« 2018年02月 | Main
気付けるうちが花・・
お客様の立場、相手の立場で考えてごらん・・とアドバイスすることがあります。そして目線を変えることが大事。ともよく言われるけど、なかなか簡単な事ではありません。
私たちはつい自分の尺度や価値観で決めてしがいがち。自分がこう思うから、なんか可哀そう・・なんかかっこ悪い ダサい・・しかたありません。自分の気持ちはひとつしかないから。年齢を重ね経験を積むと、余計にある尺度でしか見れなくなる人が多くなるのも事実です。

先日面白い記事で「変化することだけが変わらないのは何故か」と少々哲学的なコラムを読みました。私なりの解釈は「変化・進化することでしか生き残れない」ということ。根底にある変わらないものと「変化しないといけないもの」これは絶対必要です。目線を変えるというのは「気づき」です。「気づけるうちは大丈夫」!!出来なくても、気づける自分でずっといたいと思います。
変わらないものの定番ですね
seee you
 2018/03/07 09:10  この記事のURL  / 

プロフィール
沼田 明美(ぬまた あけみ)
潟kマタデザイン・アソシエイツ代表
VMDディレクター
大手婦人服専門店にて店舗開発、演出、デコレーターに従事。2000年に独立し、ビジュアル・マーチャンダイザーとして百貨店、量販店、アパレルのVMDはもとより、大手携帯電話会社や大手書店、自動車ディーラー、旅行代理店など、ファッション業界以外のクライアントも多数。
理論はもとより、店舗における実践に強く、関わった店舗の売上は必ず売れるといわれている。
また08年より、店頭で付加価値を創造する人材を紹介するための「人材紹介業」を始め、現場で働く人たちに必要なスキルを教育し、お客様に感動を与える人材を育てている。

(株)ヌマタデザイン・アソシエイツ
沼田 明美 プロフィール
最新記事
リンク集

http://apalog.com/numata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧