【シンガポール特集vol.4】 進出する日本企業 | アパレルウェブ取材|ファッション・アパレルのニュース


 
 アパレルウェブ > ニュース > 取材ブログ > 【シンガポール特集vol.4】 進出する日本企業
« 「サティスファクション ギャランティード」ファン数300万人突破&インド進出 | Main | ランバン オン ブルー 2013年春夏コレクション展示会 »
【シンガポール特集vol.4】 進出する日本企業
  2012/11/19 15:14
ここ数年で、飲食、アパレル分野などで、日本企業が相次いで進出しているシンガポール。各企業の、シンガポールにおける出店状況や現地消費者からの反響などをまとめた。


ユニクロ


ユニクロ ブギスプラス店


2008年8月にシンガポールに合弁会社を設立し2009年4月からシンガポール市場への出店を開始した。東南アジアの中では、シンガポールが初めての進出先となる。第1号店となる「タンパニーズ ワン店」のオープン時は、11日連続で入場制限を行うほど、現地で話題となった。

日本と「商品ラインナップは特に変えていない」そうで、冷房がきついことや、年2回程度海外旅行に行く国民性もあり、フリースやヒートテック、ウルトラライトダウンなどの冬物衣料も売れており、売れ筋が日本と違うということはないという。


■シンガポールでの店舗数:7店(プラザシンガプーラ店、ブギスプラス店、パークウェイパレード店、コーズウェイポイント店、ビボシティ店、313@サマセット店、アイオンオーチャード店、タンパニーズワン店)

■シンガポール最大店舗の面積:ブキスプラス店 1,818平方メートル(550坪)

■現地での運営会社:UNIQLO (SINGAPORE) PTE. LTD.(2008年8月設立、株式会社ファーストリテイリング51%、Wing Tai Retail Pte. Ltd.49%)

http://www.uniqlo.com/sg/




ポイント


2012年10月にオープンした「LOWRYS FARM Plaza Singapura」(店舗面積111.9坪)


2003年の台湾出店から、香港、中国に展開を広げ、海外市場へのさらなる進出の足掛かりとして、2012年3月にシンガポール初出店。「ローリーズファーム」「ジーナシス」「ヘザー」「レイジブルー」「ハレ」の5ブランドを集積した「collect point ISETAN orchard」をオープンした。

続いて出店した「LOWRYS FARM Bugis+」「LOWRYS FARM Plaza Singapura」「LOWRYS FARM VIVO CITY」の3店舗はいずれもローリーズファーム屋号で、おもに「ローリーズファーム」「レイジブルー」「ヘザー」の複合店として展開している。

 基本的には日本と同じラインナップだが、気候や色彩感覚に合わせた別注商品を投入している。この時期の日本のように、ニットや冬物アウターは主力になりにくく、柄のレギンスやタンクトップなど、競合にはない個性と付加価値のある商材が 定番として今の時期でも受け入れられている。メンズでは日本と同様、カットソー素材のアウターの反応が非常によいという。


■シンガポールでの店舗数:4店(「collect point ISETAN Orchard」「LOWRYS FARM Bugis+」「LOWRYS FARM Plaza Singapura」「LOWRYS FARM VIVO CITY」)




無印良品(MUJI無印良品)


MUJI無印良品 パラゴン店


 1991年に、ロンドンのソーホー地区に海外初出店して以来、現在、海外には21ヶ国、180店舗にて展開している(2012年8月3日現在)。シンガポールには、2003年4月にブギス店に1号店をオープンし、現在5店舗運営している。

 シンガポールの店舗も、日本の店舗と同じ品揃えで展開しており、新規商品はできるだけ日本と同じタイミングで販売できるようにしているという。また、日本と購入パターンに大きな違いもないという。
 
 商品ラベルが日本語のみである為、主力商品には特長や説明を補完するようなツールを掲出するなど、出来るだけシンガポールの消費者にも商品の良さやこだわりが伝えられるような工夫をしている。2013年春には新規ショッピングセンター(JEM)の開店にあわせ、6店舗目としてジュロン地区への出店を予定している。

■シンガポールでの店舗数:5店(ブギス店、パラゴン店、マリーナスクウェア店、アイオン店、タンパニーズ店)

■シンガポール内最大店舗の面積:パラゴン店562平方メートル(170坪)

■現地での運営会社:MUJI (Singapore) Pte Ltd. (2003年1月設立、資本金400万ドル、良品計画持株比率100%)

http://www.muji.com.sg/



 この他、オンワード樫山は、「アイシービー」「ローズブリット」「ディップドロップス」などを展開。
 コナカは、「スーツセレクト」第1号店が2012年10月にオーチャードロード沿いのリニューアルした商業施設「プラザシンガプーラ」にオープンした。
 バルス展開の「フランフラン」は、2012年5月に、シンガポール西部の商業施設「ジェイキューブ」に初出店し、続いて6月に「ビボシティ」に、世界最大級となる旗艦店「フランフラン ビボシティ店」をオープンするなど、日本ブランドの出店が相次いでいる。




■関連記事

熱い注目を集める市場の“今”をレポート シンガポール特集
http://www.apparel-web.com/feature/other/singapore201211.html



最新記事

月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
QRコード
*このブログを携帯電話でもお読みいただけます!
*上のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
*こちらからも自分の携帯へURLを送れます。

http://apalog.com/report/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集
Copyright (C) apparel-web  サイト内の文章、画像などの著作権はapparel-webに属します。文章・写真などの複製、無断転載を禁止します。