« GMS・百貨店の復活へー課題と気付き | Main | 経営判断 »
イイアス高尾とイオンモール日の出
8月初旬に表記の商業施設をリサーチしてきました。
イイアス高尾はJR高尾駅と京王高尾駅に近くにあり、交通の便はかなり良い立地です。立地はアリオ橋本と同様のイメージです。2層で両サイドに核店舗を配置し、中央に中小のテナントを配した基本的な手法の館です。1Fの核店舗はニトリとセリアで、反対側に食品スーパーのサンワとサンドラッグです。2Fは家電のノジマ、ゼビオ、スポーツクラブのNAS、反対側にトイザらス、アミューズメントのNICOPAです。時代の流れに合わせて、ファッションテナントは少なくし、インテリア雑貨等のライフスタイル型と言われるタイプの店を多く導入しています。

残念なのは、イイアスつくばの素晴らしさに比べ、大きさといい魅力度といい、これだけの落差を感じるのは残念です。つくばは回りに大型の商業集積も少なく、寡占化したマーケットであい、大きく作ることによりワンストップショッピングを可能にしています。その為か平日でも駐車場は地元ナンバーの軽で80%程度も埋まっていたのでしたが、高尾は周りに同様のSCや駅にはFBが多く、競合が激しいと判断したのか、残念な作りなのです。

フロア構成はレストランを1Fに、フードコートを2Fにと基本に忠実に作られているのですが、各テナントに元気がない店が多いのです。どこにでもある店舗でも元気があり、売上獲得に前向きならそれで良いのですが、そうは見えない店舗に見えてしまうのは何故なのでしょうか?折角このような駅に近い立地に出店したのですから、小さくてもつくば店のような活気溢れる店舗集積をして、この商圏でのNO.1になるという意気込みを見せて欲しかったと思います。

また、イオンモール日の出は少し前にリニューアルし、OPENしたばかりの時にリサーチしましたが、ファストファッションの大箱だらけですぐにでも撤退するらしき店ばかりと見受けられました、その後GAPのGAP−GENERATION等もすぐに撤退し、入替後には元気のある店舗を中心に構成され、OPEN当時でさえ賑わいを感じなかった館が生き返っていました。

フロア構成も核店舗の1〜3層に総合スパーのイオンを、反対側の1Fに未来屋書店とTUTAYAとPETのPETEMOがあり、2Fに家電のノジマとゼビオ、3Fにイオンシネマであり、レストランを1Fにフードコートを3Fに配置し、これらも基本に忠実なのですが、テナント1店1店の選び方に真剣さを感じるのは小職だけではないのではと思います。

小売業は一度作ったら終わりではなく、リニューアル毎に改善が出来るのですが、時間と経費が掛るのが難点なので、よくマーケティングを徹底実施し、将来まで見据えた構成とテナントを配置すべきなのです。その点オンラインサイトはリニューアルに経費と時間がそう掛りませんので、ここで検証する意識や知恵もこれから必要不可欠ではないでしょうか?

是非とも、健全なる館の運営や店舗運営に向けて、早急に改善・改革される事を祈念致します。弊社へのお問合わせは、HOME-PAGEのお問合わせより、お願いします。
 2017/08/14 05:11  この記事のURL  / 

オチマーケティングオフィス
プロフィール

生地雅之(おちまさゆき)
1952年3月 大阪市生まれ
1974年3月 龍谷大学法学部卒業
1974年4月 ニチメン衣料梶i現双日インフィニティ梶jに入社
メンズブランドの生産担当、営業担当を経て、メンズ企画課長、次長、マーケティング担当(ブランド開発)次長、販売部長を歴任
1997年6月 潟jチメンインフィニティ(現双日インフィニティ梶j取締役に就任
2003年6月 潟jチメンインフィニティ(現双日インフィニティ梶j取締役を退任
2003年9月 潟Iチマーケティングオフィスを設立(小売、アパレル向けコンサル他)
2004年7月 繊研新聞社より「メンズ市場とブランドビジネスサポート」を発刊

2017年08月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事

http://apalog.com/ochi/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
更新順ブログ一覧
リンク集