-->

アパレルウェブ取材|ファッション・アパレルのニュース


 
« メンズコレクション展示会 | Main | インタビュー »
第4回目ゲストは「アンリアレイジ」森永邦彦デザイナー 久保雅裕氏「ジュルナルクボッチのファッショントークサロン」
  2017/11/10 12:00 | ニュース

(左から)久保雅裕氏、石田紗英子氏、「アンリアレイジ」のファッションデザイナー森永邦彦氏


 USEN(東京、田村公正社長)が運営する音楽情報アプリSMART USENで配信中の「ジュルナルクボッチのファッショントークサロン」。ウェブメディア「ジュルナル・クボッチ」の編集長兼杉野服飾大学特任准教授の久保雅裕氏が、ファッション業界で活躍するゲストを招き、普段はなかなか聞けない生の声をリスナーに届けるが、アパレルウェブでは、その模様の一部を独占で紹介していく。第4回目のゲストは、「アンリアレイジ」のファッションデザイナー、森永邦彦氏だ。

石田紗英子(いしださえこ、以下石田):こんにちは〜!『ジュルナルクボッチのファッショントークサロン』。石田紗英子です。それでは、クボッチこと、ジュルナルクボッチ編集長で、杉野服飾大学特任准教授の久保雅裕さん今日もよろしくお願いします。

久保雅裕(くぼまさひろ、以下久保):はい。よろしくお願いします。

石田:さぁ、本日のゲストですけれども「アンリアレイジ」のファッションデザイナー、森永邦彦さんなんですよね。

久保:はい。彼は、以前東京でショーを開催していたんですけど、この数年は、パリコレでショーをしている中堅のデザイナーです。彼が特に注目を集めているのは、いつもアッと驚くような技術を使ってショーを見せてくれるんですね。ある時なんかは、モデルさんのスカートがずるずるずるずる上がっていっちゃってね、やばいんじゃないかというような時もあったんですけどね。(笑)

石田:それも演出だったんでしょうかね。

久保:うーん、ほんとはイレギュラーだったんではないかと思ってますけどね。
そんな非常に一風変わったというか、そういった作風というか芸風というかね、そんなことも聞いてみたいなって思ってます。

石田:はい。さぁ、それではお招きしましょう。アンリアレイジのデザイナー森永邦彦さんです。どうぞ!

森永(もりながくにひろ、以下森永):こんにちは。

久保:ぼそっと入ってきた感じですね。僕は随分古くから知ってるんですけど、昔から割りと喋り方がぼそぼそっていう感じで。(笑)凄いはにかみ屋さんなキャラクターなんですけども、ところが、名刺は意外っていうか問題なんですよ。

石田:見せてください。え〜!エッジが効いてますね。さすが!

久保:ほとんど、指名手配の犯人ですよね。

久保:最初の頃は、竹槍マフラー付けた単車に乗ってるお兄ちゃんみたいな。おそらくボンタン履いているだろうなっていう感じだったんですけどね。すいませんね、ゲストに対してこんなこと言って。

石田:さぁ、そんな森永さんの真髄に迫っていきたいと思うんですけど、まずはやはり少年時代から伺っていきましょうかね。

森永:バスケットボールが好きで、バスケットボールをしていたのと昆虫採集が好きで、昆虫採集してました。

久保:学研の『科学と学習』じゃないけど、そういうので付録で昆虫採集の標本を作るための注射器とか薬とか、ありましたよね。

森永:標本やってましたね。

久保:だいたい誰でも、割りと通る道ですね。男の子は。

石田:男性はやっぱりね。好きなんでしょうね。

森永:でもそのー…、今苦手なんですけどね。

久保:虫苦手?

森永:後半から。トラウマなんですよね。

<中略>

久保:洋服が好きだったとか、お母さんが縫物しててくれたとかそういう環境はあったんですか?

森永:母が文化(女子大学)で、小さいころは母が洋服作ってくれていて、家で祖母も洋服のお直しをやっていて、家にはずっとミシンがあって、そこにいろんな方が洋服を持ってきて直していたり、母が縫っているのを見ていたりっていう環境はありましたけど。でも、興味はぜんぜん、そこには向いてなかったですけど。

久保:向いてないけど、影響を受けっちゃっているんだよね。知らない間にね。

石田:こちらにいっらっしゃるゲストの方が、やはり少年時代に、ヒントが隠されているんですよね。生まれ育った環境で何かしらこうインスパイアされたみたいで。

<中略>

石田:プロフィールを実は拝見したんですけど、高校生の時、神田恵介さんにすごく憧れを持たれて早稲田に進まれてということなんですけど、その神田恵介さんとの出会いは何だったんですか?

森永:受験勉強の波に入っていって、最初は全然早稲田とかには興味なくて。ただ高校が進学校で、それなりの大学を目指すところだったんで、自分も予備校にいって受験勉強しようと思って。早慶のコースみたいなところで勉強してたんですけど、その時に出会った英語の先生がいて、その先生が英語の授業の中で全く違う話をするんですよ、5分くらい。勉強は全然面白くないんですけど、その5分くらいの話が面白くて毎回。そこでは音楽の話だったり、文学の話だったり、それこそファッションの話だったり、いろんなことを教えてくれたんです。ある日、洋服を持ってきた回があって、その洋服が神田さんの洋服だったんです。それまではすごく名の知れた、例えばアニエスとかそういうブランドの話をしてたんですけど、まだ全然無名の学生で服を作っている人がいるって。その洋服が全然普通の洋服ではなくて、左右も非対称で、ちゃんとこう縫製もしっかりできていないような「ある未完成さ」を持った洋服なんですけど。でも、彼はここにそのコンセプトと思いを込めて1着1着にタイトルをつけて洋服を作るみたいな。僕、洋服にタイトルをつけるとか、洋服に思いを込めるみたいなこと聞いたこともなかったですし、ただ装うものだと思ってたので。大学にも行って、洋服を作るってことをしている人はどんな人なんだろうと思って。それで、その人に会いたいですっていうのを、授業が終わった後に話に行ったんですね。

 このほかにも、「アンリアレイジ立ち上げ」「パリコレ」「技術を取り入れる話」「横浜トリエンナーレ」「モデルの奥様の話」、そして「今後のアンリアレイジについて」など縦横無尽にトークが続いた。

 40分に渡るトークの全貌はコチラhttp://smart.usen.com/ch02494/


■公開情報
USENの音楽情報サイト「encore(アンコール)」
http://e.usen.com/

・SMART USENの「ジュルナルクボッチのファッショントークサロン」、第4回のゲストはアンリアレイジの森永邦彦さん!
第3回目のゲストはシップス顧問の鈴木晴生氏 久保雅裕氏の「ジュルナルクボッチのファッショントークサロン」
  2017/10/13 12:00 | ニュース


 USEN(東京、田村公正社長)が運営する音楽情報アプリSMART USENで配信中の「ジュルナルクボッチのファッショントークサロン」。ウェブメディア「ジュルナル・クボッチ」の編集長兼杉野服飾大学特任准教授の久保雅裕氏が、ファッション業界で活躍するゲストを招き、普段はなかなか聞けない生の声をリスナーに届けるが、アパレルウェブでは、その模様の一部を独占で紹介していく。第3回目のゲストは、シップスの顧問を務める鈴木晴生氏だ。


石田紗英子(いしださえこ、以下石田):こんにちは、お元気ですか。この番組はファッション業界のこの人に聞きたいという方にお越しいただいて、知られざる秘話や思いを伺い、その方の素顔に迫りたいと思います。1か月更新でお届けしています。それではナビゲーターをご紹介しましょう。『ジュルナルクボッチ』編集長で、杉野服飾大学特任准教授の久保雅裕さん。今日もよろしくお願いします。

<中略>

石田:さあ今日のゲストですけれども、セレクトショップ「SHIPS」の鈴木晴生さんです。どんな方なんですかね。

久保雅裕(くぼまさひろ、以下久保):業界の中でものすごい博識。知識の宝庫といっても良いぐらいの方でして。あちこちで講演会なんかもされたり、デパートだとかでトークショーなんかにも参加したりとか。今日は、いろんな歴史も含めて勉強させていただくつもりでおります。

石田
:はい、それではお招きいたしましょう。株式会社SHIPS 顧問、メンズクリエイティブアドバイザーの鈴木晴生さんです。どうぞお入りください。

鈴木晴生
(すずきはるお、以下鈴木):こんにちは、鈴木晴生です。今日は一日よろしくお願いします。

石田:よろしくお願いします。いやあ、なんて素敵な方なんですか、もうダンディズムですよね。

久保:そうなんです。でも、僕さっきお伺いしてびっくりした。御年〇歳。言っても大丈夫?ダメ?内緒(一同爆笑)。

<中略、少年時代の話>

久保:映画の話になってますけど。鈴木さん自身が、この映画をみたら、このシーンのこの衣装が今のこの時代で反映してるんだよ、みたいなとか、逆に学んで、今の時代にフィードバックされてるものがあるんだとか、そんな風な例で特別一つ上げるとすると…

鈴木:僕らの仕事からしても、やっぱりクロージングだとかね、重要になってくるじゃないですか。そうすると古典的なものもあるんだけど、比較的、世の中の人々がいいねっていうようなストライクゾーン入ってるもので、なおかつありそうでないようなところを描いてる『グレート・ギャッツビー』とかね。まぁメンズじゃラルフローレンがやってるし、レディスはアルドリッチ。賞をもらったのはアルドリッチなんですけどね。やっぱり同じ20年代を描いていても、やっぱり描き方が違うよね。あれも5回映画化されていて、今言ってるのは4回目ね。あのロバート・レッドフォードのやつですけども。まぁ後のディカプリオはディカプリオでいいんですけども。原作も何回も読んでます。やっぱり監督がどこを掘り下げようかっていうのによって全然違いますよね。そういうところでは『グレート・ギャッツビー』なんかは物腰とか服装の入れ具合とかね、色のハーモニーとか抜群ですかね。

石田:もう聞き入っちゃいますね。講義を受けているような気持ちになります。鈴木さんはやはりお兄さまお姉さま方に素敵な音楽や映画まで、教えていただいて、ファッションにもご興味を持たれたということなんですね。

久保
:ファッションだけじゃないすごさがあってですね、実は。僕がラスベガスに取材に行って、そのあとグランドキャニオンに向かって車走らせていたら、田舎の空港でクラシックな飛行機とクラシックカーを集めたイベントをやっていたんですね。それをちょこちょこと写真を撮ってフェイスブックにあげたら、途端に鈴木さんがB何型の改良型の何年製ですねってコメントが入ってきて、これ写真見ただけでわかんの?って。

鈴木:さっき言った飛行機を作っていたところとつながっているんですよ。

久保:それはプラモデルですか。



鈴木:いや、朴(ほお)の木で。朴っていうのは下駄の材料ですね。ああいう残木をもらってきて削って、作ったり。そういう先輩がいたんですよ。その真似をするっていうことですよね。それを作るっていうことは結局裏側がどうなっているかって知らないとだめでしょ?いわゆるディテールですよね。それでやっぱりこうこの世界にどんどんどんどん入っていくと。

久保:深めるところが違うなっていう。多分車とかもお好きなんでしょう?

鈴木:そうですね。

石田:観察力がすごいですよね。今も多分私たちの服装とか全部チェックされてるんじゃないですか。いつのまにか。

<中略>

石田:若い方々向けにメッセージを頂けたらと思うんですけど。

鈴木:まぁ今の皆さんのやり方があると思います。その時代時代のね。ただ言えるのは好きなことを磨いていく。それは仕事もそうだし、取り組むその人自身もそうだし。やっぱり追求。追求っていうとちょっと固いですけども、やっぱり掘り下げていくことが、充実させていくことが、ひとつヒントかなという風に思いますよね。

<中略>

鈴木:一言でいうとメンタリティを磨いて思いを伝えていくと。それはどういうことかっていうと、日々感じるものがあるじゃないですか、これよりこっちだ。なぜ?って言ったら、それを自分なりの言葉で答えられる。それは、自分が日々そういう風に思っているから。だから間違っていても良いんです。人によってそれが適さない場合もあるんですけど、でもそれは、そういう風に思ってることが重要ですよね。

<後略>

 このほかにも、「ヴァンヂャケット時代」「自分のブランドで米国進出」「接客の話」などをテーマに白熱したトークが続いた。



 40分に渡るトークの全貌はコチラhttp://smart.usen.com/ch02494/


■公開情報
USENの音楽情報サイト「encore(アンコール)」
http://e.usen.com/

・SMART USENの「ジュルナルクボッチのファッショントークサロン」、第3回のゲストはSHIPSのメンズ クリエイティブ アドバイザー、鈴木晴生さん!
UAとBEAMS ピンクリボン運動で寄付金付き商品を販売
  2017/10/10 18:04 | ニュース
 乳がんの正しい知識を広めることや早期発見を目的とするピンクリボン運動(10月1〜31日)に合わせ、ユナイテッドアローズ(東京、竹田光広社長)とビームス(東京、設楽洋社長)は、寄付金付き商品を販売するピンクリボンキャンペーンを10月31日まで開催する。

 ユナイテッドアローズは、CSR活動の一環として同キャンペーンを2008年から開催し、今年で10回目を迎える。今回のキャンペーンでは、売上げの5%が乳がん検診の啓発活動などに寄付されるキャンペーン商品を13点販売するほか、ウィメンズシューズ・バッグの下取りキャンペーンやランニングスペースの50%オフクーポンなどを配布するイベントの開催予定。イベント参加者数に応じた寄付を行う。


(左から)PINK RIBBON MONKEY 1,728円(税込)、BELTED CARDIGAN 14,040円(税込)、PON-PON SQUARE FLAT SHOES 9,180円(税込)


 ビームスは、同社のウィメンズレーベル「デミルクス ビームス(Demi-Luxe BEAMS)」と「エッフェ ビームス(EFFE BEAMS)」で、キャンペーンを実施する。同レーベルを取り扱う全国の33店舗で、キャンペーン対象商品14点を販売する。10月1日から31日の間に同商品の売上金額5%(税抜き)を、2009年に設立された乳がん体験者をサポートする一般社団法人KSHS(溝口綾子理事)へ寄付する。同社の公式オンラインショップでは、14点の商品に加え“Quelle Chance”のピンクリボンブレスレットを販売する。同商品はキャンペーン期間後も販売を継続し、売上の10%を同じく一般社団法人KSHSへ寄付する。


<Quelle Chance>ピンクリボンブレスレット 3,240円(税込)


 日本では乳がん患者が年々増加している傾向にあり、女性の30歳から64歳では乳がんが死亡原因のトップにある。2017年9月20日に更新された国立がん研究センターがん対策情報センター「がん情報サービス」の「最新がん統計」によると生涯に乳がんを患う日本人女性は11人に1人と予想される。身近な病気になりつつあるが、早期に発見し、適切な治療を行えば良好な経過が期待できる。



■ユナイテッドアローズ 公式サイト
http://www.united-arrows.co.jp/index.html


■ビームス 公式サイト
http://www.beams.co.jp/
東コレ参加組も 香港の注目ブランド14組が都内でバイヤー向け展示会
  2017/10/05 14:28 | ニュース


 香港デザイナーたちのグローバルな活動をサポートするためのプラットフォーム「ファッション ホンコン(Fashion Hong Kong)」(運営:香港貿易発展局)が現在、アパレルをはじめ、アクセサリーやバッグ、メガネ、シューズなどの香港ファッションブランド14組の最新コレクションを都内ショールーム「H3Oファッションビュロー(H3O Fashion Bureau)」で展示している。10月31日(火)まで。


 「ハリソンウォン(HARRISONWONG)」「ヘヴンプリーズ+(HEAVEN PLEASE+)」「Loom Loop(ルーム ループ)」「メイキン ン(Meiking Ng)」のアパレル4ブランドは10月17日、アマゾンファッションウィーク東京でランウェイショーも行う。

■参加ブランド:
HARRISONWONG/HEAVEN PLEASE+/Loom Loop/Meiking Ng/aogp/Big Horn/Cecilia Ma Couture/FAVE by kennyli/IIJIN/Methodology/MARIJOLI/MASE/MIDOTI by Sharon5/Novel Fineries


■関連記事
【インタビュー】香港ファッションを動かすデザイナーたち<1> メイキング・ン「メイキング ン(MEIKING NG)」
【インタビュー】香港ファッションを動かすデザイナーたち<2> ハリソン・ウォン「ハリソンウォン(HARRISONWONG)」
【インタビュー】香港ファッションを動かすデザイナーたち<3> ポーリー・ホー「ルーム ループ(LOOM LOOP)」
【インタビュー】香港ファッションを動かすデザイナーたち<4> ラリー・チョン&イ・チャン「ヘヴン プリーズ+(HEAVEN PLEASE+)」


■ショールーム:H3Oファッションビュロー
〒107-0062 東京都港区南青山6-7-5ドミール南青山 906号
https://www.h3otokyo.com/hong-kong-brands


■ファッション ホンコン(Fashion Hong Kong):
https://www.fashionhongkong.com
https://www.instagram.com/hktdcfashionhk

社会にインパクトを与えたファッションを展示するMoMA「Items: Is Fashion Modern?」展 限定アイテムを販売
  2017/10/03 12:08 | ニュース

チャンピオン(Champion)フーディー・MoMAエディション:65ドル



 米NY近代美術館(MoMA) は、20世紀から今日にかけて歴史や社会に強いインパクトを与えたファッションアイテム111点を展示する「Items: Is Fashion Modern?」展を開催している。10月1日から2018年1月28日まで。


 展覧会に伴い、MoMAデザインストアでは、展示されているアイコニックなアイテムからインスパイアされたユニークな限定商品を展開。ニューエラ(New Era New York)のニューヨークヤンキーズのウール素材のベースボールキャップは、サイドにMoMAのロゴ、反対側にはMLBの刺繍が施された、Made in USAの限定アイテム。フランス産のコットンを使用したアルモリュクス(Armor-Lux)のブレトンシャツや、メアリー カトランズ(Mary Katrantzou)、マルニ(MARNI)、リック オウエンス(Rick Owens)によりデザインされたシルクスカーフは各50枚限定での発売。


 レイバン(Ray-Ban)は、1937年に発売されたサングラス「レイバン アビエーター」を復刻。メイドインUSAで1,000個限定。スウォッチ(Swatch)からは美術館のロゴであるMoMAの文字を添えて、またチャンピオン(Champion)のフーディー、そしてイッセーミヤケ(Issey Miyake)は黒のシームレスニットを限定発売。その他にもタトリー(Tattly)より人気のデザインのタトゥーシールなど、展覧会の開催を記念するユニークな限定商品を発売している。


 これらの限定商品は期間限定でMoMAデザインストアやオンライン(store.moma.org)で購入することができる。また展覧会が開催される6階フロアでは、セレクトされた商品のショップも用意され、定期的に並ぶ商品が変わるという。2階フロアにある美術館のストア、MoMAデザインストアではすべての商品を購入することができる。



■販売アイテム(一部) Photo courtesy of Ilan Rubin


メアリー カトランズ(Mary Katrantzou)スカーフ:256ドル/限定50枚



マルニ(MARNI)スカーフ:360ドル/限定50枚



リック オウエンス(Rick Owens)スカーフ:400ドル/限定50枚



スウォッチ(Swatch)ウォッチ:60ドル/ブラックとホワイト2色



レイバン(Ray-Ban)アビエーターサングラス:180ドル/限定1,000個



イッセイミヤケ(Issey Miyake)シームレスニットシャツ:225ドル/ワンサイズ



ニューエラ(New Era New York)NYヤンキーズ ベイスボールキャップ:48ドル




■「Items: Is Fashion Modern?」開催概要
場所:ニューヨーク近代美術館(MoMA)
 11 West 53 Street, New York, NY
会期:2017年10月1日〜2018年1月28日

■米NY近代美術館 公式サイト
https://www.moma.org/

■MoMA デザインストア
44 West 53 Street, New York, NY (between 5th & 6th Aves.)
日-木曜日:10:00〜18:00
金・土曜日:10:00〜21:00

 | 次へ

最新記事

月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
QRコード
*このブログを携帯電話でもお読みいただけます!
*上のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
*こちらからも自分の携帯へURLを送れます。

http://apalog.com/report/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集
Copyright (C) apparel-web  サイト内の文章、画像などの著作権はapparel-webに属します。文章・写真などの複製、無断転載を禁止します。