« 2010年11月 | Main | 2011年01月 »
イオンセールの後は
2週前のイオンセールはそれなりだったと思いますが、セール明けの1週間は大きくマークダウンを行った店舗とそれほどセールをしなかった店舗で差が出たように思います。
今年は節約疲れからか去年ほど値段に反応しなかった消費者もイオンセールを超えてかなりセールモードに入ったみたいで先週オール30%OFF、40%OFFをやっているようなブランドの数字は良さそうな感じでした。なんかセールやったモン勝ちという風にも思いますが先週はある程度セール感を強めたほうが良かったのでしょうね。しかしブランドという意味においてはやはり乱売は避け大事に商品を売るほうが良いと思いますが、各社それぞれの考え方ですね・・・。

さて先週末は上海にジョイシティがオープンし、今週はOPA(オーパ)がオープンしそれに伴い日本のブランドも出店しています。バロックは2店舗目も好調なようで中国進出で成果を出せない日本企業には明るい話題でしょうか。

いつ出来きるのかと思っていたGAPが京西路のユニクロの隣にオープンしていましたが、なんだかファッション性があまり無くデニムとダウンだけの店でいまひとつな感じでした・・・。

 2010/12/22 00:27  この記事のURL  / 
11SSのMD戦略
12月中旬になり、10AWシーズンも終盤を迎えようとしています。立ち上がりは都内のアウター動向が良かった事やPコートやダッフル等、アウターにキーワドがあったこと、前年売り足りていなかった感触などから今年はアウター当たり年だと思っていました。
都内は百貨店、ファッションビル中心にアウターは好調を継続しているようですが郊外マーケットでアウターは一瞬盛り上がりましたが、結果締めると今年も不振となったように思います。逆にニットPOやニットアウター、シャツ等が12月まで大きく昨対を超えている状況だと思います。
そう考えると一部の都心先物買いを除けば消費動向はますます実需型(寒くないと絶対買わない)になってきているのだと思います。今年に関しては消費が二極化したような感じです。
では11SSどのようにMD戦略を立てるか、自店の顧客によってですが基本はより実需型のMDを組むのだと思います。春アウターの構成は落としてニットPOやニット羽織、カット等の軽い羽織を中心にMDを組むのが良さそうです。但しそのまま実需対応のMDだけでは勝てないような気がします。消費者に何か驚きを与えるような仕掛けを考える必要があると思います。
アースのミネトンカやアビレックコラボ等のようにキーワード商品を大々的に仕掛けたり、9月の暑い時期から先物のダウンジャケットを仕掛けて消費を喚起したり、消費者に「驚き」を与える仕掛けが必要不可欠だと思います。
ここ2年くらいは「プライス」で驚きを与えていましたが10AW〜11SSはプライス以外で自分達の顧客を驚かせるMDを組むことが必要だと思います。


 2010/12/12 11:46  この記事のURL  / 
株式会社プライムピース| SPA事業のプラットフォームをご提案、導入支援いたします。
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
PRIME PIECE
リンク集
2010年12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事

http://apalog.com/primepiece/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧