アパレルウェブ取材|ファッション・アパレルのニュース


 
« 2014年08月 | Main | 2014年10月 »
27年の歴史に幕 インターストッフ香港が現在開催中の秋展で終了へ
  2014/09/26 02:50 | ニュース
【25日・香港】テキスタイルの国際見本市「インターストッフ・アジア・エッセンシャル」(主催:メサゴ・メッセフランクフルト)が、25日に開幕した秋展をもって終了することがわかった。1987年の開始から27年で幕を閉じることになる。同日行われた関係者向けの懇親会で発表された。

 中国への生産拠点やバイイングオフィスのシフトが進んでいることなどに伴うもので、今後はさらに規模拡大が見込まれる同社主催「インターテキスタイル上海アパレル・ファブリックス」に運営資源を集中させる。10月20〜23日に開かれる秋展には30カ国・地域から3700社が出展する予定だ。

 27日まで開催中の「インターストッフ・アジア・エッセンシャル2014秋」は、7カ国・地域から147社が出展。欧米バイヤーを中心に需要の高まる“エコ”と、トレンド服に欠かせなくなっている“機能性”の打ち出しを強めている。初出展した日本の新内外綿は、2013年10月に米NYのテックスワールドで初披露した植物由来のドライメンブレン繊維素材を展示。すでに来春の本格展開を予定しているが、同展でも子供服ブランドからの引き合いや、海外ニッターによる受注があるなど大きな反響を得たという。

 このほか日本からは宇仁繊維とサンウェルが参加。宇仁繊維では、ダブルフェイスのメッシュやボンディングが継続トレンドとして人気。サンウェルでは、ウール素材を中心に反応が見られ、「(ウールは)特に品質がわかりやすい。日本の高品質をアピールできる」(同社)と手応えを示した。
過去最大610社が出展 「ファッションワールド東京2014秋展」10月20〜22日開催 
  2014/09/12 13:59 | ニュース

 日本最大のファッション総合展示会「ファッションワールド東京2014秋展」(主催:リード エグジビション ジャパン)が10月20〜22日の3日間、東京ビッグサイトで開かれる。アパレルやバッグ、シューズ、アクセサリー、ファッション小物などファッション分野の幅広い製品が一堂に揃う。前回の秋展に比べ4割増(250社増)の610社が出展。3万人の来場を見込む。

 「ファッションワールド東京2014秋展」は、「第2回 国際アパレルEXPO」「第3回国際バッグEXPO」「第3回 国際シューズEXPO」「第5回 国際アクセサリーEXPO」「第1回 MEN‘S TOKYO 国際メンズファッション展」の5つの展示会で構成。メンズファッションの専門展「MEN’S TOKYO」は今年から新規でスタートした。

 今回のみどころは、新作アイテム4万3,000点が出揃う点。海外からは120社が出展。伊や仏、独、スペイン、スイスなどの欧州勢をはじめ、韓国や中国などのアジア製が参加する。このうち日本初上陸ブランドが80ブランドとなる。

 国内外のハイファッション商材を集めた特設エリア「PLUS+」では、伊ミラノや仏パリ、米NY、英ロンドンのほか、東京などから厳選されたハイブランド60社が出展。高品質でデザイン性の高い製品を求めるバイヤーに訴求する。

 バーニーズジャパン上田谷真一社長やパルコの牧山浩三社長、ビームスの遠藤恵司社長、三越伊勢丹執行役員の近藤洋氏など、ファッション業界の第1線で活躍する講師陣が業界の最新動向や事例などについて語るセミナーにも注目が集まる。

▼「ファッションワールド東京2014秋展」
「第2回 国際アパレルEXPO」http://www.apparel-expo.jp/
「第3回 国際バッグEXPO」http://www.bag-expo.jp/
「第3回 国際シューズEXPO」http://www.shoes-expo.jp/
「第5回 国際アクセサリーEXPO」http://www.ac-expo.jp/
「第1回 MEN‘S TOKYO 国際メンズファッション展」http://www.mfs-expo.jp/

▼会期::2014年10月20日[月]〜22日[水] 10:00〜18:00(最終日のみ17:00終了)
▼会場:東京ビッグサイト
▼主催:リード エグジビション ジャパン株式会社




コックスの生活雑貨ブランド「LBC(エルビーシー)」 ゾゾタウンに出店 ウェブ施策を強化
  2014/09/09 21:29 | ニュース


 LBCは写真共有SNS「Instagram(インスタグラム)」も活用。商品の使用シーンを想起させる「シーン提案画像」をサムネイルに使用し、ブランドの世界観や商品の価値感を表現している。


 コックス(東京都中央区、吉竹英典社長)は9月11日、同社ライフスタイルブランド「LBC(エルビーシー)」を、ファッション通販モール「ゾゾタウン」(運営:スタートトゥデイ)にオープンする。

 「LBC(エルビーシー)」は、“une nouvelle rencontre=新しい出会い”をコンセプトに、生活雑貨から衣料品まで幅広く販売するライフスタイルブランド。ゾゾタウン出店に伴い、キャリーバッグ付きのポータブルハンモック(3色展開/税込10,800円)などを打ち出しアイテムとして提案。ワンタッチポータブルボトルなどのノベルティも用意する。

 同社は現在、ウェブを使った施策を強化しており、Facebookやショップブログでの情報発信を強化。今回の出店で、同社のブランドすべて(「ikka(イッカ)」「VENCE EXCHANGE(ヴァンスエクスチェンジ)」「LBC」がゾゾタウンに出店することになる。

 また、きょう9日には、公式オンラインショッピングサイト「コックスオンラインショップ」で海外発送代行(海外転送)サービスの導入を開始。海外在住の客が、コックスオンラインショップで購入した商品を、日本国内の物流センターを経由して指定した海外の住所へ届けることができる。同ショップで商品を購入し、海外で受け取りたいという海外在住のユーザーに加え、海外の友人・知人に送りたいという日本在住のユーザーも利用できる。(同サービスは、groowbitsが提供するもので、MALLTAIL(モールテール)への別途会員登録(無料)が必要となる)

▼コックス公式オンラインショップ
http://shop.ciqueto.com/p/ikka/app/common/index


古着販売のベクトルが国際NGOとタッグ 換金額を寄付
  2014/09/08 18:45 | ニュース

グッドネーバーズジャパンのキャラクター「ねば子」が活動状況をわかりやすくレポートする


 ブランド古着のリサイクルショップ「ベクトル」を全国展開するベクトル(岡山市、村川智博代表)は、途上国の子どもを支援するNGOグッドネーバーズ・ジャパンの「古着10tキャンペーン」に協賛する。

 同キャンペーンは、支援者が贈与した古着を、ベクトルが査定。その換金額の10%にあたる金額をグッドネーバーズ・ジャパンへの支援金として寄付するというもの。10トンの古着を集める目的があり、進捗状況はグッドネーバーズ・ジャパンのキャンペーンページで随時報告する。ベクトルは今回の協賛について、「途上国の子どもを支援する活動を応援すると同時に、使われていない衣類を再利用する環境に優しい「リユース」という考え方の啓蒙にもなる」(同社)としている。


 NGOグッドネーバーズは、災害や飢餓、紛争などで苦しむ世界の人々の緊急支援と開発を目的に、世界30カ国以上で、子どもたちの支援や人道・開発援助、緊急支援活動を行う国際NGO。2004年に発足したNGOグッドネーバーズ・ジャパンは、創立10 周年にちなみ、今回のキャンペーンを企画した。


●ベクトル キャンペーン紹介ページ
 http://vector-enter.jp/?page_id=4094
●グッドネーバーズ・ジャパン「古着10tキャンペーンページ」
 http://www.gnjp.org/campaign/nebako.html


プルミエール・ビジョン初 2015春夏トレンドを直前予測
  2014/09/07 21:21 | ニュース


 SS15の際立つポイントや色、方向性などについて、テキスタイルの国際見本市「プルミエール・ビジョン」(以下PV)トレンド委員長パスカリーヌ・ウィルヘルムが直前予測を発表し、プレスと意見交換をする初の試みがパリで行われた。

 この予測は今年2月のPV直後に出展社から得た集計結果と、欧米を中心とする主要バイヤーに去る6月にシーズントレンドを尋ねたアンケート結果を加えてまとめたもの。「そのため2月にPV会場で発表したものよりも、より市場に近い予測となっている」(同委員長)という。

 同委員長は冒頭、ある世界的なPCメーカーが行った中学生から成人を対象とした大掛かりな統計で、70%が「触って操作できるものが大事と答えた」例を挙げ、「現代の消費者にとって、タッチつまり触感の重要度が増している」とし、ファッションにおけるSS15は「軽く、やわらかく、丸みがあり、思慮深い。ノイズが少なく、コミュニケーションの際、叫ぶ必要のない、過剰なものがより取り除かれたシーズン」と定義。情報源と創造性の多様化にくわえ、フィクションと現実、文化や言語、男女、老若などさまざまな境界線の融合が進むとした。

 「ハーモニー」というテーマのもと示されたカラーグループは4つ。多種多様なブルー、生き生きと主張しコントラストで遊ぶカラー、明度の高い幅広いグレーをベースとしたトーン、砂がかかったようなしかし丸みのあるパステル。

 生地で見られたのは5つの特徴だ。1つめはエアリー。重ねや透明さ、透け感などをさまざまに駆使して軽さを出す。レーザーカットや刺繍のカットアウトなども依然として続いている。2つめは動く表情を持つ表面。あえて不完全または不規則にした織り地やデザイン、重さにコントラストを出したクレープなど。3つめは夏向けの二重(ふたえ)とリバーシブル。同委員長によれば「脆い薄手の生地同士を特別な技術で張り合わせたものなど、この流れはとても強い。生地メーカー各社の創造力の伸びには目を見張るものがある」という。4つめは、ピケなど構築的な表面の視覚的効果を強めたもの。さまざまな工夫で平らでない特徴を主張している。5つめは既存のテクニックの最新化。メッシュ、ストレッチなど既存の技術や機能が、細分化が進むそれぞれのニーズに、より的確に沿うよう開発されている。

(C)Premiere Vision


 デニムのトレンドにおいては、まず織り地の構成の複雑化および意匠性の高まりが加速し、平坦な表面は極めて少なくなるという。カラーではグレーを基調とした動きが強い。洗いや脱色加工では、「日焼けして色あせてしまったような、とてもクリエイティブな加工」(同委員長)が注目されるようだ。技術開発が続くインディゴ生地では「ニットデニムやルーズなシルエットのデニムが更に広がっていく」(同委員長)と指摘した。

 雑貨や資材では、リボンや革ヒモなどさまざまに「結ぶ」エレメント、新しい打ち出しのフリンジ、3D効果を生むピケ、メッシュ、エンボス加工、濡れているように見えたり、しずくのように見えたりと水をイメージする加工などが特徴として挙がった。

Text by: Rumiko Kuse (Luminateo Inc.)



▼プルミエール・ビジョン 公式サイト
http://www.premierevision.com/



 | 次へ

最新記事

月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
QRコード
*このブログを携帯電話でもお読みいただけます!
*上のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
*こちらからも自分の携帯へURLを送れます。

http://apalog.com/report/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集
Copyright (C) apparel-web  サイト内の文章、画像などの著作権はapparel-webに属します。文章・写真などの複製、無断転載を禁止します。