« 百貨店・紳士服売場レイアウトの基本 | Main | 高島屋京都店 ダイニングガーデン京回廊 »
紳士服商品レイアウトの基本
百貨店紳士服売場の入店客の70%以上は女性客です。
よって、女性客の来ない売場は(紳士服売場も)売上は取れません。
だから女性から見て、見易い売場作りが基本となります。

商品レイアウト
 a)フォールディッド・・・たたみ洋品(幅120cm棚)
1品番を4色にして、横に並べる。(縦は見にくい・・・人間は左から右へ目を動かす)
淡い色を左側にして、濃い色を右側とする。
120cm棚2台の連結又は横並びの場合は、120cmのリピートの棚と考えて左の120cmの棚に1品番を並べ、右の120cmの棚にもう1品番を同様に並べる。
下の棚はできる限り、上の棚の色に合わせて各品番を並べる。
一番上の棚の商品がセーターやトレーナー等であれば、インナーにシャツをコーディネィトすることが望ましい。
又、スラックスをたたみで置くからと言って、通路面に向けることは避ける。これは後述するブルゾンやジャケットと同様の意識があり、落ち着いた選別ができる様にすべきである。
レターカーディガン等ワッペンが特長になっている商品は、ワッペンが見える様にたたみ直してシャツをインナーにして棚に並べることが必要であり、その商品の特長を良く考えてお客様に一目瞭然に伝わるようにする。
上・中・下段の商品については、トレーナーの場合は上段にデザイン物を下にいくほどおとなしいデザインの物を並べる。シャツについても、上段に大柄のチェックを中段にストライプを下段に無地といった様にする。
お客様から見れば、売場内に入って来なければ、一番上しか見えない為に、一番派手で目立つ物を上に置く事が基本である。
但し、その時のブームが無地のシャツや定番のポロシャツであれば、それを一番上に置く事によって誘致の意味を持つ。当然その下には上から順送りして下げる事となる。
つまり「ブームはマニュアルを駆逐する」と言う事である。
b)スリーブアウト・・・袖物(すべてのパイプ)
1品番を色別にし、淡い色から濃い色へ左から右へ並べる。
1パイプに2〜3品番を掛ける時でも同様にし、淡い色から濃い色への繰り返しとする。
多くの品番を色別にまとめて掛ける方法は良くない。お客様はパイプの色しか見えない為に、デザインがある事が伝えられない。
すべての袖物は左向きに並べ、通路を前と考えずに右手で商品を取ると商品の前面が見えることを基本とする。(日本人の99%が右利きである事)
パイプハンガーの左端の2枚目までにインナーコーディネイトし、又右側の2枚目もインナーコーディネイトし右側に向けて掛けておく。これはお客様が1枚目を手にしたときでも、次の商品が他のお客様にコーディネイト提案することを意識する。
当然ハンガーのフックの向きは、右手で取り易い左向きとする。
c)フェイスアウト
2パイプ1セットとして、同一品番色違いを前面に出し、インナーまで統一(同一品番色違い)する。
少なく共2枚目までは、インナーコーディネイトし、お客様が一枚目を手にした時でも、次のコーディネイト提案ができている事を意識する。
当然、ハンガーのフックの向きは、右手で取り易い左向きとする。
d)ベストのハンギング
b)c)共ベストについては、全部インナー(Tシャツ・シャツ等)のコーディネイトをすべきであり、その袖をポケットに入れて形作りをする。
e)デザイントレーナーのハンギング
b)c)共デザイントレーナー(切替物や大きなプリント物)はたたんで置くより、ハンギングの方がお客様に伝わり易い。
f)シャツのハンギング
b)c)e)と同様であるが、特に夏場は、壁面の下段のスリーブアウトの上のフェイスアウトにジャケットやブルゾンでは重いイメージになり易いので、敢てシャツをハンギングする事も軽く見せるためには重要である。

「顧客視点での課題(提案と売場のバランス)発見、プロの目線での改革」が必要です。
是非とも健全なる店頭売上になるように、百貨店衣料品の売場を早急に再構築できる事を祈念致します。
 2010/08/30 06:20  この記事のURL  / 

オチマーケティングオフィス
プロフィール

生地雅之(おちまさゆき)
1952年3月 大阪市生まれ
1974年3月 龍谷大学法学部卒業
1974年4月 ニチメン衣料梶i現双日インフィニティ梶jに入社
メンズブランドの生産担当、営業担当を経て、メンズ企画課長、次長、マーケティング担当(ブランド開発)次長、販売部長を歴任
1997年6月 潟jチメンインフィニティ(現双日インフィニティ梶j取締役に就任
2003年6月 潟jチメンインフィニティ(現双日インフィニティ梶j取締役を退任
2003年9月 潟Iチマーケティングオフィスを設立(小売、アパレル向けコンサル他)
2004年7月 繊研新聞社より「メンズ市場とブランドビジネスサポート」を発刊

2010年08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事

http://apalog.com/ochi/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
更新順ブログ一覧
リンク集