-->

アパレルウェブ取材|ファッション・アパレルのニュース


 
« おすすめ書籍 | Main
【マカオレポート2017】マカオファッションの“今”を知る 8年目を迎えた「MFF2017」の見どころ
  2017/11/07 09:00 | マカオレポート2017

(右から)2017年のサンプル製作コンテストを受賞した「GELEE」のエスター・レオン、「POURQUOI」のラライスミ・ワイ、「CLASSICO MODERNO」のヴィクター・ラオ、「Soul」のレオ・ウォン。
「マカオファッションギャラリー」前で撮影



 マカオ政府がいま、マカオの産業活性化の原動力として力を入れるのが、“クリエイティブ文化の創造”。ファッション分野においても、地元ファッションデザイナーたちがグローバルに活躍できるための活動を、教育からビジネス、販売、プロモーションに至るまで全面的に支える。その取り組みの成果を示した「マカオファッションフェスティバル2017(MFF2017)」は、マカオファッションの“今”が凝縮されたイベント。8年目を迎えた同イベントの見どころを振り返りつつ、マカオファッションが目指す今後について、主催者やゲスト、デザイナーに話を聞いた。




東南アジアからも参加 国際色豊かに


最終日にショーを行った「HANZ COQUILLA Alta Costura」は、フィリピン人デザイナー、ハンズ・コキーラによるドレスブランド。立命館アジア太平洋大学(別府)でコレクションを披露したことがあるという。


 MFFでは、アジア諸国を中心に、海外デザイナーを積極的に招致している。2017年は、初日のオープニングセレモニーを兼ねたランウェイショーで、「nuno & nono」(中国・広州)、「Cheng Pai Cheng」(台湾・台北)、「Kevolie」(香港)、「Pattric Boyle」(タイ)の海外勢4組がショーを行った。また、最終日には、フィリピンから参加した「HANZ COQUILLA Alta Costura」がマカオのドレスブランドとともに最新コレクションを披露し、同イベントを華やかに締めくくった。CPTTM(※)でクリエイティブ事業のシニア・ディレクターを務めるレニー・ンは、「SNSなどのメディアを活用したプロモーションを行うなかで海外のデザイナーたちとの繋がりを強めている。今回はタイやフィリピンなど東南アジアからの参加も実現した。マカオと海外デザイナーの交流が深まるだけでなく、海外勢の参加が増えれば、その国のメディアに注目してもらえる。今後も積極的に参加を促したい」。音楽などファッション以外のコンテンツを加えることも検討しているという。



「HANZ COQUILLA Alta Costura」


※CPTTM=政府と民間団体による非営利組織「マカオ生産力及び科技轉移中心(Macau Productivity and Technology Transfer Centre)」。マカオ貿易投資促進局(IPIM)とともに、「マカオファッションフェスティバル」を主催。マカオのデザイナーたちの育成からプロモーション、販売まで幅広くサポートしている。



マカオファッションのレベルアップに サンプル製作コンテスト


芸術家として活動するユン・ペンの作品



 会期2日目に行われたのは、サンプル製作コンテスト「Fashion Exhibition of the 4rd Subsidy Prgramme for Fashion Design and Sample Making」の受賞者8人がコレクションを披露するショー「スタイル・エンカウンター・モーメント(Style・Encounter・Moment)」。マカオ政府文化局とCPTTMが主催する同コンテストは、賞金16万パタカ(約240万円)を競って行われる。サンプル作品とともに、事業・販売プランも併せて提出する必要があり、クリエイティビティーとビジネスの両面で評価される。4回目を迎えた今年は、ジディオン・タム「KC GIDEON」、ラライスミ・ワイ「POURQUOI」、アロ・ロー&レイニー・チョイ「AURALO ARTE」、ヴィンセント・チェン「WORKER PLAYGROUND」、ユン・ペン、エスター・レオン「GELEE」、 レオ・ウォン「Soul」、ヴィクター・ラオ「CLASSICO MODERNO」が受賞した。
 デザイナーのラライスミ・ワイは、2度目の挑戦で初受賞した。「前の年は、クリエーションに集中し過ぎて、市場が求めているものとマッチしていなかったのかもしれない。ほかのデザイナーたちの進歩を感じるとともに、私自身の成長も実感するイベント」と話す。ジディオン・タムも、「政府をあげての取り組みに感謝している。コンテストではあるが、デザイナー同士が競うことよりも、イベントが盛り上がることで、マカオのファッション業界が注目されることの方が重要だ」。
 受賞作品は、マカオ発ブランドを展示・直売している「マカオファッションギャラリー」で2017年12月31日まで展示されている。


CPTTM出身のアロ・ロー&レイニー・チョイによる「AURALO ARTE」


グラフィックデザイナーとしても活躍するヴィンセント・チェンによる「WORKER PLAYGROUND」


※金額は1パタカ=15円で計算


続きを読む...
【マカオレポート2017】インタビュー 海外に活路を求めて マカオのデザイナー6人のビジョン(2/2)
  2017/11/01 10:00 | マカオレポート2017
■ヴィクター・ラオ「CLASSICO MODERNO」


セレブ衣装を手掛けるデザイナーが昨年スタート メンズ服の可能性を広げる
 長年ハイエンドブランドに携わり、セレブリティーの衣装デザインも数多く手がけてきたヴィクター・ラオが2016年に立ち上げたメンズブランド「CLASSICO MODERNO」。前年のMFF2016で発表した2016秋冬コレクションで、第4回サンプル製作コンテストを受賞した。“モダン・アーミー”をコンセプトにした同コレクションは、ミリタリー服のディテールを施したグレーのセットアップスーツ群。ポルトガル領時代のマカオを表現したもので、袖部分に施した印象的な白のラインは、マカオの旗をモチーフにしたもの。「マカオは昨秋冬、いつになく寒かったから、ウール素材などのアウターもよく売れたんだ」とラオ。女性客の購入も多いことについて、「ルックブックでは、女性モデルも起用している。女性のボーイフレンドルックもありだと思うし、ユニセックスで幅広い着こなしを提案したい」


第4回サンプル製作コンテストで受賞した2016秋冬コレクション「モダン・アーミー」。
2016年のMFFでランウェイショーを行った。


 オーダーメイドによる注文服づくりも並行して行っている。顧客は24〜35歳の男性が中心で、価格はスーツで3,000パタカ(4万5,000円)前後。「マカオにいると素材調達に苦労するのは確か。香港の代理商と組み、新作を定期的にチェックしたり、日本や台湾、タイなどに行った時に面白い生地があれば、サンプルとして購入することもある」とするが、「でもマカオ市場は、まだ伸びしろがあると思っている」という。

 2015年には、香港のスーツブランド「unEnding」がマカオでフランチャイズ展開を開始。そのオペレーション・ディレクターに就任するなど活動の幅を広げてきた。「春夏コレクションはマカオで、秋冬コレクションは海外で発表できるようなペースが理想。マカオでの認知度を上げながら、将来的には、東南アジアや韓国の市場にも挑戦したい」



MFF2017で発表した2018春夏コレクション


「CLASSICO MODERNO」フェイスブック




■ラライスミ・ワイ「POURQUOI」


ララも通ったマカオ唯一のファッション&クリエイティビティーのスペシャリスト養成機関
「ハウス・オブ・アパレル・テクノロジー」(HAT)で撮影。
日本の古着をオンラインで購入するのも好きだという。

日本のロリータをルーツとするコンセプチュアルな服づくり
 「私がデザイナーになるきっかけは、日本のロリータファッションだった」と話すのは、「POURQUOI」のデザイナー、ラライスミ・ワイ(通称:ララ)。「母親が服を作る仕事をしていたこともあり、幼い頃からファッションが好きだったが、ちょうど中・高校生時代に日本のロリータファッションが流行り始めて。友達に教えてもらった時から夢中になった。日本のファッション雑誌を取り寄せたり、ネットで情報をチェックしたり。私は(ファッション雑誌の)「装苑」を読んで育ったようなもの」と振り返る。「でも、ロリータファッションは、頭のてっぺんからつま先までトータルで表現することが必要だし、お金もかかってしまう。何とか自分で作れないかなと思ったのが、デザイナーを目指すきっかけだった」。ファッションデザインとマーケティングを学ぶため、台湾実践大学、エスモード北京校に留学した。

 2014春夏のデビュー以来、ロリータなど日本文化に影響を受けたコレクションを数多く発表。和着物のディテールを落とし込んだデザイン(2015秋冬)や、作家・綿矢りさの小説「夢を与える」に着想を得たストーリー性の強いコレクション(2017春夏)もある。最新コレクションの2018春夏は、ポルトガル様式の建築物が残るマカオの明るい街並みをカラーリングに反映させつつ、日本の下駄をスタイリングに取り入れている。


綿矢りさの小説「夢を与える」にインスピレーションを受けた2017春夏コレクション
「POURQUOI」facebookより)


 現在はマカオや台湾を中心に顧客を抱える。パリのトラノイや香港センターステージ、上海ファッションウィークなど数々の海外展示会に参加してきたが、見据える市場は、やはり日本だ。

 「マカオファッションフェスティバル」開催1週間前の10月12〜15日には、中国で行われた展示会「モード上海」に参加。日本を含め欧州のバイヤーが興味を示した。「日本のバイヤーは海外の展示会に参加することが多いと聞き、日本の展示会に参加するべきか迷っている」としながら、「デザイナーになったきっかけをくれたのは日本のファッションだし、ぜひチャレンジしてみたい。個性の強いブランドだから、日本の市場にもマッチすると思う」と意欲を見せる。




MFF2017で発表した2018春夏コレクション。コンセプトは“PUZZLE OF LIFE”。
レゴブロックで作った下駄をスタイリングした。


「POURQUOI」




■ジディオン・タム「KC GIDEON」


英・中で活動 独自スタイルを確立するニットウエアデザイナー
 英国を拠点に欧州で堅調なビジネスを維持しているのがジディオン・タムが手がけるニットを中心としたメンズブランド「KC GIDEON」だ。ニット工場を営んでいた母の影響で幼い頃からファッションに興味を持ち、16歳で渡英。だが、本格的にニットウエアを作りたいと感じたのは、英キングストン大学でファッションデザインを学んでいた頃のことだった。「ニットウエアを目にする機会は多かったが、いいデザインを見つけても質がよくなかったり、反対に、質のいいものはデザインが今ひとつだったり。それならば、デザインと質を両立したニットウエアを自分自身で世に出してみたいと思った。それが自身のブランドを作るきっかけだった」。英・仏のハイブランドで経験を積み、2006年に「KC GIDEON」を立ち上げた。

 現在は、布帛アイテムも発表するなどアイテムの幅を広げる。コットンやヘンプ、シルク、メリノウール、アンゴラ、モヘアなどの上質素材を用いたクラシックでエレガントなスタイルは、欧州に根強いファンを持つ。近年はメンズウエアが世界的に広がりを見せるが、「男性アーティストに衣装提供する機会が増えており、男性のファッションに対する意識に変化が起きていることを実感する。だが、ファッションにアーティスティックな面を持ち込んだ点が私のブランドの特徴。単にトレンドを追うのではなく、“ほかのブランドにはないスタイル”にこそニーズと商機があると感じている」

 広州にも拠点を持ち、今年から中国市場への市場開拓に力を入れている。マカオファッションフェスティバルの前の週には、上海での展示会に参加。2回目の出展だったが、10数件の契約が決まるなど、幸先のいいスタートを切れたという。

 日本市場での事業拡大にも意欲を見せる。「日本にはファッションへのこだわりが強く、感度の高い男性が多い。また、ブランドの認知度ではなく、スタイルやデザインそのもので評価してくれる。ビジネス面においても、とても誠実に対応してくれるのも魅力だ」

 マカオ出身デザイナーとして、海外で長年活動する先駆者的な存在だ。「マカオ出身であることにアドバンテージや不利だと感じたことは特にない。私自身が周りの人に恵まれて来たということもあるが、ファッションは国籍で判断されるものではなく、アイディアの交流だから」とポジティブな見方を示す。「「クロコダイル」とコラボレーションをしたこともあるが、老舗ブランドのクラシックなスタイルを生かしつつ、新しいアイディアをぶつけ合うのはとても楽しい経験だった。今後も、自分とは異なるスタイルのブランドやデザイナーでも、目指す方向性が同じであれば、積極的にコラボレーションしていきたい」



2018春夏コレクションは、漁業が盛んなマカオの街が着想源。
海辺に並べられた牡蠣の貝殻が陽の光を反射して光り輝く様子も表現しているという。


「KC GIDEON」は、第4回サンプル製作コンテストの受賞者として、2016秋冬コレクションも披露。
ニットによる繊細な表現が際立った。


「KC GIDEON」

※金額は1パタカ=15円で計算
(取材・撮影:AW編集部・戸)

■前ページ
【マカオレポート2017】インタビュー 海外に活路を求めて マカオ出身デザイナー6人のビジョン<1/2>




【マカオレポート2017】インタビュー 海外に活路を求めて マカオのデザイナー6人のビジョン<1/2>
  2017/11/01 10:00 | マカオレポート2017


 「マカオファッションフェスティバル2017」(以下:MFF2017)が世界最大級のカジノ・リゾート「ザ ベネチアン マカオ リゾート ホテル」で開かれ(10月19〜21日)、ベテランから若手まで総勢約30組のマカオ出身デザイナーが参加した。クリエイティブ産業の振興に力を入れるマカオ政府の後押しもあり、若手の台頭が目立つマカオのファッション業界。市場規模が限られたマカオを飛び出し、海外に目を向けるデザイナーが多いなか、同イベントへの参加は、自身のコレクションを対外的にアピールできる場。巨大マーケットである中華圏でビジネス基盤を固めつつ、ファッション都市・日本や韓国への進出を目指したいという声も聞かれた。マカオ出身デザイナーとしての現状やビジョンについて、同イベントに参加した6人のデザイナーに話を聞いた。


■ジェイド・レオン「JADE. L」


女性の個性を引き出すブランドでありたい

 「ユニセックスでリラックスしたリアルクローズが基本。そこに素材の組み合わせやディテールで変化を取り入れるのが私のスタイル」と自身のブランドを分析するのは、「JADE. L」デザイナーのジェイド・レオン。「ターゲットは、30〜40代の独立した女性たち。そんな女性たちの個性を引き出せるブランドでありたいと思う」

 実用的なスタイルでありながら、コレクションの着想源となるものは、自身の体験から得た感覚的なものが多い。MFF2017で発表した2017秋冬コレクションは、レオンが英国に実際に行った際に感じた「どこか霧がかった色彩や、悲しみの感情」をカラーリングに反映させている。

 台湾実践大学でファッションデザインを学び、ファッションデザイナーとして働いたのち、2016年に自身のブランドを立ち上げた。現在の取り扱い店舗は、マカオと台湾のコンセプトショップが中心。中国発のメッセージアプリ「WeChat」が運営するモバイル向けショッピングサイト(微店)を通じて、中華圏のお客も増えている。「政府の支援もあり、マカオではファッションブランドを立ち上げる環境が整っているが、マーケットが小さいので、ビジネスを広げようと思ったら、やはり海外に目を向ける必要がある」。見据える市場は、台湾、香港、中国。「ネットショッピングに慣れていて、ネット上で服を買うことに抵抗のない消費者が多いことが理由の1つ」だという。

 将来的には、アジアのファッション都市である日本や韓国にも進出するのが夢。「これまで台湾や香港の展示会には出展したことがあるが、日本や韓国のバイヤーにはまだ出会っていない。日本には、来年の年末に向けイベントに参加したいと考えている」




「JADE. L」フェイスブック




■レオ・ウォン「Soul」


支援金を獲得 事業拡大へ
 レオ・ウォンがデザインするウィメンズブランド「Soul」は、マカオ政府文化局とCPTTMが主催するサンプル製作コンテスト「Fashion Exhibition of the 4th Subsidy Prgramme for Fashion Design and Sample Making」(以下:第4回サンプル製作コンテスト)の受賞ブランドとして、同イベントでランウェイショーを行った。白×黒をベースカラーとしたコレクションは、イレギュラーなデザインディテールや、3Dカッティングによる立体的パターンが決め手。「シルクコットンなどの上質素材を使い着心地にもこだわることで、女性の美しさを内側と外側の両面から表現している」(ワン)。価格帯は、約200〜400パタカ(日本円で約3,000〜6,000円)。同コンテストでは、デザインの独自性だけでなく、価格設定やマーケティングを含めたビジネスプランも評価対象となる。

 香港大学で学士号、香港理工大学で修士号を取得したウォンの実力は、2015年にチーフデザイナーに就任したユニフォームブランド「iGIFT」でも発揮されている。2017年、香港で開かれた「ワールド・ファッション・デザイン・コンペティション・アンド・アワード(WFDA)」で同ブランドは、機能部門、イノベーション部門での受賞に加え、総合優勝も果たした。

 さらに今年に入り、マカオ文化産業基金による支援金約100万パタカを獲得。ビジネス・プロモーション力・量産化の環境が整いつつあるなか、「(中国発の巨大通販サイトである)「Tmall」での売り上げをさらに伸ばしながら、国内外の展示会に積極的に参加したい」と話す。



「Soul」のランウェイショー


ユニフォームブランド「iGIFT」のデザイナーとしても、MFF2017でショーを行った。


「Soul」




■エスター・レオン「GELEE」


台湾を拠点に活動する元美術教師

 エスター・レオンがデザイナーを務めるウィメンズブランド「GELEE」。ブランド名の「GELEE」は、フランス語でゼリーの意味。あらゆる素材を掛け合わせ、様々な形に作り上げられる様子をブランドイメージと重ね合わせた。レオンの愛称でもある。

 第4回サンプル製作コンテストを受賞した作品のテーマは、“結婚式に参加する女性たち”。エレガント、クール、朗らか――式に参列する様々な女性をシルエットとディテールで表現。ウェディングイベントの高揚感をビジューで創出している。「コンテストには、作品だけでなく、販売プランを併せた事業計画書を提出しなければならないが、ウェディングという設定や様々な女性にフィットするというコンセプトが評価された」と見る。

 国立台湾師範大学で美術の学士号を取得した後、マカオの中等学校で美術教師として約5年間勤務。マカオ政府と民間組織による非営利組織・CPTTMのインキュベーションプログラム「MACONSEF」でファッションデザインを学び、2014年に自身のブランドを設立。再び台湾を拠点に活動している。将来は、「台湾での取り扱い店舗を増やしたい。いずれは台湾、香港、そしてマカオのショールームを持つのが夢」だという。




「GELEE」フェイスブック

※金額は1パタカ=15円で計算
(取材・撮影:AW編集部・戸)

■次ページ
【マカオレポート2017】インタビュー 海外に活路を求めて マカオ出身デザイナー6人のビジョン<2/2>

第8回「マカオファッションフェスティバル2017」開幕 マカオのクリエーションを対外的にアピール
  2017/10/19 23:40 | マカオレポート2017


【19日=マカオ】マカオのファッションデザイナー&ブランドが最新コレクションを披露する「マカオファッションフェスティバル2017」が10月19日に開幕した。若手からベテランまでマカオ発のファッションブランド約30組が最新コレクションを披露。マカオのクリエーションを対外的にアピールする。


 8回目を迎える今年は、マカオ出身のデザイナー約20組がコレクションショーを披露するほか、13組がショーケース形式で新作を展示する。初日の開幕レセプションでは、オープニングを飾ったマカオ出身のジディオン・タムによるメンズブランド「KC GIDEON」をはじめ、アンナ・チャン「nuno & nono」(中国・広州)や、チェン・パイ・チェン「Cheng Pai Cheng」(台湾・台北)、ケヴ・イウ「Kevolie」(香港)、ナッタコーン・クンカエウ「Pattric Boyle」(タイ)などの海外勢もショーを行った。




初日のトップバッターを務めたジディオン・タム「KC GIDEON」




アンナ・チャン「nuno & nono」(中国・広州)




チェン・パイ・チェン「Cheng Pai Cheng」(台湾・台北)




ナッタコーン・クンカエウ「Pattric Boyle」(タイ)



ケヴ・イウ「Kevolie」(香港)




孫家雄(Shuen Ka Hung)CPTTM理事長


 同イベントは、政府と民間団体による非営利組織・マカオ生産力及び科技轉移中心(CPTTM)と、マカオ貿易投資促進局(IPIM)が主催。マカオでは、中国や東南アジアへの拠点シフトが進む製造業に代わるマカオのファッション産業活性化の原動力として、ファッション文化の創造をあげる。CPTTMは、その方針に基づき、デザイン、プロモーション、販売力の強化を目指し、デザイナーの国際市場進出や、ビジネス機会創出をサポート。同イベントもその取り組みの一環だが、前年は海外バイヤー数が過去最高を更新、出展者も年々増加傾向を示すなど成果をあげている。


 開幕レセプションで挨拶に立った孫家雄(Shuen Ka Hung)CPTTM理事長は、同イベントについて、「マカオブランドのクリエーション力とオリジナリティーを海外にアピールするチャンスであるとともに、海外から参加するデザイナーやバイヤーたちとの重要な交流の場」とコメント。「マカオのファッション産業発展に向け、アジア各国と協力体制を築きながら、“一帯一路”(習近平中国書記が提唱する経済新シルクロード構想)を目指す」と強調した。


 主賓として出席した香港デザイナー協会副主席でファッションディレクターのウォルター・マー氏は、アパレルウェブの取材に対し、「マカオのデザイナーたちは、産業の特性によって現地での素材調達に苦労することが多い。また、デザイン面においても、国際的レベルに達するにはさらなるレベルアップが求められるだろう。しかし、マカオファッションフェスティバルのような政府のサポート体制もあり、かつ産業振興のための人材も集めやすい環境にある。国際的なイベントに積極的に参加し、グローバルに戦える力を身に付けてほしい」と語った。


 ランウェイショーやブース出展のほか、デザイナーによるサンプル作品コンテストや、CPTTMのディプロマプログラムを終えた生徒らによるショーなども実施する。世界最大級のカジノ・リゾート「ザ ベネチアン マカオ リゾート ホテル」で21日まで開催。



香港ファッションデザイナー協会副主席のウォルター・マー氏(前列左から5人目)をはじめ、イベントパートナーとして、中国銀行や台湾テキスタイルフェデレーションなどの要人らが開幕レセプションに出席した。




(撮影・文:アパレルウェブ編集部・戸)

■関連記事
マカオの注目デザイナー20組が最新コレクションを披露 「マカオファッションフェスティバル2017」世界最大のカジノリゾートで10月開催




最新記事

月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
QRコード
*このブログを携帯電話でもお読みいただけます!
*上のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
*こちらからも自分の携帯へURLを送れます。

http://apalog.com/report/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集
Copyright (C) apparel-web  サイト内の文章、画像などの著作権はapparel-webに属します。文章・写真などの複製、無断転載を禁止します。