« ららぽーと富士見 | Main | コクーン2 »
三井アウトレットパーク入間
掲店は埼玉県入間市にある三井のアウトレットです。オープン当時はコストコも出来、渋滞にさらされていましたが、現在は全く問題なく入管出来る位落ち着いています。平日は客もまばらですが、入店されているお店とそうでないお店がくっきりと分かれています。

やはり、既存顧客を囲い込み、常に新鮮な提案をお店から発信しているところは安定しているように見えます。アウトレットもどこでもそうなのですが、NBショップである限り、他の商業施設と価格の差はありません。ところが同じ商品でありながら、売れている店と売れていない店があるのが事実なのです。

では、何故同じ商品でありながら、売上の差があるのでしょうか?
アウトレット店と言えど、来店されるお客様が異なるのは自明の理であり、地域にお住まいの顧客の中の元百貨店顧客等の優良顧客の一部が流れている事が多いのです。それでもエイジや生活環境によって、来店層と嗜好が異なるので、しっかりとした顧客マーケティングを実施し、それに伴い商品構成と奥行きを見直す必要があるのです。

アウトレットは安くすれば売れるといった甘い考えはもうないとは思いますが、売上が前年を取れていないお店は再度自店顧客マーケティングを実施される事が必要なのです。その結果を見ながら、在庫の中から適品、適量を見極める事が必要不可欠なのです。
マーケティング手法はご説明しませんが、戸籍年齢(CARD履歴)ではないのです。

それを自店顧客にストレートにプロモーションを掛ければ既存顧客の売上が前年を割る事は少ないのです。また、その品揃えを必要とされる近隣の新規顧客へのアプローチ(見つけてから)を加えれば、新規顧客獲得の一助にもなるのです。

売場以外にはヒントとマネーが落ちていないのですから、常に現場でヒントや気付きを見つける知力と、それを拾う体力を身につける事が企業を維持向上させていく重要なファクターなのです。マーケットはブルーオーシャンなのですから、マーケティング力とマーチャンダイジング力、それをお客様にお伝えするプロモーション力不足、そしてマネージメント力のバランスの良い構築が必要です。
 2015/04/27 05:22  この記事のURL  / 

オチマーケティングオフィス
プロフィール

生地雅之(おちまさゆき)
1952年3月 大阪市生まれ
1974年3月 龍谷大学法学部卒業
1974年4月 ニチメン衣料梶i現双日インフィニティ梶jに入社
メンズブランドの生産担当、営業担当を経て、メンズ企画課長、次長、マーケティング担当(ブランド開発)次長、販売部長を歴任
1997年6月 潟jチメンインフィニティ(現双日インフィニティ梶j取締役に就任
2003年6月 潟jチメンインフィニティ(現双日インフィニティ梶j取締役を退任
2003年9月 潟Iチマーケティングオフィスを設立(小売、アパレル向けコンサル他)
2004年7月 繊研新聞社より「メンズ市場とブランドビジネスサポート」を発刊

2015年04月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事

http://apalog.com/ochi/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
更新順ブログ一覧
リンク集