« カトレアプラザ伊勢佐木 | Main | 京王百貨店新宿店 »
YOTSUBAKO・ヨツバコ
リーマンショック以降低迷が続いていました小売業にも大きな変化が見えてきました。
震災はまだ復興までは時間が掛かり、政府と現地の調整はもどかしさを隠せません。

掲店は横浜市営地下鉄のセンター北駅の前に出来ましたファッションビルはB1F〜8Fまでで、ワンフロアが小さく、全館で25店しかありません。
B1Fはベビー&キッズ向けピアノカルチャー、熊川哲也のバレエスタジオ、1Fはベーカリーカフェのベッカライ徳多朗、ダンス用品Chacott、2Fはフォトスタジオ。キッズフィットネス、ベビー&キッズインテリア雑貨KOSELIG、キッズファッションGreenCotton、ジェラテリア(エスプレッソ)、TULLY’S COFFEE、カフェSMALL MARKET@DELI、生花happy、4FはKidsセンターpicoa(保育園)、5Fは造花、花器、クラフト雑貨east side tokyo、手芸教室la droguerie、パブリックスペースYOTSUBAKO no MORI、6Fはインテリア雑貨NOTTING HILL HOME、自然は化粧品MARKS&WEB、ヘアサロンM.plus、7FはレストランGeneral Food Garden、和食土鍋ごはん米三、イタリアンIL PONENTINO PIAZZA、広東料理 天啓、8Fはハワイアンカフェ&レストランMuuMuuDiner-Fine Hawaiian Cuisine-があります。

ファッション系はベビー&キッズ以外はほとんどなく、カルチュア系、レストラン系のみとコンセプトを絞り込んでの展開で、いままでにない新しいタイプの館作りであり、的確なマーケティングの成果であると思われます。顧客層の中心はニューファミリー系のレディス中心であり、この辺りに居住されるすこしリッチな女性向けと言えます。

近隣にはモザイクモール都筑阪急、ノースポートモール等があり、来春にはこのよつばこの横にプレミア横浜が出来る予定ですので、激戦区になると思いますが、各館はターゲットが異なり、特徴を出していけば、差別化が明確になり、おのおのの生き残り戦略も可能になるものと思われます。

オーバープロダクト、オーバースペースの環境下、これからの日本の消費構造の変化を鑑み、「お客様目線で売場や商品を見て、手直しはプロの技」といった事を徹底しながら差別化する事は至難の業ですが、諦めずにチャレンジしていく事は永遠の課題でしょう。

これからも、特にリピーターを財産として捉え、ストアブランドとグッズブランドの違いを認識され、各ブランドの価値創造による消費者のライフスタイルの確立を目指すビジネスの重要性が増すものと考えます。これらの実行が、今後の発展に寄与できるものと確信しています。
 2012/04/30 06:14  この記事のURL  / 

オチマーケティングオフィス
プロフィール

生地雅之(おちまさゆき)
1952年3月 大阪市生まれ
1974年3月 龍谷大学法学部卒業
1974年4月 ニチメン衣料梶i現双日インフィニティ梶jに入社
メンズブランドの生産担当、営業担当を経て、メンズ企画課長、次長、マーケティング担当(ブランド開発)次長、販売部長を歴任
1997年6月 潟jチメンインフィニティ(現双日インフィニティ梶j取締役に就任
2003年6月 潟jチメンインフィニティ(現双日インフィニティ梶j取締役を退任
2003年9月 潟Iチマーケティングオフィスを設立(小売、アパレル向けコンサル他)
2004年7月 繊研新聞社より「メンズ市場とブランドビジネスサポート」を発刊

2012年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事

http://apalog.com/ochi/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
更新順ブログ一覧
リンク集