【インタビュー】香港ファッションを動かすデザイナーたち<3> ポーリー・ホー「ルーム ループ(LOOM LOOP)」 | アパレルウェブ取材|ファッション・アパレルのニュース


 
 アパレルウェブ > ニュース > 取材ブログ > 【インタビュー】香港ファッションを動かすデザイナーたち<3> ポーリー・ホー「ルーム ループ(LOOM LOOP)」
« 【インタビュー】香港ファッションを動かすデザイナーたち<2> ハリソン・ウォン「ハリソンウォン(HARRISONWONG)」 | Main | 【インタビュー】香港ファッションを動かすデザイナーたち<4> ラリー・チョン&イ・チャン「ヘヴン プリーズ+(HEAVEN PLEASE+)」 »
【インタビュー】香港ファッションを動かすデザイナーたち<3> ポーリー・ホー「ルーム ループ(LOOM LOOP)」
  2017/08/09 10:40 | インタビュー
 香港では近年、地元ファッションデザイナーたちの活動を支援するプロジェクトが続々と立ち上がっている。“ファッション都市・香港”を掲げた国際トレードショー「第1回センターステージ」が2016年9月にスタート。また、工場地帯と知られる九龍湾には、若手デザイナーの育成・創業支援を行うためのインキュベーション施設「DIP(Design Incubation Programme)」を今年4月にオープンした。こうした動きの背景にあるのが、香港政府の後押し。香港政府は2016/17年度から3カ年で5億HKドルをファッション産業に投資することを発表。クリエーション振興を支えることによって、ファッション産業全体の経済活性化につなげる狙いがある。


 この取り組みに先駆け2015年に始動したのが、「ファッション ホンコン(Fashion Hong Kong)」だ。デザイナーたちのグローバルな活躍を目指し、香港貿易発展局が海外でのプロモーションやイベントを実施するプラットフォームで、香港の気鋭デザイナーたちが、台湾やNY、コペンハーゲンなどのファッション都市でコレクションを披露。日本でもジャパンファッションウィーク東京の公式スケジュールとして、2015年から毎年ランウェイショーやショールーム、ポップアップショップなどを開いている。


 豊富なチャンスを追い風に、香港のクリエーションはいま、どのような広がりを見せているのか。今年10月に東京で開かれる「ファッション ホンコン」への参加を予定している4組のデザイナーのもとを訪ねた。


■情報 「ファッション ホンコン」に参加する4組は、10月1〜31日の1カ月間、「H3O TOKYO」でショールーム展示会も行う予定。


ポーリー・ホー「ルーム ループ(LOOM LOOP)」



 ポーリー・ホーがデザインするウィメンズブランド「ルーム ループ」は唯一、東京で行われる「ファッションホンコン」に2015年から毎年参加している。



 東京でのショーについて「プレス、バイヤーからよい反応をいただいていたが、ビジネスにつながってきたのは2年目から」とホー。昨年10月のショー開催後には、東京千代田区のモード&ギャラリー麹町コレクションで約2週間ポップアップイベントを実施。また今年5月には、アッシュ・ペー・フランスによるセレクト業態デスティネーショントーキョー(ルミネエスト)やラフォーレ原宿で開かれた、香港の若手ブランドを集めた期間限定ショップに参加。いずれも好調なセールスを記録した。「バイヤーやフォトグラファーとの縁から仕事が生まれることも。東京でのネットワークが広がってきたのも嬉しい」と語る。





「LOOM LOOP」2017春夏コレクション




 オリエンタルでひと癖あるプリント柄を、エッジの効いたデザインで見せるのが「ルーム ループ」の魅力。それとともに、ブランドを語るのに欠かせない取り組みの1つが、伝統工芸とのコラボレーションだ。珠江デルタで300年以上の歴史を持つ広東シルクをドレスに使用したり、チャイナドレスなどにみられる飾り結びをつなげ、ロングジレやバッグのパーツとして取り入れるなど、手作業で丁寧に作られる技法を積極的に採用し、モダンなスタイルに昇華させていく。




紫の発色が美しい広東シルクのドレス。
泥を主原料とした天然染料で染めた独特のムラも特徴



飾り結びをモチーフにしたバッグ(奥)も人気



 「日本の着物に対する考え方がとても好き。ものづくりにストーリー性があり、歴史あるものを大切にする姿勢を感じるから。私も中国の伝統を伝承していくことに使命感を感じている」という。



 10月に東京で3度目のショーを行う。「新コレクションは、春が訪れ、新しい生命の息吹を感じさせる中国の旧暦からヒントを得ている」と語るホー。「東京では、信頼関係を長く築いていけるような取引先と出会いたい」と加えた。






◆デザイナーと香港を知るためのQ&A

―仲のいいデザイナーやクリエイターはいますか?
 2年前にコラボレーションした香港の有名な陶芸家ホン・ワー・ロー氏。彼が、「LOOM LOOP」2015春夏のコレクション・テーマ「Goldfish(金魚)」に合わせて作品を製作し、それを私たちのショップで1カ月ほど展示したのだけど、彼はその後、この作品をさらに発展させて、国際的なコンペティションで受賞した。また、台湾の大型書店チェーン「誠品書店」の企画として、台湾で中国式カリグラフィー・アーティストとして活動するトン・ヤンツェ氏とのコラボレーションも決まった。彼の作品にインスピレーションを受けたカプセルコレクションを10月半ばから11月末まで台湾で展示する予定。お互いの手法でコラボレーションすることは、とても面白いしチャレンジングなことでもある。今後もこうした取り組みには喜んで参加したい。



―今最もおすすめのエリアやお店は?
 上環(ションワン)にある太平山街は、地元香港のデザイナーや個人経営の素敵なお店があるからおすすめ。静かなエリアだし、ゆっくり散策するのにもぴったりだと思う。行くたびに面白いお店を発見できるのも嬉しい。古いものと新しいもの、西洋と東洋の建物が混在する街並みは、ほかにはない雰囲気。






―1人で過ごすのにおすすめの場所は?
 ヨガをやったりジムでジョギングをしたりするのが好き。スポーツをやっていい汗をかけば、周りの目は気にならないし、自分自身の呼吸とエクササイズだけに集中できる。私にとっては、これが1人でいるときの理想的な過ごし方だと思う。



―友人と過ごすのにおすすめの場所は?
 私の自宅が、友人たちと集まるにはベストな場所。外出する必要はなく、ただ家で過ごすの。シンプルでヘルシーな料理を作ったり、ワインを飲みながら、お喋りをしたり音楽を聴いて過ごす。とてもリラックスできるし、外の喧噪を気にすることもない。何よりレストランで周りの人から苦情を言われることもないから(笑)。



―香港の最も美味しいローカルフードは?お店の名前は?
 私が1番好きなのは、魚団子入り麺。安いのに美味しいのがいい。よく知られているローカルフードだから、香港の色々なお店のメニューに入っているけど、私のベストは、大埔(タイポ―)地区にある「蔡潤記」というお店にあるもの。



―香港の美しい景色といえば?
 中環(セントラル)と尖沙咀(チムサーチョイ)を行き来するスターフェリーに乗ると、香港の最も美しい風景が見られるし、すごく楽しい。小さい時はいつも乗っていたけど、料金もリーズナブル(大人片道2HKドル〜)だし、フェリーから見える景色は最高。ヴィクトリア湾からの自然な風や匂いを感じることもできるから、ぜひ乗ってみて。





―香港に住んでいるメリット&デメリットは?
 香港はメトロポリタンな街だから、世界のあらゆるものが手に入る。イタリア料理から日本料理、インド料理まで食べられるし、お店も、規模の小さいものから専門店までさまざま揃っている。そして、世界有数の金融都市だから、何か事業を始めるには最適な場所だと思う。ただその反面、ものごとの流れが速すぎて、プレッシャーを感じることもある。特に私たちのようなデザイナーにとっては、プレッシャーを感じやすい環境かもしれない。好きなものや、やりたいことだけをやることは、難しい。市場のニーズに応えていくことも必要なのだと思う。



■「LOOM LOOP」
 http://www.loom-loop.com/


最新記事

月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
QRコード
*このブログを携帯電話でもお読みいただけます!
*上のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
*こちらからも自分の携帯へURLを送れます。

http://apalog.com/report/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集
Copyright (C) apparel-web  サイト内の文章、画像などの著作権はapparel-webに属します。文章・写真などの複製、無断転載を禁止します。