« 雇用市場 | Main | プライベート »
挑むという気持ち
誰にでも失敗はある。

そして、うまくいかないと周りから言われても
なんとか、続けたいという気持ち。

失敗するかもしれない。

うまくいかないと感じている。


そうわかっていても、挑む気持ちや、続けようと思う気持ちが
とても大切です。


どんな結果でも。


いつか、必ずあなた自身の為になることですから。



Inspired by 山本周五郎「ちくしょう谷」
 2009/06/12 19:06  この記事のURL  /  コメント(0)

大切な資料
企業にエントリーをする際、必ず履歴書と職務経歴書を
提出されていると思います。

中には、志望動機を別紙で作成されたり、デザイナーの方であれば、
これまでの資料も合わせて提出されているのではないでしょうか。


ここで大切なポイントです。

履歴書は、あなたの歴史を語る資料です。
転職回数が多く見える退社の際の企業名は記入せず、
『一身上の都合により退社』とすると良いと思います。

職務経歴書は、あなたがこれまでにどのように業務に携わり、
どのような結果を残されてきたのかをアピールする大切な資料です。

営業の方に限らず、デザイナーの方も明確に数字を記載しましょう。

さらに、箇条書きで記載されると見やすいです。

人事の方は、大量の資料に目を通します。
ひとめ見て、何をしてきたのか分かるような書類作りを心掛けましょう。


最後となりましたが、他のライバルと差をつける手段です。
企業から課題が出された際は、企業が必要としている資料枚数よりも
多く提出しましょう。

例えば、課題枚数が5枚だとすると、8〜10枚の資料を
提出すると良いでしょう。

その際は、多く提出した資料に一言添えると良いと思います。



景気判断を上方修正したが、景気はまだ厳しいと発表されました。
今後も企業の採用は、厳しい状況が続きます。

転職活動で苦戦をされている方、今一度、ご自身が作った資料を
見直してみましょう。

自分よがりの資料になっていませんか。

採用する企業側の立場で再度、確認してみて下さい。
きっと、見やすい資料を作ることができると思います。


一緒にがんばりましょう。
 2009/05/22 18:51  この記事のURL  /  コメント(0)

内定と転職活動継続の分かれ道
景気悪化の状況下、アパレル業界もご多分に漏れず、早期退職を勧奨する企業が増えています。

転職活動をされている皆様も不景気を実感され、非常に苦戦をされているのではないでしょうか。

当然のことながら転職活動をされている方の大半は複数企業へエントリーされていることと思います。

選考スピードや内定のタイミングは企業によって異なります。

では、内定を頂いた企業が第1希望ではなかった場合、どうしたら
良いのでしょうか?

内定が出た場合、最長でも1週間はお返事を待って頂けるでしょう。
ただ、それ以上返事を遅らせることは企業側にも貴方にも不利となります。

どのタイミングで内定にお返事をするのかは、全ては皆様のご判断ですが、内定を出した企業は、貴方に活躍して欲しいと願っていて、歓迎してくれています。

結果がわからない企業を待つより、快く迎え入れてくれる企業で勤務される方がハッピーだと思います。

内定をお断りする場合は、活動は長期戦になるかもしれないという覚悟を忘れずにご判断下さい。


第2希望の企業で働くか。

それとも長期戦覚悟で活動継続か。



この選択は皆様がご判断されることです。


後悔のないよう、人生を選択してくださいね。


 2009/04/17 13:25  この記事のURL  /  コメント(0)

高飛びなみです。
今年に入ってから、企業の採用ハードルが非常に高くなって
きております。

昨年末には採用していた必須条件では、今は通用しないのです。
2つも3つも更なるスキルが求められる状況です。

ハードルが高くなっているにも関わらず、年収面では非常に厳しい
状況で現状維持又は、10%ダウンという状況です。



上記の理由により、必然的に書類通過率が下がってきております。
エントリー可能な企業には、積極的にチャレンジされ、ご自身の価値を確かめましょう。

転職活動は現在、忍耐力が必要となります。
書類通過が難しい状況でも、あきらめずに一緒にがんばりましょう。

少しでも、皆様の転職活動をお手伝いできれば、幸いです。

 2009/03/06 22:01  この記事のURL  /  コメント(0)

あなたの優先順位は?
転職活動をされている皆様の優先順位についてお話させて頂きます。

業務もプライオリティの高い順に進めることが大切です。
では、転職活動においてはどこにおきますか?

まずは、ご自身のキャリアプランについて考えてみて下さい。

キャリアアップ、キャリアチェンジ、年収アップなど。
全てを手に入れる転職活動の時代は終わりました。
(厳しい現実ですね・・・)

では、何を1番に優先しますか。

こちらを明確にされ、募集企業を探して見てください。

企業によって、いろいろな側面が見えてくるでしょう。
そして、何がやりたいのか、ご自身の転職活動も明確になるでしょう。

何となく、転職したい。
何となく、今の会社に不満がある。

こういった気持ちで転職活動をされると、エントリーした企業に見透かされてしまいます。

企業の人事は、プロフェッショナルです。
一目見て、候補者のモチベーションを判断されることでしょう。

転職活動をされている皆様、優先順位をどのようにつけますか?

人材紹介会社のキャリアカウンセラーに相談をしてみたり、友人ではない第3者に客観的に話を聞いてもらうとご自身ではわからなかったことが見えてくると思います。

1人で悩まず、誰かに聞いてもらう。
これが、優先順位を簡単につけられる方法ですね。
 2009/02/06 17:19  この記事のURL  /  コメント(0)

| 次へ
プロフィール
中畑 裕子 (なかはた ゆうこ)
ファッション業界に向けた 人材紹介会社、 潟pルティールを運営しています。
http://www.apparel-career.com

・1994年4月
 短大卒業後
 イベントコンパニオン派遣会社に入社
・1995年6月
 株式会社バックスプロモーション
 (現バックスグループ)に入社
・2002年2月
 株式会社スマート(株式会社バックスグループ100%子会社)
 代表取締役社長に就任
・2005年3月
 株式会社パルティール設立
 代表取締役社長に就任
・2010年2月
 パルティール売却 香港へ

その他 プロフィール
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/partir/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
リンク集
アパレルウェブ

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。