« 2009年08月 | Main | 2009年10月 »

ゼブリノ・パンツ
今回、初挑戦のボトムス生地 

今まで、ハンカチ・ストール・シャツ地等々の 薄地を得意としてきたが、
幅広くトータルアイテムを目指すべく・・・

デニムには、少々‘飽き’もあるので、それに代わる素材を 

その考えから、オリジナル生地 4点試作
内1点を製品に 


ファーストサンプル 出来上がり 
(生地の風合い・肉感・オチ感・ハリ感・堅牢度等の確認も含め)


今回は‘墨染め’(手染め)という事もあり、『和風』寄りなので、
ボタンも拘り 竹ボタン(材質も竹)を採用 


今回、あえなく落選した 鹿ボタン(材質・鹿の角)


更には‘機屋の拘り’も 盛り込む贅沢仕様 

ポケットのステッチ糸に、ヨーロピアンコードを採用。

ヨーロピアンコード(またの名を‘ダクロン’とも言う)とは・・・


この、上部から吊り下げられている糸(オレンジ色)の事で、
ジャガード組織を構成する、1本1本の糸を 上げ下げ する動作の伝達に使われる。


もう少し近付いて・・・


更に、接写 

この‘目板’というモノで仕切られており、1日約35万回 上下に擦れる。
9年経つが、未だ1本も切れた事が無い (それだけ丈夫)

実のところ、このステッチ部分 この糸では縫えなかったので‘コーティング・ステッチ’仕上げになっている  


サイドには、赤色のステッチを・・・
(前回の‘ハンチング’も、この仕様を知っていたJさんが、ポイントに赤でステッチを・・・


そして、留めの拘りは、この家紋刺繍 
目立ちすぎず、さり気なくOKDを鼓舞する 

ここは、矢張り試着でしょう 


ドンッ !


ドンッ 


パッ 

画像では、上手く伝えられないのが残念だが、本人 大満足 

オリジナルの生地を創り(織り)、その製品を着用する・・・なんて贅沢なんだ 機屋ってのは・・・

前回と同様、今回この製品を仕上げて貰った京都のFさんにも借りを作ってしまったので・・・

‘天下一品’(ラーメン)の白川本店で大判振る舞いでも   
2009年09月30日(水)  03:14  / この記事のURL  / コメント(0)  / トラックバック(0)

三つ子の魂
とは、よく言ったもので・・・

学生の頃からの‘一夜漬け’癖は今も継続中 

展示会準備、4月展が終わってから始めていたのにも拘らず、
後2日後に、10月展を控えてバタバタと 

そんな訳で、昨日セットした‘巻き’を・・・


サッサッと 準備して、


タイイング・マシーン(タテ糸準備機)を、ポンッと乗せて、


シャ〜ッと 走らせ、


ピシッと 繋ぎ、


ズババ・・・と、織り始める。
1丁上がり 

漸く、落ち着いてハンガー作りに・・・


以前にUPした この織物、


生地裏


生地表


遂に、最終加工(2次加工)を終えて、手元に・・・


『海の力』 ← 鳴門の渦潮 を見た時のイメージ


『大地と緑』 ← 何となく 


『機微の抑揚』 ← 深ぁ〜ぃ 

今回は、常識を逸脱したシャーリング加工に挑戦 
タテ糸に ブリリアント・ガッシュ(30d・ナイロン)使用も播州織 

他産地で手掛けているのに、コチラで出来ない訳が無い 
と言う思いもあって 

出来ないのではなく、皆 遣らないんだ・・・

ノウハウが無く、手間が掛かるから 
そんな事しなくても、綿だけ製織していれば良い 

廃れ行く繊維業界、生き残る術は、鎖国的要素を多く含む産地単独体質から脱却し 産地間交流による日本産地の構築にあり、

他産地ノウハウを地場に取り込む事で、‘真似っこ’に終る事無く、プラスαのスキルアップ・レベルアップ に繋げていけば、未だ再浮上するチャンスは有る  

・・・と、勝手に思い込む 

しかしながら、このタテ糸(30d・ナイロン)を扱うのは初めて 
従来の綿の‘タテ糸準備’(画像1〜5参照)作業は、所要時間1〜2時間なのに、

これは、なっ なんと 3ヶ月も掛かってしまった 
 →  →  →  → 
(要するに、失敗しまくり)

たっ、偶には 良いだろう、こんな事があっても 

スキルアップもした事だし? ネットワークも新たに出来たし 

今回の展示会作品、現場の守をしながら一人で手掛けられるのは、ココまでが限度 

次回は、時間の使い方を工夫すれば、もう少し何とかなるだろう 

小織のクローンが、後2人居れば もっと拡張出来るのだが・・・

否 逆に機場に血が飛び散るかもしれない・・・


参照) 
30d 番手換算すると 綿番手(≒180番単糸)
1÷(√840×√180×0.97×2.54 ≒ 0.001cm(糸の直径)

√180の 180のトコロに綿番手数字を入れると 他の糸の直径も算出可能 
2009年09月29日(火)  10:26  / この記事のURL  / コメント(0)  / トラックバック(0)

空いた時間で・・・
日曜日は、地区のソフトボール親善試合(40歳以上の部)に参加。
9:30AM集合〜

それまで1時間程、時間が出来たので・・・
展示会のハンガー作りでもするか! 否、中途半端になってしまう 

 

‘巻き掛け’の所要時間にピッタリ 


掃除後の織機に、


‘巻き’(タテ糸 1,500m・500kg)を、どりゃ〜 


わりゃ〜  


荷車を外す為に、ポールジャッキで・・・


ギッコン・ギッコン・・・
誤ってジャッキが外れ、腕を挟まないように注意しながら サッサッーと車を外し、


自在コロ付きジャッキに乗せ換える。


織機へのアタッチメントを取り付け 
‘巻き’の荷(500kg)が掛かりながら、回転する部分に特殊油を注入(重要ポイント)


先程の反対側に、電子制御された糸の張力を安定して供給する為の精密ギアを、慎重にセット 


取り付け時、この狭い箇所のネジ締めは・・・


歪な形をしている、ラチェットレンチが重宝する 


最終締め付けは、当然 その反対側に付いているメガネレンチで 


左右位置を、織機のアーム部分にキッチリ合わせ・・・


‘巻き’セット完了 

程よく汗もかいたし(準備体操の代わりに)、時間的も丁度 

目指すは、グランド  

最終目的は、試合後の  
(勝敗はどちらでも・・・ ) 

現在・・・頭は痛いし、体もパッシパシ  
2009年09月28日(月)  13:25  / この記事のURL  / コメント(0)  / トラックバック(0)

ありがとう ‘おっさん’
今回も展示会ネタUP 

生地展に於いて、生地ハンガーぶら下げるだけでなく、
自ら 着てみて確かめる・・・

カタチにしてアピールしていく事も重要かと思ふ 

JK         ・・・良し 
帽子(ハンチング)・・・良し 
ボトム       ・・・来週予定 

あっ! シャツが無い 


シルバーウィーク中に思い出し、急いで‘OKDネットワーク’ 【シャツ工房】に生地発送 

OKD 「毎度〜、また無理頼めるかぁ〜?」
シャツ 「ゲッ! またお前か!今度は何するんや?」
OKD 「3点程あって、襟方はこうで、ボタンはあ〜で、カフスはこうして、バックはそうで・・・」

シャツ 「またややこしい事、言いやがってほんで、何時までに要るんや?」
OKD 「今月末!」
シャツ 「出来るか〜  
OKD 「後は、任したで〜」
シャツ 「・・・」


その次の日に、この 綿/リネン の生地の加工(スーパーバイオ)が予定よりも早く上って来た・・・

この風合いエエやんけ・・・
そして、TEL 

OKD 「もう1丁追加で頼みたいねんけど〜 
シャツ 「殺す気か 
OKD 「そんな口叩くオッサンが、くたばる訳ナイやんけ!」
シャツ 「出来上がりは10月中じゃ!」
OKD 「エエで〜、でも昨日分と一緒でも・・・」
シャツ 「聞こえませ〜ン」


そうして、1週間も掛からず・・・先日(25日)
ドンッ!   


ドンッ! 


パッ  

 
OKD・グラデーションライン・ストライプ(よろけライン)・・・クレリック


OKD・グラデーションライン・ストライプ(よろけライン)・・・クロリック


OKD・ブロッカー(シャドーJQ)


OKD・ラフティモ(スーパーバイオ加工 綿/リネン)


ボタンホールで遊んでみた 

直ぐさまTEL 

OKD 「おおきに〜、助かるわ〜」
シャツ 「しゃ〜ないやんけ! お前のこっちゃ!」
OKD 「今度、ノーパン焼き鳥 でも‘ご馳’するわナ」
シャツ 「そんな店、何処にあんねん?」
OKD 「あるか〜 、俺がパンツ穿かんと(ズボンは着用)行くねん!」
シャツ 「舐めとんのか〜 
OKD 「どこに食付いとんねん!」

・・・そんな平和な会話を後にし、‘感謝’と共に電話を切る。

今回のシャツのラインナップはコレ位に・・・

次回は、襟にハート四葉をあしらったもの(先日UPしたJQ柄)で、襟型をボタンダウンの逆バージョン仕様にして・・・

はたまた、前タテ部分のボタンホールに‘唇柄’ ‘バラ柄’ 等々の柄を入れたモノ・・・
そして、袖に スパイラル調の柄をいれたモノ・・・ 
ボタンは、ダミーにして ファスナー仕様も考えて見よう 

気合入れて試織ぢゃ〜 

偶には、マニアック路線もエエかな〜と思ったりもする 

当たり前のモノは、当たり前に織れるし・・・

何か 他に面白いモノないだろうか   


2009年09月27日(日)  03:23  / この記事のURL  / コメント(2)  / トラックバック(0)

展示会って?
展示会で、偶に思ふ 

アパレルさんて、トレンドの大枠を捉え、
そして、自社のブランドイメージ・ターゲットを踏まえて 
『こんなの創ってみよう 』・・・それに合う生地を会場に捜し求め

に、来られるものだと・・・

その照準を満たすものが無い場合でも、近いモノがあれば、
「これを、これこれ こ〜いう風に出来ませんか?」
という、問いがあって然りだと・・・

何かが おかしい   

小織の創ったモノ ・・・それもあるかも知れない 

提案の仕方 ・・・

小職の人相 ・・・  ・・・これかっ!  

そんな事、言ってる場合じゃない 
これは、親に譲り受け、数十年間 己で育んできた‘人生の醸し’(証)なんだから・・・

他ブースに行き、聞き合わせると、『同じ思い』の人(出展者)の多さに ホッ!

矢張り新規のお客さんは、遠慮があるのだろうか?

そんなの気にせず、展示会なんだから 自分の探している‘モノ・考え’をドンドンぶつければ良いんだ 

「喋ったら、買わないと・・・
そんな事 気にせんでもエエんです 

それを、取り入れるか否かは コチラの判断 

意見を取り入れ、それを他に反映出来れば、それで充分 

特に TN展等は、店主(製造者)直々の対応となるので
‘つう・かあ展’ともいう ← (勝手に言っている 

こんなのが欲しい の意思(考え)を持ってる人には、有意義な‘足運び’となるに違いない 

片や出展者サイドの裏側では・・・

同士で、「これど〜やって創りますのん? 糸は何使ってる? どんな加工? 織機は何?」

といったノウハウの遣り取りもあり、互いのレベルアップ・セッションが繰り広げられ、

一般的に多く見受けられる‘最終的には自分の首を絞める 価格の崩し合い’は、一切無い 

・・・だから 小職は、この展示会が気に入っている 
2009年09月26日(土)  03:39  / この記事のURL  / コメント(0)  / トラックバック(0)

| 次へ
プロフィール
播州・西脇 大城戸織布

『百科人典』となる方々とより一層親交を深め、また更なるネットワークを広げ『“モノづくり”を楽しむ』を掲げ、日々の進化を目指しています。

【Made in Japan
(日本製)ここにあり!!】

「こんなモノ(生地)探しています」
「こんな生地つくれませんか?」等々あれば、お気軽に問合わせ下さい。
可能な限り対応させて頂きます!
ブログランキング参加中です! にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村
最新コメント
OKD
スッキリ (2017年06月29日)
ナカハマ
スッキリ (2017年06月28日)
OKD
しょっけんらんよう (2017年04月14日)
椿原悠至
しょっけんらんよう (2017年04月13日)
100pp
KOBE コレクション (2016年09月20日)
100pp
救いの・・・ (2016年09月05日)
OKD
出張 (2016年09月01日)
100PP
出張 (2016年08月29日)
川合隆司
OKD紡績 (2016年05月23日)
藤井♀
その中 (2015年09月15日)
リンク集
このブログの更新情報をメールで受け取ることができます。メールアドレスを入力してください



Powered by ブログメール
プライバシーポリシー
2009年09月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
月別アーカイブ

http://apalog.com/okido/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧