-->

アパレルウェブ取材|ファッション・アパレルのニュース


 
« 2014年01月 | Main | 2014年03月 »
スイス発時計ブランド「テンデンス」 東京・表参道に国内1号店
  2014/02/25 17:07 | ニュース


 スイス発の時計ブランド「テンデンス(Tendence)」(運営:テンデンスジャパン)が3月1日、東京・表参道イル・チェントロ・セレーノに国内1号店をオープンする。

 「テンデンス」は2007年、スイスのルガーノで誕生。アーティスティックでオリジナリティーあふれるデザインが持ち味で、これまで仏パリのコレットや米ニューヨークのバーグドルフグッドマン、伊ミラノのディエチ・コルソコモ、香港・上海のジョイスなどで販売され、現在は世界約50カ国以上の有名百貨店やセレクトショップで販売されている。2009年には、スイスで開催される世界最大級の時計見本市バーゼルワールドに出展。「TOP100ブランド」に選出された。

 新店舗には、常時約100アイテムをラインナップするほか、ショールームを併設。同ブランドの表現するアーティスティックな世界観が楽しめる。


オープンを記念したノベルティー「テンデンスUSB」(非売品。なくなり次第終了)












■テンデンス表参道

 営業時間:11:00 AM 〜 19:00 PM (Close 14:00 〜 15:00)
 定休日:火曜日
 住所:150-0001 東京都渋谷区神宮前5丁目46番16号イル・チェントロ・セレーノ1F C2
 電話番号:フリーダイヤル/ 0120−700−411

■公式サイト
 http://www.tendenceworld.jp
あべのハルカス近鉄本店がグランドオープン
  2014/02/24 19:22 | ニュース
 旧・近鉄百貨店阿倍野店が一部建て替えを含む全館リニューアルを終え、呼称も「あべのハルカス近鉄本店」(大阪市阿倍野区)と店舗名を新たにして2月22日にグランドオープンした。店舗面積が10万平方メートル、ショップの40%を専門店が占める従来型百貨店とは異なる新しい売り場を構築した。「ソラハ」の名前でヤングレディス、ヤングメンズ売り場を編集するなど、随所に新しい提案や試みが見られる。

コト、モノ、コミュニティーを提供する時間消費型百貨店

 近鉄百貨店阿倍野店の時代から、フルターゲットの売り場編集が特徴の1つだったが、あべのハルカス近鉄本店でも同様の流れを継承している。旧本店部分を居抜きで改装した棟を「ウイング館」に改め、主に専門店の集積売り場を作った。新たに建て増しした棟が「タワー館」で、こちらが近鉄本店の自主編集売り場が主体になる。ファッション雑貨や婦人服全般、紳士服、子供服、インテリア品、飲食店街といった百貨店の主力を占める商材はタワー館に集約した。「ソラハ」や子供服の個性派ショップ、スポーツ売り場など専門店を多数導入したフロアはウイング館に集積した。

 フロアの各所には十分な休憩スペースを設けた。また「ソラハ」では、お稽古スペースの「シュミアン」や、読者参加型メディア「JOL」(ジョル)の西日本初のリアル店舗など、コトや情報発信の場としても売り場を活用する。物販主体の従来型百貨店から脱却し、コト、モノ、コミュニティーの場を提供する時間消費型商業施設として再スタートを切った。

実力発揮はこれから

 あべのハルカス近鉄本店は、複合商業施設「あべのハルカス」の核テナントだ。「あべのハルカス」のグランドオープンは3月7日だが、一足先に「近鉄本店」部分がグランドオープンした。イベントスペースなど非物販部分は「あべのハルカス」のグランドオープン時に出揃う。

 あべのハルカス近鉄本店の売り場は昨年6月から順次、開業する五月雨式を採用したため、工事中の区画と混在する状況になり、全貌が明らかになるのはグランドオープンを待たなければならなかった。そのため導線も不十分で、改装工事中は想定した売り上げを下回る推移だった。14年春夏シーズンが、完全な売り場で臨む初めての商戦になる。あべのハルカス近鉄本店はどこまで想定通りの実力を発揮することができるだろうか。


「ソラハ」に全国初出店した「アイランド」。全国初や西日本初のテナントも多数導入



レストスペースも充実している


「ソラハ」に展開する「JOL大阪」。情報発信にも力を入れた


■関連記事
あべのハルカス近鉄本店ウイング館上層階10月10日に開業 専門店を積極的に導入

グランドオープン迎える「あべのハルカス」 近鉄グループの中核担う施設に

13日開業 あべのハルカス近鉄本店タワー館を公開
チャコットがインナーウエアの新ブランド「シュット・インティメイツ」 3月ルミネ新宿に1号店
  2014/02/18 12:32 | ニュース

広告キャラクターに起用したローレン・ラヴェット。ブランド名にある“Chut!”は、仏語で「シー!」(静かに、内緒)の意味


 総合ダンス用品メーカーのチャコット(東京、早川政美社長)は、インナーウェアの新ブランド「シュット・インティメイツ(Chut! INTIMATES)」を3月1日にスタートする。30代女性をメインターゲットに据え、インポートランジェリーのようなデザイン・快適な着心地手頃な価格で提供する。同日に東京・ルミネ新宿店に1号店を開くのを皮切りに、2014年度内に10〜15店舗をオープンする予定。

 「シュット・インティメイツ」のコンセプトは“軽・楽・整”。インポートランジェリーのような上質感と軽やかさ、フィット感と快適さを追求しながらも、価格はブラジャー・ショーツを合わせて5,000〜8,000円とリーズナブルに設定。日本人の体形に合わせ、きめ細かいパターン設計を行っているのも特徴だ。

 キャラクターモデルには、ニューヨーク・シティ・バレエ団ソリストを務める注目のバレエダンサー、ローレン・ラヴェット(Lauren Lovette)を起用。競争の激しいバレエの世界で生きる彼女のしなやかさと軽やかさと、同ブランドのターゲットである自立した女性たちの現代をしなやかに生きるイメージと重ね合わせた。

 ブラジャーやショーツのほか、レッグアイテムやタオル、ボディケアアイテムやランジェリー用洗剤などの雑貨も取り扱う。価格帯は、ブラジャー3,500〜5,300円、ブラキャミ(ブラジャーとキャミソール一体型オリジナルインナー)4,800円、ショーツ1,500〜2,500円、ラウンジウェア3,500〜5,800円、レッグアイテム1,200〜3,500円、タオル700円〜。

 3月1日には、東京・ルミネ新宿店に1号店をオープン。その後は、駅ビルやファッションビルを中心に出店し、2014年度内に10〜15店舗体制にまで拡大する予定。3月からは、ECサイトも開設し、顧客の利便性を図る。

 同社は、新ブランドのほかにも、化粧品ブランド「チャコット・フォー・プロフェッショナルズ」を販売するなど、バレエやダンスシーン以外で使用する商品幅を拡大中。新規顧客の開拓に力を入れている。


3月1日に東京・ルミネ新宿店にオープンする「シュット・インティメイツ」1号店イメージ


■「シュット・インティメイツ(Chut! INTIMATES)」公式サイト
http://www.chut-intimates.com/
人気レディス「パドカレ(pas de calais)」 仏有力セレクト「メルシー」で期間限定ショップ
  2014/02/12 17:11 | ニュース


 全国百貨店やファッションビルで店舗展開しているレディスブランド「パドカレ(pas de calais)」(運営:ギャラリードポップ)が、パリでのファッションウィーク開催期間(2月25日〜3月11日)にあわせ、仏パリの有力セレクトショップ「メルシー(merci)」に期間限定ショップを出す。

 期間限定ショップの出店とともに、同店舗ではメルシーとコラボレーションしたバッグ、ストールの2アイテムを販売。バッグは、同ブランドが得意とする植物染めを施したもので、ストールはボーダー柄のスクエアタイプ。両アイテムには、「メルシー」で実際に販売しているメルシーメダルをつけた。定番品の1つで柔らかい素材感のヴィンテージ天竺プルオーバーは別注カラーも展開。それぞれ「merci pas de calais」と書かれたプリントロゴを入れた。

 価格は、バッグ7000円、ストール1万1000円、プルオーバー(2〜3色・4型展開)は、5500〜8000円。

 「パドカレ」は2013年4月、NYソーホー地区に路面店舗をオープン。現在開催中のNYファッションウィークで2014秋冬コレクションを披露するなど、積極的に海外進出を進めている。

 今回のコラボレーションアイテムも、メルシーのほか、NYソーホー店、日本の3カ国で販売。日本では3月中旬から販売する予定だ。
注目メンズブランド「AMI」 東京のセレクトショップ4店舗で期間限定店
  2014/02/12 13:57 | ニュース

「インターナショナルギャラリービームスにオープンした期間限定店」


 「アミ アレキサンドルマテュッシ(AMI Alexandre Mattiussi)」は、「インターナショナルギャラリービームス」、「ドーバー ストリート マーケット ギンザ」、「エディフィス トウキョウ」、「ロンハーマン千駄ヶ谷」で期間限定店をオープンした。注目は、各店ごとのコンセプチュアルなショップ展開だけでなく、今回別注の限定アイテムが多数販売される。

 「アミ アレキサンドル マテュッシ」のデザイナーのアレキサンドル マテュッシは、キャリアをディオールオムから初め、ジバンシィ、マークジェイコブスで経験を積み、自身のブランド「アミ アレキサンドル マテュッシ」を2012年春夏パリメンズコレクションで発表した。近年では2013年度のANDAM賞を受賞し、現在最も注目されるメンズブランドの一つとされている。

 日本国内ではディプトリクスが輸入卸を行っており、上記のショップの他、31店舗で取り扱われている。Tシャツ(16,000円から)、デニム(39,000円から)、ジャケット(48,000円から)など、価格を抑えた商品展開で、国内に多数のファンを持っている。

 原宿の「インターナショナルギャラリービームス」では、パリ マレ地区にある旗艦店を再現したショップ「THE PARIS AMI STORE EXPERIENCE」を作り上げ、アミの世界観がそのままインターナショナルギャラリービームス内に再現されている。また、今シーズンを象徴する、トロピカルな雰囲気を持つキャップ(税抜き13,000円)はビームスの限定別注商品だ。



(右)「ビームス別注キャップ」


 「ドーバー ストリート マーケット ギンザ」では2月7日から3月7日まで1Fと6Fの2か所で展開。6Fでは、2014年度春夏コレクションのプレゼンテーションで選んだテーマ「空港」を再現した。また、1Fでは、ドーバー ストリート マーケット限定スケートボードも展示している。



1階はトロピカルなイメージに




6Fには空港のターンテーブルが登場


 また、「エディフィストウキョウ」では期間限定ショップ「AMI 2014SS POP UP STORE IN EDIFICE TOKYO」を2月8日から2月16日に開催。「ロンハーマン千駄ヶ谷店」では2月8日から2月14日まで、店内には旅の途中に寄る「バケーションの地」をイメージした「PARIS - HAWAI via TOKYO FLIGHT」と題されたスペシャルインスタレーションを展開する。


【ショップ情報】
インターナショナルギャラリービームス
住所: 東京都渋谷区神宮前3-25-15
番号03-3470-3948
営業時間:11:00〜20:00
定休日:不定休
URL: http://www.beams.co.jp/

ドーバー ストリート マーケット ギンザ
住所:東京都中央区銀座6-9-5 ギンザコマツ西館
電話番号: 03-6228-5080
営業時間:11:00〜20:00(金土は11:00 – 21:00)
定休日:不定休
URL: http://ginza.doverstreetmarket.com/


エディフィス トウキョウ
住所:東京都渋谷区神宮前6-23-3
電話番号:03-3400-2931
営業時間:11:30〜 21:00
定休日:不定休
URL: http://edifice.baycrews.co.jp/


ロンハーマン千駄ヶ谷
住所: 東京都渋谷区千駄ヶ谷 2-11-1
電話番号:03-3402-6839
営業時間: 11:00〜19:30
定休日:なし
URL : http://ronherman.jp/

最新記事

月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
QRコード
*このブログを携帯電話でもお読みいただけます!
*上のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
*こちらからも自分の携帯へURLを送れます。

http://apalog.com/report/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集
Copyright (C) apparel-web  サイト内の文章、画像などの著作権はapparel-webに属します。文章・写真などの複製、無断転載を禁止します。