« 2012年07月 | Main | 2012年09月 »

玉手箱
拘りの逸品(150m)受注の為、

製織準備開始 

織機電源を入れ、その生地規格に合わせて

密度ギアを弄る


突然、何処からともなく・・・

ウォ〜〜〜〜ン という低周波の音 


(機屋の十訓 その三 ・・・ 異音に素早く対処せよ!)

機場の中、

各々の織機が奏でるウィービング・サウンド 

音元を探るのは、結構難儀する 


ウロチョロする 




えっ! 此処かいっ!

開けてみると 白い煙が 




また、トランス焼けた 
(このタイプ、これで3度目  )




取っ払って・・・




予備と交換 



玉手箱を開けると白い煙 で老ける

改め・・・

玉手箱(電源BOX)を開けて白い煙 に耽る


過去2度は、オヤジが直ぐに気付き対処 

今回は、小織・・・

もし、その場(近く)に居なかったら・・・

加熱して、発火 

恐ろしや〜〜〜 


これも、

毎年、(宝塚)清荒神さんへのお参りの賜物か 


大難は、小難に

小難は、無難に 



さっ!

気を取り直して・・・




今日も Enjoy weaving 


後が、閊えている 



 
2012年08月31日(金)  07:21  / この記事のURL  / コメント(0)  / トラックバック(0)

こじんまりシェ

チーム・テキマル
(過去2年間のTXマルシェで、ほぼ定着メンバー化した)


一つの‘ライバル・チーム’が出来上がった

もうこれ以上は、増える事はないだろう!


増えて欲しいのは、別グループの マルシェ・チームだ 

全国アチラ・コチラに・・・


チーム同士の刺激になってエエ 

リリースの仕方や

展示方法や

場所であったり ・・・等々



出展者各々が、マルシェ(直売市場)で得るものは、

‘売上げ’に裏打ちされた『消費者心理』だ!


価格を下げても 売れないモノ

価格を下げると 売れるモノ

高価格でも 売れるモノ

そのモノは どのゾーン(年齢・性別層)に売れるか

売れる為の あと一捻りは何か



統計は、人数が多いほど より的を得られるが

少数でも、注力すれば見えてくる


1 : 10  =  100 : 1,000


そして、

最も じゅ〜よ〜なのは、

マルシェ = リアル

という事を鑑みて


今(期近) だから求められるのか?

先(期遠) でも‘欲しい感’は持続されているのか?


そこの見極めだ!


マルシェでは、比較的‘今’のタイミング比率が多いが、

売った 買った の一時的なものから

飽きない(アキナイ)商売へと繋げていく為には


‘今’を知って ‘次’を読む 

マイナーチェンジか?

フルモデルチェンジか?


そこんところの‘読み’が創り手の醍醐味だ 


そこんところを掘り下げるべく、

9月後半(29日・土)には、


こじんまりと 単独でマルシェを開催 


貴方のオモイを カタチにしまっシェ  
(カスタマイズ大会!)


2012年08月30日(木)  07:17  / この記事のURL  / コメント(0)  / トラックバック(0)

いまとむかしのたんい

メール便が届いた 

見覚えのある筆跡!

中には、生地が・・・


    、生地だけ・・・?


久し振りに電話をすると、

相変わらずの、耳障りの悪い声が聞こえる 


「荷物 着いたけどコレ何や?」

『そんな感じのモノ織れるか?』

「今では、泣く子も藁をも掴む‘機屋’やからの〜」

『1,000やったら 納期はどんなもんや?』

「1ヶ月位かな」

『そんな早く織り上がるんかっ!』

「あっ、否・・・2ヶ月位かナ!」

『それでも、充分やっ』

「チョッと待て・・・単位は?」

『反や!』

「ふざけとんのかっ 

『いや、マジで!』

「それなら、納期は孫の代までかかる!」

『ふざけとんのかっ 

「いえす!」


今では、
(商社マン時代から比べ)

スッカリ角も取れ まん丸となり

存在感すら危ぶまれる機屋ですよってに

量の世界から足を洗い、Jimmyに機織りして・・・云々かんぬん


で、

断った 


チョッと気持ちは、揺らぎましたが 



2012年08月29日(水)  07:08  / この記事のURL  / コメント(0)  / トラックバック(0)

主 ⇔ 従

半期に一度の 瀬戸際のまじゅちゅしゅ

に高を括って?いた状態から(昨年まで)


今年に入って、

ライブ(個展)やマルシェ出展を組込み

1回/1〜2ヶ月 のペースになると

瀬戸際のど〜のこ〜の などとは言ってられない 


間に間にパニック に陥る


ZEROからの創織だけでは、ネタが枯渇する

1(ヒント)からのアレンジで補填しないと 



TXマルシェの最中・・・

朧げな記憶を一気に蘇らす インパクトのある顔(風体)

が、小織のブースを横切る

(逆算すると28年前にもなる)

流石にチト不安だったので

小さく囁いてみる

「浜さん?」

『えっ? はっ? お〜〜〜〜〜っ!』

「生きてたんですネ!」
(戦時中でもあるまいし・・・)



大学時代(1〜2回生)

民営の寮(15〜16人)に下宿していた頃の

寮長の浜田さんだ!


当時・・・

10近くも歳が離れていたので

浪人・留年を繰り返していた バカな先輩だと

思い込んでいた 


ので、

TXマルシェ初日の懇親会〜2次会で

当時の疑問を問い質した 


ところがドッコイ 


エライ人だったんですナ!!

 ↓

(参考)


しかも、今も尚、同じ業界 


これも必然の再会なのか!


ヒント見っけ 



2012年08月28日(火)  07:23  / この記事のURL  / コメント(0)  / トラックバック(0)

あふた〜 マルシェ
TXマルシェ・京都(ひなや)の2日目、

終了時間辺りから片付けに入る 


その時に、確認する 


よしよしっ!


今回も、初日搬入時より

生地(布)の風合いが良くなっている 


それだけ多くの人に触られた証拠だ 

ある意味・・・

ものほん の‘キャッチ・ワッシャー’


ブースには、四六時中 立ちっぱ状態でも

コチラから声を掛けて 呼び止めたりはしない


生地の声 に反応して立ち止まり、触れた人にだけ

すと〜り〜(過程)を説明する


個人的には、

マルシェ = 答え(応え)合わせ 

だと思っている!


自分で創ったモノを売る・・・


現場(機場)で、

織機 ・ 糸 ・ テクスチャー と向き合い

売れ筋(問題)を解く


市場(マルシェ)に持参し、応え合わせをする


「コレいいですネ〜」だけの言葉の評価 = ×(バツ)

「コレ買いますっ!」 = △

複数人からの お買い上げ = ○


唯一の見極めポイントは、

単価だ!


安売りをすると、ポイントが あらぬ方向に向かう 



今回も、

次に繋がる‘モノ創り’のネタを得た 


売上げも得た!


ソレを次回の投資に回す 



ほんの一部は  に使った 

りふれっしゅ 出来たので、

次回は、

更に ・・・ エエもんを創る  



そ〜 自分を叱咤している 




2012年08月27日(月)  07:08  / この記事のURL  / コメント(0)  / トラックバック(0)

| 次へ
プロフィール
播州・西脇 大城戸織布

『百科人典』となる方々とより一層親交を深め、また更なるネットワークを広げ『“モノづくり”を楽しむ』を掲げ、日々の進化を目指しています。

【Made in Japan
(日本製)ここにあり!!】

「こんなモノ(生地)探しています」
「こんな生地つくれませんか?」等々あれば、お気軽に問合わせ下さい。
可能な限り対応させて頂きます!
ブログランキング参加中です! にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村
最新コメント
OKD
スッキリ (2017年06月29日)
ナカハマ
スッキリ (2017年06月28日)
OKD
しょっけんらんよう (2017年04月14日)
椿原悠至
しょっけんらんよう (2017年04月13日)
100pp
KOBE コレクション (2016年09月20日)
100pp
救いの・・・ (2016年09月05日)
OKD
出張 (2016年09月01日)
100PP
出張 (2016年08月29日)
川合隆司
OKD紡績 (2016年05月23日)
藤井♀
その中 (2015年09月15日)
リンク集
このブログの更新情報をメールで受け取ることができます。メールアドレスを入力してください



Powered by ブログメール
プライバシーポリシー
2012年08月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ

http://apalog.com/okido/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧