« 2009年03月 | Main | 2009年05月 »
内定と転職活動継続の分かれ道
景気悪化の状況下、アパレル業界もご多分に漏れず、早期退職を勧奨する企業が増えています。

転職活動をされている皆様も不景気を実感され、非常に苦戦をされているのではないでしょうか。

当然のことながら転職活動をされている方の大半は複数企業へエントリーされていることと思います。

選考スピードや内定のタイミングは企業によって異なります。

では、内定を頂いた企業が第1希望ではなかった場合、どうしたら
良いのでしょうか?

内定が出た場合、最長でも1週間はお返事を待って頂けるでしょう。
ただ、それ以上返事を遅らせることは企業側にも貴方にも不利となります。

どのタイミングで内定にお返事をするのかは、全ては皆様のご判断ですが、内定を出した企業は、貴方に活躍して欲しいと願っていて、歓迎してくれています。

結果がわからない企業を待つより、快く迎え入れてくれる企業で勤務される方がハッピーだと思います。

内定をお断りする場合は、活動は長期戦になるかもしれないという覚悟を忘れずにご判断下さい。


第2希望の企業で働くか。

それとも長期戦覚悟で活動継続か。



この選択は皆様がご判断されることです。


後悔のないよう、人生を選択してくださいね。


 2009/04/17 13:25  この記事のURL  /  コメント(0)

プロフィール
中畑 裕子 (なかはた ゆうこ)
ファッション業界に向けた 人材紹介会社、 潟pルティールを運営しています。
http://www.apparel-career.com

・1994年4月
 短大卒業後
 イベントコンパニオン派遣会社に入社
・1995年6月
 株式会社バックスプロモーション
 (現バックスグループ)に入社
・2002年2月
 株式会社スマート(株式会社バックスグループ100%子会社)
 代表取締役社長に就任
・2005年3月
 株式会社パルティール設立
 代表取締役社長に就任
・2010年2月
 パルティール売却 香港へ

その他 プロフィール
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/partir/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
リンク集
アパレルウェブ

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。