« 2017年02月 | Main | 2017年04月 »

3分間making

またしても断捨離から遠のく・・・




お馴染みの OKD式プチ整経機



急遽、m指定の送り巻きを作らないといけなくなり 





何かの時に使えるだろうと

取っておいた何かのアタッチメント・パーツ





ほらほら、使えるやんっ 





コチラもほらっ

コレ(測長または計長器?)の専用アタッチメントかっ!

ってくらいにドンピシャや〜





チョッとギリギリ感がありますが

掛かっているので良しとしとこ 


ただ、回転しだすと暴れて

ロールとの隙間が出来ては

計測出来ないので・・・





OKD式引っ張っとき(機)〜 を設置

(テンション微調整用のターンバックル仕様)





片側出来て 





もう片側も 


都度、糸の残重量から使用糸量を算出して

測長機のカウンターのm数と照らし合わせると

ほぼほぼ、合っているので

問題は無いだろう・・・きっと・・・



にしても、

この測長機・・・


もともと検反機についてたモノで

このプチ整経機の巻き取りスピードに付いて行けるのか?


擬人法的に

測長機からすると・・・


おいおいっ、そんなスピード無理〜っ!

聞いてないし〜!!



俺・・・

我慢せんかいっ!

も〜ちょっとの辛抱や!!



OKD織布・・・

(昨日ブログが如く)


人にも、機にも


ブラックなのである 




2017年03月31日(金)  09:08  / この記事のURL  / コメント(0)  / トラックバック(0)

あらら・・・

サイジング屋さんがビーム(チキリ)を取りに来た

バタバタしてた

3本車に積み込んだ


サイジング(巻き)され、届けられた

一先ず1本織り終わった


しまった・・・





こんな状態で渡してたのか


シャビシャビ(錆々)やんっ!

糸様に失礼な事をしてしまった 


買った時より美しく! の精神に反してしまった


二度とあってはならないと・・・





可能な限り、磨く 


錆取りの溶剤も使用するが

これまた妙なカホリがする 

気分が悪くなる 


ちょっと、合間合間で作業しないと 





保管にも気を配らないとアカンっ!


利は機にあり 


そして、

次回からは、

こんな頭クラクラ作業は・・・


若くて浄化力のある・・・


00● or 00● に任せよう 



相変らず、

ピュア・ブラックだろ〜 






2017年03月30日(木)  12:51  / この記事のURL  / コメント(0)  / トラックバック(0)

類友展

10年程前になるかな・・・?


このままではアカン〜っ 

先が無いっ 


先ずは 遣ってみなはれ!

で、最初の一歩を踏み出した展示会出陣 



そこでフルボッコされる 

(来客の皆さん、スルーして行く・・・)


そして、気付く 


展示会で見せるモノ作ってもダメなんだ 

(出展が目的ではないっ!)


展示会に来る客先に魅せるモノ創りしなと 

(周囲の出展者ブースを見て気付く!)


その展示会が・・・





TN展


1997年からスタートで

今回で20年目を迎える・・・らしい


そのTN展出展者が共有するモノ・・・











そんな個性派揃いの中で

お互い切磋逞しく、モノ創りしてる


埋もれてちゃ〜ダメなんですネ 


そして、

残念な事に?

003が、其処に初参繊する 


何が残念って・・・

俺の夜蝶部が

折角の江戸の夜が

封印されて 


そして、

更には004も体験参繊させる(予定)


OKD織布の3TOPが勢揃い 

(3人しかいませんが・・・)



忙しくなります・・・

これからも 





2017年03月28日(火)  09:21  / この記事のURL  / コメント(0)  / トラックバック(0)

撚糸部 増しまし

無い袖は振れないが

有れば振れる


世知辛い昨今、

進化しないと時流に乗れないし

進化し続けないと、振り落とされる


かといって

進化ばかりに投資を萌やすと

基本が疎かになったりもするので

そこはやっぱ・・・


進化と基本のバランスですネ 




OKD織布、撚糸部・・・

プチ撚糸機の基本動作を

慣れる事で習得しながらも


5〜10年後〜の

撚糸部活性化を目指し





もう少し、

設備闘志します 


勿の論

布音の為の楽機で

創織用の糸創りに使用しますが



もう一つの選択肢

糸をそのまま製品にする

ホールガーメントの導入も視野に入れながら

(あくまでも検討レベルの範囲を越えていないが)



小ロット体制を盤石にするには

矢張りコチラも必要かと 



うちのTXデザイン(布音)の提案は

ただ単に、そのモノだけではなく


イトされたTXプロセス・・・その全てをブッ込んだ

ライブ(布゛)感を売りにしている


以上の諸々を鑑みると

俺も未だまだ洟垂れ小僧の域を越えていない


超えなければ 





2017年03月27日(月)  09:10  / この記事のURL  / コメント(0)  / トラックバック(0)

ソムリエにソムク

タオルの事ならOKD織布にお任せ!

でもないが・・・


昨年、

OKD布音ファン(関東圏)の方から

タオルを創って欲しいとの依頼があり 



えっ!

うちの織機は、テリーモーション(パイル機仕様)ではないので

無理っす!

と、断ろうとしたが



パイル地だけがタオルなんですかネ?

との問いに・・・脳裏から鱗


一般的な概念に囚われてたら

新しいモノ創りなんか出来ないっ 


じゃ、遣って(創って)みますか 

っちゅ〜事で、

その客先さん(個人)との 密ッション がスタートした 



タオルに求められるもの・・・

吸水性

柔らかさ

デザイン(大きさ等)

諸々あるが、


先ずは、吸水性に的を絞って

(柔らかくても吸水性が悪かったらNGだし)

素材(糸と織り組織の組合せ)を試行錯Goです



二度三度四度・・・

客先さんも、自分のモニター(友人知人を介して)意見を纏め



オリタオル(織りタオル)

あっ、パイルも織りやった・・・

改め、

パイルノン・タオル(仮称)・・・





最終段階に





入る 



厄介なのは、

コレを織る時に数種類の糸をブレンドしてるので・・・





レピア・ヘッドに・・・





フィックス・チップを取付けないとダメなんですネ

(チョッとした代物なんですが効果は抜群!)



タオル・ソムリエも知らない

ノンパイル・タオル!



チョッと・・・

ほんのチョッとの工夫が

オリモノを進化させる 




2017年03月26日(日)  09:48  / この記事のURL  / コメント(0)  / トラックバック(0)

| 次へ
プロフィール
播州・西脇 大城戸織布

『百科人典』となる方々とより一層親交を深め、また更なるネットワークを広げ『“モノづくり”を楽しむ』を掲げ、日々の進化を目指しています。

【Made in Japan
(日本製)ここにあり!!】

「こんなモノ(生地)探しています」
「こんな生地つくれませんか?」等々あれば、お気軽に問合わせ下さい。
可能な限り対応させて頂きます!
ブログランキング参加中です! にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村
最新コメント
OKD
スッキリ (2017年06月29日)
ナカハマ
スッキリ (2017年06月28日)
OKD
しょっけんらんよう (2017年04月14日)
椿原悠至
しょっけんらんよう (2017年04月13日)
100pp
KOBE コレクション (2016年09月20日)
100pp
救いの・・・ (2016年09月05日)
OKD
出張 (2016年09月01日)
100PP
出張 (2016年08月29日)
川合隆司
OKD紡績 (2016年05月23日)
藤井♀
その中 (2015年09月15日)
リンク集
このブログの更新情報をメールで受け取ることができます。メールアドレスを入力してください



Powered by ブログメール
プライバシーポリシー
2017年03月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ

http://apalog.com/okido/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧