-->

アパレルウェブ取材|ファッション・アパレルのニュース


 
« 2013年10月 | Main | 2013年12月 »
プリーツ プリーズ イッセイ ミヤケ、人気の「NOUGAT」新デザインを発売
  2013/11/30 00:00 | トレンド



 プリーツ プリーズ イッセイ ミヤケは、昨シーズンに発表し人気を博したバッグシリーズ「NOUGAT」の新デザイン、カラーを11月30日に発売する。

 素材の特性である形状記憶を利用し、自分らしい形にアレンジができるシリーズで、12月の色はブラックシュガー、チェリー、レモン、ブルーベリーの4色をラインナップ。春らしい明るい色あいで、コーディネートを華やかに演出。ポーチとクラッチは、ストラップとショルダーの付け外しができる。

 11月30日から、路面店(PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE / AOYAMA、PLEATS PLEASE ISSEY MIYAK / ROPPONGI、ELTTOB TEP ISSEY MIYAKE / GINZA、ELTTOB TEP ISSEY MIYAKE / SEMBA、PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE / TOKYO SKYTREE)で、12月5日には全国の百貨店で販売する。




(左から) クラッチバッグ 34,650円、ポシェット 23,100円、ボストン(薄マチ) 39,900円、ボストン(キューブ型) 37,800円、 ポーチ 11,550円
※全て税込み※画像内のMILK, MILK TEAは3月発売色。



ファッションやビューティーに焦点 短編映画祭「ASVOFF TOKYO 2013」南青山IDOLで開催
  2013/11/29 22:37 | トレンド


 ファッションやスタイル、ビューティーをテーマにした短編映画祭「ASVOFF TOKYO 2013』が29日から12月1日まで、東京・南青山のIDOLで開かれる。

 「ASVOFF TOKYO 2013』は、ファション評論家やビデオジャーナリストとして活躍するダイアン・ペルネがキュレーションを手がける映画祭で、2008年の創設以来、毎年パリのファッションウィーク中に開催。その後、世界各地の都市を巡回する。これまでニューヨークや、ロンドン、ミラノなどや、グッゲンハイム美術館、ヨーロッパ最大の文化施設であるバービカン・センターなど著名な機関で開催され、東京では5回目の開催となる。

 上映作品は、フランスの著名アートディレクター、セルジュ・ルタンスによる「Les Stars by Serge Lutens」、カール・ラガーフェルドをインタビューするまでの経緯を織ったドキュメントタリー「ZILLIONS by Malcolm Venville for NOWNESS」、ダンサーのVITTORIO GRIGOLOに焦点を当てた写真家ブルース・ウェバーの「The Bad Boy of Opera feat. VITTORIO by Bruce Weber for Italian Vanity Fair」、第6回ASVOFFでベストビューティー賞を受賞した「SISTER ACT by Ellen Von Unwerth」など。

 会期中は、「アンリアレイジ」デザイナーの森永邦彦氏や、ファッションジャーナリストのミーシャ・ジャネットらによるトークショーなども併せて行われる。


米国発の人気バッグ「デュ ラックス」 東急プラザ表参道原宿に期間限定ショップ
  2013/11/29 21:57 | トレンド


 米国発のバッグブランド「デュ ラックス(Deux Lux)」が12月1〜25日、東京・東急プラザ表参道原宿に期間限定ショップをオープンする。

 「デュ ラックス」は2005年、ロースクールで法律を学んでいたサラ・ナゲティと、その母親で建築家のファーティという異色の経歴を持つ2人がLAで立ち上げたバッグブランド。大胆な配色、クリスタルやスパンコールなどのグリッターパーツを用いた華やかなデザインと値ごろ感が受け、米国のセレブを中心に人気に火がついた。デザイナー2人の愛犬“ディラン”への思いから、フェイクレザーを使用しているのも特色。

 期間限定ショップは、3階イベントスペース「OMOHARA STATION」にオープン。クリスマスムード溢れる装飾を施した店内では、ホリデーコレクションや限定アイテムを販売するほか、ハワイ出身の人気モデル・シャウラさんによるトークショーや、DJ MAYUMIさんによるパフォーマンスなども実施する。



限定アイテムも販売


 

シャウラさん(左)、DJ MAYUMIさん



【関連記事】

米国セレブご用達バッグブランド「Deux Lux」日本上陸
http://www.apalog.com/report/archive/781

USA発バッグブランド「デュ ラックス(Deux Lux)」東急東横店に5号店オープン
http://www.apalog.com/report/archive/1576

【インタビュー】海外初 LVMHアルノー氏出資の仏ブランド「モワナ」 伊勢丹新宿店に期間限定ショップ
  2013/11/29 21:28 | インタビュー


伊勢丹新宿店本館4階に11月27日にオープンした仏ブランド「モワナ(MOYNAT)」の期間限定店舗

仏ブランドの「モワナ(MOYNAT)」が2013年11月27日から12月25日まで、約1ヶ月間限定のポップアップショップ「ル・モワナ トランクショー(Le Moynat Trunk Show)」を伊勢丹新宿店で開催する。

モワナは1849年にポリーヌ・モワナによって創業された。自動車のトランクメーカーとして成功しただけでなく、様々な改革の先駆者として知られている。2011年にはLVMH モエ ヘネシー ルイ ヴィトン社長兼CEOのベルナール ・アルノーの個人会社アルノー グループの出資の下、ディオールやルイ ヴィトンの日本法人で要職を務めたギョーム・ダヴァンCEO体制でリスタート。現クリエイティブディレクターのラメッシュ・ナイール氏と共に今日まで再建してきた。


ピエール・エルメ・パリとコラボした世界で一つだけの「マカロントランク」


今回のポップアップショップのテーマは「スイートショップ」。モワナ ハンドバッグをラグジュアリーなパリのパティシェリー(スイーツ)に見立てて配置。さらに全てメイド イン フランスという世界に1つしか存在しない「マカロントランク」を中央に置いている。空間は建築やグラフィックデザインの分野で活躍するグエナエル・ニコラ氏がデザインした「プレシャス アトリエ」から着想を得た。創業デザイナー本人の名前がつけられた「ポーリーヌ」やフランス人女優のガブリエル・レジェンヌにちなんだ名前のバッグが登場。更に今回は日本人女性からの要望に応え、従来のサイズよりも小さいサイズの「クワトロ」と「ポーリーヌ」も発売する。

 アパレルウェブ編集部では、クリエイティブディレクターのラメッシュ・ナイール氏とギョーム•ダヴァンCEOに話を聞いた。


ラメッシュ・ナイール氏「パリ在住の日本女性からヒントをもらった」




−−今回のアイデアを教えて頂けますか。

美食、すなわち「スイートショップ」をテーマにしています。モワナの大きなジャンルとして自動車、旅行、演劇が存在します。なにか素晴らしいものを決めて紹介したいという事でマカロンを提案しました。素晴らしいプレゼンテーションを作ると同時に、なにかスペシャルなものを作りたいと思いました。日本に来るにあたってスペシャルなものをと思い、過去のアーカイブのアントルプヌ(タイヤの間)をイメージに「マカロン トランク」を作成しました。普段とはまったく違った使い方でスペシャル感を提案しました。

−−パリのギャラリーラファイエットにもこのような店を開いたと聞きましたが。

ギャラリーラファイエットとは全く違うものに仕上げました。ラファイエットではコーナー自体をトランクの骨組み(構造)のようなコンセプトにしました。

−−なぜ変更したのでしょうか?伊勢丹等が関係あるのですか。

テーマを変えるのはいつもですし、日本人がマカロンを好きなのですぐに決めました。

−−日本には以前お越しになられた事はありますか。

初めてです。昨日は鎌倉に行きました。日本はずっと好きだった。デザイナーとしてインスピレーションの源となっています。

−−今年の夏に、パリ サントノーレの店舗に行きました。その際はメンズ雑誌とのコラボでメンズらしいショップという印象でした。今回の伊勢丹新宿店のポップアップストアは女性らしい展開が目立ちますね。

ポーリーヌ、レジェーヌ、クアトロは日本人のために小さなサイズを作りました。パリ在住の日本女性の意見から「クアトロ」のサイズ感を生み出したという秘話もあります。

−−いつまで滞在予定ですか?

今週末までです。明日は京都に行きます。現代性と伝統のコントラストが素晴らしい。ヨーロッパと比べ、多様なファッションがあってとても刺激的です。

ギョーム•ダヴァンCEO「東京で成果を挙げる事が出来れば、アジアに向けての大きな自信となる」

−−なぜ、伊勢丹新宿店に出店したのですか。

長年伊勢丹とはお付き合いがあり、ご招待いただけました。あとは単純にモワナには日本人の顧客が多かった。クラフトワークに関してもモアナと日本は同じ価値を共有していると感じた。私たちはファッションブランドではなく、美しく作られたプロダクトだと思っています。

−−東京以外にも海外進出は行う予定はありますか
いまは多くは考えていない。とりあえずは今回初めての海外進出となった伊勢丹新宿店で動向を探り、今後の戦略に役立てます。日本人はパリの店舗の全体の10%を占める。その他50%がアジア人、25%はアメリカ人、15パーセントがヨーロッパ人です。男女比では男性が20%、女性が80%です。今回は私どもの強みを生かせる店舗で、今回の成果が楽しみです。

−−今後の展開を教えてください。
当面、店舗はパリの店舗のみとし、その他はキャラバンスタイルのトランクショーを行う予定です。海外は、NYとアジアの1都市でやるプランを持っています。

−−東京という街のイメージは?
他の国に比べてお客様が商品に対する要求度が高いと感じます。ここ東京で成果を挙げる事が出来れば、アジアに向けての大きな自信となるにちがいありません。


−−現在の事業規模は。
パリの1つの店舗と3つの小規模のアトリエだけで稼働しています。生産規模もまだまだ小さいですが、これから拡大させていきます。





■店舗情報

期間:11月27日(水)〜12月25日(水)
会場:伊勢丹新宿店本館4階 ウエストパーク/ラグジュアリーステージ
ブランド公式サイト: http://moynat.com/jp/
H.P.FRANCE  「LOVE & GIFT」キャンペーン全店舗で開催
  2013/11/29 19:56 | トレンド

「LOVE&GIFT」のキャンペーンロゴ


 H.P.FRANCEが11月1日から12月27日まで、「LOVE & GIFT」と題した新しいプレゼント提案のキャンペーンを展開している。11月22日には全国の店舗でユーザーへ向けたパーティーを開催。気軽でカジュアルにプレゼントを贈ろうという新しいスタイルを提案する。同社では初めての試みだ。

きっかけは海外のプレゼントスタイル

 今回の「LOVE & GIFT」キャンペーンのきっかけは、同社の担当者が米国・ニューヨークなど海外のイベントで、人々がプレゼントを贈り合うスタイルを見掛けたこと。日本でフォーマルなプレゼントと言えばお中元やお歳暮だが、海外のそれは友人との間で気軽にプレゼントを贈り合うというもの。新年を控えたハッピーニューイヤーの意味合いもあるという。

 全国のH.P.FRANCEの店舗で「LOVE & GIFT」をキーワードに、店頭においてエンドユーザーへ海外のカジュアルスタイルを紹介、提案する。11月22日には各地域の拠点店舗を中心に、同社が取り扱うクリエーターが提案する「LOVE & GIFT」向けのコレクションを紹介した。

 「LOVE & GIFT」キャンペーンの期間中、プレゼント用で特別に販売しているのが「IOSSELLIANI」(イオッセリアーニ)や「SERGE THORAVAL」(セルジュ・トラヴァル)など計7ブランドのファッションアイテム。店舗スタッフがコンシェルジュの役割を担い、新しいプレゼントスタイルを提案する。

 「LOVE & GIFT」の専用サイト( http://www.hpfrance.com/sp/love_and_gift.html )も開設中。併せて、スタッフによる100通りのプレゼントスタイルも提案している。


「IOSSELLIANI」(左)「Sweet Pea」



「Faliero Sarti」
 | 次へ

最新記事

月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
QRコード
*このブログを携帯電話でもお読みいただけます!
*上のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
*こちらからも自分の携帯へURLを送れます。

http://apalog.com/report/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集
Copyright (C) apparel-web  サイト内の文章、画像などの著作権はapparel-webに属します。文章・写真などの複製、無断転載を禁止します。