三陽商会70周年 京鴨ダウンと100年コートで“日本メイド”打ち出す | アパレルウェブ取材|ファッション・アパレルのニュース


 
 アパレルウェブ > ニュース > 取材ブログ > 三陽商会70周年 京鴨ダウンと100年コートで“日本メイド”打ち出す
« 「エンポリオ アルマーニ」旗艦店オープン記念―モデル体験イベント「MY PICTURE MY STATEMENT」を開催 | Main | アレキサンダー・マックイーン アクセサリーストア  六本木ヒルズにオープン »
三陽商会70周年 京鴨ダウンと100年コートで“日本メイド”打ち出す
  2013/04/11 21:26 | ニュース

「100年コート」


 三陽商会は、今年で創業70周年を迎えるのを記念し、2013秋冬紳士服企画で、京鴨のダウンを使用した「京鴨ダウン」と、「100年コート」と題した定番トレンチコートを打ち出す。いずれも素材や仕様、縫製など品質の高さと日本生産にこだわったアイテムだ。

 「100年コート」は、同社が設立70周年を迎えることを機に策定した企業スローガン“TIMELESS WORK.(タイムレス・ワーク)ほんとうにいいものをつくろう。”にあわせて製作したもの。「100年コート」というネーミングには、「時が経っても変わらないものづくりへのこだわり」(同社)を表現した。

 素材や仕様、付属、縫製などすべてメイド・イン・ジャパン。表素材には耐久撥水・耐久撥油のGIZAコットンギャバを使用。サイドの貫通ポケットや、着心地のよいスプリット・ラグラン・スリーブを取り入れた。付属には、静電気防止素材と吸湿発熱布を使用したライナーに、ロゴ入りの本水牛ボタンを使用。さらに国内で唯一のコート専業工場・サンヨーソーイング青森工場で縫製を行うというこだわり。コートブランド「サンヨー(SANYO)」でレディスとあわせて販売。ウェブサイト上では、同アイテムの製作過程をストーリー仕立てにした映像「100年コートのつくり方」も公開中だ。


縫製や素材へのこだわりを見せる「100年コート」



「100年コートのつくり方」



 「京鴨ダウン」は、70周年記念企画「ジャパン・クオリティー」の一環として打ち出す。使用する京鴨は、京都で手をかけて育てられた希少性の高い食用鴨肉で、通常は羽毛衣料に利用されることはないもの。日本の老舗メーカー・河田フェザーに依頼し、ダウンの反撥力を示すフィルパワー700(一般的な高品質ダウンは550)のダウンを開発した。

 「ザスコッチハウス」「アレグリ」「イルファーロ」「サンヨー」「フランコプリンツィバァリー」の5ブランドで販売する。価格は4万3,000円〜9万5,000円。




「京鴨ダウン」


■三陽商会
三陽商会 設立70周年を機にタグライン制定


最新記事

月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
QRコード
*このブログを携帯電話でもお読みいただけます!
*上のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
*こちらからも自分の携帯へURLを送れます。

http://apalog.com/report/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集
Copyright (C) apparel-web  サイト内の文章、画像などの著作権はapparel-webに属します。文章・写真などの複製、無断転載を禁止します。