【インタビュー】「CHAN LUU」デザイナー チャン・ルー 夢を実現したデザイナーの次の20年 | アパレルウェブ取材|ファッション・アパレルのニュース


 
 アパレルウェブ > ニュース > 取材ブログ > 【インタビュー】「CHAN LUU」デザイナー チャン・ルー 夢を実現したデザイナーの次の20年
« 会場をベルサール渋谷ファーストへ移して開催 モード・イン・フランス | Main | 鉄砲や甲冑がアイコン 創業300年の仏バッグメゾン「フォレ ル パージュ」 東京・銀座に直営店オープン »
【インタビュー】「CHAN LUU」デザイナー チャン・ルー 夢を実現したデザイナーの次の20年
  2016/12/20 09:00 | インタビュー



 ビーズや天然石を使ったブレスレットが人気の米国発ファッションブランド「チャン ルー(CHAN LUU)」が誕生から20周年を迎えた。繊細な手仕事とコンテンポラリーなデザインは、セレブリティーたちの間で話題となり一躍ブームに。持ち前の行動力も手伝い、ベトナム生まれのチャン・ルー氏がたった1人で立ち上げたブランドは今、日本はもちろん世界中に多くのファンを持つ。アメリカン・ドリームを叶え、さらに社会貢献にも力を注ぐデザイナーが、次に見据えるものは?来日したチャン・ルー氏に聞いた。



たった1人で立ち上げた「チャン ルー」が世界的ブランドになるまで


デビュー20周年を記念し、11月には都内でイベントが行われた



――20周年を迎えた率直な気持ちを聞かせてください。

 まさに、“Dreams come true(夢がかなった)!”という気持ちです。この20年で人生のあらゆるゴールを達成しました。素晴らしい会社を立ち上げ、こだわりを持って美しい商品の数々を作り、グローバルな市場においてコンテンポラリーブランドとしてのポジションを築くことができました。とても満たされているなと感じます。


――グローバル・ブランドとしてここまで成功すると想像していましたか?

 いいえ、まったく。心の声に正直にやってきただけですから。もちろん成功を夢見てやってきましたが、今のこの状況は想像していませんでした。ただし、目標に対して情熱を持ち、粘り強くやり抜くという姿勢はずっと変わりません。これが成功の秘訣かもしれませんね。


――「チャン ルー」を始めたきっかけを改めて教えていただけますか?

 子供の頃から、すでにデザイナーになる兆候があったと思います。色や形、肌ざわり、そして匂いまで(笑)、あらゆるものを敏感に感じ取り、感情を動かされることが多かったんです。そして手先がとても器用でした。籠を編んだり、料理を作ったり、手で作れるものは何だってできました。今目の前にいるあなたが席を外し、振り向いた次の瞬間には、1つ何かを作り上げているといった感じです(笑)。


――チャンさんの生活そのものがブランドを作り上げているのですね。

 私自身のパーソナリティーによるところが大きいと思います。デザイナーになることはごく自然な流れといえるでしょうね。


――ビジネスとして成功させるためには、苦労もあったのでは?何か転機はありましたか?

 私はとても幸運に恵まれているし、ビジネス感覚も持っていると思います。完璧主義なところがあって、最初の9年間くらいは、誰に頼ることもなく、何でも自分1人でこなしていました。でも会社が大きくなるにつれ、それが難しくなってきたんです。すべて自分で、しかも完璧にこなしていたから、疲れ果ててしまったんですね。大きなビジョンがありましたし、会社を成長させたいと思っていたので、そのためには、きちんと再構築しなければいけないと判断したんです。会社にとってキーパーソンとなる人たちを招き入れました。優秀なCFOと営業担当にオペレーションを担当してもらうことで、私自身はクリエーションに専念できるようになりました。それが、ブランドにとっても大きなターニングポイントといえますね。


「チャン ルー」ブームのきっかけとなったラップ・ブレスレット



――多くのセレブリティーたちを魅了している「チャン ルー」ですが、その理由はなんだと思いますか?

 第1の理由は、私自身がカリフォルニアに住むデザイナーであるということ。カリフォルニアはセレブリティーたちが住む、まさに中心地となる場所です。LAにショールームがあるのですが、多くのスタイリストがスターたちのアイテムを選びに訪れます。第2の理由は、私の友人の多くがセレブリティーであるということ。私自身がセレブリティーたちの世界に深く関わっていたので、その友人たちが「チャン ルー」を身に着けてくれたというわけです。


――マーケティングをする必要がなかったのですね。

 まさに私自身がプレスですね(笑)。特別なPR活動をすることはありませんでした。ラップ・ブレスレットがヒットした時は、多くの雑誌が取り上げてくれたので、それだけで大きな宣伝になりました。ジェニファー・アニストンからレディー・ガガまで、本当に多くのセレブリティーが「チャン ルー」を身につけてくれました。セレブリティーたちのスタイルは、常に世界から注目されています。ギフトに向いていることも大きかったですね。カリフォルニアのライフスタイルを表現したブランドが、インターナショナルなブランドへと変身を遂げることとなりました。



「1人助ければ5人を救える」 エシカル活動を後押しした言葉


ハイチ支援のために立ち上げたライン「チャン ルー エシカル・ファッション・インターナショナル」



――ブランドを通してさまざまな社会貢献活動をされていますが、そのきっかけはなんだったのでしょうか?

 社会活動家として活動しているセレブリティーの友人がとても多かったんです。富裕層である彼らは、当たり前のこととして社会貢献をしているのです。私自身も常に社会貢献をしたいと考えていました。私はデザイナーですし、デザイン活動を通して社会貢献をはじめ、それが今でも続いています。毎年10月のピンクリボン(乳がん啓発活動)月間には、売り上げの10%を寄付しています。国連でのエシカル活動については、関連機関であるエシカル・ファッション・イニシアティブが声をかけてくださったのがきっかけです。


――エシカル・ファッションといえば「チャン ルー」の名前があがります。それに対してはどう感じていますか?

 とてもポジティブに受け止めています。2010年のハイチ地震の被害者を救うために設立されたクリントン・ブッシュ・ファウンデーションが、私をハイチでの支援プロジェクトに招待してくれました。さらに、そこでエシカル・ファッション・イニシアティブの方々に会ったのです。職人さんたちとスムーズな生産体制を構築していくのは非常に難しいのですが、「チャン ルー」は多くの職人たちと取り組みを行うなかでそのノウハウがありました。国連では、アフリカの職人たちと組み、救うことのできるジュエリー・デザイナーを探していたそうです。ニューヨークにある私のショールームに来て、手仕事によるアクセサリーにとても感動してくれた国連の方は、「あなたにならできる」と言ってくれました。


 ですが、エシカル・ファッション・イニシアティブに招待されて向かったナイロビの状況は悲惨なものでした。何百万人という人たちが、ひどい貧困に陥っていたのです。本当に多くの子どもや女性たちが、生活ができずに苦しんでいる。そのあまりに悲惨な状況を前に、何をするべきかわからなくなってしまいました。そこで、国連の方に言われたのが、「1人をスラムから救い出せば、その周りにいる家族5人を助けられる」という言葉。そこで、エシカル活動に参加することを決心したのです。今は1,200人の職人さんと取り組みをおこなっています。1,200人の方を手助けできれば、5,000人以上の人を救うことができているということ。自分にできることから始めた活動ですが、現在の状況を作れたことに誇りを感じています。


 3年前の2013年には、アフリカの開発をテーマにした「第5回アフリカ開発会議」が横浜で開かれ、私はエシカル・ファッションに関するスポークス・パーソンとして招かれました。エシカル・ファッションがテーマになる際、いつもこうしたオファーをいただけるのはありがたいですね。私が行ってきた活動が、多くの人々にインスピレーションを与え、エシカル活動のムーブメントに参加するきっかけを作ることができるからだと思います。


 この会議では、エシカル・ファッションという言葉の代わりに、「レスポンシブル・ファッション」という言葉を使います。レスポンシブル・ファッションとは、地球温暖化や世界中で起きている貧困に対して、責任があるものと捉え、ファッションを通して解決していこうとするものです。貧困が起きると、それに伴い怒りや暴力が起こります。もし、サステイナブルな生活が実現し貧困を減らすことができれば、そうした暴力や悲劇も減らすことができるのです。現在、このムーブメントは大きくなり、いい流れが生まれています。私の場合、貧困に苦しむ人たちの雇用を創出するなど、デザイナーとしてチャレンジするべきことがたくさんあると感じています。


――20年の間に、消費者のライフスタイルにも大きな変化がありました。より本質的・実質的なものを求めるなかで、エシカル・ファッションに対する理解も深まってきたように感じますが、ブランドを取り巻く環境も変わりましたか?

 ファストファッションをはじめ、多くのファッション商品があふれるなか、それに惑わされることもあるでしょう。ですが、私の経験では、消費者の多くは、自身が信頼しているもの、背景にしっかりとしたストーリーを持つ商品をサポートしたいと感じています。エシカル・ファッションが本当に高い関心を集めるようになりました。


 数年前、バーニーズで店頭イベントを行ったのですが、来てくださったお客様が口々に、「ありがとう」と私に言ってくださるのです。「チャンさん、私もあなたのように世界で起きている問題に対して何かをしたいのですが、私は有名でもないし、何をしていいのかわからないのです。だから、あなたの商品を買うことで、社会に貢献していると感じることができるのです」というのです。お客様自身も誰かをサポートしたいと感じています。これは日本だけでなく、米国でもヨーロッパでも同じ。とても素晴らしいことだと思います。


 エシカル・ファッション・イニシアティブでチーフ・アドバイザーを務めるシモーネ・チプリアーニが、エシカル・ファッションについて日本の文化服装学院で講義をしたと聞いています。米国のFIT(ニューヨーク州立ファッション工科大学)でもエシカル・ファッションの授業が行われていますし、教育の現場でもムーブメントは起きていますね。また、ワシントンD.C.では毎年、ファッション・ファイツ・パバティー(FASHION FIGHTS POVERTY)という大きなイベントが開かれ、リサイクルや温暖化対策、雇用創出による貧困脱却などの課題について話し合われます。そして、エシカル・ファッション・イニシアティブでは、ステラ・マッカートニーやヴィヴィアン・ウエストウッドといったデザイナーたちが関わっていますね。エシカル・ファッションの広がりを感じます。


ファンと会うことで、自分自身を再確認する


ファンとの会話を楽しむチャン・ルー氏(渋谷モディ店)



――日本での店頭イベントでファンの方々との会話や写真撮影などに気さくに応じていらっしゃる姿をよく拝見します。ファンとのエンゲージメントをとても大切にされているのですね。

 はい。ファンがいてくださってこその私だと考えています。そして、実際に会うことで、お互いをよく知ることができます。私のために足を運んでくださって、緊張しながら話しかけてくださったり、とても感激してくださったりする姿は、とてもスウィートです。そんなファンの皆さんと過ごす時間は、私にとっても大切で素晴らしい経験なのです。彼らがいてくれることで、私はデザイナーとしての自身の存在を改めて確認することができるのです。有名になると態度を変えてしまうデザイナーも中にはいるけれど、私にはその理由がわからないです。


――男性ファンが多いことにも驚きました。

 ええ、彼らはとてもクールですね。メンズラインは、もともとセレブリティーやロックスターたちがユニセックス感覚で付けてくれていたことがきっかけで始まりました。ですが、日本の男性ほど、おしゃれに使いこなしている姿はほかの国では見ません。日本の男性が愛用してくださることによって、本格的にメンズラインを広げたのです。


――さまざまな国を旅し、さまざまな人との出会いを経験されている。デザインをする上でのインスピレーションになっていますか?

 旅した国々のカルチャーや、職人さんたちによる伝統技術などから多くのインスピレーションを受けます。でも、ロンドンに行けば、ヴィクトリア&アルバート博物館でロックの歴史に触れ、刺激を受けることもある。私のインスピレーション源は、至るところにあります(笑)。



“歩くアメリカン・ドリーム”と呼ばれて

――デザイナーをやっていてよかったと感じることはありますか?

 たくさんありますが、エシカルなブランドとして、多くの方の人生を変えることができたことです。また、美しい商品を通し、私自身のビジョンを再確認できたことです。愛や情熱を注いでいることが結果につながっているので、日々大きな喜びを感じています。「チャン ルー」という会社を通じて、私自身の夢を叶えることができました。皆さん、私のことを”歩くアメリカン・ドリーム“と呼ぶんです(笑)。


――「チャン ルー」のほかにない強みは何でしょうか?

 商品1つひとつにストーリーが見えることではないでしょうか。私は世界中を旅していますが、世界各地のカルチャーに触れ、感じたことをシェアし、商品に落とし込んでいます。多くのお客様が「あなたのプロダクトを通して、私自身も世界中を旅しているような気分になるのです」と言ってくださるのです。お客様は私に対し、とても忠誠心があり協力的です。商品の背景に見える私自身の愛や情熱を感じ取ってくださる、それがこのブランドの強みですね。もちろん、私はリサーチや努力は怠りませんし、現場主義、そしてクリエイティブです。これは誰にも真似できないと思いますよ(笑)。


――チャンさん自身が多くの方に影響を与えているのですね。

 「Where there is a will, there is a way.(意志があるところに道は開ける)」という言葉があります。自分自身のやっていることを信じていれば、何でも生み出すことができると考えています。アメリカでは、私は女性であり、マイノリティーであり、移民という立場。ですが、私自身のやってきたことに信念を持ち、やるべきことを徹底的にやり抜くという姿勢で、作りたいものを作ってきました。私の活動に対して、特に女性たちは大きな刺激を受けているようです。


インドの手染めファブリックなどハンドメイドの素材にカルフォルニアのモダンなエッセンスを加えたホームコレクション。日本限定アイテムも



――近年では、ホームコレクションが発表されたり、お店が増えたり、日本のファンにとって嬉しいニュースが続いていますね。さらに20年後、「チャン ルー」というブランドはどうなっているでしょうか?

 次の20年。とても長いですね(笑)。ですが、これまでのブランドの歴史を通して、「チャン ルー」は常にイノベーティブでクリエイティブ、そして新しいアイディアを生み出してきました。この姿勢は変わりません。そして、私たちの現在の目標は、直営店舗を増やすことです。直営店を増やすことで、ブランドの世界観をより深く表現したいと思っています。今年は日本をはじめ、サンタモニカなど米国でも店舗が広がりました。来年も直営店のオープンを予定しています。


――ベトナムやインド、ハイチ、アフリカ諸国などあらゆる国々の職人さんたちと取り組みを行ってきましたが、今後もその取り組みは広がるのでしょうか?

 市場では商品のクオリティーが求められていますので、一定の品質レベルを保てるような職人たちと取り組みをする必要があります。ビジネスを一緒に行える組織として機能するには、多くのトレーニングもしなければなりません。ケニアの職人さんたちと組んでいるのは、国連が彼らを組織としてきちんと運営できているからです。一方、ハイチの場合は国の状況そのものがとても悲惨です。政府と国民の間に隔たりがあり、お互いの関係がとても希薄です。国民は何でも自分たちでやらなければなりません。この状況を打破しようと政府関係者に掛け合ったことがありますが、なかなか応じてもらえず歯がゆい思いをしたこともありました。このような状況だから、ハイチでは悲劇が続いているのでしょう。


 ですから、どういう職人たちと取り組むかは、プロジェクトによりますね。もちろん、日本の職人さんたちともぜひ何か取り組みをしてみたいです。京都を旅行した際には、数々の伝統技術を目にし、感銘を受けました。


――この20年の間に多くのゴールを達成し、まさにアメリカン・ドリームを叶えたチャンさんですが、さらに叶えたい夢や手に入れたいものがあるとしたら、それは何ですか?

 “Give back as much as I could”。可能な限りお返しをしていきたいと思います。


今年3月にオープンした大型施設・東急プラザ銀座にも出店




チャン・ルー ベトナム生まれ。ベトナム戦争を機に1972年渡米。ボストン大学で経営学を学び、その後、LAへ移住。1975年、名門大学ファッション・インスティテュート・オブ・デザイン&マーチャンダイジング(FIDM)でファッションデザインの学位を取得。卒業後、LAのローリングヒルズエステートにブティックをオープンし、ヨーロッパで買い付けた洋服やアクセサリーの販売を始める。フリーマーケットで発掘したビンテージのビーズや布からインスピレーションを得て製作したジュエリーが人気となり、1996年に自身のブランド「CHAN LUU」をスタート。




最新記事

月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
QRコード
*このブログを携帯電話でもお読みいただけます!
*上のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
*こちらからも自分の携帯へURLを送れます。

http://apalog.com/report/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集
Copyright (C) apparel-web  サイト内の文章、画像などの著作権はapparel-webに属します。文章・写真などの複製、無断転載を禁止します。