-->

アパレルウェブ取材|ファッション・アパレルのニュース


 
« 2016年02月 | Main | 2016年04月 »
ロッテ免税店の日本1号店がきょう東京・銀座にオープン 10年以内に1,000億円規模へ
  2016/03/31 18:41 | ニュース


(左から)EXOのD.O.さん、チャン・ソンウク代表、チェ・ジウさん、澤田貴司ジャパン社社長、EXOチェンさん、キム・ジュンス常務



 韓国のロッテ免税店がきょう3月31日、東急プラザ銀座内にオープンした。これに伴い行われた記者会見には、チャン・ソンウク代表や澤田貴司ジャパン社社長らが出席し、日本における事業計画などを発表した。初年度売り上げは150億円を計画。今後4〜5店舗を出店し、10年以内に年商1,000億円まで拡大させる。


 ロッテ免税店銀座店は、東急プラザ銀座の8、9階にオープン。4,396平方メートルの売り場には、時計やジュエリー、香水、家電、雑貨など150店舗を超えるテナントが入り、空港型市中免税店としては都内最大規模となる。数寄屋橋交差点という好立地への出店を弾みに、日本国内での事業を拡大。今後は、「来年には2号店を大阪・心斎橋に、その後3号店を東京・新宿にオープンする。5年以内に観光都市を中心に約5店舗出店する」(チャン・ソンウク代表)という。


 訪日中国人観光客の増加に伴い日本でも免税店が増加するが、「デューティーフリー店(保税免税店)とタックスフリー店(消費税免税店)を併せ持っているのが私たちの強み」とチャン代表。「爆買いが落ち着き、消費単価もやや減少しているが、すでに保有している日本人80万人、中国人500万人の消費者データをもとに、消費パターンを常に研究している。中国人のうちパスポートを所有しているのは全体の10パーセントだといい、残りの90パーセントをどう取り込むのかも課題となる」と話した。


 同社の年商は現在、オンラインストアを含めて4,200億円。世界第3位の売り上げだが、2018年には第2位、2020年には世界1位になる見込みだ。チャン代表は、「全世界の空港免税店の入札に積極的に参加するとともに、海外の免税店とのM&Aも検討したい。グローバルな免税店としての地位をさらに上げていきたい」と事業拡大に意欲を見せた。


 澤田貴司ジャパン社社長も、同社の躍進について、「ロッテ免税店の1号店である韓国・明洞店は、約3,000坪の売り場で年間売り上げ2,000億円という驚異的な坪効率を見せている。そこには緻密な在庫コントロールや、物流の効率化など、30年間蓄積されたノウハウやデータが活かされている。価格に対してセンシティブな中国人観光客にも非常に細かく研究していると感じた」と分析した。


 なお澤田社長は、韓国ロッテグループの重光昭夫会長と、東急プラザ銀座を運営する東急不動産の金指潔会長を引き合わせた立役者。2014年のジャパン社設立以来、ロッテ免税店の日本進出に尽力してきたが、4月末に同社社長を退任。9月1日付で就任するファミリーマート社長の任務に注力する。



都内最大規模を誇るロッテ免税店銀座店





広告モデルの女優チェ・ジウさん、EXOメンバーらも来日




 ロッテ免税店の日本1号店のオープンに合わせ、広告モデルを務める韓国人女優チェ・ジウさんと人気アイドルグループEXOのメンバーであるチェンさん、D.O.さんが来日した。同社のモデルを8年間務めるチェ・ジウさんは、「銀座は若さやファッションに溢れ、個人的にも大好きな街。ロッテ免税店が皆様に愛されることを期待している」とコメント。EXOメンバーの2人も、「銀座店に多くの観光客の皆さんに来てほしい。ロッテ免税店が強みを生かしながら世界に広がっていくことを応援している」(チェンさん)、「銀座だけではなく、日本各地に店舗ができることを期待している。EXOも日本で活発に活動していきたい」(D.O.さん)とそれぞれコメントした。

 同社は、韓国の俳優や歌手などをプロモーションに起用した“スターマーケティング”がで知られる。韓国人スターを集めてソウルで行われる「ロッテファミリーコンサート」では、「昨年は中国人客1.5万人を動員した」(チェ代表)といい、「日本でもコンサートを開催する予定」(同)だという。


■関連記事
【写真レポ】全125店舗公開 東急プラザ銀座3月31日開業


東京・墨田区のファクトリーブランド「IKIJI」が東急プラザ銀座オープン
  2016/03/30 17:57 | ニュース



 “和のモダン化”をコンセプトとしている東京・墨田区のファクトリーブランド「IKIJI(イキジ)が3月31日、東京・銀座の東急プラザ銀座にオープンする。日本の伝統技術や文化に焦点を当てたテナントを集めた6階「FIND JAPAN MARKET」に店舗を構えた。


 オリジナル商品に加え、墨田区を拠点とする職人達の技が光るコラボレーション商品も販売。注目は、墨田のお神輿の飾りを作成している塩澤かざり工房による手作りの名刺入れ、宇野刷毛ブラシによる洋服ブラシなど。オープン時は、「IKIJI」の特徴ともいえる「いわれ柄」を特集する。


 店舗の内装は、墨田区両国にある本店とは異なり、江戸時代の屋台をイメージした什器などを置くことで、江戸の暮らしや粋を表現。デザインを手がけたのは、SMALLCLONE社。これまでに、「UNITED ARROWS & SONS」「UNDERCOVER」「ARTS & SCIENCE」「HYSTERIC GLAMOUR」「grocerystore.」「White Mountaineering」などのデザインを手がけている。



■「IKIJI」東急プラザ銀座店
住所:東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座6F
営業時間:11:00〜21:00


米国LA発「チャン ルー」 東京・銀座の大型商業施設・東急プラザ銀座にオープン
  2016/03/30 17:25 | ニュース


 米国LA発「チャン ルー」(チャン ルー ジャパン)があす3月31日に開業する東急プラザ銀座に出展する。人気のブレスレットをはじめ、アパレルやホームウエアを豊富にそろえたライフスタイルショップ。店舗面積は約50平方メートル。

 益子焼とコラボレーションしたセラミックシリーズや、インドで手染めした天然素材のクッションカバーやプレースマットのファブリックなどもラインナップ。「バミューダドリーム(Bermuda Dream)」や「リサイクルドラバーズ(recycledlovers)」の壁掛けなど米国発のインテリアアイテムも同店舗限定で並べ、ナチュラルでモダンな同ブランドの世界観をより深く表現している。


 初日から期間限定で、米NYで話題のネイルブランド「ダッシング ディーバ」のジェルカラーを特別販売。3万円以上の商品が入っているハッピーバックを1万5,000円で限定販売するほか、商品を購入した人に先着でオリジナルのメッセンジャートートバックをプレゼントする。





米国発「バミューダドリーム(Bermuda Dream)」はマクラメ編みを使った壁掛けやプラントハンガーなどを販売。



■「チャン ルー(CHAN LUU)」東急プラザ銀座店
住所:東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座 5F


タナカサトル氏、ユニバーサル ミュージックと新ブランド発表
  2016/03/29 19:41 | ニュース


 ユニバーサル ミュージック合同会社(東京、藤倉尚社長)と、タナカサトル「サトルタナカ」デザイナーによる協業ブランド「ラストリバティー(LAST LIBERTY)」が2016秋冬にデビューする。クリエイティぐデヴィッド・ボウイやエイミーワインハウスなどのミュージシャンをモチーフにしたグラフィックや、タナカ氏自身が撮影した世界各国の風景写真などをパターンとして採用したコンフォータブルウエアを提案。もともと音楽をファッションデザインの発想源としているタナカ氏が、ユニバーサル ミュージックのブランド構想に共鳴する形でコラボレーションが実現した。ブランドテーマは、“「能動的に日常を生きる為、ヘッドフォンをして街を旅する”。


 ファーストコレクションとなる2016秋冬企画は、白色を基調に、Tシャツやスウェット、カットソーに加え、テーマアイコンとなるスニーカーなど、着心地の良さを重視したラインナップ。メンズ、レディースを揃え、今後は、限定アイテムの販売なども予定している。


URL: http://www.lastliberty.jp/

船上でグランプリ決定 一般客も参加できる新人発掘コンテスト開催
  2016/03/29 18:46 | ニュース

グランプリに選ばれた新村瞳さんの作品


 新人ファッションデザイナーを発掘する「2016 ザ セレクション ブランド デビュー ファッション コンテスト」の最終審査が3月27日に行われ、新村瞳さんの作品がグランプリに選ばれた。


 最終審査の舞台となったのは、東京湾を周遊するクルージング船の上。デザイン画とブランドマップによる1次審査、デザインの指示書&提案生地による2次審査を通過したファイナリスト9人が、船上でのファッションショーで作品を披露。ファッション業界関係者および一般による1次投票と、クルージングに参加した一般客による2次投票の累計で受賞者が決定した。


 グランプリの新村さんは、同コンテストを主催したカラーズパレット(東京、釜澤直恵社長)が運営する東京・南青山のショールーム兼ショップ「ザ セレクション(THE SELECTION)」で、1年間作品を発表できるなど、ブランド運営のためのサポートを受けることができる。サンプル作品を「ザ セレクション」で展示し、企業側への発信・営業の場を提供(入賞者も期間限定で展示)。工場が作成サンプルの製作をバックアップするなど、1年間に渡りブランド構築のためのサポートを受けることができる。


学校選別コンテストは、青山ファッションカレッジが優勝校に輝いた。


 今回のコンテストは、釜澤直恵カラーズパレット社長が、アパレル業界での経験や、ショールームでの顧客の声を通し、「最近はアパレル業界全体が新人の活躍の場が少ない。そもそもの仕組みを壊し、新人がゼロからブランドデビューできる機会を作りたい」と考えたことがきっかけ。一般客を対象にしたクルーズを兼ねたユニークなファッションショーについても、「お洒落をして出かける機会が少ないという声をこれまでたくさん聞いてきた。そういった方々が、お洒落をして出かける場所を提供したかった」という。


 船上クルーズには、老舗ニットメーカーであるジム代表取締役会長で日本メンズファッション協会理事長の八木原保氏、神戸ファッションコンテスト審査委員長の齋藤統氏、経済産業省/繊維課課長の寺村英信氏らゲストとして参加。「満員御礼の大盛況に終わった。来年以降も継続して開催していきたい」(釜澤社長)という。



船上で行われたファッションショー


■関連記事
グランプリは即デビュー 即戦力育てる異色の新人デザイナーコンテスト開催 カラーズパレット

 | 次へ

最新記事

月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
QRコード
*このブログを携帯電話でもお読みいただけます!
*上のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
*こちらからも自分の携帯へURLを送れます。

http://apalog.com/report/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集
Copyright (C) apparel-web  サイト内の文章、画像などの著作権はapparel-webに属します。文章・写真などの複製、無断転載を禁止します。