「ディオール銀座」リニューアルオープン | アパレルウェブ取材|ファッション・アパレルのニュース


 
 アパレルウェブ > ニュース > 取材ブログ > 「ディオール銀座」リニューアルオープン
« 大人の可愛さをミックス提案する「aime(エイメ)」(「PLUG IN」展)(2/4) | Main | Des Pierre(ディス ピエール) デザイナー・大岩氏にインタビュー »
「ディオール銀座」リニューアルオープン
  2012/04/23 16:39 | ショップオープン
Christian Dior (クリスチャン ディオール)が、旗艦店である「ディオール銀座」をリニューアルオープンした。

優美でラグジュアリーな店内は、世界的建築家「ピーター・マリノ」によって設計された。フランスの美意識の真髄を表現した空間に彼自身がセレクトした様々なアーティストの作品が調度品として飾られている。



2階まで吹き抜けになっており、壁面を覆うスクリーンに流れるのは、映像作家「ヨラム・メヴォラッチ・オヨラム」のビデオアート。ムッシュ・ディオールの生誕地、グランヴィルの風景やディオールの過去、現在、未来を描いている。





エントランスのロビーの中央にはフランスのアーティスト「クロード・ラランヌ」による銀杏を模ったベンチが迎える。



2階はプレシャススキンとオーダーバッグを含むスモールレザーやスカーフ、そしてシューズ。





天井には「デビッド・ワイズマン」によるディオールゆかりのすずらんが飾られ、見る角度によって表情を変える。



3階は、レディースプレタポルテ、シューズが扱われ、ムッシュ・ディオールの自宅を訪れたかのような特別な雰囲気が演出されている。

ヴェルサイユ宮殿の庭園を映し出したビジュアルを背にプレタポルテがディスプレイされている。





シューズの部屋には、「フィリップ・ブラッドショー」によるチェーンを使って描かれた大きな絵画が飾られている。



4階はレディースのプレタポルテとVIPサロンが設けられている。
イブニングウェアのコーナーはグレーで統一され、落ち着きのある空間が演出されている。



アンテークの暖炉が置かれ、その上には「マーク・シェインクマン」のアートピースが掛けられている。



アートが好きなムッシュ・ディオールは、かのシュルレアリスムの代表的な作家ダリとも交友関係があったという。今回のリニューアルで、以前のコンテンポラリーな空気を残しつつ、クラシックな印象も加えられた。

dior
http://www.dior.com/

「ディオール銀座」に米倉涼子ら各界セレブリティ集結 フォトコール取材はこちら

リニューアルオープン記念 期間限定展示会 「LADY DIOR AS SEEN BY」展はこちら

最新記事

月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
QRコード
*このブログを携帯電話でもお読みいただけます!
*上のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
*こちらからも自分の携帯へURLを送れます。

http://apalog.com/report/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集
Copyright (C) apparel-web  サイト内の文章、画像などの著作権はapparel-webに属します。文章・写真などの複製、無断転載を禁止します。