« 2009年08月 | Main | 2010年11月 »
香港の就労スタイル〜副業〜
3月1日日本繊維新聞掲載の記事原稿です。



 ここ、香港に居て驚いたのが、働く人々の副業について。

日本では、就業規則で副業を認めていないのが通常であり、会社に内緒でこっそりとアルバイトをしている内容と言えば、OLの水商売などしか見当たらない。景気が悪い中、給与削減や労働時間の削減を余儀なくされた企業で、副業を奨励しているという例もあるが、これは少数派であろう。

 香港で働く人々に、仕事について尋ねてみると、かなりの確立で副業をしている人達が居る事に衝撃を受けた。



 香港に来て初めての友人となった女性は30代前半。不動産仲介会社のパートナー経営者で、夜、一緒に食事をしていたら、ひっきりなしに携帯が鳴っている。「私、オーガニック食品の輸入販売もしているの。時差があるから夜の時間帯がこちらのビジネスのスタート時間。今も私のスタッフが働いているわ。」とサラリと話す。

 とてもパワフルなビジネスウーマンだなと感心したのだが、彼女が特別ではなかったことに更に衝撃を受けた。

 昼間、OLをしている女性と話した時でさえ、副業でワインの輸入販売をしていると聞き、ホテルのレストランのボーイも、株式番組を熱心に眺め、自分のビジネスとしてアクセサリーショップを2軒持っていると言う。



 香港人は非常にビジネスにアグレッシブであり、一般的に誰もがサイドビジネスを実行している。そして、会社もそれに対してお咎めすることもない様子である。

 当然ながら、時間の制限がある副業は他の会社に勤めるような内容ではないので、商売に対する感覚がどんどん磨かれていくのである。副業のために、自分の業務はきっちりと時間内に終了するように働いている。日本の感覚では、毎月決まった給料が何の疑問もなく貰えるという状況が普通であるが、香港はOLでさえ、どうしたらもっと儲かるかを常に考える習慣を持っている。



 こういったシーンを見ていると、日本の就業規則というものは、非常に古めかしく、考える力を奪うシステムであると思わざるを得ない。企業も社員を食わせる為に精一杯の状況となっている事も事実であろうが、不況に嘆くばかりではなく、斬新に副業OKのお触れを出すというのも業務効率化と埋もれていた人材発掘の機会になるのではないだろうか。
 2010/03/27 17:30  この記事のURL  /  コメント(0)

HKファッション
香港人は男性も女性もお洒落さんが多いです。

こちらに来たばかりの頃は、九龍の下町、旺角エリアをウロウロしていたのですが、今の拠点はCawseway Bay。 皆さんがお買い物に来る街です。

下町エリアに比べると、断然街ゆく人のファッション指数が高いです。

そして、ファッション業界に携わる仕事をしていたのに、個性的なデザインはいつも?マークの私にとっては、ある意味奇抜なファッションも多いです。。。

日本人が絶対やらないような着こなし。。。
レギンス穿いたトップスの丈が短い。。。お尻のライン丸出し!

大阪のおばちゃんも欲しがりそうな、トラ柄のワンピースとか。。


カッコいい女の子も沢山歩いているのですが、私にとって奇抜なファッションはどうしても目を引きます。
奇抜感はあるけど、古臭さは感じないんですよね。
実はブランド知識に弱い私ですが、恐らく日本未上陸のヨーロッパブランドは香港には色々あると思います。

なので、きっと目も肥えているのでしょう。

総合的に言えることは、個性的な物が好きなのでしょうね。
地味で無難なものはあまり好まないように見えます。


日本も暖かくなってきたとは聞きますが、こちらは早くもノースリーブで歩く方々が出現しております。
気温の波が相当激しいので、冬〜夏のアイテムを揃えておく必要があるのもなんだか面白いですね。


日本人と好みがピッタリ合うとは思えませんが、ちょっと個性あるブランドでしたら、こちらの方が季節が早い感があるので、売れ行き調査なんてしてみるのもアリかも知れません。
 2010/03/15 23:56  この記事のURL  /  コメント(0)

ご無沙汰しております。。。
皆さま、大変ご無沙汰して申し訳ございませんでした。。。

私事でございますが、2010年2月1日付でパルティール社を売却致しまして、現在香港の地におります。

当初は某業務プロジェクトの参加という名目でこちらにやって参りましたが、1月15日にこちらに来て、会社の売却手続きに2週間ほど帰国し、また香港に舞い戻って来たのが2月11日。

こちらにも随分と馴染んで来た状態です。

当初はファッション業界と離れたので、良く分からんな。。。
と思っていたのですが、今では余裕も出て来ましたので、街中ウォッチングの観点から申し上げられることは諸々出て参りました。

HKに法人を構えているアパレル企業もお見かけしますが、日本マーケットが曇り空(雨ですね。。。)である以上、次なるマーケットに注力するのは必至ではないのかなと思いながら、日々思うことをお伝えして行きたいと思います。

改めまして、どうぞ宜しくお願い致します。

また、リクエスト等ございましたら、お気軽にご連絡ください。
 2010/03/12 22:45  この記事のURL  /  コメント(0)

プロフィール
中畑 裕子 (なかはた ゆうこ)
ファッション業界に向けた 人材紹介会社、 潟pルティールを運営しています。
http://www.apparel-career.com

・1994年4月
 短大卒業後
 イベントコンパニオン派遣会社に入社
・1995年6月
 株式会社バックスプロモーション
 (現バックスグループ)に入社
・2002年2月
 株式会社スマート(株式会社バックスグループ100%子会社)
 代表取締役社長に就任
・2005年3月
 株式会社パルティール設立
 代表取締役社長に就任
・2010年2月
 パルティール売却 香港へ

その他 プロフィール
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/partir/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
リンク集
アパレルウェブ

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。