« 2017年05月 | Main | 2017年07月 »
危機管理は大切です
出張が多いわりに、今まではなんとか飛行機・新幹線のトラブルをかわしながら、滑り込んできた私も、ついに新幹線のトラブルに遭遇・・・先週の大雨のための列車ストップで新幹線に缶詰状態となり、品川を出て新大阪到着まで6時間!!!しかし新幹線って途中下車出来ないのは厳しい!! あとちょっとで到着だった人はかわいそすぎ(悲)

しかし一番びっくりしたのは、意外なまでの周りの人の冷静さ!まあ確かに文句言っても仕方ないんだけど、静かに何時間も新幹線のなかで待機している姿は、日本人の秩序を守る生活態度が出ていました。良い国に生まれてよかった!!
残念だったのは、隣のサラリーマンらしきおじさんと、結局何も会話出来なかたっことかな(笑)ナンパするわけじゃないけど、なんか声かけたかったんだけど、そういう感じオーラがなかったですね、こういう時、おばさん同士はすごい!絶対おしゃべりするからね、黙ってしずかに待機はいいんだけど、ウイットにとんだ会話があれば、もっと良かった。

危機管理の研修が、最近は多く開催するようになりました。もしものとき、どんな対応を取ればよいのか、今回のようなことがあると、ますます思います。でも周りの人への声掛けが今回は無かったけど、あるとどんなに良かったか!これも大事なコミュニケーション。いい勉強になりました!!

立ち寄った広島平和公園
see you
 2017/06/26 07:16  この記事のURL  / 

部下を育てられない人
年二回実施している、財団法人IFIビジネス・スクールでの講座が終わりました。今回出席していただいた受講者の方々、この場を借りて御礼申し上げます
この講座が始まって、もう12年ぐらい経ちました。業界で働くVMDのプロフェッシャルを育成する目的で開催され、沢山の方たちが受講されました。毎回違う会社の人たちがそれぞれの「こんな悩み」「大変な事」なども話したりすることで、私の話だけでなく、普段聞くことが出来ない話も聞け、自分自身も勉強になります。

研修は講師の一方的な話では面白くありません。ただ、立場も会社も違う人たちに共通する話題を提供することは難しく、時として(ある人)には刺さっても、(ある人)には面白くなかった内容になります。残念ですが、仕方ないことも沢山あります。
そんな時、ボールを受講者の投げて、「どんなところがわかりにくく」「どんなボールを投げてもらいたいか」を探るのが講師の腕の見せ所だと思います。

もしかすると、教師の先生も同じように感じているのかも知れません。私は自分自身が理解力が低く(というか、勉強が出来なかった(笑))ため、ある意味゛てきの悪い生徒の気持ちがわかります。頭の良い優等生の先生には理解不能かもしれません。本当に「教え方」は大事で、教え方ひとつで伸びる人、逆な人も多いと思います。

研修を通じて、研修にとどまらず、働く場の中での人材育成も同じであり、どんな仕事が出来る人も部下を育てるのが下手な人がいる理由が良くわかります。

人にものを教えることはできない。 みずから気づく手助けができるだけだ
ガリレオ・ガリレイ(イタリアの物理学者、天文学者、哲学者 / 1564〜1642)
自信を持たせ、気付かせてあげることから始まるんですね〜

父の日ギフトのPOP わかりやすかった〜
see you
 2017/06/19 08:30  この記事のURL  / 

リアル店舗に必要な事
久しぶりに行った某百貨店。遠い昔コンサルテーションの仕事をさせていただいた事があるそのお店に、出張途中に寄りました。厳しい厳しいといわれながらも、なんとかやれているから、その日も沢山のお客様が来店されてはいたものの、上層階に上がるほど人影もまばら。販売員が多く「要因数が足りない!!」と嘆いていた中で、上部の方からの「労働生産性を上げる」とお話しされていたことを思い出してしまいます

せっかくだから自主売り場の靴売り場を見に行き、いい機会なので靴の試着をお願いしたところ、あっーこりゃ駄目だ と深いため息が出るほどの悲しい接客を受けてしまいました。サイズを伝え、ストックに取りに行って、戻ってくるまで5分以上も待たされ、あげくの果ての「代替え商品」が、この商品を欲しい人がこれですか???と思うほど、関連性のない商品を勧められ、5分の間売場で待たされている横目で、暇な販売員の人たちのおしゃべりと、「座ってお待ちください」等の気配りもない中、立ったまま待っていた私・・・

素晴らしいVMDと環境があったところで、接客レベルがこれでは、どうでしょう、、きっと上層部の方も「わかってはいるけど、変えられない」事態なんでしょうね。研修が大事と、シフトもぎりぎりの回している中で抜けられると、もっと売場は悲惨です。答えは現場にしかなく、その時、その場で注意し叱らなければ、その人はわからないはず。でも教えてあげる人が居ない。
提案力も大事です。そして何よりも提案できる人も、もっと大事です!!
スタイル提案を意識したウインドウ
see you
 2017/06/12 07:42  この記事のURL  / 

伝え方が大事な時代
最近、ますます思う事。。「伝え方」ってとても大事。イコール私の場合は「教え方」となります。自分が残念ながら「出来の悪い子供」だったから、余計そう思うんだと思います。何をそう思うのかって?!  同じ内容の事でも、教え方がうまい人から聞くと、わかるから。ただそれだけです。

私自身が「伝える事」が苦手だったから、年を重ね沢山の人の感想を聞くことで、何がダメだったかが良く分かるようになりました。研修をやったあと、反省する事ばかりですが「あそこがわかりにくかった」などと講義を受けた方に言われると改善するように努力するようになりました。多分「べつに・・」と自分を変えられない人もいると思います。悪いわけではないし、「聞く人」も努力して頑張って聞いてほしいから、どっちがどっちではないでしょうが、時代が変われば価値も変わり、心に響く言葉も変わってきます。

何でこんなことを綴るのかというと、永遠にわからないことは「自分以外の人の心」は永遠にわからない。と思うから。だから特に「人に何かを伝える」ことを仕事にしている人は、いかに相手の立場になって考えるかがとても大事だと思うから。
これこそは人工知能では出来ないことだと思います。

終了した茶の美術。オリジナルグッズも進化してました!!

see you
 2017/06/04 22:45  この記事のURL  / 

プロフィール
沼田 明美(ぬまた あけみ)
潟kマタデザイン・アソシエイツ代表
VMDディレクター
大手婦人服専門店にて店舗開発、演出、デコレーターに従事。2000年に独立し、ビジュアル・マーチャンダイザーとして百貨店、量販店、アパレルのVMDはもとより、大手携帯電話会社や大手書店、自動車ディーラー、旅行代理店など、ファッション業界以外のクライアントも多数。
理論はもとより、店舗における実践に強く、関わった店舗の売上は必ず売れるといわれている。
また08年より、店頭で付加価値を創造する人材を紹介するための「人材紹介業」を始め、現場で働く人たちに必要なスキルを教育し、お客様に感動を与える人材を育てている。

(株)ヌマタデザイン・アソシエイツ
沼田 明美 プロフィール
最新記事
リンク集

http://apalog.com/numata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧