-->

アパレルウェブ取材|ファッション・アパレルのニュース


 
« 2015年06月 | Main | 2015年08月 »
三陽商会15年6月中間期 「バーバリー」駆け込み需要とコート好調で大幅増収増益
  2015/07/31 22:29 | ニュース

(左から)松浦薫代表取締役経理計画本部長、杉浦昌彦社長、岩田功取締役経営統括本部長


 三陽商会の15年12月期第2四半期(1〜6月)の連結売上高は、前年同期比3.9%増の553億3,330万円、営業利益が同71.7%増の77億5,400万円、経常利益が74.7%増の79億8,300万円、純利益が60%増の50億7,700万円と大幅な増収増益となった。コートなど重衣料の販売が好調に推移したほか、アジアを中心とした外国人観光客の増加が売上増に寄与。6月に販売を終了した「バーバリー ロンドン」への駆け込み需要や、消費税増税後の売り上げが落ち込んだ前年4・5月の反動増などもプラス要因となった。

 プロパー商品の動きがよく、売り上げ構成に占める割合も80%と前年同期に比べて4ポイント上昇。加えて、経費効率化や不採算店舗の退店(中止ブランドを除く47店舗)などによって約14億円の販売管理費削減を行ったことも、粗利益改善に貢献した。

 下期は、「バーバリー ロンドン」に替わる基幹ブランドとして今秋冬企画からスタートした「マッキントッシュ ロンドン」や、「ブルーレーベル・クレストブリッジ」「ブラックレーベル・クレストブリッジ」(以下「クレストブリッジ」)に注力。巨額の広告費を投入し、プロモーション活動を行う予定だ。

 「マッキントッシュ ロンドン」は9月初旬までにバーバリー店舗のおよそ7割に当たる260店舗をオープン。「クレストブリッジ」も8月にかけ、既存約150店舗のロゴやファサードを同ブランドに変更する。順次立ちあがっている両ブランドについて、杉浦社長は「例えばクレストブリッジも、(クリエイティブディレクターの)三原氏が得意とするシューズの動きがいい。読み通りの数値で推移している」と期待を寄せた。

 今後「マッキントッシュ ロンドン」は、早期受注会を開くなど顧客に対するアプローチを強化。「クレストブリッジ」は、インバウンド売り上げの中核を担っていた「バーバリー銀座店」が6月で営業を終了したことを受け、中国銀聯カードとの連携を検討するなど、「インバウンドの受け入れ体制をしっかり整えたい」(杉浦昌彦社長)という。

 15年12月期の通期業績予想は、連結売上高が前年同期比9.9%減の1,000億円、営業利益34.3%減の68億円、純利益62%減の24億円。上半期の業績好調を受け、それぞれ上方修正した。

▼EC売り上げは3%減

 EC売り上げは前年同期比3%減の17億2,000万円だった。売り上げをけん引していた「エポカ」のリブランデング戦略が進捗途中であることが影響した。「引き続き力を入れる分野として、100億円事業へと育てたい。在庫の同期化や顧客情報の開示・活用、店舗との協業を進めるなど、オムニチャネル化する上での様々な垣根をなくしていきたい」(杉浦社長)。

三陽商会 東京・銀座に複合ブランド店「三陽銀座タワー」9月19日開業 マッキントッシュ ロンドンなどを集積
  2015/07/31 11:59 | ニュース


 三陽商会は9月19日、同社の主力ブランドを集めた商業施設「SANYO GINZA TOWER (以下、三陽銀座タワー)」を東京・銀座8丁目に開業する。

 ”HARMONIZE(伝統と革新)”をストアコンセプトに、「マッキントッシュ ロンドン」をはじめ、「ブルーレーベル・クレストブリッジ」、「ブラックレーベル・クレストブリッジ」、同社のものづくりを体現する新ブランド「サンヨー・エッセンシャルズ」など全7ブランドを販売する。 

 同施設は、6月まで「バーバリー銀座店」として営業。「マッキントッシュ ロンドン」は、英国マッキントッシュ リミテッド社とのライセンス契約により、2014年3月に発表された新ライセンスブランドで、6月で運営が終了した「バーバリー ロンドン」に替わる同社の基幹ブランドの1つと位置付けている。

 9フロア構成(7階はオフィス)で、売り場面積1,439平方メートル。店内は、クラシカルな素材を使用し、シンプルでモダンな空間を創出。「上質なサービスの提供を実現していく」という。名称は9月1日から「三陽銀座タワー」となる。



▼三陽銀座タワー 店舗概要

■店舗名称:SANYO GINZA TOWER (三陽銀座タワー)

■住所:東京都中央区銀座8-8-9

■電話番号:03-5537-6125 (7階オフィス)

■売場面積:1,439.05平方メートル (約436坪 オフィスを除く総売場面積)

■オープン日:2015年9月19日 グランドオープン(9月1日から三陽銀座タワーとして運営)

■営業時間:11:00〜20:00

■休館日:不定休

■フロア構成:
9F ポール・スチュアート(メンズ)
8F ポール・スチュアート(ウィメンズ) / ポール・スチュアート スポーツ
7F オフィス
6F サンヨー・エッセンシャルズ / カスタマーズ サロン
5F マッキントッシュ ロンドン(メンズ)
4F マッキントッシュ フィロソフィー(メンズ / ウィメンズ)
3F マッキントッシュ ロンドン(ウィメンズ)
2F ブラックレーベル・クレストブリッジ
1F ブルーレーベル・クレストブリッジ / ブラックレーベル・クレストブリッジ
B1F ブルーレーベル・クレストブリッジ

■ティザーサイト:
http://www.sanyoginzatower.com/
「フルラ」2015秋冬広告に初のメンズアイテム登場 M・テスティーノがディレクション
  2015/07/27 19:00 | ニュース


 「フルラ(FURLA)」が2015秋冬コレクションの新広告ビジュアルを公開した。クリエイティブ・ディレクションは、前シーズンに引き続きマリオ・テスティーノが務めた。

 前向きで自信に満ちた女性のライフスタイルを表現したというヴィジュアルには、前シーズンと同様、トップモデルのアンニャ・ルービックを起用した。アイコン的存在となったミニバッグ「メトロポリス」をはじめ、カラーブロックが魅力の「パイパー」、新モデルの「ヴィヴァ」「ディアーナ」などをフィーチャー。今シーズンから本格的に販売するシューズと併せ、ライフスタイルブランドとしての世界観を強く打ち出した。

 また2015年秋冬から本格再始動するメンズコレクションも、マリオ・テスティーノが担当。2種類のヴィジュアルではそれぞれ、セットのパーツを付け替えることでボストンにもトートにもなる新作のモジュラーバッグと、クリーンな印象のビジネスバッグが登場。ビジュアルとあわせ、メイド・イン・イタリーへのこだわりを表現している。

 7月末から全国のショップやオフィシャルSNSで発信するほか、オフィシャルサイトではバックステージビデオも公開予定。



今シーズンから本格的に販売するシューズも



2015年秋冬から本格再始動するメンズコレクション




滝沢直己デザイナーや本田哲也ブルーカレント・J代表ら豪華講師陣が登壇 アタッシェ・ドゥ・プレスの夏期集中講座
  2015/07/27 17:27 | ニュース



 アタッシェ・ドゥ・プレス(PR)の養成学校「M.I.C(エム・アイ・シー)」(東京、伊藤美恵学長/2015年4月1日エファップ・ジャポンから名称変更)は、「第11回アタッシェ・ドゥ・プレス夏期集中講座2015」を8月29日(土)、30日(日)の2日間開く。ファッションやPR業界で活躍する8人を講師に迎え、「伝える、ということ」をテーマに講演する。

 講師は、伊藤美恵学長をはじめ、ファッションデザイナーの滝沢直己氏、ヘア/フォトグラファーのYAS/石川康幸氏、alpha代表/クリエイティブディレクターの南貴之氏、雑誌「ナイロンジャパン」「グリッター」「シェルター」編集長の戸川貴詞氏、アッシュ・ペー・フランスPR01.副本部長の岡安一剛氏、エージェンシー大手のオムニコムグループ・インク傘下の戦略PR会社ブルーカレント・ジャパン代表の本田哲也氏、ハースト婦人画報社/『エル』発行人の森明子氏。



【アタッシェ・ドゥ・プレス夏期集中講座2015 概要】
▼日程:2015年8月29日(土)、8月30日(日)
 時間:11〜18時(両日)
 授業数:1コマ90分・1日4コマ


▼受講料:
〈一般〉
2日間:30,000円 (全8コマ)
1日:18,000円 (全4コマ)
※1コマ単位の受講も可能 6,000円/1コマ

〈大学生・専門学校生〉学生割引
2日間:22,000円 (全8コマ)
1日:14,000円 (全4コマ)
※1コマ単位の受講も可能 4,500円/1コマ

▼会 場:M.I.C(エム・アイ・シー)
東京都渋谷区恵比寿2-36-13 広尾SKビル5F


▼<一般お問合せ、申し込みについて>
M.I.C 事務局事務局
TEL:03-5791-7551  MAIL:info@mic.tokyo.jp
URL:http://www.mic.tokyo.jp 




キャリア女性のためのジャージードレス「ケイ ミー」が海外進出 英ロンドンに期間限定店
  2015/07/17 23:25 | ニュース

着物柄をモチーフにしたドレスを発表。


 ジャージー素材のドレスが人気のレディスブランド「ケイ ミー(kay me)」(運営:maojian works/東京、毛見純子社長)は17日、2015秋冬コレクションを披露するイベントを都内で行った。6月の英国法人設立を記念したもので、ロンドンで期間限定ショップを開くのを皮切りに、海外進出に乗り出す。イベントでは、着物柄をモチーフにしたアイテムや、パーティー向けのロングドレスなど、海外市場を意識したアイテムをラインナップした。


 「ケイ ミー」は、自らキャリアウーマンとして活躍してきた毛見純子社長が、“キャリア女性によるキャリア女性のためのブランド”をコンセプトに、2011年に立ち上げたアパレルブランド。国内での素材調達と縫製にこだわった上質なストレッチ素材のワンピースは、華やかなオリジナルのプリント柄や、美しいドレープを持ち味としながら、“着ていて楽・自宅で洗える・しわになりにくい”点が働く女性たちの支持を獲得。売り上げは、創業から4年で5倍に拡大した。現在、東京・銀座と新宿、オンラインストアの3店舗を構える。


 今年6月には、英国法人「ケイ ミー インターナショナル リミテッド」(毛見純子社長)を設立。ロンドン・メイフェア地区に期間限定ショップ(7月22日〜8月2日)を開き、その後は、常設店オープンのための準備を進める。「海外1号店を英国に決めたのは、金融経済都市としてキャリア女性たちが数多くいること、花や自然といった柄を愛でる文化的な国民性が、日本人に近いと感じたこと」と毛見社長。このほどスタートした海外向けオンラインストアと併せ、今後は、米NYのほか、シンガポール、香港、台湾といったアジアにも進出する考え。2016年の売り上げ目標は6億円。


 「Celebrating the Road to London(ロンドンへの道を祝して)」と題したショーでは、秋冬の新作約70点をランウェイ形式で披露した。花鳥風月や、日本の伝統的な深みのある青色、日本庭園の浜離宮など、着物柄をモダンにアレンジしたプリント柄アイテムを多数発表。海外市場を意識した構成で、日本ブランドしての存在感を強めた。また、パーティーシーンでも着られるロング丈ドレスや、伸縮の効いたライダースジャケットなども発表。「女性たちのオン・オフすべてのシーンに応えるブランドにしていきたい」(毛見社長)という。



要望が多かったというロング丈のドレス。
パーティーに出ることの多い海外の女性たちにも支持を得そうだ。



毛見純子社長



■「kay me」公式サイト&オンラインストア
 http://www.kayme.jp/

■「kay me」グローバルサイト&オンラインストア
 http://kayme.co.uk/



 | 次へ

最新記事

月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
QRコード
*このブログを携帯電話でもお読みいただけます!
*上のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
*こちらからも自分の携帯へURLを送れます。

http://apalog.com/report/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集
Copyright (C) apparel-web  サイト内の文章、画像などの著作権はapparel-webに属します。文章・写真などの複製、無断転載を禁止します。