« コンサルティング&マーケティング | Main | 経営者の異動 »
サイト離脱防止サービス
目的と効果
1.サイト導入数の買い上げ率は通常2%程度です。(目的買いの中元・歳暮は10%強)
2.各企業はこの買い上げ率(コンバージョンレイト=CVR)は上がらないので、サイト導入数を倍にすれば売上も倍になるとの指向で、サイト導入数を増やすために、ウェブ広告に多額の経費を使っています。
3.この広告による手法はサイト導入数は増えても購買に結び付いている例は少なく、広告を見てサイトに入ってくる人数(購入されようがされまいが)に課金をしていますが、この広告を見て入ってくる人の買い上げ率よりも、自然検索やお気に入りに入れてサイトに入ってくる人(広告経費0)の方が、買い上げ率が高い事が多いのです。
4.一般的には広告による導入比率は20〜30%程度であり、その売上による粗利から広告経費やその他の販売管理費を引くと赤字の場合が多いのです。
5. このサイト離脱防止サービス(ONLY-ONE)は、サイトに入ってくるすべての人(広告を見て入ってこようが、自然検索であろうが)の行動分析をして、買い上げる可能性の高い方を見つけ、その方に声を掛けて購買の背中を押すサービスであり、通常2%程度の購買率を大きく(ある導入事例では2.8%=売上額40%以上に)伸ばすサービスなのです。
6.経費はサイト導入数の分析費用(平均人数による定額固定)と最初に声を掛けるタグ導入費用(初回のみ)と声を掛けて売れた売上の歩率支払です。よって、声を掛けないで売れる方には声をかけないで、声を掛けて売れた分のみの出来高払いなのです。買わなかった方への声掛けの請求はないのです。売れてから声を掛けて売れた分のみの支払で、声を掛けるだけで課金するようなウェブ広告とは全く異なるのです。
7.当初(1年位)、サイト導入のウェブ広告はそのままにしておけば、ウェブ広告により入って来て購入された売上が見えるので、ウェブ広告の効果計測にも役に立つのです。(ウェブ広告はほぼ効果ありませんが)
8.導入された企業はウェブ広告の効果が見えてくるので、効果のないウェブ広告をほとんど中止され、このサービス中心にされつつあります。
9.各企業のサイトを立ち上げたインフラ型の責任者は、いままでの自分の判断を自己否定しなければならず、インフラ型のTOPがいるウェブ事業部長等は導入に難色を示していたのですが、最近は儲かるか否かを判断できる営業経験のあるTOPに変わりつつあり、見直しが実施されつつあります。
10.このサービスは弊社のビジネスではありませんが、サイト訪問者を増やすものではなく、サイト閲覧者の離脱防止サービスであり、弊社は導入先のウェブ事業の将来のビジョン策定や方向性、買い易い画面の構築をサポートしながら、このサービスにより空ライアント先の売上・利益の拡大を推進しているのです。

サイト訪問者が月間1.5万人以上のサイトであれば、データが安定しており、効果が出易いので、経費削減にも大きく貢献します、  [お問合せ]Mail information@o-m-o.com

最大の強み
金融取引の売買手法でECサイトでの購買行動を解析、最大の儲けを得られるように最適化すると4つの予測セグメントに分けられます。

<事例=キャンペーン実施後 2年間の結果>
  A購入意志あり 買う気満々 ⇒  「サービスしない」  粗利を確保  
  B購入迷っている客      ⇒  「接客」  購入促進にて売上アップ
  C離脱する客      ⇒  「カゴ落ち客へ接客」 購入促進(売上ゼロにしない)
  D買わない客   ⇒  「何もしない」 クーポンバラまきを止めブランド価値の維持

サイト訪問者のうち、ターゲット層(A〜C)19%が売上総額の87%を占めていることを見抜き、CVRや売上アップとともにお店への粗利向上に大きな貢献しています。
このサービスは購入意欲の高い訪問者(A〜C)の予測と、そのターゲットで80%から90%の売上構成を的確に見抜くサービスです。
安易なクーポン配布や値引きによるブランド価値の棄損を防ぎ、クーポン配布やポイント付与対象者(B+Cの15%)をセグメントして訴求し、購入金額の31%を占めるほどになり、極めつけは、Aのたった4%のサービスをしない(クーポン配布やポイント付与を発行しないで)優良顧客(Aのみ)で購入金額の56%にも達することを明らかにしています。
こんなサービスが、他にあるでしょうか? 金融取引の手法によって、ここまでECの目的=売上アップに貢献します。「儲かるか否か」の軸のこのサービスをご紹介します。

サイト訪問者が月間1.5万人以上のサイトであれば、データが安定しており、効果が出易いので、経費削減にも大きく貢献します、  [お問合せ]Mail information@o-m-o.com


売場(リアルも画面も紙面も)以外にはヒントとマネーが落ちていないのですから、常に現場でお客様目線にて、ヒントを見つけるプロの技の知力(気付き)と、それを拾う体力(実行力)を身につける事が、小売業の現場責任者(営業本部長や事業本部長クラス)に必要です。

それを踏まえて経営者(社長)が自社を正しい方向に導く戦略をとり、現場に命令し結果を求めるのです。方向性とスケジュールの管理を徹底し、進捗の確認は当然必要ですが、決して手法までを押し付けてないで、すべては「儲かるか否か」の目線軸での実行が必要なのです。

これが企業を維持向上させていく重要なファクターなのです。マーケットはブルーオーシャンなのですから、マーケティング力とマーチャンダイジング力、それをお客様にお伝えするプロモーション力、そしてマネージメント力のバランスの良い構築が必要です。

弊社は小売業やアパレルを中心とした現場に精通した経営コンサルティングを実践しており、「当たり前の事を当たり前のように実践できる」サポートです。当ブログでは業界の課題の発見と方向性を総論として示唆をさせて預いており、企業毎により課題と戦略や手法は異なるので、個別対応させて頂いております。

弊社は「企業ビジョンを明確にし」、「本当の貴社・自店の顧客マーケティング分析・解析により」、それを「クライアントに的確なマーチャンダイジングをコンサルティングし」、「それを可能にできる人材育成」を実践し、「クライアントの営業利益拡大」を目指しているのです。

ブログにつきましては、コメントを頂いても見られないようになっておりますので、ご意見、ご連絡は弊社HOME-PAGE(このブログの右上のバナーをクリック)のお問い合わせから、または弊社HPの左上のバナーからブログに入れます。[お問合せ]Mail information@o-m-o.com
特に、弊社HPのREPORT欄とこのブログを過去に遡って、ご一読頂けば幸甚です。
 2017/03/01 07:11  この記事のURL  / 

オチマーケティングオフィス
プロフィール

生地雅之(おちまさゆき)
1952年3月 大阪市生まれ
1974年3月 龍谷大学法学部卒業
1974年4月 ニチメン衣料梶i現双日インフィニティ梶jに入社
メンズブランドの生産担当、営業担当を経て、メンズ企画課長、次長、マーケティング担当(ブランド開発)次長、販売部長を歴任
1997年6月 潟jチメンインフィニティ(現双日インフィニティ梶j取締役に就任
2003年6月 潟jチメンインフィニティ(現双日インフィニティ梶j取締役を退任
2003年9月 潟Iチマーケティングオフィスを設立(小売、アパレル向けコンサル他)
2004年7月 繊研新聞社より「メンズ市場とブランドビジネスサポート」を発刊

2017年03月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事

http://apalog.com/ochi/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
更新順ブログ一覧
リンク集