« 2015年12月15日 | Main | 2015年12月17日 »

進化に満足

結構、時間が掛かってしまったが

仕方あるまいっ!

あれも、それも、これもの、ながら作業なのでネ 

オマケに大きく予定を覆すトラブル(故障)も発生したりで 



そして、遂に完成 





OKD式・レノ糸(給糸側)電子制御巻取り装置


こんな機能が欲しかった!

が、カタチになったシリーズ 第○弾 





普通の織物なら織機に付いてる

この巻取り装置で左右のレノ糸(捨て耳把持糸)を

一緒に巻き取るんですが



通常外織物で200〜300本以上/吋(インチ・2.54p)

の織り密度になると

グランド(生地)は上乗せ状態(ヨコ糸を立体構造にする)で

ある程度、押し込めるんですが


レノ糸部分は平面構造でしか構成できないので

打ち戻り(筬で一時的に押し込められるが、その分跳ね返ってくる)して

ヨコ糸が定位置で安定せず

レピアが糸を掴まず、ミスピックとなる 


で、

アレやコレやと考えた挙句

このOKD装置に至った 



省スペース化を計る為にどうすればエエか?

実際のレノ糸を引くトルクは?スピードは?

トルク設定とモータースピードの黄金数値は?
(コレは、織物の番手・密度で変わる!)

George使用するモノではないので取外しする為には?

その他諸々・・・


で、月日は流れ

こ〜なった 



が、





このテーパー巻取り部分に課題を残す





横・正面画像から(判る人には分かる)

エコ部品仕様 


本体は20人以上の諭吉が去って行かれたが

この部分は、20円成り 

桁違いのバランスで成立しているが、

今一つ、安定性に欠ける!

その場凌ぎ的では、なんら問題はないが

長時間となるとNGだ 


なので、

ここんところをもう少し改良しなければなるまいっ 


考えて、出来上がり効果を想定するまでが愉しい 


ドチラかと言うと旅行みたいなもんだ


行くまで(出来るまで)が愉しく

行って(出来上がって)しまえば、何ちゃ〜事はなくなる


また、

後々の思い出話に華が咲くのと同じくして

出来上がりまでの失敗談(プロセス)にも華が咲く


よって、


モノ創り と 旅行は似ている


チョッとGo Inな〆方ではあるが


それも機屋の愛嬌とする 





2015年12月16日(水)  08:35  / この記事のURL  / コメント(0)  / トラックバック(0)

プロフィール
播州・西脇 大城戸織布

『百科人典』となる方々とより一層親交を深め、また更なるネットワークを広げ『“モノづくり”を楽しむ』を掲げ、日々の進化を目指しています。

【Made in Japan
(日本製)ここにあり!!】

「こんなモノ(生地)探しています」
「こんな生地つくれませんか?」等々あれば、お気軽に問合わせ下さい。
可能な限り対応させて頂きます!
ブログランキング参加中です! にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村
最新コメント
OKD
スッキリ (2017年06月29日)
ナカハマ
スッキリ (2017年06月28日)
OKD
しょっけんらんよう (2017年04月14日)
椿原悠至
しょっけんらんよう (2017年04月13日)
100pp
KOBE コレクション (2016年09月20日)
100pp
救いの・・・ (2016年09月05日)
OKD
出張 (2016年09月01日)
100PP
出張 (2016年08月29日)
川合隆司
OKD紡績 (2016年05月23日)
藤井♀
その中 (2015年09月15日)
リンク集
このブログの更新情報をメールで受け取ることができます。メールアドレスを入力してください



Powered by ブログメール
プライバシーポリシー
2015年12月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
月別アーカイブ

http://apalog.com/okido/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧