スタートトゥデイ「WEAR」が初の海外進出 5月21日から台湾でサービス開始 | アパレルウェブ取材|ファッション・アパレルのニュース


 
 アパレルウェブ > ニュース > 取材ブログ > スタートトゥデイ「WEAR」が初の海外進出 5月21日から台湾でサービス開始
« グラフィティーアーティストのスティーブン・パワーズ氏が語る「原宿へのラブレター」 | Main | 個性派パーツ2000種類 米の人気DIYアクセ「ブルックリンチャーム」 東京・原宿に日本1号店 »
スタートトゥデイ「WEAR」が初の海外進出 5月21日から台湾でサービス開始
  2014/04/30 15:57 | ニュース


 スタートトゥデイ(本社:千葉県千葉市、前澤友作代表)が運営するスマホ向けファッションコーディネートアプリ「WEAR(ウェア)」は初の海外展開として、5月21日から台湾でサービスを開始する。台湾では言語対応したWEARアプリにて、日本でのサービスと同様に、「コーディネートレシピ機能」や「マイクローゼット機能」「SNS機能」が利用可能。台湾国内での目標ダウンロード数は100万ダウンロード。

 台湾はSNSの普及率が高く、日本のファッション文化との親和性が高いことから、サービス開始に至った。サービス開始時には、facebookで70万以上の「いいね!」数を集めるファッションECサイト「PAZZO(パッゾ)」や、「LOVFEE(ラッフィー)」など10サイトがWEARに参加することが決定しており、各サイトの商品情報とWEARのデータを連携させる。

 おもな参加ブランドは、GRACEGIFTやJOYRICH、KBF、LOVFEE、MISCHIEF、Stussy Taiwanなど。facebook上で20万人以上のフォロワーを持つモデルのKerinaやCindy、Vianneなど、影響力が強くファッション感度の高い40人以上の著名人をWEARISTA(※)として起用した。

 また台湾でのサービス開始に伴い、日本・台湾両国で投稿されたコンテンツはWEAR上で横断的に閲覧・検索することができるため、WEARに掲載されているブランドやWEARISTAにとっては、国を超えてアピールの場として活用することができるのも大きな利点となる。

 台湾でのサービス展開を皮切りに、今後もアジア諸国や欧州での展開も予定している。

(※)「WEARISTA」:タレント、モデル、デザイナーなど、ファッション感度の高い著名人の中から起用したWEAR公式のファッションリーダー。

最新記事

月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
QRコード
*このブログを携帯電話でもお読みいただけます!
*上のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
*こちらからも自分の携帯へURLを送れます。

http://apalog.com/report/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集
Copyright (C) apparel-web  サイト内の文章、画像などの著作権はapparel-webに属します。文章・写真などの複製、無断転載を禁止します。