6周年記念
皆様はじめまして、東部事業所から出張している田中と申します。
ダッカへの出張は2回目で、前回来たのがちょうど1年前でした。ダッカラボは昨年と比較して、4月に新メンバーが6人加わりより多くのご依頼にお応えすることができるようパワーアップしていました。今回はこの新メンバーと一緒に仕事をする機会が多く、いろいろ話をしました。
ダッカの大学は講義に英語を使うそうなので基本的にスタッフとは英語で会話します。結婚事情について、バングラデシュはほとんど親が決めた相手と結婚するそうです。あるスタッフの場合は結婚する一ヶ月前に初めて会ったそうです。新メンバーは若い人が多く、これが私のガールフレンドと写真を見せてきますが、最終的に結婚相手は親が決めるそうです。逆に日本の事について聞かれ返答に困るときも度々でした。例えば日本を代表するフルーツって何と聞かれ、答えられなかったです。海外に行くと、自分の国について知らないことの多さに気がつきます。また名前の意味を聞かれて、私は田中なので「田」はライスフィールドだよと教えると笑われてしまいました。日本人は名字の意味を聞かれると困りますね。


このダッカラボは12月で6周年になりました。そのときのお祝いとしてケーキを皆で食べました。日本人には甘すぎる感じでした。
ぜひ、ダッカにいらしたときはオフィスにお立ち寄りください。
(QTECダッカラボ 田中陽有)
 2015/12/28 12:18  この記事のURL  / 


ブリゴンガ川の水面から
皆様はじめまして。8月中旬から出張としてバングラデシュで勤務しております前田と申します。
私は日本では東部事業所に所属しており、海外出張は今回が初になります。
先輩方の「最初にバングラ行ったら今後はどこでも行けるよ」というありがたいお言葉に送り出されてやってきました。正直カルチャーショックの連続で、普通に生活しているだけでも驚きは止まりませんでした。

ですがせっかく遥かバングラデシュはダッカまで来て生活しているだけというのもなんなので、現地スタッフに案内してもらって観光してきました。

バングラデシュには大小の川がたくさんあります。これらの川は現地に住む人にとって水源であり、交通路であり、交易路であり、遊び場にもなっています。
昔からこういった川を利用して交易を行っていたため、川岸に人が集まるようになり、街になった、という流れでダッカ(首都)も出来たそうです。

今回私はその中の一つ、ブリゴンガ川という所に遊びに行きました。
川岸の一部は港のようになっており、たくさんの船が停泊しています。現地の人はこれに乗って出かけたり、実家に帰ったりします。
案内してくれた現地スタッフの人は、実家に帰る時は船に9時間揺られて帰るのだとか。大変ですね・・・。


港に停泊している船。私が見ただけでも20隻以上ありました。

こういった船の他に、安値で川の向こう岸まで送ってくれたり、近場に連れて行ってくれたりする小船もいます。
そんな小船に乗ってみました。


船頭さん。オールは片側にしか出してないのに器用に操舵します。

小船に乗るといってもそんな変わった事をしたわけでなく、川を遡ったり戻ったりしながら周囲に見えるものについて説明してもらっていただけなのですが、これも日本ではなかなか出来ない体験かなぁと思い楽しんできました。
何せ小船に乗ってゆらゆらしているすぐ横を大きめの機船が駆け抜けて行ったりします。当然めちゃめちゃ揺れます。無駄にスリル満点です・・・。


水面から眺める夕暮れ時の風景の美しさは、万国共通です。

ともあれ小船に乗って大きな川に浮かぶのは趣きがありますし、のんびりした時間を過ごせます。皆様も機会があればぜひ体験してみてください。
ちなみに、川を遡っていくとジャングルになっているらしく、ベンガルトラが生息しているとの事です。皆様も機会があればぜひ会いに行ってみてください。自己責任で。

(QTECダッカラボ 前田)
 2015/09/30 10:54  この記事のURL  / 


バングラデシュの道路
皆様、はじめまして。私は東京総合試験センターに所属している林と申します。6月末からダッカラボでお世話になりました。実は私にとって今回の出張が初海外だったのですが、バングラデシュで一番驚いたことは、交通事情です。
ダッカでの日々の移動手段は車を使うのですが、これがなかなかデンジャラスなのです。道路は舗装されていなかったり、舗装はされていても所どころ穴ぼこだったり…などは予想できたのですが…
車線は無視(車線がない)、クラクションの嵐、逆走、横の車と接触スレスレ、無理な追い越しや割り込みなど、日本と比べると交通マナーは皆無に等しいのです。もちろん歩行者保護などの概念もありませんし、信号や横断歩道はほとんど無いため、道路を横断するのは現地の人でも命がけなのです。
もちろん移動中に私の乗っている車も、接触スレスレで人や車を巧みにかわしながらガタガタ道をクラクション連発で進んでいく状態でした。異国の地に来たのだと実感したのも移動中の車に乗っているときでしたね。このちょっとスリリングなドライブ、すぐに慣れてしまったのは自分でも不思議です。
バングラデシュの交通事情の改善には、マナーを順守させることも重要ですが、信号などの道路インフラの整備がまずは必要でしょうね。


写真はラボの前の道路です。ちょうど雨季であったため、道路に雨水が溜まっています。車間つめつめですね。ちなみに見ての通り日本車だらけです。

(QTECダッカラボ 林慶洋)
 2015/08/03 22:30  この記事のURL  / 


「QTECセミナー バンコク&ダッカ2015」開催のお知らせ
QTECダッカラボ 舟木です。皆様、大変ご無沙汰しております。

今回は、「バンコク&ダッカ QTECセミナー2015」開催についてお知らせします。

今年から来年にかけて変更される日本国内での繊維製品の表示や安全性の規制に関する3つの話題について、注意点や業界の動向などを分かりやすく解説します。
海外にいると触れる機会の少ない日本の規格や法律の知識を得る場として、皆様のもの作りの一端にご協力できればと考えています。是非、ご参加をお待ちしております。

【日時&場所】
ダッカ会場  2015年7月7日(火) 13:30〜16:30 QTECダッカラボ 5階会議室
バンコク会場 2015年7月9日(木) 13:30〜16:30 THTI(タイ国繊維試験所)会議室
※セミナー参加費は無料です。

【プログラム】
T.新しい取扱い表示 JIS L 0001 と表示法の施行について
新しい取扱い表示 JIS L 0001(2014年10月20日制定)が、いよいよ来年2016年12月1日から家庭用品品質表示法において義務付けされます。

U.子供服安全性 JIS L 4129 について
2015年12月25日制定予定の子ども用衣料の安全性 JIS L 4129 に準拠した子供服の紐についての自主規制が始まりつつあります。

V.特定芳香族アミンの法規制について
欧州や中国で規制されている一部のアゾ染料が皮膚の細菌や体内の酵素などにより還元分解されて生じる特定芳香族アミンの法規制が、来年2016年4月1日から始まります。

講師:QTEC東部事業所 副所長 田坂俊樹氏

参加申込み方法や詳細については、以下のQTECホームページをご覧ください。
http://www.qtec.or.jp/jp/index.php?id=790

(QTECダッカラボ 舟木)

 2015/06/25 09:09  この記事のURL  / 


ダッカバナーナ
皆さま、初めまして、日本では東部事業所に所属している私は畠中と申します。今年の4月から約1カ月という期間の間ダッカラボにてお世話になりました。

ダッカラボに来て数週間、幸いなことに懸念されていた腹痛は1度きり。さらに言えば、自身の欲が招いた食べ過ぎによるものです。通常入る量の3倍近く食べたからでしょうか。先輩たちの話しによると、ダッカ出張では皆痩せるとおっしゃっておりました。しかしながら、ダッカに来てからというもの痩せるどころか、逆に太ってきてしまっています。移動も車やリキシャなので運動不足なのですね。

 バングラデシュのバナナは日本のものと異なます。具体的には短く、一房についているバナナの数も10本以上あります。また、販売方法にも驚かされました。バナナがくっ付いた状態の木を陳列し、交渉終了後に木から切り離すという手法をとるのです。私ははじめ数本単位で購入するものと思っていたので、あまりの多さにカルチャーショックを受けました。さらに、ラボにバナナが“皆さんご自由にお食べ下さい状態“で登場するやいなや、ものの数分で房ごと消え去るという現象が起こりました。バングラ人のバナナに対する思いは日本のそれとは一線を画しているのを実感しました。もちろん味はバッチグーです。輸入されてくるバナナは日本へ運ばれながら熟しますが、バングラデシュでは熟した完全な状態で収穫&販売するためでしょう。バナナジュースにしたら間違いなくおいしいですね。このような文化の違いにふれながら見聞を広めていきたいと思います。
↓↓↓道路の脇で販売されているバナナたち↓↓↓

(QTECダッカラボ 畠中雄紀)
 2015/06/05 17:34  この記事のURL  / 

| 次へ
プロフィール
日本繊維製品品質技術センター
キューテックダッカラボ

繊維製品の総合試験検査機関であるQTECが開設したバングラデシュ初の日本の検査機関による試験所。南アジアで生産される日本向けアパレル商品の品質の維持向上をサポートします。
ホームページ:http://www.qtec.or.jp/jp/


2015年12月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/qtec/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
リンク集