« 2011年08月 | Main | 2011年10月 »

キッカケの向こう側

には、チャンスあり 

チャンスの向こう側にチャンズ(複数形?)あり   


コレは、小織が勝手に思い込んでいる‘商売摂理’だ 


が、

ほんのチョッと向こう側なのに

その間には、

邪魔臭癖の壁があり、非常に厄介だ 
(昨日も記したが・・・)


で、

遂に万軟を排して (万難ではなく、やわっやわの気持ちの‘軟’)

後回しにしていた企画製織に、重い腰を上げた 




1ピッチ 2mほどの ぐすれモノ




何時ぞやにUPした 設計書

なるだけ見ないように放置していたが、

いよいよ ケツに火が付いて焦げかけた 




この画像は、非常〜に危険だ 

ヨコ糸 8丁(種類) 使えるのがバレてしまう
(同種類の糸なら 差ほど問題ではない!)

性質の違う糸を意図するがままには、至難の業だ


なので、今までは、

ヨコ糸 4丁(種類)しか出来へん 

と言っていたが、この前の‘D&D’で口を滑らせてしまった 


こ〜なりゃ 焼けだ!


ドンと来いだ!!


但し、

限定1食× → 1織 /月



これ位にしておこう 



‘6丁使い’の製織で、半日も費やしてしまった 

が、

チャンスは、モノにした 


チャンスの向こう側に チャンネルも開かれた  



2011年09月30日(金)  07:14  / この記事のURL  / コメント(0)  / トラックバック(0)

しょくのお〜ど〜は・・・

織の王道は、私情を覆す市場にあり


直販を目指し、展示会等々に出向くと思い知る 



出来る事なら、

織機の運転ボタンを押してシャカシャカと織れる

無難な(普通の)織物の製織が楽でいい♪


が、

市場は、非道かっ! と思うくらい甘くない

楽して得はとれない 


そんな‘桃源郷市場’を追い求めると 

ドエライ目に遭うので

機(屋)道修正して

‘棘(いばら)市場’を探って進む 



顧客さんのウォンツを炙り出す 

大概・・・

そんな事は、出来ないだろうと口にしない 

そこを敢えて喋らせる



顧客さん ・・・ 喋る

小職    ・・・ あっ! そこいっちゃいますか 
          (非常に、面倒な事態に嵌る)


機屋としては、

非常〜〜〜に邪魔臭い(私情)感 てんこ盛り 


が、

出来ないわけではない
(今まで遣ろうとはしなかっただけで・・・)


そんな温〜い私情を覆し遣ってみる 


遣ってる最中、

『遣るんぢゃ〜なかったシンドローム』と二人三脚 

‘無責任野郎’に成り下がりたい感 もたっぷり 



悶絶しながら〜の、遣り終える 

其処には、‘有言郷’が 



顧客さんに、埃に塗れながらの誇りの品 を届ける 

ソレをヒントに、プチ・バージョンUPさせる 

別の顧客さんにも その提案が受け入れられる 

スキルも上がる 



未だ未だ微力ながらも売上げにも繋がる



異端児とも揶揄されるが ・ ・ ・



5〜10年先の 破綻児になるよりかはましだ 



2011年09月29日(木)  07:11  / この記事のURL  / コメント(0)  / トラックバック(0)

努力とは
草々に報われるものではない

ドチラかといえば

空回りする率の方が高い 



‘これも播州織’  という

斜め45度 や 死角からの穿った?
捉え方をした生地を創織していると

偶には、ベーシックαも製織してみたくなるもんだ 


俗に言う、

御節(オセチ)もいいけど カレーもネ♪ 心理だ!!


で、

ベーシック(織り組織)データを作成し

FDをコントローラに挿入  

製織開始 

何ちゃ〜事は、 ないっ !


と、

思いきや ・ ・ ・




やっても〜た〜 

組織作成の時、割り算を間違えてしまい 
組織崩れを起こしてシマッタ 


丁度、織り始めの頃に電話が鳴り

その電話に出ている間に1mも織れてしまい 


と、

電話のせいにしておく 



気を取り直し、

在庫が薄くなってきた 
自社の定番(スッテン・コリロン)の仕上げ加工も




済ませ 

更なるバージョンUPを目指し

次なるは、

タテ黒にて製織してみる


その生地 名付けて 『 クロステン 』


タテ黒シリーズ を総称して 『 ブラック・ダイナマイト シリーズ 』


オモイだけは、先走る 


そして、

期待を 半分以上裏切る 


それも含めて ‘機屋道’


2011年09月28日(水)  07:09  / この記事のURL  / コメント(0)  / トラックバック(0)

はじまった

この期に及んで


この誤に泳ぐ 


しかも、

溺れそうだ 


『 溺れるもの 笑いを掴む 』



そんな余裕すらない 



半年前から分かっていた‘10月展’


6ヶ月前 ・・・ 4月展のおさらい 

5ヶ月前 ・・・ 展示会受注の製織

4ヶ月前 ・・・ 余裕の猶予に浸り、一人達観する 

3ヶ月前 ・・・ 暑くて、注意力散漫

2ヶ月前 ・・・ 更に暑く、意識朦朧

1ヶ月前 ・・・ 残暑を憎む 

近頃   ・・・ 焦りに欠けながら、冷汗を掻く


今回は、

瀬戸際のまじゅちゅしゅ ではなく、

門外ふしゅしゅ の‘開き直り’の足音が聞こえる


しかも、

心地良い 音色だ 


まずい 


まず過ぎる 



2011年09月27日(火)  07:17  / この記事のURL  / コメント(0)  / トラックバック(0)

何も知らない
商人(リーマン)から

工人(機屋)に トラバーユ(travail)した1年目


愕然とした渦中にいた 


よくもま〜 繊維の事(生産過程)を知らずに売ってたもんだ 


所謂、

プロセスを知らないプロのミス(miss)、

コレぞ業界のプロミス(promise)


更には、

『 知らぬが仏 』

からの〜

『 知らぬが 放っとけ〜! 』


こんなところだろう 



何も知らなかった ・ ・ ・


その事を、身に滲みて知って 叱咤した 



なので、

進化とは‘何も知らない’と言う事を知る事から始まる

と、信じて疑わない 



‘何も知らない’と言う事を知る為には、

行動しないと判らない



行動する為には、

疑問を持たないと ・ ・ ・



疑問を持つ為には

現状に満足しない事だ!



現状に満足しない為には

探究心を持てばいい  



結構辛いっす 



工人(機屋)に トラバーユ(travail)して15年 ・ ・ ・



只今、

繊維業界をトラバース(traverse)中 



2011年09月26日(月)  06:31  / この記事のURL  / コメント(0)  / トラックバック(0)

| 次へ
プロフィール
播州・西脇 大城戸織布

『百科人典』となる方々とより一層親交を深め、また更なるネットワークを広げ『“モノづくり”を楽しむ』を掲げ、日々の進化を目指しています。

【Made in Japan
(日本製)ここにあり!!】

「こんなモノ(生地)探しています」
「こんな生地つくれませんか?」等々あれば、お気軽に問合わせ下さい。
可能な限り対応させて頂きます!
ブログランキング参加中です! にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村
最新コメント
OKD
スッキリ (2017年06月29日)
ナカハマ
スッキリ (2017年06月28日)
OKD
しょっけんらんよう (2017年04月14日)
椿原悠至
しょっけんらんよう (2017年04月13日)
100pp
KOBE コレクション (2016年09月20日)
100pp
救いの・・・ (2016年09月05日)
OKD
出張 (2016年09月01日)
100PP
出張 (2016年08月29日)
川合隆司
OKD紡績 (2016年05月23日)
藤井♀
その中 (2015年09月15日)
リンク集
このブログの更新情報をメールで受け取ることができます。メールアドレスを入力してください



Powered by ブログメール
プライバシーポリシー
2011年09月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ

http://apalog.com/okido/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧