年3月開催
  2016/12/19 10:40 | イベント・ファッションショー


 人気モデルやアーティストが登場するファッションイベント「神戸コレクション 2017 SPRING/SUMMER」(主催:MBS/後援:観光庁、神戸ファッション協会、日本ファッション・ウィーク推進機構、神戸新聞社)が2017年3月4日に神戸・ワールド記念ホールで開催される。特別ゲストとして女優・剛力彩芽さんが初出演することが決まった。1万3,000人の集客を見込む。


 今回のコレクションテーマである“30th Anniversary”。“オシャレな女の子がわくわくするショーを届けること。30回目の春も、感謝の気持ちを込めて、訪れたすべての人の心に残るハッピーなショーを創りあげる”という思いを込めた。女優・剛力彩芽さんをはじめ、河北麻友子さんや筧美和子さん、三吉彩花さん、石田ニコルさん、池田エライザさん、八木アリサさんらがモデルとしてランウェイに登場する予定。また、企業ブースなどを集めた「神戸コレクションヴィレッジ」を、メイン会場に隣接する神戸国際展示場で開催。モデルとの限定コラボ商品も販売する。


 同コレクションは、1995年の阪神・淡路大震災後、“神戸の街を元気にしたい”という思いのもと、2002年にスタートした。ガールズファッションショーの先駆けとなり、リアルクローズを披露するファッションショーとして人気を得ている。国内では、九州や東北でも関連イベントを実施。上海(6回)やハワイ(2回)など海外にも進出している。前回の「神戸コレクション 2016A/W」には1万2,493人が来場。約20ブランドのショーに約100人のモデルが登場した。



■神戸コレクション 2017 SPRING/SUMMER 公式サイト
http://www.kobe-collection.com/


《神戸コレクション 2017 SPRING/SUMMER 概要》
会期:2017年3月4日(土) 11:30開場/12:30開演/20:00終演(予定)
   1st stage 12:30〜/2nd stage 14:30〜/3rd stage 16:30〜/4th stage 18:30〜
会場:ワールド記念ホール(神戸ポートアイランドホール)
   兵庫県神戸市中央区港島中町6-12-2
チケット料金:
◇プレミアムシート(4ステージ):\15,000
 (プレゼント付き、ランウェイより4列目以内の4ステージ座席指定券S)
◇4ステージ座席指定券S:\9,000
◇4ステージ座席指定券A:\5,000
◇自由席:\3,000
 (スタンド自由席、もしくはアリーナスタンディングエリアにて立見)
◇自由席グループ割(4枚):\10,000
 (スタンド自由席、もしくはアリーナスタンディングエリアにて立見)
発売日:2017年1月22日(日)から
発売場所:各プレイガイドにて
三陽商会 岩田常務が新社長就任へ 待ったなしの構造改革に「責任の重さひしひし感じる」
  2016/12/16 22:33 | ニュース

社長に就任する岩田功取締役常務執行委員。左は杉浦昌彦社長



 三陽商会(東京、杉浦昌彦社長)はきょう16日、2017年1月1日付で現社長の杉浦昌彦社長が取締役に退き、岩田功取締役常務執行委員が新社長に就任するトップ人事を発表した。同日開催の取締役会で決定した。バーバリー事業終了後の赤字拡大に伴い、人員削減やブランド撤退などのリストラを断行してきた同社。来年2月には新経営計画を発表し、待ったなしの構造改革・事業拡大が求められるなか、岩田氏は難しい舵取りを任されたことになる。


 岩田氏は、来年1月1日付で、現在の取締役兼常務執行役員経営統轄本部長から、代表取締役社長兼社長執行役員に就任する。きょう12月16日には、同社が進める改革プロジェクト「サンヨー・イノベーション・プロジェクト(SANYO INNOVATION PROJECT)」の経営改革委員会委員長を杉浦氏から引き継いだ。杉浦社長は、岩田氏の人事について、「改革プロジェクトの重責を担ってきた岩田常務が次期社長に適任であると本日の取締役会で判断した」と語った。


 同社は2014年に発表した「中期5カ年経営計画」で2017年度の黒字化、2018年度の売上高1,300億円などを掲げていたが、バーバリーの後継ブランドとして立ち上げた「マッキントッシュ ロンドン」「ブルー/ブラックレーベル・クレストブリッジ」の売り上げ苦戦などを受け、2016年度中間決算(1〜6月)発表時に同計画を撤回。「構造改革と新経営計画の目指す方向性」を示した10月28日の記者会見(http://www.apalog.com/report/archive/2908)では、改革プロジェクトのもと、既存7ブランドの中止や希望退職者250人の募集、売り場170拠点の削減などを発表。2017年2月に新経営計画を公表する旨も発表した。


 新社長に指名された岩田氏は、「創業73年の長い歴史を持つ三陽商会の大役を任され、責任の重さをひしひしと感じている。身の引き締まる思い。今後は社長という立場で、三陽商会の5年後、10年後、そして100年先を見据えた新しい方向性を作り上げ、それを実現するための構造改革や成長戦略、経営体制を含めた新経営計画を来年2月に公表する」と話した。


 杉浦社長は、10月28日の記者会見後から自身の退任について考えていたといい、退任の理由について、「本年度は赤字に陥るとともに、構造改革に伴う施策として、人員削減やブランド撤退を含むリストラを断行してきた。これらのリストラに一定の目処がたった」と説明。引責による退任か?という問いに対し、「社長にとって、業績は通信簿。そう受け取っていただいて構わない」と答えた。同氏は、来年3月の定時取締役会で取締役も退く予定だ。


■岩田氏「現場の考えに基づいた改革をするべき」


 同社はきょう16日、現在進めている構造改革の進捗状況についても説明した。岩田氏は、「メーカーとして自己満足でものを作るのは簡単。マーケットや生活者の潜在ニーズを汲み取り、商品化する力が欠けていたのではないかと感じている」と指摘。百貨店中心の従来チャネルを見直しており、バーバリー後継ブランドの1つ「ブルー/ブラックレーベル・クレストブリッジ」は今秋冬からファッションビルに期間限定店舗を出店している。また、前年比38%増の伸びを見せているEC事業については、データの一元化や接客ツール導入などによるオムニチャネル施策を進め、「現在の42億円から、100億円〜150億円事業に育てる。あらゆる可能性を探り、成長にドライブをかけたい」と意欲を見せた。加えて、MDの見直しやサプライチェーンの最適化により、粗利率も3〜5%改善する計画だ。


 また、事業拡大に向けた組織体制についても着手しており、マーケティング&コミュニケーション本部を設置し顧客・市場を起点とした取り組みを強めること、組織構造を従来の5階層から3階層に減らし、ユニットを統廃合することで、組織をフラット化し、意思決定をスピードアップさせること、フリーアドレス制度導入や従業員が意見を提案できる「SANYO POST」を設置し、職場環境の改善を図ること、顧客の購買動向に連動させるため、シーズンサイクルに合わせた管理会計期間(3〜8月、9〜2月)へ変更することなどを発表。2017年1月からは、役員報酬額を追加削減(最大15%から最大30%へ)するという。


 構造改革・成長戦略実現に向け、すでに現場の若手リーダーによるワーキンググループは70回開催。岩田氏は、「改革プロジェクトでは、若手リーダーを交え毎日のように意見を戦わせている。少し時間はかかっても、皆が腹落ちしながら、現場の考えに基づいた改革をするべきだと考えている」と語った。



◆岩田 功(いわた・いさお)=1959年3月14日生。1982年早大商学部卒。同年三陽商会入社。紳士服企画などを経て、経営企画職へ。2003年事業統轄本部経営企画室担当部長、2005年経営統轄本部経営企画室長兼コンプライアンス室長に就任。2010年から約5年間、ウェブビジネス推進室長を兼務。2011年執行役員、2015年取締役兼執行役員に就く。2014年4月、取締役兼常務執行役員経営統轄本部長兼人事総務本部長。同年7月から現職。57歳。



帽子ブランド「ミサハラダ ロンドン」 画家・及川キーダの手描きハット発売
  2016/12/13 14:16 | ニュース


 イギリスを拠点に英国王室や国内外のセレブリティーから支持されている帽子ブランド「ミサハラダ ロンドン(misaharada london)」(原田美砂デザイナー)は2017年春夏コレクションで、国内外で活躍する画家でアーティストの及川キーダ(Keeda Oikawa)氏とパナマハットを共同製作した。発売時期は2017年2月末で、価格は3万8,000円(+税)。



 2017年春夏コレクションのテーマは、海にまつわる美しい世界を表現した「Under Water Love」。及川キーダはその世界観をパナマハットに1点ずつハンドペイントして表現した。


■原田美砂「misa harada london」 公式サイト
http://www.misaharada.com/index.html

■及川キーダ 公式サイト
http://www.keeda.com/
ユニクロ史上最も暖かいヒートテック発売 極寒環境での使用に最適
  2016/12/08 17:57 | ニュース


 ユニクロ(東京都港区、柳井正社長)は12月19日から、極寒環境に適した機能性インナー「ヒートテックウルトラウォーム(超極暖)」を国内のユニクロ全店舗とオンラインストアで販売する。「ユニクロ史上最も暖かい」(同社)という。


 寒さの厳しい地域に住んでいる人や、氷点下に近い場所で長時間作業する人を対象に開発された同商品は、2013年に発売した「ヒートテックエクストラウォーム(極暖)」に続く新商品。従来の商品と異なる特殊な編み設計が施されており、空気を溜め込むのに必要なふくらみ感や裏地の起毛部分の毛足が長くなったことで保温性が向上。衣類の熱抵抗値をあらわすCLO値では、同商品は通常のヒートテックよりも約2.25倍、エクストラウォーム(超極暖)では約1.5倍暖かいという試験結果が出ている。暖かいだけではなく、極寒の環境下でも動きやすく、快適に過ごせるようにストレッチ機能や吸湿機能を備えている。


 ネックT、タイツ、レギンスをメンズとウィメンズで発売する。価格は全て1,990円(+税)。

前へ  | 次へ

最新記事

月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
QRコード
*このブログを携帯電話でもお読みいただけます!
*上のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
*こちらからも自分の携帯へURLを送れます。

http://apalog.com/report/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集
Copyright (C) apparel-web  サイト内の文章、画像などの著作権はapparel-webに属します。文章・写真などの複製、無断転載を禁止します。