【東コレ2013秋冬=5日目】「愛」とひねりを加えたビューティフル・トラッド | アパレルウェブ取材|ファッション・アパレルのニュース


 
 アパレルウェブ > ニュース > 取材ブログ > 【東コレ2013秋冬=5日目】「愛」とひねりを加えたビューティフル・トラッド
« 「アディダス」初のガールズキャンペーン 豪華スポーツ体験が当たる抽選も | Main | ZOZOVILLA内に「eYe COMME des GARONS JUNYA WATANABE MAN」オープン »
【東コレ2013秋冬=5日目】「愛」とひねりを加えたビューティフル・トラッド
  2013/03/22 10:00 | コレクション


ビューティフルピープル
(beautiful people)会場であるグランドハイアット東京のシガーバー「MADURO」は、レザーのゆったりとしたソファーが用意され、ドリンク、アラカルトでもてなすというサロンのような雰囲気に包まれた。ジャズバンドによる演奏でムードが最高潮に高まるなかショーはスタートした。
 テーマは「Whole lotta Love(胸いっぱいの愛を) 」。葉巻を燻らせ、演奏に合わせてゆったりと会場を歩く演出で、トラッドでありながらフォーマルな印象を与える、これまでよりも大人っぽい展開。ウィメンズでは、ハート型をモチーフにしたピーコートやクラッチバッグ、メンズではピンクのダッフルコートが登場した。ショー後には、デザイナーの熊切秀典氏率いる「ザ・ビューティフルピープルズ」によるライブが行われ、「胸いっぱいの愛を」とメッセージを込めたコレクションとなった。




シアタープロダクツ(THEATRE PRODUCTS) 
デザイナー中西妙佳氏の退任後、アクセサリーラインから藤原美和氏をデザイナーに迎え、竹内昭氏との2人体制となった新生シアタープロダクツのファーストコレクション。

テーマを「FRIDAY.」とし、働く女性の一日の中で起こる気持ちの変化、週末への心の盛り上がりをオンとオフに分けて表現。ミニマルなルックに、ノートやカギ、リップスティックやコームなど多彩なモチーフのアクセサリー・小物を使い分けることによって自分らしく演出する提案をした。

またアイウェアは、今回が初披露となる「Zoff(ゾフ)」とのコラボレーションアイテムで、6月中旬に予約発売を予定している。


ソマルタ(SOMARTA) 先シーズンはアールヌーヴォーをテーマにした「ソマルタ」。今回はそれに引き続きアールデコを作品に落とし込んだ。会場も都内で数少ないアールデコの建物である自由学園明日館で行った。アールデコ的な鋭角デザインやカットが多く見られ、硬質的な石をイメージしたメタリックな素材を使ったルックが登場した。先シーズンに引き続き花のデザインも多く見られた。またミンクやフォックス、ラビットのファーを使用。更にファーとニットを混ぜたような新しいテクニックも入れ、エレガンスとラグジュアリーをソマルタ流にまとめた。




ウノ ピュ ウノ ウグァーレ トレ(1 piu 1 uguale 3) グラマラスなメンズラグジュアリーブランド「AKM」のデザイナー小澤 智弘が濃密な時間をかけ、ついに始動したプライベートブランド「1 piu 1 uguale 3 (ウノ ピュ ウノ ウグァーレ トレ)」。
 一切の妥協を許さない「一着入魂」として構築される圧倒的なクリエイションの数々は、村上淳、富永愛、土屋アンナという豪華なゲストモデルたちを迎え華々しく披露された。大量のスモークと微かなタバコの香りが漂う中、極上の素材で紡ぎ出すラグジュアリーな大人の不良スタイルを見せた。


10人の台湾クリエーターが合同でコレクションを発表


 台湾テキスタイルフェデレーションが経済部国際貿易局の協力のもと、「Creative Taiwan 2013 AW(クリエイティブ タイワン)」を発表し、台湾の10ブランド(Austin.W/chiehms/Envol Avec Ning/etre/fu yue/Just In Case/MISCHIEF/TRAD Philosophy/VIVACITA/wisdom)がショーを一同に展開した。
 ブランドの持つイメージを明確に表した三体ずつのルックを披露することによって、それぞれの台湾のクリエイターの世界観を全面に打ち出していった。すでに開発され世界規模へと発展した日本のファッション市場で挑戦することによって、ブランドの認知度を高めていき、自国台湾のファッション市場の発展を目指したいと語った。
 ベルサール渋谷ガーデンで3月19日から22日までの4日間合同展示会も同時開催している。


神出鬼没という新手のプレゼンテーション手法


 HARRY &TYLER(ハリー&タイラー)はデザイナー本人達が自らアイコンとなり展開するブランドだ。ルームスリンク内にブースを設けず、ふらふらと場内を徘徊し来場者の注目を集めている。
 去年の秋冬から発表している同ブンドは、ファッションに対して新しい切り口を模索しながらも、常に自分たち自身も楽しめる服を作っている。今回のテーマは「POLAR GENTLEMAN(北極紳士)」。北極にしかいない紳士をイメージし、ホッキョクグマの毛皮から着想を得たジャケットを着ている。今後もまず楽しむことを優先し、ハリー&タイラーらしいファッションスタイルを追求していくようだ。

------------------------------------------------------------------
【きょう3月22日(金)のコレクションスケジュール】
------------------------------------------------------------------

 ・A DEGREE FAHRENHEIT(エーディグリーファーレンハイト)天津憂
 ・JUN OKAMOTO(ジュンオカモト)岡本順 
 ・LAMARCK(ラマルク)森下慎介
 ・YUMA KOSHINO(ユマ コシノ)小篠ゆま
 ・Yukiko Hanai(ユキコ ハナイ)花井幸子
 ・NITZ SCHNEIDER(ニッツ シュナイダー)久賀俊介
 ・yoshio kubo(ヨシオ クボ )久保嘉男 
 ・fur fur(ファー ファー)チダコウイチ <Creative Director> 
 ・RITSUKO SHIRAHAMA(リツコシラハマ)白浜利司子 
 ・G.V.G.V.(ジーヴィージーヴィー)MUG

------------------------------------------------------------------

最新記事

月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
QRコード
*このブログを携帯電話でもお読みいただけます!
*上のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
*こちらからも自分の携帯へURLを送れます。

http://apalog.com/report/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集
Copyright (C) apparel-web  サイト内の文章、画像などの著作権はapparel-webに属します。文章・写真などの複製、無断転載を禁止します。